2022ツール・ド・フランスはラルプデュエズ復活

2022年に開催される第109回ツール・ド・フランスのコースが発表された。大会史上初めて北欧のデンマークで開幕。大会4日目にフランスに移動し、全日程は1日増の24日間となる。前半にアルプス、後半にピレネーを越える。

コース発表を見守るジュリアン・アラフィリップら ©A.S.O. Fabien Boukla

デンマークで最初の3日間を過ごした後、空路で北フランスのダンケルクへ。第5ステージは北の地獄と呼ばれる石畳の悪路を走る。山岳ステージは第5ステージで、ボージュ山脈へ。近年の大会でも総合優勝に大きく関わってきたラ・プランシュデベルフィーユが「スーパー」の冠をつけた新コースで登場する。

10月14日にパリ国際会議場でコースプレゼンテーションが行われた ©A.S.O. Fabien Boukla

さらにスイスを訪問し、アルプスでは4年ぶりに復活した最高の大舞台、ラルプデュエズへ。ブリアンソン〜ラルプデュエズ間は1986ツール・ド・フランスでベルナール・イノーとグレッグ・レモンが手を取り合ってゴールしたステージとまったく同じルートを採用した。日本では前年にNHKで初めて特集番組が組まれ、2年目の1986年もイノーとレモンというチームメートの確執に揺れた戦いを克明に紹介し、日本でのツール・ド・フランス認知が一気に高まった。そんな伝説のステージをフランス革命記念日の7月14日に走る。

レースは中央山塊を経て、後半の勝負どころのピレネーでの戦い。最終日前日に個人タイムトライアルを走り、最終日となる7月24日にパリ・シャンゼリゼに凱旋する。総距離3328km。

プレゼンテーションに出席したタデイ・ポガチャル ©A.S.O.-Fabien-Boukla
世界に誇るサイクルシティ、コペンハーゲン ©Thomas Rousing

●2022ツール・ド・フランスのコース

7月1日(金) 第1ステージ コペンハーゲン(デンマーク) 13km(個人タイムトライアル)
7月2日(土) 第2ステージ ロスキレ〜ニュボー(デンマーク) 199km
7月3日(日) 第3ステージ バイレ〜セナボー(デンマーク) 182km
7月4日(月) 移動日
7月5日(火) 第4ステージ ダンケルク〜カレー 172km
7月6日(水) 第5ステージ リール〜アランベール 155km
7月7日(木) 第6ステージ バンシュ(ベルギー)〜ロンウィー 220km
7月8日(金) 第7ステージ トンブレーヌ〜ラ・シュペールプランシュ・デ・ベルフィーユ 176km
7月9日(土) 第8ステージ ドル〜ローザンヌ(スイス) 184km
7月10日(日) 第9ステージ エーグル(スイス)〜シャテル 183km
7月11日(月) 休日
7月12日(火) 第10ステージ モルジンヌ〜ムジェーブ 148km
7月13日(水) 第11ステージ アルベールビル〜グラノン峠 149km
7月14日(木) 第12ステージ ブリアンソン〜ラルプデュエズ 166km
7月15日(金) 第13ステージ ブールドワザン〜サンテティエンヌ 193km
7月16日(土) 第14ステージ サンテティエンヌ〜マンド 195km
7月17日(日) 第15ステージ ロデズ〜カルカッソンヌ 200km
7月18日(月) 休日
7月19日(火) 第16ステージ カルカッソンヌ〜フォワ 179km
7月20日(水) 第17ステージ サンゴーダン〜ペラギュード 130km
7月21日(木) 第18ステージ ルルド〜オタカム 143km
7月22日(金) 第19ステージ カステルノ・マニョアック〜カオール 189km
7月23日(土) 第20ステージ ラカペル・マリバル〜ロカマドゥール 40km(個人タイムトライアル)
7月24日(日) 第21ステージ パリ・ラデファンス〜パリ・シャンゼリゼ 112km
★は難易度 総距離3328km

クリスティアン・プリュドム(左)と女子レースディレクターのマリオン・ルス ©A.S.O. Fabien Boukla
第5ステージの石畳セクション
第11ステージ
第12ステージ
第17ステージ
第18ステージ

女子版ツール・ド・フランスは驚くべき新機軸で開催へ

第1回ツール・ド・フランスファム・アベックズイフトは2022年7月24日から31日まで

2022ツール・ド・フランスのコースは10月14日18時からストリーミング配信

2022年の第109回ツール・ド・フランスのコースプレゼンテーションが10月14日午前11時にパリ国際会議場で発表される。この模様は公式サイトのライブストリーミングによって、世界中で視聴できる。日本時間は10月14日午後6時から。

ツール・ド・フランスのコースプレゼンテーション ©A.S.O./T.Colpaert

2022ツール・ド・フランスは開幕からの3日間、北欧デンマークのコペンハーゲンやその近隣都市で開催されることがすでに発表されている。当初は2021年7月2日(金)、第108回大会がコペンハーゲンでのタイムトライアルで開幕し、同国で3日間を過ごす計画だった。しかしコロナ禍により東京五輪とサッカー欧州選手権が1年延期となったことで状況が一変した。

コペンハーゲンは欧州選手権3試合の会場で、同時期に2つの国際大会を運営・警備することが困難と判断。ツール・ド・フランス開幕地を返上した。これを受けてブルターニュ地方が第108回大会の開幕地を名乗り出た。コペンハーゲンは2022年にツール・ド・フランス開幕地にスライドした。

2022ツール・ド・フランス発表ライブストリーミング
(2021年10月14日午後6時に稼動します)

【関連ニュース】
コロナ禍にほんろうされる2021ツール・ド・フランス分析
2021ツール・ド・フランスはコペンハーゲン開幕…大会は1日増
東京五輪重複回避の2021ツール・ド・フランスはブルターニュ開幕
🇫🇷ツール・ド・フランス特集サイト

ツール・ド・フランスファム、女子ステージレースも同時発表

2022年7月24日から31日まで、8日間のステージレースとして行われる女子レース、ツール・ド・フランスファム・アベックズウィフトも同時に発表される。女子ツール・ド・フランスは1984年から1989年までステージレースとして開催されていて、2022年から復活する。

デンマーク発のeバイク、MATE. BIKEが日本に本格上陸

2022ツール・ド・フランスの開幕都市となるデンマークの首都コペンハーゲンは、世界随一のサイクルシティ。この町で生まれたeバイクブランドがMATE. BIKE(メイトバイク)で、日本でも本格展開。人と地球をつなぐグローバル フレンドリーな新ウェブコンテンツ、MATE PEOPLEを立ち上げ、2021年7月21日からは公式ブランドサイト内コンテンツページで第一弾を公開した。

eバイクは、スポーツバイクに電動アシストユニットを搭載した電動アシスト自転車。100%再生可能エネルギーを目指すMATE. BIKEは、欧州、特にデンマークではスタンダードになっているグローバ ルフレンドリー(環境に配慮した)な取り組みを実践。これらをマニフェストとして掲げている。ファッション・テクノロジー・エコをコンセプトに設計する次世代の移動手段、MATE. BIKEをライフスタイルに取り入れることで、エシカルが暮らしに根付き、社会変革に貢献できると考える。

新ウェブコンテンツMATE PEOPLEは、ブランドが掲げるマニフェストに共感するさまざまな人が登場。彼らのライフスタイルを通して、100年後の未来のために考えるMATE. BIKEの理念や価値観、これからの時代を生きるために必要なメッセージを発信していく。

俳優のMEGUMIもメイトバイクを愛用

初回には、俳優をはじめ経営者や編集長、親として多彩な顔を持つMEGUMIが登場。前編では、公開と同日に発売する都市でのライディングに特化したMATE CITYの魅力について、後編では、交通渋滞や環境汚染を危惧したことがきっかけで誕生したMATE. BIKEのフィロソフィーに基づきながら、新しい時代の生き方や自身のマインドセットについて語る。後編は7月31日公開。

MATE PEOPLE公開日の7月21日に発売された新モデル、MATE CITY

MATE. BIKEが誇る数々の機能を搭載したMATE CITYは、都市でのライディングに特化したスマートなボディが魅力。シグネチャーであるMATE Xと同等の技術力を保持しながら、タイヤサイズを1.5インチにして小回り性能をあげ、さらに軽量で持ち運びもしやすい仕様に設計。小柄な女性でも乗りやすいようコンパクトにスタイリッシュにデザインした。

MATE CITY / MATE CITY +
・モーター:250W
・ディスクブレーキ:機械式
・ギア:7段変速SHIMANO製ギア
・速度上限:24.0 km/h
・バッテリー:Samsung / Panasonic / LG
・バッテリー出力: MATE CITY 36V 13H MATE CITY+ 36V 17H
・重量(バッテリーを含む):21.5 kg
・サイズ:高さ108 cm,、長さ160 cm、幅57 cm (通常時) 高さ68cm、長さ90cm、幅40cm (折りたたみ時)
・価格: MATE CITY ¥250,000+(税) MATE CITY+ ¥290,000+(税)

免許不要で公道使用が可能。万一走行中に充電が切れても通常の自転車として走行が可能。
同梱品:充電器/オンラインストアVIP会員権/ 2年間の国内正規品保証/ 7段変速SHIMANO製ギア/コンピューターダッシュボード/バッテリー
MATE. BIKE社製の自転車本体とバッテリーに、2年間限定の国際メーカー保証が付く。この期間内にメーカーによる生産上の欠陥が見つかった場合は、同社の保証に従って対応。

MATE. BIKE TOKYO
〒150-0011 東京都渋谷区東3丁目25-7
TEL:03-6277-3987
営業時間:11:00∼18:00 / 不定休

MATE. BIKE TOKYO

MATE. BIKEとは

2016年にデンマーク、コペンハーゲンにおいて、昨今問題となっている交通渋滞や気候変動などの環境問題を危惧した2人の姉弟、Christian Adel MichaelとJulie Kronstrøm Cartonによって設立されたe-バイクブランド。自転車というものが世界的に都市で住む人たちに社会地位の高い交通手段として根付くよう、eバイクをカッコよく実践的に設計。 2021年に日本初上陸し、3月に世界初の旗艦店を東京・恵比寿にオープンした。
Instagram @matebikejapan

MATE. BIKE TOKYO