eSIMのtrifaなら安価で確実に旅先でネット通信できる

2022年のツール・ド・フランス取材では、eSIMのtrifa(トリファ)を使って転戦中だ。trifaは日本の接続サービス会社だが、スマホアプリで利用でき、しかもさまざまな地域・期間プランが安価で用意されている。アプリで完結するので最初のホテルにSIMカードやポケットWiFiを送ってもらうこともない。空港で専用カウンターを探したり、そこで語学力が求められるプランの選択を迫られることもない。

デンマークでeSIMが大活躍。クルマの中や公園のベンチなどどこでもパソコン通信できる

記事の最後に10%引きのクーポン配布中

2022ツール・ド・フランスはデンマークで3日間を過ごし、大会4日目にフランスに向かうので、購入したプランは「ヨーロッパ周遊」、期間は「31日間」で、原稿や画像を毎日パソコンから送稿するので容量の大きい「30GB」を選択した。料金は1万2900円だ。

ちなみに2022年に大会主催者が用意したワイヤレス通信を契約すると24日間の全日程で720ユーロ(10万8000円)。まさに今回はコストダウンの成功例だ。

【記事】ここ2、3年は通信環境の進化が加速中

24日間のツール・ド・フランス取材はtrifaで原稿送信した

ちなみにその他のプラン
米国・15日間(3GB)3650円
グアム・15日間(3GB)8700円
フランス・7日間(1GB)720円
アジア周遊・8日間(6GB)2340円
ヨーロッパ周遊・31日間(10GB)4580円

こういった手続き、eSIMのインストール、使用中の残量確認は無償提供されるアプリで行う。購入手続きはいたって簡単なので、公式サイトを参照のこと。

eSIMを購入してインストールする手順

アプリのトップでまずは訪問する国、あるいは複数の場合はエリアを選択

今回はフランスの他にデンマークやスウェーデンに行くので「ヨーロッパ周遊」を選択

1カ月なので「31日間」、連日パソコン通信をするので「30GB」を選択。このプランは2022年夏から追加された

テザリングが可能なので、Wi-Fiルーターとしてパソコンでインターネット接続することもできる

注文そのものはクレジットカード情報などを入力してすぐに完了

やり方がわからないときはLINEでチャット相談

ちょっとだけ手間取ったのは、次のステップであるeSIMのインストールだった。たまのバグで「インストール完了」の知らせが画面表示されないこともあり、その症状が出現した。こんなときはLINEのチャット機能で日本のスタッフとやりとりして解決策を教えてもらえる。これが実にありがたかった。

アプリ不具合からeSIMインストールの完了画面が出ず、完了していないと思いこんで何度もトライ。LINEで相談して解決した

結果としてeSIMは無事にインストールされていて、バグ改善によってこうしたトラブルもなくなってくると思うが、ここで学習したことは海外渡航前にeSIMをインストールしておくことが大切だということ。

そこで、実際に日本にいるときにやっておくべきインストール作業と、海外での最終的なセッティングを紹介。

【出国前】eSIMをインストールしておく

スマホの「設定」を開く
「モバイル通信」を選択
「モバイル通信プランを追加」を選択
QRコードまたは手動のコードを使ってeSIMをダウンロード
「モバイル通信プランを追加」を選択
「モバイル通信」画面に戻ると新しくeSIMが追加されているので、そちらを選択

🔎 どれが今回インストールしたeSIMなのかわからない場合は?

トリファを経由してインストールしたeSIMには「副回線」「eSIM」「旅行」「仕事」「モバイルデータ通信」といった名前が振り分けられているはず。また、特定の名前をつけることもできる。

一方、普段使っているSIMの名前は「キャリアの名前」、又は「主回線」といった名前が振り分けられている。
「この回線をオンにする」がONになっていなければONに切り替える
ONにした後、一度前の画面に戻り、再度該当のeSIMを選択する
画面を下にスクロールし「データローミング」をONに切り替える

現地での利用状況確認画面

【現地到着後】eSIMを切り替える

「設定」を開く
「モバイル通信」を選択
「モバイルデータ通信」を選択
今回新たに追加したeSIMにチェックを入れる
2〜3分待つと通信が開通する
もし通信が開通しない場合は端末の再起動を試す

コペンハーゲンの街歩きもGoogle Mapを起動させて目的地を探せる

▼クーポンコード:FDOFQ
トリファ購入時に購入代金が10%OFFされます。
●トリファのホームページ

国境を越えてスウェーデンへ。自動ローミングで(数分は要するが)なにもすることなく接続できる