アドベンチャーロード、RENEGADE EXPLOITがジェイミスから登場

ジェイミスから、スチールフレームのRENEGADE(レネゲード)シリーズ最高峰のレイノルズ631を採用したEXPLOIT(エクスプロイット)が発売された。スラムAPEX仕様、シマノ105仕様ともに26万円。

遠くのトレイル、河川敷、街中のちょっとした悪路。アドベンチャーは日常のちょっとしたところにも存在する。RENEGADEならあらゆる路面をそのまま走ることができる。36の太いタイヤ、天候にも左右されない制動力をもつディスクブレーキ。これらの性能は走破性の高い走りを実現。キャリアを取り付ける台座も標準装備されていて、さまざまなオプションが取り付けられる。

アドベンチャーロード“RENEGADE EXPLOIT”

RENEGADEは、幅広い身長のライダーがどんな路面の状況・状態においても快適で安定した乗り心地を維持しながらライディングができるリーチ・スタックをデザインするところから始まった。

各サイズのジオメトリーは、フレームサイズに応じて3つの異なるオフセットフォーク、5つのBBドロップ、3つのリヤセンターの数値を設定。これはジェイミスが提唱するデザインだ。このことによりライダーの身長に関係なく、最高のアドベンチャーバイクパフォーマンスを体感できるようになった。他社のアドベンチャーバイクのほとんどは、1つのフレームサイズをベースに設定、そのベースサイズに合ったフォークオフセットを使い他のサイズも作られている。

カーボンフォークモデルは12mmスルーアクスルを採用。ECO設計の特性を維持しながら、エンド剛性と軽量化を実現
ライダーの身長に関係なく、最高のアドベンチャーバイクパフォーマンスを体感できる

レーシングロードバイクのような単一のタイヤサイズで乗るように設計されたバイクではうまくいくかもしれないが、28cから32c、40c、650B×47cのROAD+などさまざまなアドベンチャー用のタイヤに交換していくとハンドリングや乗り心地に大きな影響を与える。

ジェイミスのフレームの基礎となる、サイズごとにメインフレームパイプの直径を変更する技術に加え、後部三角形の直径もフレームサイズに応じて2つの異なる太さのパイプを使うことで、あらゆる身長のライダーが最高のアドベンチャーライドができる。

レイノルズ631はマンガンモリブデン鋼を採用した超軽量のパイプで長距離やタフなライドにも適していて、シリーズには最適な組み合わせになる。このレイノルズ631をカスタムオーダーし、ジェイミス独自のデザインに落とし込んでいる。

このEXPLOITには、スラムAPEXとシマノ105を搭載し、前後スルーアクスル、X PLOR MSA 36Cタイヤを装備。44cm-48cmには650C、51cm以上には700Cを採用するのもRENEGADEの特徴だ。キャリアや泥除けなどを取り付けられる台座も多様に搭載されており、購入後の拡張性も魅力のひとつ。

RENEGADE EXPLOITをはじめ、シリーズ各モデルは、3月2日(土)、3日(日)に大阪万博公園で開催される、サイクルモードライド大阪にて試乗ができる。

RENEGADE EXPLOIT APEX
RENEGADE EXPLOIT 105

指紋認証でロック解除ができる Uロック登場

シリコンロックのULAC(ユーラック)から指紋認証でロック解除ができるUロック、TRON-XD SF1が発売された。9800円(税別)。取り扱いはジェイミスジャパン。

フル充電で最大2200回まで開くUロック

通常ロックの解除にはキーが必要だが、このTRON-XD SF1はキーの代わりに指紋でロックを開錠することができる。

駐輪している際、開錠のためにいちいちキーを探すのは面倒なもの。そんな時には指一本で開錠。指紋認証は最大20まで保存することができ、個人はもちろん、家族での共有も可能だ。本体にはリチウムポリマーバッテリーが内蔵されていて、フル充電で2200回の開錠が可能。万が一充電不足の場合は、緊急充電マイクロUSBを搭載。または付属の機械式キーでの開錠も可能。

本体はシリコンモールドで覆われていて、大切な愛車を傷つけにくいデザインだ。

0.5秒ロック解除のUロック
Uロックのシャックル寸法(内側)74mm x 128mm
低バッテリーまたは誤動作の場合は、一時的な充電のためにマイクロUSBとポータブル充電器を使用
Uロックの重量は566g
0.7秒のロック解除のサークルロック
サークルロックはリヤフレームへの取り付けが簡単
フル充電で最大5000回までオープンするサークルロック

ジェイミスのレネゲード・エクスプロールに新色2モデルが追加

2015年の発売以来、爆発的な人気を誇るジェイミスのレネゲード(RENEGADE)シリーズ。そのEXPLORE(エクスプロール)に新色2色が追加された。12万円(税別)。

レネゲード・エクスプロール(デザートストーム)

RENEGADEとは
遠くのトレイル、河川敷、街中のちょっとした悪路。アドベンチャーは日常のちょっとしたところにも存在するRENEGADE(レネゲード)ならあらゆる路面をそのまま走ることができる。36Cの太いタイヤ、天候に左右されない制動力を持つディスクブレーキ。これらの性能は走破性の高い走りを実現。キャリアやラックを取り付けるダボも標準装備されていて、さまざまなオプションが取り付けられる。カーボン、クロモリ、アルミと3素材、8モデルから選択できるのも魅力。

レネゲード・エクスプロール(ウィンターダスク)

今回追加されたのはRENEGADE EXPLORE
軽量6061軽量アルミフレームに、フルカーボンフォークを搭載したモデル。SHIMANO SORA 18Speed仕様で、シティライドからトレイルライドまで快適な走行を実現。初めてのドロップハンドルという初級者から、ベテランライダーまで幅広く支持されている車種。

追加されるカラーは、ベージュにマット処理を施した“Desert Storm”と、有名SUVで人気のライトブルーを施した”Winter Dusk”の2色。すでに展開している”Cream Stout”と合わせて3色展開となる。

人気のRENEGADE EXILEに新色が登場…ジェイミスのアドベンチャーバイク

ジェイミスのRENEGADE EXILE(レネゲード・エグザイル)に新色が登場。2015年の発売以来、爆発的な人気を誇るRENEGADEシリーズの末っ子RENEGAE EXILEに新色ANO PALLADIUMが追加された。

RENEGAE EXILEに新色ANO PALLADIUMが登場

RENEGADEとは
遠くのトレイル、河川敷、街中のちょっとした悪路。アドベンチャーは日常のちょっとしたところにも存在する。RENEGADE(レネゲード)ならあらゆる路面をそのまま走ることができる。36Cの太いタイヤ、天候に左右されない制動力を持つディスクブレーキ。これらの性能は走破性の高い走りを実現。キャリアやラックを取り付けるダボも標準装備されていて、さまざまなオプションが取り付けられる。カーボン、クロモリ、アルミと3素材、8モデルから選択できるのも魅力。

●RENEGADEはあなたのアドベンチャーを切り拓く

今回追加されたのは、RENEGADE EXILE(9万9900円)。RENEGADEシリーズの末っ子だ。入門機ながら、5ボトルケージ台座、36Cタイヤなど基本的な装備は上位機種と同じ。カラーは新色のANO PALLADIUM。これにより全3色の展開になる。秋の小春日和をRENEGADEでサイクリングするのもいい。

RENEGADE EXILEの詳細サイト

RENEGAE EXILE ANO INFERNO

RENEGAE EXILE ANO BLACK

ジェイミスからアーバンアドベンチャーSEQUEL(セクエル)登場

ジェイミスからアーバンアドベンチャーのSEQUEL(セクエル)が登場した。取り扱いはジェイミス・ジャパン。価格は11万5000円(税別)。

ジェイミス・セクエル

街中のアドベンチャーをするならSEQUEL(セクエル)と走りたい。車道の段差、悪路、砂利道、サイクリングロード。あらゆる地形を650X47Cのタイヤは走り抜けてくれる。リラックスしたフラットバーは日常では気がつかない風景を見せてくれる。REYNOLDS 520スチールにスルーアクスルのフレームは適正な剛性を持つ。キャリアや泥除け、バイクパッキングに適したダボも標準装備されており、街を飛び出しロングツーリングやアドベンチャーライドにも対応する。日常からアドベンチャーまで懐の深いバイクだ。

短めのトップチューブに高めのハンドル位置、ワイドなハンドルバーを採用し快適なライドが可能。フレームデザインには、JAMISの代名詞であるSSDを採用。SSDは、フレームサイズごとにトップチューブ、ダウンチューブの径を変化させ、BBハイト、リアセンター、フォークオフセットに至るまで変化をさせており、設計者がねらった通りの乗り心地がどのサイズでも得られるというもの。平日は通勤や通学などの日常使いから、週末のアドベンチャーライドまで快適なライドを約束する。

快適なライドのために、バイクの拡張性は関心事だろう。SEQUELには、リヤラック、フロントラック、フェンダーなどの取り付け台座が適正な位置にあり、スマートな取り付けが可能だ。またフレームに3カ所、フロントフォークの両サイドと合わせて5カ所のボトルケージ台座を装備する。リヤキャリアにバッグを取り付ければリュックサックなしでの通勤も可能だ。フェンダーを取り付ければ雨天や雨上がりのライドを快適にする。ちょっと公園までの軽いライドから、ロングアドベンチャーまで懐の深いバイクに仕上がっている。

●ジェイミスSEQUEL(セクエル)の詳細サイト

ジェイミスのレネゲード・エキスパットに新色が登場

アドベンチャーロードの火付け役となった、JAMIS(ジェイミス)RENEGADE(レネゲード)シリーズ。その中でも異彩を放つREYNOLDS(レイノルズ)スチールフレームを装備したEXPAT(エキスパット)。そのエキスパットに新色が登場する。

ジェイミス・レネゲードの新色

5ボトルケージ台座を装備し、グラベルライド、ロングライド、ツーリングなど多彩な機能を持ち、所有者の行動範囲を無限に広げてくれそうだ。

●ジェイミスの詳細サイト

●Jamisとは
1937年創業で米国ニュージャージー州に本社を構えるG・Jannou Cycleを母体に持つブランド。1979年にJamisブランドが立ち上がり、米国内において最も古い創業者が持つ総合スポーツバイクブランドとなった。
●ジェイミスのホームページ

ジェイミスがニューモデルを掲載したウェブサイトを公開

1979年創業のアメリカンブランド、JAMIS BIKES(ジェイミスバイクス)の最新モデルを一堂に紹介したウェブサイトが9月14日昼12時に公開された。

ジェイミスが新しいウェブサイトを公開

人気沸騰のアドベンチャーロード、RENEGADEシリーズをはじめ、新機軸のSEQUEL、HIGHPOINTなど多彩なラインナップを紹介している。お目当てのバイクが24時間いつでもチェックできるようにスマートフォンにも対応。多色展開のモデルは画面をスライドすることでカラー比較ができるようになっている。

●JAMIS BIKESのウェブサイト

JAMIS BIKESとは
1937年創業、米国ニュージャージーに本社を構えるG・Jannou Cycleを母体に持つブランド、1979年にJAMISブランドは立ち上がり、米国内において最も古い創業者が持つ総合スポーツバイクブランド。

ジェイミスが新システム3VO搭載のエンデューロバイクを2モデル発表

JAMIS(ジェイミス)はシーオッタークラシックで新型エンデューロバイク「HARDLINE(ハードライン)」と「PORTAL(ポータル)」を発表した。3VOサスペンションプラットフォームを利用し、Jamis社内設計チームによる2年間の開発期間を経て発表されたものだ。

ジェイミス・ポータル

システムは、Speedgoat DesignsのベテランChris Currieによって設計。3VO(Three Variable Optimized)プラットフォームは、あらゆる条件において妥協のないサスペンションの動きと最適化されたペダリングが可能となった。3VOは一般のデュアルリンクシステムとは違い、仮想ピボットがボトムブラケットの上からはじまり、ストロークにしていくとともにリヤホイールの軌道に合わせてボトムブラケット後方へと移動する。ボトムブラケット後方に持っていくことにより、ギヤの位置、リヤショックのストロークに関係なく、チェーンテンションを一定に保つことができ、ストローク中のペダリングのロスやチェーン落ちなども防ぐことができる。また、ブレーキも位置が変わらず、フローティングのように安定したブレーキングが可能になる。

新システムの3VO

●ジェイミスの商品詳細サイト

ジェイミス・ハードライン

●関連ニュース

ジェイミスが米国バイシクリング誌エディターズチョイスW受賞

●最新ニュースへ