アラフィリップがティレーノ〜アドリアティコ第2ステージV

イタリア半島をはさむティレニア海とアドリア海を結ぶ7日間のステージレース、ティレーノ〜アドリアティコは3月11日に第2ステージが行われ、世界チャンピオンのアルカンシエルを着用したジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥークニンク・クイックステップ)が優勝。2019年の区間2勝に続く、大会通算3勝目を挙げた。

世界チャンピオンのアラフィリップがティレーノ〜アドリアティコ第2ステージ優勝。左が2位マチュー・ファンデルプール、右が3位ファンアールト ©Gian Mattia D’Alberto – LaPresse

総合成績では、前日に首位に立ったユンボ・ビスマのワウト・ファンアールト(ベルギー)が同タイムの3位で首位を守った。4秒遅れの総合2位にアラフィリップ。

ティレーノ〜アドリアティコ第2ステージ ©Marco Alpozzi – LaPresse
ワウト・ファンアールトをけん引するユンボ・ビスマチーム ©Marco Alpozzi – LaPresse
ワウト・ファンアールトが首位を守った ©Gian Mattia D’Alberto – LaPresse

ティレーノ〜アドリアティコ初日はファンアールト優勝(2021年3月11日)
●ティレーノ〜アドリアティコのホームページ

ティレーノ〜アドリアティコ初日はファンアールト優勝

イタリア半島をはさむティレニア海とアドリア海を結ぶ7日間のステージレース、ティレーノ〜アドリアティコが3月10日に開幕し、第1ステージはユンボ・ビスマのワウト・ファンアールト(ベルギー)が優勝。総合成績でも首位に立った。

ワウト・ファンアールトがティレーノ〜アドリアティコ第1ステージ優勝 ©Gian Mattia D’Alberto – LaPresse

「勝つことができたのは驚いているが、今朝はスプリント勝負をする計画を立てていた」とファンアールト。

「昨日も、そしてその前のテネリフェ島でもしっかりとトレーニングをしていた。シクロクロスは爆発的な走りをするためにはいい練習となるが、スピード力の欠如がちょっと心配だった」とコメントしたファンアールトはティレーノ〜アドリアティコでの総合優勝をねらっていくと公言。

2021ティレーノ〜アドリアティコ第1ステージ ©Marco Alpozzi – LaPresse

「疲労を回復するために数日は無難に走りたい。もちろん、大会後は昨年優勝したミラノ〜サンレモを連覇することを楽しみにしている。ここに来て、コンディションはとてもいいと確信した。この日の勝利はチームのモチベーションも高めてくれたはずだ」(ファンアールト)

2021ティレーノ〜アドリアティコ第1ステージ ©Marco Alpozzi – LaPresse
ワウト・ファンアールトがティレーノ〜アドリアティコ初日で首位に ©Gian Mattia D’Alberto – LaPresse

●ティレーノ〜アドリアティコのホームページ

ジロ・デ・イタリア主催者推薦枠はイタリアの3チーム

RCSスポルトは2月10日、ジロ・デ・イタリアストラーデビアンケティレーノ〜アドリアティコミラノ〜サンレモの出場全チームを発表した。ジロ・デ・イタリアはツール・ド・フランスと同様に1チーム増の23チームとなったが、ツール・ド・フランスが主催者推薦枠すべてをフランスチームにしたのに対し、ジロ・デ・イタリアはすべてイタリアチームを選出した。

ジロ・デ・イタリア ©Gian Mattia D’Alberto/LaPresse

ジロ・デ・イタリア

●開催期間=5月8〜30日
●出場数=8人編成の23チーム

2021ワールドツアーチーム(19)
AG2Rシトロエン(フランス)
アスタナ・プレミアテック(カザフスタン)
バーレーンビクトリアス(バーレーン)
ボーラ・ハンスグローエ(ドイツ)
コフィディス(フランス)
ドゥークニンク・クイックステップ(ベルギー)
EFエデュケーションNIPPO(米国)
グルパマFDJ(フランス)
イネオス・グレナディアス(英国)
アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ(ベルギー)
イスラエルスタートアップネーション(イスラエル)
ユンボ・ビスマ(オランダ)
ロットスーダル(ベルギー)
モビスター(スペイン)
バイクエクスチェンジ(オーストラリア)
DSM(ドイツ)
ケベカアソス(南アフリカ)
トレック・セガフレード(米国)
UAEエミレーツ(UAE)

2020プロチームランキング1位(1)
アルペシン・フェニックス(ベルギー)

ワイルドカード(3)
バルディアーニCSFファイザネ(イタリア)
エオーロ・コメタ(イタリア)
ビーニザブKTM(イタリア)


●ジロ・デ・イタリアのホームページ

ストラーデビアンケ

イタリア語で「白い道」という意味のストラーデビアンケ ©LaPresse – Fabio Ferrari

●開催期間=3月6日
●出場数=7人編成の25チーム

2021ワールドツアーチーム(19)

2020プロチームランキング上位2チーム(2)
アルペシン・フェニックス(ベルギー)
アルケア・サムシック(フランス)

ワイルドカード(4)
アンドローニジョカトリ・シデルメク(イタリア)
バルディアーニCSFファイザネ(イタリア)
エオーロ・コメタ(イタリア)
ビーニザブKTM(イタリア)

●ストラーデビアンケのホームページ


ティレーノ〜アドリアティコ

ティレーノ〜アドリアティコ総合優勝のサイモン・イェーツ ©LaPresse – Marco Alpozzi

●開催期間=3月10〜16日
●出場数=7人編成の25チーム

2021ワールドツアーチーム(19)

2020プロチームランキング1位(1)
アルペシン・フェニックス(ベルギー)

ワイルドカード(5)
アンドローニジョカトリ・シデルメク(イタリア)
バルディアーニCSFファイザネ(イタリア)
ガスプロム・ルスベロ(ロシア)
エオーロ・コメタ(イタリア)
ビーニザブKTM(イタリア)

●ティレーノ〜アドリアティコのホームページ


ミラノ〜サンレモ

ミラノ〜サンレモの終盤は紺碧の地中海リビエラ海岸を走る ©LaPresse/Fabio Ferrari

●開催期間=3月20日
●出場数=7人編成の25チーム

2021ワールドツアーチーム(19)

2020プロチームランキング上位2チーム(2)
アルペシン・フェニックス(ベルギー)
アルケア・サムシック(フランス)

ワイルドカード(4)
アンドローニジョカトリ・シデルメク(イタリア)
バルディアーニCSFファイザネ(イタリア)
ノボノルディスク(米国)
トタル・ディレクトエネルジー(フランス)

●ミラノ〜サンレモのホームページ

サイモン・イェーツがティレーノ〜アドリアティコ総合優勝

8ステージで開催された第55回ティレーノ〜アドリアティコが9月14日に最終日を迎え、ミッチェルトン・スコットのサイモン・イェーツが総合優勝した。

ティレーノ〜アドリアティコ総合優勝のサイモン・イェーツ。左が2位ゲラント・トーマス、右が3位ラファウ・マイカ ©LaPresse – Fabio Ferrari

17秒遅れの総合2位はイネオス・グレナディアスのゲラント・トーマス(英国)、29秒遅れの総合3位はボーラ・ハンスグローエのラファウ・マイカ(ポーランド)。

最終日のタイムトライアルを走るサイモン・イェーツ ©LaPresse – Marco Alpozzi
ティレーノ〜アドリアティコ総合優勝のサイモン・イェーツ ©LaPresse – Marco Alpozzi
ティレーノ〜アドリアティコ ©LaPresse – Fabio Ferrari

●ティレーノ〜アドリアティコのホームページ

CCCの2選手が新型コロナウイルス感染でティレーノ除外

CCCチームはイタリアで開催中のステージレース、ティレーノ〜アドリアティコからルーカス・ビシニオウスキーとシュモン・サイノク(ともにポーランド)を撤退させた。9月14日にチームが発表した。

ティレーノ〜アドリアティコ第7ステージ ©LaPresse – Fabio Ferrari

ビシニオウスキーは、大会期間中に軽度の症状を発症。13日の第7ステージをリタイアし、その日の夕方に受けたPCR検査で陽性となった。ビシニオウスキーは再確認のためにもう一度PCR検査を受ける。

CCCチームのCovid-19ポリシーに従って、ビシニオウスキーのルームメイト、サイノクは自動的にレースから撤退し、PCR検査を受ける予定。

チームはティレーノ〜アドリアティコの医療チームと協議して、レースに同行しているすべての選手とスタッフを、13日夕方と14日朝の2回にわたってPCR検査を実施。全員が非感染だったため、大会主催者のRCSが規定する特別ルールに則してレースを続行することになった。

●CCCのホームページ