ログリッチV3で同タイム首位…ブエルタ・ア・エスパーニャ第10S

第75回ブエルタ・ア・エスパーニャは10月30日、カストロウルディアレス〜スアンセス間の185kmで第10ステージが行われ、13秒遅れの総合2位プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ビスマ)が今大会3勝目。総合成績でも首位を奪還した。

プリモシュ・ログリッチが今大会3勝目 ©PHOTOGOMEZSPORT2020

ゴール手前が上り坂となるステージで、ログリッチが最後に集団を抜け出してスパートしたことで大集団が二分。首位リチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアス)は3秒遅れの第2集団でのゴールとなった。ログリッチは1着のボーナスタイム10秒も獲得し、カラパスとタイム差で並び、これまでの着順の合計で首位に立った。

2020ブエルタ・ア・エスパーニャ第10ステージ ©PHOTOGOMEZSPORT2020

大会は第12、13ステージで最難関の山岳に突入する。ツール・ド・フランスで最終日前日に逆転負けを喫したログリッチ。ジロ・デ・イタリア連覇の夢を捨てて日程重複した今大会に乗り込んだカラパス。どちらも母国の自転車人気を高めたヒーローがタイム差なしで勝負どころに挑む。

2020ブエルタ・ア・エスパーニャ第10ステージ ©PHOTOGOMEZSPORT2020
アレハンドロ・バルベルデ、ホセ・ロハス、カルロス・バルベロの地元スペイン勢 ©PHOTOGOMEZSPORT2020
2020ブエルタ・ア・エスパーニャ第10ステージ ©PHOTOGOMEZSPORT2020

●4賞ジャージ
マイヨロホ(個人総合成績)プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ビスマ)
マイヨベルデ(ポイント賞)プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ビスマ)
マイヨルナレス(山岳賞)ギヨーム・マルタン(フランス、コフィディス)
□マイヨブランコ(新人賞)エンリク・マス(スペイン、モビスター)

タイム差ゼロで首位を譲り渡したリチャル・カラパス ©PHOTOGOMEZSPORT2020

第9ステージにもどる≪≪   ≫≫第11ステージにすすむ

2020ブエルタ・ア・エスパーニャ出場176選手

🇪🇸ブエルタ・ア・エスパーニャの特集サイト
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャの公式サイト
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのfacebook
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのtwitter
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのinstagram

ベネット降格でアッカーマンが初勝利…ブエルタ・ア・エスパーニャ

第75回ブエルタ・ア・エスパーニャは10月29日、カンペアドール〜アグイラルデカンポ間の157.7kmで第9ステージが行われ、ボーラ・ハンスグローエのパスカル・アッカーマン(ドイツ)がドゥークニンク・クイックステップのサム・ベネット(アイルランド)に続いて2着となったが、ベネットがゴール前のスプリント勝負で危険走行をしたため降格に。アッカーマンが大会初勝利を挙げた。

サム・ベネット(左から2人目)が先着したが、降格によりパスカル・アッカーマン(中央右より)が優勝 ©PHOTOGOMEZSPORT2020

大会2回目の平たんステージは、スプリンターのベネットを擁するドゥークニンク・クイックステップ勢が想定通りにゴール勝負に持ち込んだが、わずかに歯車が狂った。

危険走行のベネットはスプリント時に周囲をふさがれ、それをこじ開けようと併走選手に2度にわたって肩で応圧。これが降格の理由となった。

モビスターのアレハンドロ・バルベルデ(左)と新人賞のエンリク・マス©PHOTOGOMEZSPORT2020

「ベネットには完全に負けていた」と繰り上げ優勝にも複雑なアッカーマン。
「前をふさがれたらストップするべきで彼らしくない走りだった」ともコメント。

NTTのエース、カルロス・バルベロ(スペイン)の応援団 ©PHOTOGOMEZSPORT2020

総合成績ではイネオス・グレナディアスのリチャル・カラパス(エクアドル)が難なく首位を守った。

2020ブエルタ・ア・エスパーニャ第9ステージ ©PHOTOGOMEZSPORT2020
2020ブエルタ・ア・エスパーニャ第9ステージ ©PHOTOGOMEZSPORT2020

●4賞ジャージ
マイヨロホ(個人総合成績)リチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアス)
マイヨベルデ(ポイント賞)プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ビスマ)
マイヨルナレス(山岳賞)ギヨーム・マルタン(フランス、コフィディス)
□マイヨブランコ(新人賞)エンリク・マス(スペイン、モビスター)

サム・ベネットを擁するドゥークニンク・クイックステップがゴール勝負に持ち込もうとメイン集団をコントロール ©PHOTOGOMEZSPORT2020

第8ステージにもどる≪≪   ≫≫第10ステージにすすむ

2020ブエルタ・ア・エスパーニャ出場176選手

🇪🇸ブエルタ・ア・エスパーニャの特集サイト
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャの公式サイト
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのfacebook
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのtwitter
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのinstagram

ログリッチが2勝目…首位カラパスに13秒差に詰め寄る

第75回ブエルタ・ア・エスパーニャは10月28日、ログロニョ〜アルトデモンカルビリョ間の164kmで第8ステージが行われ、大会連覇をねらうユンボ・ビスマのプリモシュ・ログリッチ(スロベニア)と首位リチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアス)がゴールまでの上り坂で抜け出し、最後はログリッチが13秒差をつけて優勝した。

ポイント賞ジャージを着るプリモシュ・ログリッチ ©PHOTOGOMEZSPORT2020

ログリッチは第1ステージに続く2勝目、大会通算3勝目を挙げるとともに、首位を守ったカラパスとの差を13秒にした。

©PHOTOGOMEZSPORT2020

1カ月半前のツール・ド・フランスでは最終日前日に首位陥落。今大会も初日に首位に立ったが、第6ステージでその座を明け渡したログリッチ。この日は未経験の山岳だったが、「チャンスがあれば勝負をかけよう」と積極的に走り、上りに強いカラパスを置き去りにした。

「献身的にアシストしてくれるチームメートのためにも」とエースとしての自覚をもって再び首位を見すえる。

2020ブエルタ・ア・エスパーニャ第8ステージ ©PHOTOGOMEZSPORT2020
リチャル・カラパス ©PHOTOGOMEZSPORT2020

●4賞ジャージ
マイヨロホ(個人総合成績)リチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアス)
マイヨベルデ(ポイント賞)プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ビスマ)
マイヨルナレス(山岳賞)ギヨーム・マルタン(フランス、コフィディス)
□マイヨブランコ(新人賞)エンリク・マス(スペイン、モビスター)

2020ブエルタ・ア・エスパーニャ第8ステージ ©PHOTOGOMEZSPORT2020

第7ステージにもどる≪≪   ≫≫第9ステージにすすむ

2020ブエルタ・ア・エスパーニャ出場176選手

🇪🇸ブエルタ・ア・エスパーニャの特集サイト
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャの公式サイト
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのfacebook
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのtwitter
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのinstagram

マイケル・ウッズV、カラパス首位…ブエルタ・ア・エスパーニャ第7S

第75回ブエルタ・ア・エスパーニャは10月27日、ビクトリアガステイズ〜ビジャヌエバ・デ・バルデゴビア間の159.7kmで第7ステージが行われ、5選手による区間優勝争いとなり、EFのマイケル・ウッズ(カナダ)がゴール前で抜け出して2年ぶり2度目の区間優勝を果たした。

マイケル・ウッズがステージ優勝 ©PHOTOGOMEZSPORT2020

1回目の休息日明けのステージはモビスターのアレハンドロ・バルベルデ(スペイン)らがステージ優勝を目指して抜け出した。

「他の4選手はとても強かった」というウッズ。
「でも後続の大集団に総合2位のチームメート、ヒュー・カーシー(英国)がいたので、気持ちはよくなかったけど第1集団の中でボクは先頭に出る責任がなかった」

クリストファー・フルームがアシストとしての働きをみせる ©PHOTOGOMEZSPORT2020

ウッズは最後の坂まで体力が温存でき、勝負どころで一気にスパート。実績のある4選手を抑えて優勝を果たした。まさに自転車競技の「あや」とも言える勝利だった。

総合成績ではイネオス・グレナディアスのリチャル・カラパス(エクアドル)が、他の有力選手とともに56秒遅れの大集団の中でゴールして首位を守った。

2020ブエルタ・ア・エスパーニャ第7ステージ ©PHOTOGOMEZSPORT2020
2020ブエルタ・ア・エスパーニャ第7ステージ ©PHOTOGOMEZSPORT2020

●4賞ジャージ
マイヨロホ(個人総合成績)リチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアス)
マイヨベルデ(ポイント賞)プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ビスマ)
マイヨルナレス(山岳賞)ギヨーム・マルタン(フランス、コフィディス)
□マイヨブランコ(新人賞)エンリク・マス(スペイン、モビスター)

バルベルデがマイケル・ウッズらとアタック ©PHOTOGOMEZSPORT2020

第6ステージにもどる≪≪   ≫≫第8ステージにすすむ

2020ブエルタ・ア・エスパーニャ出場176選手

🇪🇸ブエルタ・ア・エスパーニャの特集サイト
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャの公式サイト
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのfacebook
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのtwitter
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのinstagram

イサギレ弟が初優勝…首位はカラパスへ…ブエルタ・ア・エスパーニャ第6S

第75回ブエルタ・ア・エスパーニャは10月25日、新型コロナウイルス感染拡大によりフランスに入国するルートを修正。ビエスカスをスタートし、スペイン国内のサレントデガレゴにゴールする146.4kmに変更して第6ステージが行われ、アスタナのヨン・イサギレ(スペイン)が残り3kmから抜け出して初優勝した。

ヨン・イサギレが第6ステージ優勝 ©PHOTOGOMEZSPORT2020

フランスのツールマレー峠にゴールする予定だったステージは、同国の新型コロナウイルス感染拡大により直前でコース変更。激しい雨にも見舞われた混戦は、ヨン・イサギレが制した。この日はチームメートで2歳年上の兄ゴルカが2度にわたって単独先行したが、ゴールまで逃げ切れず。追走集団の中で抑え役を務めていた弟が勝負を決めた。

「最後はとてもツラくてアタックすることにためらいがあったが、兄が勇気をくれた」と弟。

冷たい雨のためログリッチもレインウエアを着用した©PHOTOGOMEZSPORT2020

総合成績では首位プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ビスマ)が脱落。13秒遅れの総合3位につけていたイネオス・グレナディアスのリチャル・カラパス(エクアドル)が、この日ログリッチに43秒差をつけて首位に立った。

「大会はまだ長いが、チームはとても強いので最後までこの座を守っていきたい」とカラパス。

ヨン・イサギレがメイン集団からアタック ©PHOTOGOMEZSPORT2020
冷たい雨の中ゴールにたどり着いたカラパスをマルク・ソレルがその健闘をたたえた ©PHOTOGOMEZSPORT2020

大会連覇をねらうログリッチは第5ステージまで首位を走ったが、ピレネー山脈の山岳で遅れ、30秒遅れの総合4位と一歩後退している。
「勝つ時もあれば負ける時もある。調子を落としたわけじゃないのでまだファイトできる」とログリッチ。

メカニックトラブルで足を使ってしまい最後に遅れたログリッチ ©PHOTOGOMEZSPORT2020

●4賞ジャージ
マイヨロホ(個人総合成績)リチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアス)
マイヨベルデ(ポイント賞)プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ビスマ)
マイヨルナレス(山岳賞)ティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・スーダル)
□マイヨブランコ(新人賞)エンリク・マス(スペイン、モビスター)

リチャル・カラパスが総合1位に ©PHOTOGOMEZSPORT2020

第5ステージにもどる≪≪   ≫≫第7ステージにすすむ

2020ブエルタ・ア・エスパーニャ出場176選手

🇪🇸ブエルタ・ア・エスパーニャの特集サイト
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャの公式サイト
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのfacebook
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのtwitter
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのinstagram

ウェレンス初V、ログリッチ首位を維持…ブエルタ・ア・エスパーニャ第5S

第75回ブエルタ・ア・エスパーニャは10月24日、ウエスカ〜サビニャニーゴ間の185.5kmで第5ステージが行われ、逃げ屋の異名を取るロット・スーダルのティム・ウェレンス(ベルギー)を含む3選手が100km以上のアタックを決め、ウェレンスがゴールスプリントを制して初優勝を挙げた。

ロット・スーダルのティム・ウェレンス(ベルギー)が第5ステージ優勝 ©PHOTOGOMEZSPORT2020

山岳賞争いでも1位に立ったウェレンスは第1ステージでも長い逃げを見せて区間優勝を目指したが、このときは後続集団に吸収された。

2020ブエルタ・ア・エスパーニャ第5ステージ ©PHOTOGOMEZSPORT2020

「ツール・ド・フランス開幕前に落車による負傷をしてしまい、難しいシーズンだった。チームの目標はまず1勝だったから、これでストレスがなくなった。最終日までのびのびと走って自分やチームメートの勝利をつかみたい」とウェレンス。

首位プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ビスマ)は総合成績の上位選手らとタイム差なしの大集団の中でゴールし、その座を守った。

マイヨロホのプリモシュ・ログリッチ ©PHOTOGOMEZSPORT2020
山岳賞ジャージを着るリチャル・カラパス ©PHOTOGOMEZSPORT2020
2020ブエルタ・ア・エスパーニャ第5ステージ ©PHOTOGOMEZSPORT2020

●4賞ジャージ
マイヨロホ(個人総合成績)プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ビスマ)
マイヨベルデ(ポイント賞)プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ビスマ)
マイヨルナレス(山岳賞)ティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・スーダル)
□マイヨブランコ(新人賞)エンリク・マス(スペイン、モビスター)

2020ブエルタ・ア・エスパーニャ第5ステージ ©PHOTOGOMEZSPORT2020

第4ステージにもどる≪≪   ≫≫第6ステージにすすむ

2020ブエルタ・ア・エスパーニャ出場176選手

🇪🇸ブエルタ・ア・エスパーニャの特集サイト
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャの公式サイト
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのfacebook
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのtwitter
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのinstagram

ベネット区間優勝、ログリッチ首位をキープ…ブエルタ・ア・エスパーニャ第4S

第75回ブエルタ・ア・エスパーニャは10月23日、ガライ〜エヘアデロスカバレロス間の191.7kmで第4ステージが行われ、ドゥークニンク・クイックステップのサム・ベネット(アイルランド)が大集団によるゴール勝負を制した。2019年の区間2勝に続く大会通算3勝目。

サム・ベネットがゴール勝負を制して優勝 ©PHOTOGOMEZSPORT2020

初日から異例の山岳3区間をこなした大会は、ようやく4日目に平たんステージを行い、

「追い風を受けてとても速いレースになった。最後のスプリントに備えて、チームメート2、3人にけん引してくれるように頼んだが、全員が加わってくれて頼もしかった」とベネット。ツール・ド・フランスでポイント賞を獲得しているスプリンターが実力を発揮。平たん区間ではさらなる勝利をねらっていく。

2020ブエルタ・ア・エスパーニャ第4ステージ ©PHOTOGOMEZSPORT2020

首位プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ビスマ)を含む総合成績の上位選手はタイム差なしの大集団の中でゴールし、ログリッチがその座を守った。

トム・デュムランがメイン集団をペースメイク ©PHOTOGOMEZSPORT2020
クリストファー・フルーム ©PHOTOGOMEZSPORT2020

●4賞ジャージ
マイヨロホ(個人総合成績)プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ビスマ)
マイヨベルデ(ポイント賞)プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ビスマ)
マイヨルナレス(山岳賞)リチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアス)
□マイヨブランコ(新人賞)エンリク・マス(スペイン、モビスター)

2020ブエルタ・ア・エスパーニャ第4ステージ ©PHOTOGOMEZSPORT2020

第3ステージにもどる≪≪   ≫≫第5ステージにすすむ

2020ブエルタ・ア・エスパーニャ出場176選手

🇪🇸ブエルタ・ア・エスパーニャの特集サイト
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャの公式サイト
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのfacebook
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのtwitter
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのinstagram

マーティンがログリッチを制して優勝…ブエルタ・ア・エスパーニャ第3S

第75回ブエルタ・ア・エスパーニャは10月22日、ロドサ〜ラグナレグナ・デ・ビヌエサ間の166.1kmで第3ステージが行われ、9秒遅れの総合2位につけていたイスラエルスタートアップネーションのダニエル・マーティン(アイルランド)が、首位プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ビスマ)をゴール勝負で制して9年ぶり2度目の優勝を遂げた。

ダニエル・マーティンがログリッチを制してステージ優勝 ©PHOTOGOMEZSPORT2020

マーティンはボーナスタイム10秒を獲得。区間2位のログリッチは6秒を獲得し、ログリッチが深紅のリーダージャージーを守ったが、2選手のタイム差は5秒に縮まった。

「これまであともうちょっとで優勝を逃していただけにきょうは勝ちたかった。妻も喜んでくれると思う。子どもが生まれてから初めての勝利だからね」とマーティン。

2020ブエルタ・ア・エスパーニャ第3ステージ ©PHOTOGOMEZSPORT2020

例年より3日短い全20日間の日程で開催されている大会は開幕日から強豪選手が全開の走りが際立つ。

2020ブエルタ・ア・エスパーニャ第3ステージ ©PHOTOGOMEZSPORT2020
マイヨロホを着るプリモシュ・ログリッチ ©PHOTOGOMEZSPORT2020

●4賞ジャージ
マイヨロホ(個人総合成績)プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ビスマ)
マイヨベルデ(ポイント賞)プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ビスマ)
マイヨルナレス(山岳賞)リチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアス)
□マイヨブランコ(新人賞)エンリク・マス(スペイン、モビスター)

2020ブエルタ・ア・エスパーニャ第3ステージ ©PHOTOGOMEZSPORT2020

第2ステージにもどる≪≪   ≫≫第4ステージにすすむ

2020ブエルタ・ア・エスパーニャ出場176選手

🇪🇸ブエルタ・ア・エスパーニャの特集サイト
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャの公式サイト
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのfacebook
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのtwitter
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのinstagram