キッズデザイン賞のハイディキッズを3人にプレゼント

ブリヂストンサイクルの幼児自転車「HYDEE KIDS(ハイディキッズ)」が「第13回キッズデザイン賞」(主催:キッズデザイン協議会、後援:経済産業省・内閣府・消費者庁)を受賞。これを記念したプレゼントキャンペーンを8月29日(木)から開催する。

HYDEE KIDS(ハイディキッズ)T.Yクロツヤケシ

ブリヂストンサイクルの公式Instagramアカウントをフォロー&投稿をいいね!すると、抽選で「HYDEE KIDS」のお好みのカラーを3人にプレゼント。

キッズデザイン賞は、「子どもが安全に暮らす」「子どもが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会をつくる」ための製品・空間・サービスで優れたものを選び、広く社会へ伝えることを目的とした顕彰制度。

■受賞作品概要
「HYDEE KIDS(ハイディキッズ)」は、雑誌VERYとコラボした子ども乗せ電動アシスト自転車「HYDEE.Ⅱ(ハイディツー)」と同じデザインで設計した幼児自転車。

「ハイディツー」を愛用する人たちから「子どもとも同じ自転車コーディネートを楽しみたい」という声を受け、幼児自転車「ハイディキッズ」を開発した。ハイディツーのチャイルドシートを卒業する子どもたちのファーストバイクとして、デザイン性はもちろん、軽量設計で実用性の高いパーツを標準装備し、子どもの小さな手でもしっかり握れるよう、同社が開発したブレーキ「こどもらくらくブレーキ」も安全機能として搭載している。

■商品サイト

<応募方法>
ブリヂストンサイクルの公式Instagramアカウント(@bikke_by_bridgestone)アカウントをフォローし、キャンペーン内容記載の投稿を「いいね!」して頂いた方の中から抽選で3名様に、「HYDEE KIDS」のお好きなカラーをプレゼントいたします。すでにフォローいただいている方は「いいね!」するだけで応募が可能です。キャンペーン期間終了後に、当選者には「Instagramダイレクト」よりメッセージをお送りします。

<応募期間>
2019年8/29(木)~9/17(火)

<プレゼント内容>
「HYDEE KIDS」
カラーは全5色からお選びいただけます。
サイズは16サイズ(適正身長104~118㎝)

2020東京五輪ロードの沿道で小学生2800人が初めての観戦

ブリヂストンサイクルは7月22日に静岡県で行われた「富士山チャレンジライド2019 in御殿場・裾野」に協力。地元の子どもたちが自転車競技に親しむ契機にできればと、スタート地点やコース沿道での観戦・応援を同社がサポートした。主催は富士山南麓周回コースサイクリングイベント実行委員会。

今回のイベントは、普段自転車での走行が許可されていない南富士エバーグリーンラインを含む、東京2020オリンピック男子ロードレースのコースの一部を舞台に、国内外のトップアスリートやプロアスリートに加え、事前に参加申し込みをした一般のサイクリストが走行する東京2020参画プログラムイベント。

当日は、地元の子どもたちが自転車競技に親しむ契機にしようと同社がサポートし、御殿場市立玉穂小学校、原里小学校など約2800人が、それぞれの学校付近からロードレースの雰囲気を味わった。

初めて自転車競技を観戦する児童がほとんどだったことから、スタート前からコースをのぞきこみ、待ちわびる姿も見られた。

選手が姿を現すと子どもたちからは大きな歓声があがり、スティックバルーンを叩きながらの声援に、選手も笑顔で応じていた。

また、開催地を代表して、静岡県副知事や、御殿場市長、裾野市長らによるパレード走行が実施され、同社従業員でオリンピアンの鈴木光広(ソウル1988大会出場)、飯島誠(シドニー2000大会、アテネ2004大会、北京2008大会出場)が先導を務めた。

イベントには、静岡県三島市を拠点に活動するブリヂストンサイクリングの選手も参加し、約2800人の子どもたちや一般参加者と交流した。

◇応援に参加した児童の声
●柏木康希さん(原里小6年)
「とても迫力がありました。ぼくは選手の腹筋がすごいと思った。東京2020大会では御殿場市にもたくさんの外国人が訪れて、観光していってくれればと思う」

●瀬戸結奈さん(同小6年)
「ロードレースを観戦するのは初めて。すごく速かった。ロードバイクは、私の自転車と比べて乗りやすそう。選手たちの脚の筋肉もすごかったです」

ブリヂストンサイクルは、「オリンピックおよびパラリンピックのワールドワイドパートナーとして、今後も東京2020大会、そして2024年までのオリンピック・パラリンピックを応援していきます」とコメント。

柏木康希さん(左)と瀬戸結奈さん

2020五輪まで1年…ブリヂストンサイクルが静岡で体験イベント

ブリヂストンサイクルは2019年7月21日、東京2020オリンピック・パラリンピックの自転車競技ゴール地点となる静岡県の富士スピードウェイで開催された「自転車競技開催1年前イベント in 静岡」に企画協力し、スポーツバイクを身近に感じてもらえるような体験型のコンテンツを提供した。

同社は、東京2020オリンピックロードレースコースの一部となっている山中湖畔や明神・三国峠を自転車シミュレーターで体験できるブース出展や、同社のスポーツバイク試乗会を実施した。

元五輪代表の飯島誠がロードレースコースを開設

イベントには、抽選で選ばれた1200人が全国各地から富士スピードウェイに集まり、会場内で実施された各種イベントを楽しんだ。メインステージでは同社従業員でオリンピック出場経験を持つ飯島誠が、自転車競技や東京2020オリンピックロードレースコースの解説を行い、その魅力を伝えた。

同日には、東京2020オリンピックロードレースコース(一部区間を除く)を舞台にした「READY STEADY TOKYO – 自転車競技(ロード)」が開催され、富士スピードウェイに集まった参加者は、世界トップレベルの選手たちによる終盤の手に汗握るレースを観戦した。

READY STEADY TOKYO – 自転車競技(ロード)

ブリヂストンサイクリングからは石橋学が日本人2位、16位に入った。

READY STEADY TOKYOで石橋学が16位

本番まで1年を切り、静岡県をはじめとした開催地域では、東京2020オリンピック自転車競技への関心が高まっている。ブリヂストンサイクルは、「オリンピックおよびパラリンピックのワールドワイドパートナーとして、今後も東京2020大会、そして2024年までのオリンピック・パラリンピックを応援していきます」と意気込む。

運転免許返納後は電動アシスト自転車が有効…世耕経済産業大臣も試乗

経済産業省が主催する「多様なモビリティの普及促進 のための展示・試乗会」にブリヂストンサイクルが参加した。会場にはシニア世代を中心とする150人以上の一般消費者が集まり、各社が提案するさまざまな製品の試乗を行った。

試乗する世耕経済産業大臣

このイベントは、シニアの運転免許返納が大きな話題になる中、生活に欠かせない移動手段として自動車に代わる選択肢を高齢者らに示すため、一人でも気軽に移動できる乗り物の提案を行うもの。

ブリヂストンサイクルはその趣旨に賛同し、電動アシスト自転車が有力な選択肢であると考え、シニアにも安心して乗ってもらうことができる「フロンティアラクット」の展示・試乗を行った。同社は運転免許返納をしたシニアに割引価格で電動アシスト自転車を販売するなどこれまでも社会的な問題の解決策を提案してきた。

当日は世耕弘成経済産業大臣も試乗し、軽快な走りを見せた。試乗後には「坂もこれだったら楽ですね」「高齢者の方も安心して乗れますね」と笑顔で話した。

経済産業省中庭に設置したブリヂストンサイクルブース

ブリヂストンサイクルは、「シニア向けの乗り方講習会・出張試乗をはじめとする施策を 積極的に推進し、 自転車を通じてお客様の安全と快適な生活を支え続けていきます」とコメント。

さいたまの小学校で交通安全教室…ブリヂストンサイクル

ブリヂストンサイクルは、サイクルセーフティの一環として交通安全活動を実施6月17日(月)に1年生の児童123名、3年生の児童144名を対象とした交通安全教室をさいたま市立日進北小学校で開催した。

駐停車車両の側方通行を学ぶ児童

1年生は歩行者を対象とした内容で、横断歩道の渡り方の練習をし、3年生は自転車交通安全教室として、信号機のない交差点での右折や駐停車車両の側方通行などさまざまなシーンを想定した自転車の安全な乗り方を学んだ。

参加した児童は「自転車に乗っていろいろな体験ができてよかった」、「止まっている車の横を通行する時は、 しっかり確認したい」と話し、安全に対する意識の高まりを感じた。

手を挙げて横断歩道の渡り方を学ぶ児童

担当の先生も「子どもたちが大人になってからも安全に自転車に乗り続けられるように、今後も今日の教室で学んだことを基に、学校でも継続的な指導を心がけていきたい 」と今後の指導に対する意気込みを語った。

ブリヂストンサイクルは、今後も地域貢献活動や自転車の交通安全啓蒙活動を実施していくという。

ブリヂストンサイクルが小学生向け自転車交通安全教室

ブリヂストンサイクルは、サイクルセーフティの一環として交通安全活動を実施。5月31日(金)に全学年の全児童630名を対象とした自転車交通安全教室を栃木県栃木市立大平中央小で開催した。

見通しの悪い交差点で安全確認をする

今回は、全校生徒が対象の安全教室のため、それぞれの学年に合わせたプログラムを設定し、安全教室を実施した。1年生、2年生の児童は主に「信号機のある交差点の渡り方」をテーマに、横断歩道の渡り方やその際の安全確認の仕方などを、実際の歩行体験を通じて学んだ。3年生以上の児童は、主に「見通しの悪い交差点の通行」をテーマに、交差点での一時停止や危険予測、安全確認の仕方などを自転車乗車体験を通じて学習した。

各回45分のプログラムと短い時間だったが、講師の話しに集中し、真剣な眼差しで耳を傾ける児童の姿が見受けられ、交通安全に対する意識の高さを感じたという。また、全員が身近に潜む危険について体験学習したことで、より交通安全の理解を深めることができたようだ。

真剣に講師の話を聞く児童の様子 

ブリヂストンサイクルは、「今後も地域貢献活動や自転車の交通安全啓蒙活動を実施していきたい」という。

ブリヂストンサイクルが園児向け自転車教室サポート

ブリヂストンサイクルは、子どもたちに自転車に親しむきっかけを与え、さらにはオリンピック選手やパラリンピック選手を目指すという夢へつなげる活動の一環として、伊豆市主催のランニングバイク出前教室をサポート。2019年は全7回を予定。5月には5つのこども園で145名の子供たちが参加した。

ランニングバイクに挑戦する園児

教室は、東京2020大会のビジョンのもと、スポーツだけでなく、文化芸術や地域での世代を超えた活動、被災地への支援など、参加者自らが体験・行動し、未来につなぐ「東京2020参画プログラム」の一環として、伊豆市が主催となり伊豆市内の保育園とこども園の5歳児に正しいランニングバイクの乗り方を教えるもの。

ブリヂストンサイクルは自転車競技チーム「TEAM BRIDGESTONE Cycling」のアスリートやオリンピアンなどを講師として派遣し、活動をサポートしている。

参加した園児の声
「すごく楽しかった。もっとたくさん乗りたい」「金メダルをもらえてうれしかった」

参加した先生の声
「子どもたち全員でランニングバイクにふれる大変いい機会になった。園にもランニングバイクはあるが、全員が楽しんでいるわけではないので、これを機会に多くのこどもたちが楽しんでくれると思う」

ブリヂストンサイクルは今後もオリンピックおよびパラリンピックのワールドワイドパートナーとして、地域貢献活動や自転車の交通安全啓発について活動していきたいという。

伊豆市主催の園児向け自転車教室

伊豆市内保育園及びこども園の園児を対象としたランニングバイク出前教室
・開催日:2019年5月8日(水)~2019年5月29月(水)
・主催:伊豆市
・協力:一般財団法人日本サイクルスポーツセンター、ブリヂストンサイクル株式会社
・場所:認定こども園あゆのさと、土肥こども園、あまぎ認定こども園、なかいず認定こども園、修善寺東こども園
・アスリート:TEAM BRIDGESTONE Cycling 石橋学、 徳田優、鈴木光広(ソウル1988オリンピックロードレース出場)、飯島誠(シドニー2000、アテネ2004、北京2008オリンピックポイントレース出場)

ブリヂストンのアシスタファインあさひ特別仕様モデルを特別価格で発売

自転車専門店のあさひは、創業70周年を記念した「あさひ70th anniversaryプロジェクト」として、ブリヂストンサイクル製電動アシスト自転車「アシスタファイン あさひ特別仕様モデル」を数量限定特別価格で発売する。

ブリヂストンサイクル社製電動アシスト自転車「アシスタファイン あさひ特別仕様モデル」

アシスタファインは、低床フレームデザインと軽量アルミフレームを採用した、年齢や性別、体格を問わず誰でも扱いやすく、買い物などの普段使いから通勤・通学まで幅広いシーンに対応できるオールマイティな電動アシスト自転車。今回の特別仕様モデル仕様車は、あさひ70周年を記念した特別カラーとしてツヤ感のあるクリスタルブラックを採用した高級感のある一台となっている。

発売日は5月24日(金)を予定。あさひ公式自社ネット通販サイト、あさひ楽天市場店の「ネットで注文・お店で受取サービス」を利用した販売のみとなる。

アシスタファインあさひ限定特別カラーモデルとは

ブリヂストンサイクル社の人気電動アシスト自転車「アシスタファイン」に、あさひ70周年特別カラーとしてツヤ感のあるクリスタルブラックを採用した高級感のある一台。

乗り降りしやすい低床フレーム
実用性抜群の大容量バスケット
27kg耐荷重のパイプキャリア

アシスタファインあさひ限定特別カラーモデル
販売価格:7万9980円(税込)
カラー: P.クリスタルブラック
タイヤ:26型
適応身長:139cm~
重量:25.2kg
変速:内装3段変速
充電時間:約2時間
バッテリー容量:6.2Ah
一充電あたりの走行距離:36km(オートエコモード)
           :25km(標準モード)
           :21km(強モード)
発売日:2019年5月24日より販売開始予定
購入方法:あさひ公式自社ネット通販、あさひ楽天市場の「ネットで注文・お店で受取サービス」を利用して購入。
サイクルベースあさひネット店
サービス詳細