YU-KIとISSINがベスト4、Yuikaベスト16…ブレイキンバトル世界大会

ヒップホップ・ブレイキンの聖地米国 ニューヨークで、世界最高峰の1on1ブレイキンバトル世界大会 Red Bull BC One World Final 2022(レッドブル・ビーシーワン・ワールドファイナル)が日本時間の11月13日に開催された。

準決勝でYu-KiはVictorに0対5で敗退 ©Red Bull Content Pool

開催19回目のWorld Finalには、日本から招待選手として出場のB-Boy YU-KI(23歳、 福岡県)とB-Girl Yuika(19歳、東京都)、そして日本時間11月11日に開催されたLast Chance Cypherから選ばれたISSIN(17歳、岡山県)の 3名が出場した。

男子優勝のVictor(米国) ©Little Shao / Red Bull Content Pool

1回戦はYuikaが2対3でAnti(イタリア)に敗れたものの、YU-KIはWigor(ポーランド)に4対1 で、ISSEIは同じく17歳のLorenzo(オランダ)に5対0と圧勝。次の試合もYU-KIがRed Bull BC One 2018年チャンピオンのLil Zoo(オーストリア)を4対1で退け、ISSEIはAlvin(ベネズエラ)に5対0で圧勝してセミファイナル進出した。

オランダのLeeと米国のVictorによる決勝戦 ©Little Shao / Red Bull Content Pool

しかしチャンピオンの壁は厚くYU-KIはVictor(米国)に0対5、ISSEIはLee(オランダ)に1対 4で敗退。B-BoyはVictorが、B-GirlはIndia(オランダ)が優勝した。

ISSIN ©Dean Treml / Red Bull Content Pool
India(オランダ)がファイナルで前年の女王Logistix(米国)を破った ©Dean Treml / Red Bull Content Pool

大会後にYU-KI は「まさかセミファイナルまで行くとは思わなかったんですが、全力でやれてよかったです!」と語り、ISSINは「初めての大舞台で楽しく踊れましたが、悔しさもありモチベーション上がりました!」とコメント。

Yu-ki ©Little Shao / Red Bull Content Pool

Yurieは「ワールドファイルのステージで踊れて、感謝しかないです! また来年も出たいです!」とコメントした。

Ayumi ©Little Shao / Red Bull Content Pool

世界最高峰1on1ブレイキンバトルRed Bull BC ONEがRed Bull TVで日本語配信

ヒップホップブレイキンの聖地米国ニューヨークで、現地時間の11月12日夜、日本の11月13日午前に世界最高峰の1on1ブレイキンバトルの世界大会Red Bull BC One World Final 2022(レッドブル・ビーシー・ワン・ワールドファイナル)が開催される。

Last Chance Cypherの決勝トーナメントでは2回戦で 敗れたもののMost Outstanding Breakerに選 ばれたISSIN ©Dean Treml / Red Bull Content Pool

2004年に初開催され、2022年で19回目を迎えるWorld Final。ニューヨークでの開催は2009年以来の2回目。大会には全世界から選ばれたワイルドカード(招待選手)のB-Boy、B-Girlそれぞれ11名に、 世界30カ国60以上の会場で開催された予選を勝ち抜き、日本時間の11月11日に同じくニューヨークで開催するRed Bull BC One Last Chance Cypherで戦って選ばれた5名を合わせた16名が出場。

日本からはワイルドカードに選ばれているB-Boy YU-KI(23歳、福岡県) とB-Girl Yuika(19歳、東京都 )に加え 、Last Chance Cypherの決勝トーナメントでは2回戦で敗れたものの”Most Outstanding Breaker”に選ばれたISSIN(17歳、岡山県)が出場。Red Bull BC One World Final初挑戦となる日本人B-Boy、B-Girlたちの活躍に期待したい。

B-Girlを制したLogistx ©Gniewko Głogowski / Red Bull Content Pool

Red Bull BC One World Finalは日本時間11月13日(日)の午前8時スタートで、Red Bull TVや各プラットフォームでの配信は1時間遅れの午前9時から の開始。

●Red Bull TV

Yuika(2003年4月5日生まれ、東京都出身)

Yuika ©Little Shao / Red Bull Content Pool

母がダンスをやっていたことがきっかけで、幼い頃からヒップホップダンスに触れ8歳からブレイクダンスを始める。高校生の時に出場したRed Bull BC One Japan Cypherで本戦に通過、Battle of the Year B-Girl部門日本予選で準優勝。2020年には全日本ブレイキン選手権ユースB-Girl部門で優勝。公益社団法人日本ダンススポーツ連盟(JDSF)ブレイクダンス本部2022年度強化選手。

YU-KI (1999年7月25日生まれ、福岡県出身)

B-Boy Yu-Ki ©Jason Halayko / Red Bull Content Pool

3歳からダンスを始め、その後ブレイクダンスチーム「九州男児新選組」に所属し、数多くの大会で優勝を果たす。時間や重力を操るようなムーブが特長。DANCE ALIVE HEROʼS 2017 BREAKで準優勝 、2022年Red Bull BC One Camp South Africa 2022への招待を経て、Red Bull BC One World Finalのワイルドカードを獲得した注目株。

ISSIN(2005年5月1日生まれ、岡山県出身)

B-Boy ISSIN ©Jason Halayko / Red Bull Content Pool

8歳の時にブレイクダンスに出会い、11歳の時にBattle Of The Year U-15 BREAKING SOLO BATTLE 2017で優勝、2022年のRed Bull BC One Cypher JapanではRed Bull BC One World Final 2016のチャンピオンISSEI含め、並みいる強豪を倒してRed Bull BC One Last Chance Cypherに駒を進める。公益社団法人日本ダンススポーツ連盟(JDSF)ブレイクダンス本部2022年度強化選手。

■Red Bull BC Oneとは

2020年のRed Bull BC One世界チャンピオンShigekix ©Little Shao/Red Bull Content Pool

レッドブルが2004年より開催している規模、レベル、ステータス、どれをとっても唯一無二の世界最高峰1対1ブレイキンバトルトーナメント。毎年、何千ものB-BoyとB-Girlがワールドファイナルへの出場を求めて競っている。これまで世界30カ国以上で予選を開催し、東京と名古屋を含む世界主要都市で16のワールドファイナルを開催。2016年World Final(名古屋)でISSEIが日本人初のチャンピオンに、2018年World Final(スイス)でAmiが初代B-Girlチャンピオンに、そして2020年のWorld Final(オーストリア)でShigekixが史上最年少チャンピオンに輝いた。

今度のレッドブルはイチゴ味…プレゼントキャンペーンも実施

レッドブル・エナジードリンクの新フレーバーとしてレッドブル・エナジードリンクレッドエディションが9月27日に発売される 。「鳴り響く、鼓動の翼。」 をテーマにしたイチゴ味のエナジードリンク。

9月27日から全国のコンビニエンスストア、スーパーマーケット、ドラッグストアなどで数量限定で販売。発売を記念して「King Gnu Live at TOKYO DOME × Red Bull 限定メンバー直筆サイン入り野球ボール」などが当たるキャンペーンも実施する。

レッドブル・エナジードリンクレッドエディションの発売を記念して行うキャンペーンでは、King Gnuのメンバー全員のサインがプリントされたレコード風ボードと新製品が詰め合わせになった「鳴り響く鼓動の翼キット」が当たる。

そしてキット当選者限定でさらに 「King Gnu Live at TOKYO DOME x Red Bull 限定メンバー直筆サイン入り野球ボール」が当たるキャンペーンにも応募できる。

賞品Aは鳴り響く鼓動の翼キット。合計700名

応募期間:2022年9月20日(火)~ 2022年10月10日(月)23:59
応募方法:
1.キャンペーンページのミニゲームをプレイ
2.ゲーム終了後、「応募フォームへ」ボタンをタップ
3.応募フォームに必要事項を入力して応募完了
備考:一人で何度も応募可能

賞品BはKing Gnu Live at TOKYO DOME × Red Bull 限定メンバー直筆サイン入り野球ボール

応募期間:2022年10月10日(月 )~2022年10月31日( 月)23:59
応募方法:
1. 賞品Aに当選した人が自身のInstagramアカウントからレッドブル公式アカウント(@redbulljapan)をフォローし、鳴り響く鼓動の翼キットのレッドブルを飲用している写真を撮影
2.「#イチゴ味のレッドブル」「#groovywings」のハッシュタグとともにInstagramにフィード投稿して応募完了
備考:一人で何度も応募可能。当選者にはキャンペーン事務局からメールで当選通知

●名称響き渡るレッドブルのグルーヴ!キャンペーン

セブンイレブンにレッドブルF1デザイン缶が限定発売

3年ぶりのF1日本グランプリに翼をさずけるため、レッドブルはアクセル全開連続サプライズ企画「#待ってたぞ鈴鹿」として「F1デザイン缶」を限定発売した。

2022年のF1日本GPをより特別なものにするべく、2021年のデザイン缶に大型アップデートを投入。トップドライバー4名のイラストが加わった。モータースポーツファンの心の声「#待ってたぞ鈴鹿」。日本グランプリ開催まで止まらないという想いをさらにスピードアップさせたいという。

発売される商品はレッドブル・エナジードリンクOracle Red Bull Racingデザイン、レッドブル・シュガーフリーScuderia AlphaTauriデザイン。それぞれ数量限定、250ml、価格は191円(税別)。全国のセブンイレブン(一部店舗では取り扱いのない場合も)で販売される。

●レッドブルの詳細ページ

【ツール・ド・フランス現場雑感】翼をさずけたのはカモメだった

第109回ツール・ド・フランスは2022年7月4日、ダンケルク〜カレー間の171.5kmで第4ステージが行われ、マイヨジョーヌのワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ビスマ)が残り11kmから独走して優勝した。

ファンアールトが3ステージ連続でマイヨジョーヌを着用 ©A.S.O. Pauline Ballet

ファンアールトはここまで3ステージ連続で区間2位だったが、「もうスプリントで2位になるのはいやだ」と心に秘めて走っていた。

この日もリーダージャージ防衛に徹してもいいはずだった。しかし攻撃は最大の防御とばかりアタック。「マイヨジョーヌが翼を与えてくれた」と、最後は両手で鳥の羽ばたきを演じながらゴールして大会通算7勝目を挙げた。

2022ツール・ド・フランス第4ステージ ©A.S.O. Charly Lopez

2021年大会では第20ステージと第21ステージで優勝していて、ツール・ド・フランスでは6ステージにわたって1位と2位という記録を継続している。

ファンアールトは個人総合1位のマイヨジョーヌはもちろん、ポイント賞のマイヨベールも守った。

ダンケルクの海岸をスタートする ©A.S.O. Pauline Ballet

●4賞ジャージ
マイヨジョーヌ(個人総合成績)ワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ビスマ)
マイヨベール(ポイント賞)ワウト・ファンアールト(ベルギー、ユンボ・ビスマ)
マイヨブラン・アポワルージュ(山岳賞)マグナス・コルト(デンマーク、EFエデュケーション・イージーポスト)
□マイヨブラン(新人賞)タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEエミレーツ)

3日連続でアタックしたマグナス・コルト(デンマーク)とアントニー・ペレス(フランス) ©A.S.O. Pauline Ballet

港町カレーは英国との玄関口

パリの北180kmほどのアラスで3年ぶりとなるフランスでの最初の朝を迎えました。昨夜は寒くて暖房を入れました。窓の外ではウサギが盛んに跳ね回っていて、スマホで撮影を試みたんですが、なかなか動きが早くて。

カレーはこのツール・ド・フランス招致を契機に、プラージュ(海水浴場)を観光の目玉として打ち出していく

今朝は濃霧。麦畑に囲まれた街道筋のホテルをランニングで出発すると、迷子になりそうでした。でもGPSを起動しているので、「出発点に戻る」コマンドで帰れますよね。

iPhone 13 Proのズームレンズで英国のドーバーを撮影してみた

それにしても快適なホテルで、使ってはいないけどトレーニングルームとサウナも。そして見るだけでも鳥肌が立ちそうなプールも。朝食で久しぶりのフランスパンと2種類のバター(ドゥミセル=減塩とドゥー=無塩)を楽しみ、チェックアウトして北へ。

逃げた選手との差をメイン集団に伝えるスタッフは女性だ ©A.S.O. Pauline Ballet

ゴールのカレーに直接入り、この土地のものをビュッフェでいただきました。このあたりはワイン生産地ではないので、ベルギー産のビールが用意されていました。

ホテルはゴール地点からわずか1.5kmほどの町中。それほど治安がいいところではなく、ホテルも古くて質素。前日の清潔なホテルと比較すると、もちろん値段は半分ほどですが、あまり調子に乗るなよということだなと、肝に銘じて過ごすことに。

広告キャラバン隊がやってきた ©A.S.O. Aurélien Vialatte

カレーの街は何度か来ていて土地勘もあったので、港に向かって歩いていき、魚介類が売り物のレストランへ。ウインドブレーカーを着込んできましたが、潮の香りがするテラス席では寒すぎるので店内を選択。おいしくいただきました。

つくづく感じたのは、ファンアールトに翼を授けたのは間違いなくカモメですね。翌日の朝、カレーの港をランニングしていて確信しました。

ムール貝は最初の1つはフォークを使ってもいいが、その殻をピンセット代わりにしてガンガン口に運ぶ。フランス人でも観光客はそれを知らない人がいて、そんなんじゃ1時間かかるし
3ステージ連続で2位だったファンアールトがついにステージ勝利 ©A.S.O. Pauline Ballet

第3ステージにもどる⏪ ⏩第5ステージにすすむ

🇫🇷ツール・ド・フランス2022特集サイト
🇫🇷ツール・ド・フランス公式サイト