楽天Kドリームス…連盟と楽天がトラックの国際登録チーム結成

楽天の子会社でインターネット勝者投票券(車券)購入サイト「Kドリームス」を運営するケイドリームスと、日本自転車競技連盟が2024パリ五輪を目指す次世代の選手たちの育成を目的として、トラック競技のチーム楽天Kドリームス(TEAM RAKUTEN K DREAMS)を設立した。

楽天Kドリームスは、国際自転車競技連合(UCI)が認めるトラック競技の国際大会への出場権を持つ、UCI登録トラック競技チーム。所属選手は2024パリ五輪出場を目指す自転車トラック競技ナショナル強化指定Aチーム、Bチームで活躍する選手。今回選ばれたのは、山崎賢人、松井宏佑、梅川風子、鈴木奈央、古山稀絵、佐藤水菜、吉川美穂、内野艶和の8選手。

ケイドリームスと日本自転車競技連盟は、2021年1月より4年間にわたってトラック競技の強化事業支援に取り組むことに合意。今回のチーム設立はその取り組みの一環。両者は、楽天Kドリームスの海外遠征の支援を行い、国際大会への若手選手の参加機会を増やすことで、実戦 を通した選手たちの育成を促し、ナショナルチームの世界選手権やオリンピック競技大会出場枠の獲得を目指す。

また、チームの公式SNSやウェブサイトを立ち上げ、所属選手の個性や出場する大会の様子などを発信することで、自転車競技や選手の既存ファンに加えて、新たなファンの獲得を図る。

両者は、今後もさまざまな取り組みを通じて自転車業界の活性化を図るとともに、自転車競技の魅力を広げ、利用者とファンの拡大および収益向上を目指していくという。

スピードスケートから競輪に転向した梅川風子
アフロなので見つけやすい山崎賢人
チーム唯一の競輪選手じゃない選手、古山稀絵
意外とお茶目なお寺生まれの松井宏佑
競輪選手養成所をトップ成績で卒業した吉川美穂
ガールズグランプリ2019・2020出場の実力者、佐藤水菜
ガールズケイリンと中⾧距離の二足のわらじ、鈴木奈央
チーム最年少、ジュニア世界チャンピオンの内野艶和

UCIトラックチームとは:世界選手権と大陸選手権、オリンピック競技大会以外のUCIが認め る国際大会に出場することが可能。国際大会では、各国のナショナルチームとして出場できる選手数には限りがあるが、UCIトラックチームがあることにより別枠を設けることができ、その国の出場枠が増える形になる。同チームを持つことの目的はさまざまだが、主な理由は「選手がUCIから付与されるUCI ポイントを多く得ることができる」、「若手に経験を積ませることができる」などトラック競技強化につなげる狙いがある。

●楽天Kドリームスのホームページ

全日本選手権ロードは中止。2020年レースは再延期もせず

自転車ロード競技の日本チャンピオンを決める全日本選手権が新型コロナウイルス禍により2020年は中止となった。2020年大会は当初、6月末に開催される計画だったが、感染拡大により延期。8月20日から広島県で開催を予定していたが、日本自転車競技連盟は6月22日にこれを中止とし、再延期はしないことを決定した。

全日本選手権が中止になったのは、1998年に第1回大会が開催されてから初めて。その前身となる全日本アマチュア自転車競技選手権を含めると、プロとアマチュアの団体の分裂期となった1955年に大会が非開催となったとき以来、65年ぶりのこととなる。

中止となったのは第89回全日本自転車競技選手権大会ロードレース、第24回全日本選手権個人タイムトライアル・ロードレース大会、2020日本パラサイクリング選手権ロード大会。

各国のナショナルチャンピオンを決定する選手権は毎年、ツール・ド・フランス開催1週間前に行われ、近年は日本も主要国と日程を合わせて開催してきた。ツール・ド・フランスが8月29日開幕に延期されたことで、ナショナル選手権も多くの国がその1週間前にスライドしたが、新型コロナウイルス感染症はいまだに根絶には至らず、感染防止に向けた活動が引き続き必要となっているため、日本自転車競技連盟が中止を決めた。

「スポーツの持つさまざまな意義がありますが、その中でも健康増進、感動を与える、QOLの向上、競技力向上、地域交流といった点に対して、現在の環境下では、大会に参加する選手や指導者、観客、そして大会役員をふくめた関係者全員の健康リスクを最小限に抑えて、大会を開催することは難しいという結論に至りました」と日本自転車競技連盟。

「大会に向けてトレーニングしてきた選手・指導者、観戦を楽しみにしていたファンの皆様、開催に向けてご尽力いただいた地元関係者の方々には無念のことと思いますが、なにとぞ理解くださるようにお願いいたします。連盟では1日も早い収束を願い、2021年の開催に向けて準備に取りかかります」

●日本自転車競技連盟のホームページ

要点を押さえて適度に自転車を…JCFがすべてのサイクリストにメッセージ

日本の自転車レースを統括する日本自転車競技連盟(JCF)が4月9日、新型コロナウイルス禍によって屋外練習やレース参戦ができないでいるサイクリストに向けてメッセージを発信した。以下はホームページより。

新型コロナウィルス感染症の拡大防止のために非常事態が宣言される事となり、本連盟においても当面の間の主催競技大会を中止することとしております。

また、自転車を愛するみなさまにおかれても学校や会社に出向くことすらままならない状況で、閉塞感を感じている方も多いと推測します。

このような状況において自転車に乗ることは、心身の健康を保つために大変有効な手段であると思います。

本来、自転車は屋外で楽しむもので、このような事態の中で積極的な外出を推奨することはできませんが、適度な運動のために自転車に乗る場合は、以下の点を留意していただきたいと思います。

・身体に不調を感じている方は、自転車に乗ることは控える。

・いわゆる3密(密閉空間・密集場所・密接場所)は避ける。

・自転車の整備や交通安全に気を付け、事故を起こさないようにする。

末筆になりましたが、感染された方々の一刻も早い回復と、この事態が早期に終息することを切にお祈り申し上げます。

●日本自転車競技連盟のホームページ
●新型コロナウイルス関連記事まとめ

日本自転車競技連盟が5月末まで公認レース中止を決定

日本自転車競技連盟(JCF)が4月8日、新型コロナウィルス感染症の拡大防止の観点から事態収束までの間、連盟主催大会については中止することを決定し、また連盟公認競技大会の実施を自粛すべきと判断した

公認競技大会の開催を予定している大会主催者に対し、中止もしくは大幅な延期を強く要請した。

今後の社会情勢の変化により期間を延長する可能性もあるという。

●日本自転車競技連盟のホームページ
●新型コロナウイルス関連ニュース

日本自転車競技連盟広報誌シクリスムエコーが大幅リニューアル

日本自転車競技連盟は、1950年(昭和25年)に創刊された日本自転車競技連盟の公式広報誌『シクリスムエコー』(旧名シクリズム・エコー)を2019年新春号より大幅ニューアルした。

日本自転車競技連盟の公式広報誌・シクリスムエコーが2019年新春号より大幅ニューアル

従来これまでは関係者向けの写真や記録を主とした報告書のような内容だったが、リニューアル後は“日本代表“や自転車全競技の情報に加え、選手や関係者のインタビューを掲載するなど、読み応えのあるコンテンツを盛り込み、コアな自転車ファンやロードバイク愛好家から自転車の知識を持たない一般の人まで、多くの人が楽しめ、自転車競技に興味を持ってもらえるような誌面作りを目指していく。

2019年4月にNo.231号、以降も年4回定期刊行の予定。“日本代表“や自転車全8競技の情報を中心に、東京五輪で66個のメダルが争われる自転車競技をPRしていく。

■発行予定部数…4万部
■配布場所(すべて無償配布)
・自転車関連イベント会場
・サイクルショップ
(全国ワイズロード各店、トレック直営店ほか)
・全国各競輪場
※詳細はシクリスムエコー公式Twitterで随時公表予定

■日本自転車競技連盟広報誌の歴史
1939年(昭和14年) 「自轉車」創刊
1950年「シクリズム・エコー」創刊
1992年「シクリスムエコー」No.1 創刊(名称変更)
2019年「シクリスムエコー」No230 (リニューアル)