ログリッチが前日の負傷でブエルタ・ア・エスパーニャ第17ステージ不出走

ユンボ・ビスマチームは、ブエルタ・ア・エスパーニャで史上初の4連覇に挑んでいたプリモシュ・ログリッチ(スロベニア)が8月7日の第17ステージに出走しないことを発表した。

ログリッチが落車。傷つきながらも自転車に乗り直してゴールを目指す ©Unipublic Charly López

ログリッチは第16ステージの残り2.7kmからアタック。総合1位のレムコ・エベネプールに揺さぶりをかけ、5選手と第1集団を形成してゴール勝負へ。残り100mでフレッド・ライト(バーレーンビクトリアス)の後輪に接触して転倒。負傷した。

ログリッチ落車、エベネプールがパンク…波乱のブエルタ・ア・エスパーニャ第16S

第77回ブエルタ・ア・エスパーニャは9月6日、サンルカル・デ・バラメダ〜トマレス間の189.4kmで第16ステージが行われ、2019年の世界チャンピオン、マッズ・ピーダスン(デンマーク、トレック・セガフレード)が5人のゴール勝負を制し、第13ステージに続いて優勝した。大会通算2勝目。

ゴール手前75mで単独落車したログリッチがチームメートに背中を押されながらゴールを目指す ©Unipublic Charly López

史上初の大会4連覇をねらうプリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ビスマ)はゴール手前でアタック。ピーダスンら4人とスプリント態勢となったところで単独落車した。ケガを負って大きく遅れてゴールしたが、ルール適用によりピーダスンと同ライムでのゴール扱い。

2022ブエルタ・ア・エスパーニャ第16ステージ ©Unipublic Charly López

一方、首位のレムコ・エベネプール(ベルギー、クイックステップ・アルファビニル)は残り2.5kmでパンク。トップと8秒遅れのメイン集団と同じゴールタイムがルールによって与えられた。首位を守ったエベネプールと総合2位ログリッチとの差は1分34秒から1分26秒に縮まった。

2022ブエルタ・ア・エスパーニャ第16ステージ ©Unipublic Charly López

大会の医療速報は、ログリッチが肘、股関節、膝、肋骨の表層部に擦過傷を負ったと発表。ユンボ・ビスマチームは翌日の7日にログリッチが競技を続けるかどうかを発表する。

2022ブエルタ・ア・エスパーニャ第16ステージ ©Unipublic Charly López
ピーダスンが第16ステージで優勝 ©Unipublic Charly López

●4賞ジャージ
マイヨロホ(個人総合成績)レムコ・エベネプール(ベルギー、クイックステップ・アルファビニル)
マイヨベルデ(ポイント賞)マッズ・ピーダスン(デンマーク、トレック・セガフレード)
マイヨルナレス(山岳賞)ジェイ・バイン(オーストラリア、アルペシン・ドゥクーニンク)
□マイヨブランコ(新人賞)レムコ・エベネプール(ベルギー、クイックステップ・アルファビニル)

ログリッチが落車。傷つきながらも自転車に乗り直してゴールを目指す ©Unipublic Charly López

第15ステージにもどる⏪ ⏩第17ステージにすすむ

🇪🇸ブエルタ・ア・エスパーニャの特集サイト
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャの公式サイト
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのfacebook
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのtwitter
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのinstagram

アレンスマンV、総合でログリッチが詰め寄る【ブエルタ・ア・エスパーニャ】

第77回ブエルタ・ア・エスパーニャは9月4日、マルトス〜シエラネバダ間の152.6kmで第15ステージが行われ、DSMのテイメン・アレンスマン(オランダ)が初優勝。序盤に形成された第1集団に加わり、最後の山岳シエラネバダで独走し、有力選手の追い上げから逃げ切った。

テイメン・アレンスマン(オランダ)がシエラ・ネバダを制した ©Unipublic Sprint Cycling Agency

史上初の大会4連覇をねらうプリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ビスマ)は最後の上りでアタック。首位のレムコ・エベネプール(ベルギー、クイックステップ・アルファビニル)は前日に続いて着いていくことができなかった。ログリッチは1分44秒遅れの区間5位でゴール。エベネプールはさらに15秒遅れたが、前日までの貯金で首位を守った。

2022ブエルタ・ア・エスパーニャ第15ステージ ©Unipublic Cxcling
2022ブエルタ・ア・エスパーニャ第15ステージ ©Unipublic Sprint Cycling Agency
2022ブエルタ・ア・エスパーニャ第15ステージ ©Unipublic Charly López
マイヨロホのエベネプールを追いかけるログリッチ ©Unipublic Charly López
2022ブエルタ・ア・エスパーニャ第15ステージ ©Unipublic Charly López
2022ブエルタ・ア・エスパーニャ第15ステージ ©Unipublic Cxcling

●4賞ジャージ
マイヨロホ(個人総合成績)レムコ・エベネプール(ベルギー、クイックステップ・アルファビニル)
マイヨベルデ(ポイント賞)マッズ・ピーダスン(デンマーク、トレック・セガフレード)
マイヨルナレス(山岳賞)ジェイ・バイン(オーストラリア、アルペシン・ドゥクーニンク)
□マイヨブランコ(新人賞)レムコ・エベネプール(ベルギー、クイックステップ・アルファビニル)

マイヨロホを死守したエベネプール ©Unipublic Cxcling

第14ステージにもどる⏪ ⏩第16ステージにすすむ

🇪🇸ブエルタ・ア・エスパーニャの特集サイト
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャの公式サイト
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのfacebook
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのtwitter
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのinstagram

カラパス2勝目、ログリッチが区間3位で反撃【ブエルタ・ア・エスパーニャ】

第77回ブエルタ・ア・エスパーニャは9月3日、モントロ〜シエラデラパンデラ間の160.3kmで第14ステージが行われ、第1集団の中から単独で抜け出したリチャル・カラパス(エクアドル、イネオスグレナディアーズ)が優勝。第12ステージに続く2勝目。

東京五輪ロードで金メダルを獲得したカラパスが第14ステージ優勝 ©Unipublic Sprint Cycling Agency

史上初の大会4連覇をねらうプリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ビスマ)はシエラデラパンデラの上りでアタック。首位のレムコ・エベネプール(ベルギー、クイックステップ・アルファビニル)はこれに着いて行けなかった。ログリッチは48秒差と区間3位のボーナスタイム4秒を獲得し、首位を守ったエベネプールとの差を1分49秒にした。

ビンチェンツォ・ニバリ(左)とアレハンドロ・バルベルデ ©Unipublic Cxcling
2022ブエルタ・ア・エスパーニャ第14ステージ ©Unipublic Cxcling
2022ブエルタ・ア・エスパーニャ第14ステージ ©Unipublic Cxcling

●4賞ジャージ
マイヨロホ(個人総合成績)レムコ・エベネプール(ベルギー、クイックステップ・アルファビニル)
マイヨベルデ(ポイント賞)マッズ・ピーダスン(デンマーク、トレック・セガフレード)
マイヨルナレス(山岳賞)ジェイ・バイン(オーストラリア、アルペシン・ドゥクーニンク)
□マイヨブランコ(新人賞)レムコ・エベネプール(ベルギー、クイックステップ・アルファビニル)

カラパス(左)やルイスレオン・サンチェスらが第1集団を形成 ©Unipublic Cxcling

第13ステージにもどる⏪ ⏩第15ステージにすすむ

🇪🇸ブエルタ・ア・エスパーニャの特集サイト
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャの公式サイト
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのfacebook
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのtwitter
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのinstagram

ポイント賞トップのピーダスンがブエルタ・ア・エスパーニャ初勝利

第77回ブエルタ・ア・エスパーニャは9月2日、ロンダ〜モンリティリャ間の168.4kmで第13ステージが行われ、2019年の世界チャンピオン、マッズ・ピーダスン(デンマーク、トレック・セガフレード)がゴール勝負を制して初優勝。ピーダスンは第8ステージからポイント賞でトップを走るが、さらにポイントを加算した。

ポイント賞首位のピーダスンが第13ステージ優勝 ©Unipublic Sprint Cycling Agency

前日に落車した首位のレムコ・エベネプール(ベルギー、クイックステップ・アルファビニル)は、平坦区間のこの日は無難な走りをこなし、その座を守った。

2022ブエルタ・ア・エスパーニャ第13ステージ ©Unipublic Charly López
2022ブエルタ・ア・エスパーニャ第13ステージ ©Unipublic Charly López
2022ブエルタ・ア・エスパーニャ第13ステージ ©Unipublic Charly López

●4賞ジャージ
マイヨロホ(個人総合成績)レムコ・エベネプール(ベルギー、クイックステップ・アルファビニル)
マイヨベルデ(ポイント賞)マッズ・ピーダスン(デンマーク、トレック・セガフレード)
マイヨルナレス(山岳賞)ジェイ・バイン(オーストラリア、アルペシン・ドゥクーニンク)
□マイヨブランコ(新人賞)レムコ・エベネプール(ベルギー、クイックステップ・アルファビニル)

ピーダスンが第13ステージ優勝 ©Unipublic Charly López

第12ステージにもどる⏪ ⏩第14ステージにすすむ

🇪🇸ブエルタ・ア・エスパーニャの特集サイト
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャの公式サイト
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのfacebook
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのtwitter
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのinstagram

カラパスがブエルタ・ア・エスパーニャ第12ステージで初勝利

第77回ブエルタ・ア・エスパーニャは9月1日、サロブレーニャ〜ペナスブランカス間の192.7kmで第12ステージが行われ、イネオスグレナディアーズのリチャル・カラパス(エクアドル)が独走勝利。2020年には24秒遅れの総合2位になっているカラパスだが、ブエルタ・ア・エスパーニャのステージ勝利は初めて。エクアドル選手としても初勝利。

カラパスが第12ステージで独走勝利 ©Unipublic Sprint Cycling Agency

首位のレムコ・エベネプール(ベルギー、クイックステップ・アルファビニル)は途中のコーナーで落車したが、集団がその復帰を待ち事なきを得た。他の有力選手らとともにタイム差なしの同一集団でゴール。エベネプールがマイヨロホを守った。

2022ブエルタ・ア・エスパーニャ第12ステージ ©Unipublic Sprint Cycling Agency
2022ブエルタ・ア・エスパーニャ第12ステージ ©Unipublic Sprint Cycling Agency
2022ブエルタ・ア・エスパーニャ第12ステージ ©Unipublic Sprint Cycling Agency

●4賞ジャージ
マイヨロホ(個人総合成績)レムコ・エベネプール(ベルギー、クイックステップ・アルファビニル)
マイヨベルデ(ポイント賞)マッズ・ピーダスン(デンマーク、トレック・セガフレード)
マイヨルナレス(山岳賞)ジェイ・バイン(オーストラリア、アルペシン・ドゥクーニンク)
□マイヨブランコ(新人賞)レムコ・エベネプール(ベルギー、クイックステップ・アルファビニル)

第12ステージでマイヨロホを守ったエベネプール ©Unipublic Sprint Cycling Agency

第11ステージにもどる⏪ ⏩第13ステージにすすむ

🇪🇸ブエルタ・ア・エスパーニャの特集サイト
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャの公式サイト
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのfacebook
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのtwitter
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのinstagram

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。