国体種目の全国都道府県対抗eスポーツ選手権がRed Bull TVでライブ

第75回国民体育大会(かごしま国体)の文化プログラムとして2019年に続いて「全国都道府県対抗eスポーツ選手権」の開催が予定されている。全国8地域で行われるブロック代表決定戦の模様はすべてRed Bull TVで無料ライブ配信される。『グランツーリスモSPORT』日本最速の座をかけた熱いデッドヒートが楽しめる。

©2017 Sony Interactive Entertainment

かごしま国体での全国都道府県対抗eスポーツ選手権2020 KAGOSHIMAの開催日は未定。

●全国都道府県対抗eスポーツ選手権のホームページ

実施される6タイトルの1つとなるPlayStation 4用ソフトウェア『グランツーリスモSPORT』(発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント)を使って、「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2020 KAGOSHIMA」の本大会に先立ち、オンラインのブロック代表決定戦が開催される。

©2017 Sony Interactive Entertainment

■ブロック代表決定戦開催日程
7月23日(木・祝日)中部ブロック代表決定戦
7月24日(金・祝日)四国ブロック代表決定戦
7月25日(土) 北海道・東北ブロック代表決定戦
7月26日(日) 北陸・甲信越ブロック代表決定戦
8月1日(土) 関西ブロック代表決定戦
8月2日(日) 中国ブロック代表決定戦
8月8日(土) 九州・沖縄ブロック代表決定戦
8月9日(日) 関東ブロック代表決定戦
ブロック代表決定戦には3月21日(土)~4月19日(日)に行われた都道府県予選(オンライン)通過者が出場。詳しくはホームページで。

Red Bull TV ©Red Bull

●Red Bull TVのホームページ

Red Bull Kumite…eスポーツの世界大会が日本初開催

エナジードリンクブランドのレッドブルは、格闘ゲーム「ストリートファイター」シリーズを採用したフランス発ゲームトーナメントRed Bull Kumiteを12月22日(日)に愛知県常滑市のAichi Sky Expoで日本初開催する。

Red Bull Kumite 2018(パリ)©Stephanie Lindgren / Red Bull Content Pool

格闘ゲーム大国である日本へのリスペクトをふんだんに盛り込んだ大会は2015年に誕生し、これまでフランス・パリで開催してきたが、初めてパリ以外の地で開催される。12月21日が予選、22日が決勝となる。

大会に出場できるのは、招待を受けた世界トップクラスのプレーヤー15名と、決勝 前日に開催する予選の勝者(1名)の16名のみ。日本で初開催する大会にはInfexious、Problem X、Luffy、Punk、Takamura、Big Bird、801 Striderら海外の強豪選手に加えてボンちゃん、ウメハラ/The Beast、ガチくん、藤村、YHC-餅、はく、ときど、キチパームの 日本人選手8名が参戦する。

日本のeスポーツアスリートが大活躍

初開催の2015年大会は、後にレッドブル・アスリートとなるボンちゃんが優勝。2017年は社会人とプロゲーマーを兼業するネモが、2018年はその年初開催した日本予選から勝ち進んだ藤村が優勝するなど、日本人eスポーツアスリートが活躍している。

決勝トーナメントは格闘技さながら檻の中で行われる ©Hadrien Picard/Red Bull Content Pool

Red Bull Kumite 2019(レッドブル・クミテ 2019)
日程:
Last Chance Qualifier(前日予選、一般非公開)12月21日(土)11:00~21:30予定
決勝トーナメント 12月22日(日)11:00~21:00予定
会場:Aichi Sky Expo(愛知県常滑市セントレア5丁目)
内容:フランス発の格闘ゲームトーナメントRed Bull Kumite
ゲームタイトル:ストリートファイターVアーケードエディション©CAPCOM U.S.A., INC. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト
主催:レッドブル・ジャパン

Red Bull Kumiteとは

格闘ゲーム「ストリートファイター」シリーズを採用したフランス発ゲームトーナメント。格闘ゲーム大国、マンガ大国、そしてアニメ大国である日本へのリスペクトをふんだんに盛り込んだ本大会は、2015年に誕生し、これまでフランスのパリで開催してきた。2019年は初めてパリ以外の開催が決定し、12月22日(日)に日本で開催される。