シマノ、ボッシュ、ヤマハユニットが勢ぞろい…eバイク試乗ができる伊豆E-BIKEフェスティバル

第1回伊豆E-BIKEフェスティバルが2018年5月26日(土)、静岡県田方郡函南町にある道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」で開催される。電動ユニットサプライヤーの主要3社のユニット搭載eバイクがそろう国内初めてのイベント。主催は道の駅を運営する加和太建設。開催時間は10時から18時まで。

伊豆ゲートウェイ函南にある日本最大級のレンタサイクル施設「MERIDAエクスペリエンスセンター」

出展ブランドはミヤタ、メリダ(以上シマノユニット)、トレック、コラテック、ターン(以上ボッシュユニット)、ヤマハ(ヤマハユニット)、ベスビー(オリジナル&シマノユニット)。試乗も体験できるので、各社どんな性能なのかは把握できるはず。

ミヤタサイクルのクルーズ

伊⾖ゲートウェイ函南は、2017年5⽉1⽇にオープンした道の駅。同施設は3つの飲⾷施設に物産販売所、伊⾖半島の観光情報をリアルタイムに伝えるコンシェルジュが常駐する観光案内所や専⽤オープンスタジオを⽤意し、伊⾖地⽅の「⽞関⼝(ゲートウェイ)」をテーマに多種多様な展開を⾏っている。開駅から1年間の来場者数は約131万⼈(当初想定の1.87倍)。今回はこの伊⾖ゲートウェイ函南を舞台に、新しいサイクルツーリズムの可能性と、来るeバイクブームに先駆け、eバイクの魅⼒をどこよりも早く、⽐べて楽しめるイベントを企画した。

●第1回伊豆E-BIKEフェスティバルの公式サイト

伊豆ゲートウェイ函南は一般道からアクセスできる道の駅だ

●関連ニュース

道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」にレンタサイクル「MERIDAエクスペリエンスセンター」

●最新ニュースへ

eバイクを使ったジロ・デ・イタリアが8日開幕…全18ステージで争う

eバイクと呼ばれる電動自転車を使ったジロ・デ・イタリアの「ジロE」が5月8日の第4ステージから開幕する。出場5チーム、1チームは2人編成で、全選手がピナレロのeバイク「ニトロ」を使用。ジロ・デ・イタリアで使用されるルートとほぼコースを走ってゴールを目指す。イタリアナショナルチームのダビデ・カッサーニ監督が開幕のプレゼンターを務める。

イタリアナショナルチームのダビデ・カッサーニ監督がジロEのコースをチェック © Marco Alpozzi – LaPresse

27日のジロ・デ・イタリア最終日まで全18ステージにわたって行われる「ジロE」。主催はもちろんジロ・デ・イタリアと同じRCS。各ステージの関係者ビレッジがオープンする午前8時にスタートするという興行レースで、本物のジロ・デ・イタリアの数時間前を走行する。イタリアの元体操選手のユリ・ケキなど五輪金メダリストが2人参加するなどで話題を集めている。

「ジロE」だけに、ジロ・デ・イタリアの公式パートナーを務める電力会社のエネルがメインスポンサー。ピナレロ、タグホイヤーなども本大会と合わせて協賛する。

ピナレロのeバイクで走るモスコンとeカーで追走するフィジケラ

●関連ニュース

eバイク版ジロ・デ・イタリアに投入されるピナレロの電動自転車ニトロに注目

●ジロ・デ・イタリア特集ページへ
●第101回ジロ・デ・イタリアの関連ニュース
●最新ニュースへ

eバイク版ジロ・デ・イタリアに投入されるピナレロの電動自転車ニトロに注目

イタリアのピナレロ社は、2018ジロ・デ・イタリアで併催されるeロードバイクを使った18区間のステージレース「ジロE」に、ピナレロ社が2018年初頭より欧州で販売を始めたeロードバイク「NYTRO=ニトロ」が使用されると発表した。

ピナレロの電動バイク、ニトロ

近年のツール・ド・フランスで連勝を重ねる正真正銘のロードブランドだが、欧州でのeバイク人気に後押しされて、本格的eロードバイクを作ってしまった。ニトロは極太のカーボン製ダウンチューブにモーターユニットとバッテリーを内蔵したモデル。さすがに重量は増すが、外観はディスクブレーキ仕様のロードバイクとあまり変わらない。

大型バッテリーを搭載した実用車と比べるとモーター駆動時間は落ちるようだが、ここ一発の勝負どころでスイッチオンすれば電動パワーでアタックすることが可能。そのスポーティなシルエットが実現したからこそ、ジロ・デ・イタリア姉妹レースとしてコースで出場選手がバトルするシーンが実現したといっても過言ではない。

ただし日本での販売は道路交通法などの制限で特殊な事情があるので発売時期などは未定。

ピナレロのEバイクで走るモスコンとEカーで追走するフィジケラ

●関連ニュース

ジロ・デ・イタリアのイタリア国内18区間にeバイクカテゴリー新設

●最新ニュースへ

伊⾖ゲートウェイ函南でeバイクを借りれば距離を伸ばしたサイクリングも可能

自転車ブランドのメリダを取り扱うミヤタサイクルと道の駅「伊⾖ゲートウェイ函南」は「MERIDA(メリダ)エクスペリエンスセンター」で最新eバイク「CRUISE(クルーズ)」のレンタルを3⽉17⽇から開始する。

⽇本最⼤級の「エクスペリエンスセンター」
道の駅「伊⾖ゲートウェイ函南」は2017年5⽉1⽇にオープンしたばかりの、静岡県内で最も新しい道の駅。敷地⾯積1万3231平⽅mの中に4つの店舗を設置。観光案内所やスタジオ、コンサートもできるコミュニティ広場なども併設していて、伊⾖地⽅の「⽞関⼝(ゲートウェイ)」をテーマに、多種多様な展開を⾏っている。2018年2⽉には来場者数100万⼈を突破した。

同施設は「サイクリストの聖地」を⽬指して、サイクリストの情報発信と交流を⽬的としたカフェ「Spoke Cafe(スポーク・カフェ)」を設置し、サイクリスト利⽤促進に取り組んでいる。2018年1⽉21⽇には世界シェア第2位の⾃転⾞ブランド「MERIDA」と連携し、最新のメリダブランドを体験できる施設「メリダエクスペリエンスセンター 道の駅伊⾖ゲートウェイ函南」をオープンした。

今回は2018年2⽉にミヤタサイクルから販売されたeバイク(電動アシスト⾃転⾞)「CRUISE」の体験会も開催。ヨーロッパではすでに⾃転⾞シーンの中⼼を占め、⽇本でも話題になっているeバイク。その最⼤の特徴はデザイン性もさることながら、連続⾛⾏可能距離が115km(エコモードの場合)と従来の電動アシスト⾃転⾞に⽐べ⾶躍的に伸びた航続距離だ。

同店では⽇本で最も先駆けて17⽇からレンタサイクルのラインナップに導⼊し、トップサイクリストだけでなく、より多くのユーザーに「サイクルツーリズムの楽しみ」を提供していきたいという。レンタル料⾦は17⽇から体験記念価格として1時間2000円、4時間3500円、7時間7000円。

道の駅「伊⾖ゲートウェイ函南」
所在地 静岡県⽥⽅郡函南町塚本887-1
営業時間 9:00〜18:00(年中無休)/コンビニは24時間営業
施設設備 交通情報案内施設/交通・観光情報案内施設/物産販売所/飲⾷施設(3店舗)/24時間コンビニ/展望歩道橋/イベント広場&コミュニティ広場/交流室/防災倉庫/駐⾞場

●メリダの最新eバイク、CRUISE(クルーズ)関連コラム

eバイクで箱根の山登り区間賞記録を更新…ただし上りでは敗北

●最新ニュースへ

のんがアンバサダーを務めるベスビーからeバイクに進化したロードやMTB新発売

欧州市場で高い評価を得ているプレミアムeバイクを販売するBESV JAPAN(ベスビー・ジャパン)が「TRS1(マウンテンバイク型)」、「JR1(ロードバイク型)」などの新モデルを発表。3月13日に東京・代官山T-SITE GARDEN GALLERYでブランドアンバサダーの女優「のん」を起用して、発表会と試乗会を行った。

ベスビーTRS1
シマノ製STEPSモーター、軽量&高剛性のカーボンフレームを採用し、軽量化をはかった本格e-MTBモデル。高剛性のカーボンフレームを採用。高効率のミッドドライブユニット「SHIMANO STEPS E8080」を搭載し、高出力モーターで本格的なオフロード走行が可能。油圧ディスクブレーキ&フロントフォーク。504wh(36V/14Ah)の大容量バッテリーで140kmのロングライドが可能。長距離ライドからオフロードライドまでユーザーのニーズに対応した3つの走行モードを選択可能。

ベスビーTRS1 46万2000円(税別)

ベスビーTRS1のイメージ

ベスビーCF1 LENA
リヤスプロケットを16Tから19Tに変更し、登坂力を向上。低速時のアシスト出力をUPさせ、よりスムーズな漕ぎ出しを可能に。BESVオリジナルのSモード(スマートモード)を追加し、乗る人のペダリングに応じた最適なアシストサポートを実現。

ベスビーCF1 LENA 15万5556円(税別)

ベスビーCF1のイメージ

ベスビーJF1
アルミフレームのクロスバイク。フラットバー仕様。8月発売予定。

ベスビーJF1 23万円(税別)

ベスビーJF1イメージ

ベスビーJR1
アルミフレームのロードモデル。ドロップバー仕様。8月発売予定。

ベスビーJR1 27万6000円(税別)

ベスビーJR1のイメージ

ベスビーLX1

ベスビーLX1 39万8000円(税別)

ベスビーLX1のイメージ

ベスビーPS1
シマノ・アルタス7からシマノ・デオーレ10sへグレードアップ。バッテリーは6.6Ahから10.5Ahに容量アップ。油圧ディスクブレーキをTEKTRO社の油圧&エレクトリックブレーキに変更し、安全性を高めた。 

ベスビーPS1 27万6000円(税別)

ベスビーPS1のイメージ

ベスビーPSA1
2018年限定カラーとしてマットブラックを追加(300台生産予定)。ハンドルポストは210mmのショートステム(通常カラーは260mm)でより、スポーティなポジショニングが可能に。

ベスビーPSA1 18万5000円(税別)

ベスビーPSA1のイメージ

ベスビーPSA1のイメージ

●関連ニュース

「のん」がバーションアップ? 愛車eバイクの進化に合わせてトークも上達

●最新ニュースへ

「のん」がバーションアップ? 愛車eバイクの進化に合わせてトークも上達

女優として、さらに最近は音楽活動も開始した「のん」が、プライベートで愛用するeバイク(電動アシスト自転車)ブランド、BESV(ベスビー)の最新モデルを前にこれからの思いを語った。

ロードバイクのブレーキブラケットをぎこちなく握る

のんがBESVの街乗りモデルを手に入れたのはちょうど1年前。オフタイムに道の開けた場所で乗っているといい、「サイクリングはまわりの景色を見るのが楽しいです。木が生えているなあとか…」と独特の世界観で体験談を語る。

ファンの間でも、のんがBESVユーザーになったことは周知されていて、「イベントがあるとBESVで駆けつけてくれたり、BESVの写真をSNSにあげてくれたり。とってもうれしいです」と素直な気持ちをコメントしている。

今季はBESVのeバイクにオフロードを走破する性能を備えたマウンテンバイクと、これまで以上に走行距離を伸ばせるロードバイクが加わって、最新モデルを前にして第一印象を語った。

「ロードバイクはこれまでもスタイリッシュだなあと思っていましたが、めちゃくちゃカッコいいですね。こんな自転車を持っていたら本当に自慢できますよね」と語る。ただし、心が動いたのはどうやらマウンテンバイクのほうで、しかも性能そのものというより、フレームのカラーリングや無骨なタイヤという見た目が「刺さった」ようだ。

「マウンテンバイクもロードバイクもこれまで乗ったことはないんですけれど、マウンテンバイクはがっしりしていてカッコいいなあと思いました。田舎に住んでいたころはよく山に行ったんですけど、最近はなかなかできないので、これに乗って山登りに行きたいです」

欧州で人気のeバイクに乗る「のん」はとても楽しそうだ

独特の感性。記者の曲がりくねった質問にどう答えようかと必死で頭をめぐらせ、記者会見前に伝えられたクライアントの要望を思い出しながら律儀に回答しようと、空白の時間が記者会見場にただよう。記者もカメラマンも「のんちゃん、頑張れ!」と応援したくなる雰囲気だ。

今季のBESVはシマノ製電動アシストユニットを搭載したTRS1や、独自ユニットを仕込んだロードモデルのJR1などがバージョンアップされていて、それに引っかけて、「ご自身のバージョンアップしたところは?」と質問されたりすると、「目覚ましい進化を遂げたところは、お話しするときにスムーズに話すことができるようになったことです」と即座に返答。

「音楽活動をするようになってバンドでMCとかもあるので、とにかくうまくしゃべれるようにしようと心がけています」

BESVアンバサダーの「のん」。MC担当のサイクリング女子・一戸恵梨子と

緊張する芸能活動の中で、唯一の息抜きがサイクリングのようだ。
「こんな華奢な、のんさんがこんな無骨な自転車に乗るっていうイメージはギャップがあっていいなと思いました」と、記者発表のMCを務めた自転車乗りの一戸恵梨子がフォローを出すのもうなずける。

客観的に見て1年前と変わらぬ「のんワールド」。記者会見場の記者やカメラマン、クライアントやイベント進行係が温かに見つめる。eバイクはバージョンアップしたが、変わらぬ「のん」の素朴さに、こういった新製品発表では珍しく終了時に拍手が送られるほどの和やかな雰囲気だった。

eバイクとして開発された最新ロードとマウンテンバイクを披露する「のん」

●関連ニュース

eバイクで箱根の山登り区間賞記録を更新…ただし上りでは敗北

●最新ニュースへ

【Column】eバイクで箱根の山登り区間賞記録を更新…ただし上りでは敗北

日本生まれの電動アシスト自転車だが、欧州ではe(イー)バイクと呼ばれて大流行している。世界屈指の自転車部品メーカー「シマノ」も独自開発のモーターをリリース。それを国内で初搭載したeバイクがミヤタサイクルから2月1日になるというので、試乗車を実走。箱根駅伝の第5区で記録計測したら、アシストパワーで区間賞記録をちょっとだけ上回った!

箱根駅伝5区をeバイクで走って今年の区間賞を更新!

ヤマハ発動機が世界初の電動アシスト自転車「PAS」を1993年に発売して以来、日本では坂道のある町に住む人が買い物時に使ったり、子どもを乗せて保育所などの送迎に使ったりするイメージだ。ところが欧州ではもっとアクティブに走れるスポーツアイテムとしてとらえられている。体力以上に走行距離を伸ばしたり、急坂や悪路をクリアするレジャーアイテムとして活用されている。

その市場ニーズに応えてシマノが電動ユニットを欧州向けに開発したのが2014年。さらに改良を重ね、日本向けに新開発されたものがいよいよ発売されるというわけだ。発売元のミヤタサイクルが試乗車貸し出しを開始したのが1月10日。その日のうちに保管場所まで取りに行き、箱根駅伝の往路第5区で実走チェックした。つまりこれは日本初のインプレッションとなった。

箱根駅伝5区のスタートは20年前も鈴廣。リベンジだ!

じつはヤマハPASが量産化された20年前。新製品情報誌「モノマガジン」の特集で、箱根の第5区を電動アシスト自転車で上ったことがある。小田原の鈴廣かまぼこ店前をスタートし、いい感じに電動パワーで上りをこなしていたのだが、宮ノ下の富士屋ホテルを通過して激坂に突入したところでバッテリー切れ。あとは重量30㌔の鉄の塊と化し、ゴールできなかった記憶がある。

今回はそのリベンジだ。最先端のeバイクを入手したこの日、あのときと同じように鈴廣前をスタート。電動出力レベルを最強の「ハイモード」にしてグイグイと箱根の山を登る。一定のペースでペダルを回していくとアシストの恩恵にあずかっていることを体感できないのだが、激坂になってペダルを踏み込む力が衰えてしまうと、「グイッ!」という推進力で前に進んでくれるのが分かる。呼吸もこれまでのどんな上り坂よりもラクだ。これはいい!

復路の6区をゴール。下りはほどんど電池を消耗しなかった

芦ノ湖のゴールに飛び込んでGPSウォッチのボタンを止めると1時間09分29秒。区間賞の青木涼真選手(法政大)の記録を更新した。バッテリー消耗は帰路となる第6区も起動してちょうど50%だった。20年前は宮ノ下で充電が切れたのに。機材の飛躍的進化を実感! さらに記録したGPSデータを解析してみると、スタート地点と最高地点までがタイムトライアルのコースとして設定されていて、これまで挑戦した1325人中の17位にランクされていたことが判明。

白状します。電動アシスト機能使いました。しかし冷静に考えてみると、最高点から芦ノ湖まで時速60kmでダウンヒルしてタイムを稼いでいるので、結局上り区間は箱根駅伝のランナーよりも遅い。いやはや、eバイクも楽チンだが彼らがスゴいってことも分かった。

eバイクはこうしてサイクリングの実走距離が伸ばせるので、これまで以上にフィールドが広がるアイテムだ。充電器もコンパクトに持ち運べるので、2日以上のツーリングもできる。体力の劣る人が駆使することで上級者と一緒に走れるなんてケースも。これから流行るかも。

サイクルコンピューターにパワー状況が表示される

シマノ製電動アシストコンポ「STEPS」を日本で初搭載したミヤタサイクルの電動アシストクロスバイク「クルーズ」。アルミフレームにモーターとバッテリーを搭載。ハンドル部分に液晶サイクルコンピューターがあって、電動パワーの強弱や電池残量を操作・把握できる。フル充電あたりエコモードで115km、ノーマル106km、ハイモード78kmのアシスト走行が可能。9段変速。油圧式ディスクブレーキなので箱根からの下りも軽いブレーキレバー操作で速度制御が容易だった。税込み29万520円。

ミヤタサイクルのクルーズ

【これまでのColumn】

ボクのツール・ド・フランスはマルセイユから始まった


洋菓子のパリ〜ブレストは自転車の車輪に似ているから命名された


海外ホテルのネット予約で失敗しないためのテクニック


フランスには外国人が免税で新車を購入できるシステムがある


GPSデバイスはあえてセカンドグレードを選んだ、これだけの理由


ボクのツール・ド・フランスはルーアンから始まった


死ぬまでに泊まってみたいホテル…天文台で満天の星空を見る

ホテル予約ならHotels.com

「のん」が愛用する最新eバイク、ベスビーPSA1がカッコいい

女優「のん」が欧州市場で高い評価を得ているeバイクブランド、BESV(ベスビー)のアンバサダーを務めることになった。シリーズ最新モデルの「PSA1」を手に入れて、映画「この世界の片隅に」の舞台となった広島県呉市も走ってみたいとゴキゲンだ。

「のん」が愛用する最新eバイク、ベスビーPSA1

BESVは世界最大の電動アシスト自転車市場であるヨーロッパで、そのデザインと性能で高い評価を受けているダーフォンイノベーション社が開発・製造を行っている注目ブランド。革新的なデザイン、独自アルゴリズムを組み込んだオリジナルの駆動システムによって高い走行性能、直感的でシンプルな操作性が特徴となる。

デザイン性に加えて、比較的軽量で取り回しがいいので、都市部での利用に最適だ。モーターはノイズ検出システムによって高いレベルの静音性能を発揮。電池の耐久性と性能を確認するために、振動試験や天候・気温による膨張試験を含め、常に厳しいテストを実施している。

PSA1はBESVブランドの最注目モデルとなる。2014年度グッドデザイン賞ベスト100を受賞したPS1の美しいデザインと上質なパワーフィーリングを維持しながら、価格設定を抑えたもの。高性能バッテリーを搭載し、フル充電で90kmのアシスト走行が可能になった。

小型大容量バッテリーを搭載した軽量アルミフレーム仕様。アシスト機能は直感的なスマートモード機能を含む4つのモード(パワー/ノーマル/エコ/スマート)があり、ハンドルバーに取りつけた大型インターフェイスで操作や状況確認ができる。より快適なライドを実現するデュアルショックサスペンション、そして降雨時でも制動力が低下しないディスクブレーキを搭載する。

重量は17.8kgと多少重さを感じるが、シマノ製の7段変速によってスピードを調整できることから、「自分の足でペダルを踏むとグッ!と進んでパワーが発揮されるのを感じました。ペダルをこぐ足が軽やかで、風を切る感じが楽しかったです」と、のんが乗車感を語っている。価格は税込みで19万9800円。