MTBワールドカップは2022年もレッドブルTVでライブ中継

2022メルセデスベンツUCIマウンテンバイク・ワールドカップが3月26〜27日、フランスのルルドでダウンヒルレース(DHI)が開幕。クロスカントリーオリンピック(XCO)、クロスカントリーショートトラック(XCC)を含めてレッドブルTVでライブ配信される。

ダウンヒルに挑むバレンティナ・ホール ©Bartek Wolinski / Red Bull Content Pool

2022メルセデスベンツUCIマウンテンバイク・ワールドカップ日程
3月26-27日: (DHI) フランス・ルルド
4月8-10日: (XCO/XCC) ブラジル・ペトロポリス
5月6-8日: (XCO/XCC) ドイツ・アルブスタット
5月13-15日: (XCO/XCC) チェコ・ノべームニェストナモラビエ
5月21-22日: (DHI) 英国・フォートウイリアム
6月10-12日: (XCO/XCC/DHI) オーストリア・レオガング
7月8-10日: (XCO/XCC/DHI) スイス・レンツァーハイデ
7月15-17日: (XCO/XCC/DHI) アンドラ・バルノール
7月29-31日: (XCO/XCC/DHI) 米国・スノーシュー
8月5-7日: (XCO/XCC/DHI) カナダ・モンサンタン
8月24-28日: UCI MTB世界選手権 フランス・レジェ
9月2-4日: (/XCO/XCC/DHI) イタリア・バルディソーレ
9月2-4日: (DH/XCO/XCC) イタリア・バルディソーレ

マティアス・フルキガー ©Bartek Wolinski / Red Bull Content Pool

●レッドブルTV・フランス・ルルド

FUKAYA RACINGがUCI MTBチームとなり2022年を始動

自転車商社のフカヤがメインスポンサーとなるFUKAYA RACINGが2022年のチーム体制を発表した。欧州UCIシクロクロスチームに在籍する唯一の日本選手、鈴木来人がXCOライダーとして新規加入した。

鈴木来人

FUKAYA RACINGのチームコンセプトである「挑戦」を掲げ、2022年シーズンからアジア唯一のUCI MTBチームとなり、海外でのレース活動に力を入れていく。

鈴木来人
出身地:長野県上伊那郡
2000年生まれ(20歳)
「今季よりFUKAYA RACINGに加入する鈴木来人です。MTB競技という新しい挑戦をしていくにあたり、最高のチームと多くのスポンサー・サプライヤーに恵まれたことに感謝しています。今季はU23全日本チャンピオンとワールドカップでのフルラップ完走を目標に全力で戦っていきます」
※ロードレース&シクロクロスは別チームで活動

竹内遼

2022年は新たに監督兼メカニックの小林輝紀監督(長野県飯山市在住)、2021年シーズンから日本人で唯一欧州に拠点置きフランス籍のシクロクロスUCIチームに所属している鈴木来人(長野県上伊那郡在住)の2名を迎え、新たな体制で活動していく。

◆FUKAYA RACING チーム体制 
・小林 輝紀/コバヤシ テルキ (監督兼メカニック)
・竹内 遼/タケウチ リョウ  (エースライダー)
・鈴木 来人/スズキ ライト  (ライダー)
・松本 佑太/マツモト ユウタ (ライダー兼マネージャー)

監督兼メカニックを務める小林輝紀
ライダー兼マネージャーの松本佑太
フカヤレーシング

キャノンデールのTrail 7.1はどこを乗っても楽しめる

山を駆け抜ける楽しみから、街中のデイリーユースまでマルチに活躍するTrail 7.1(トレイル7.1)がキャノンデールから発売された。マウンテンバイク本来のワクワクと、通勤通学に使える万能なマウンテンバイク。どこを乗っても楽しめる。初めてのオフロードでも、ちょっとした冒険でも、あらゆる可能性と笑顔に出会える1台。

Trail 7.1(ブラック)

フロントギヤはシンプルなシングルギヤ、リヤは初心者でも扱いやすい8段変速。どんな体型のライダーにも最高のフィット感、スピード、楽しさを提供するため、XSとSサイズには27. 5インチ、M~XLサイズには29インチタイヤを採用した。

洗練されたフレームワークでマイクロサスペンションを実現した
シンプルで軽量なアルミフレームで設計

フレームカラーはブラックとグリーンの2色展開。どんなシーンにも溶け込むフレームデザインに仕上げられている。

Trail 7.1(グリーン)

Trail 7.1
フレーム:SmartForm C3 Alloy
フォーク:SR Suntour XCT DS,  100mm, coil
ブレーキ:Tektro hydraulic disc
リアコグ:microSHIFT, 12-42, 8-speed
タイヤ:WTB Ranger Comp, 29×2.25″ (27.5×2.25″ – XS, SM)
サイズ:XS, S, M, L, XL
価格:6万9300円(税込)

シングルギヤ。シンプルな設計でクールな走りを演出する

●キャノンデールの詳細ページ

町でも山でも使える7万円以下のMTBならトレック・マーリン5

トレック・ジャパンが街乗りとしても使えるお手頃なマウンテンバイク、Marlin 5(マーリン 5)を発売。幅広な2×8のギヤ比と、ラックとキックスタンド用マウントが装備されているため、本格マウンテンバイクとしても丈夫で、シティバイクとしても安定した快適な走りを発揮する。

マーリン5(リチウムグレー)

鮮やかなレッドと高級感のあるグレーの2つのカラー展開で、さまざまなスタイルに合わせることができる。XXSフレームサイズは26インチのホイールで、小柄なライダーにもぴったり。

変速&ブレーキケーブルがフレーム内蔵になった

本格派の丈夫さを備えた快適な移動手段バイクとして

トレイルでも舗装路でもしっかり走る、毎日の冒険に最適なデイリーライダーだ。サスペンションフォーク、2×8速ドライブトレイン、ラックとキックスタンド用マウントを装備。初めてのトレイルライダーや、本格マウンテンバイクの丈夫さを備える安定した走りの快適なコミューターバイクを探す方には理想的な選択となる。

マーリン5(ラディオアクティブレッド)
テクトロ社のディスクブレーキを搭載

<製品情報>
モデル名:Marlin 5
価格:6万9300円(税込)
カラー:Lithium Grey、Radioactive Red ※限定入荷モデル

●トレックの詳細ページ

おしゃれかつ求めやすい価格の「ラ・ビチ」が新規参入

イタリア語で自転車を意味するニューブランド『La Bici=ラ・ビチ』が2022年から国内販売される。西洋のエリート職人の技術を自転車生産大国であるアジア各国のファクトリーに導入して製造。研究開発は、通勤やレジャーから競技まで、ニーズに合わせてサイクリング関連のパーツやアクセサリーにも力を入れているブランド。

DISC ROAD 700c(ブルー)

取り扱いはWBS。北海道の自転車卸業として70年あまり一般車からスポーツまで幅広いジャンルを北海道内販売店への販売を行っている。2007年に社名変更した。

ラ・ビチはほかのブランドとは違い、取り扱いをする各国の担当者がラ・ビチブランドとのミーティングによりラインナップが決まる。各国のさまざまなニーズに合わせ、その国々のブランドとして展開するためだ。日本のマーケットでは、「おしゃれかつ求めやすい価格」をモットーに4モデルを発表し、スター トを切る。歴史はないが、今後さまざまなモデルやジャンルを展開していく予定。

GRAVEL ROAD 700c(カーキ)

入荷時期は2022年6月予定。価格は2022年1月現在。 コロナ禍の影響により入荷時期・価格ともに変更する場合も。

DISC ROAD 700c

DISC ROAD 700c(ボルドレッド)

価格 7万6780円(税込)
サイズ 450mm,470mm,490mm
カラー BORDE RED, BLUE

ここ数年ロードバイクの進化の一つとして歩み続けているディスクブレーキロードバイク。6061アルミニウムフレームにクロモリフォーク。コンポもターニーを採用することによりこの価格を実現。安いだけでなく、ライディングにしっかり耐えうるフレーム。ハンドル幅、ステムやクランク長をこの価格帯では珍しくサイズごとに設定し、フィッティングにも抜かりなくスペックインされている。

GRAVEL ROAD 700c

GRAVEL ROAD 700c(ブラック)
GRAVEL ROAD 700c(カーキ)

価格 9万3280円(税込)
サイズ 450mm,470mm,490mm
カラー BLACK, KHAKI

すっかり市民権を得たグラベルロード。さまざまな用途にも使える懐の深さや長距離にも街乗りにも対応するで人気を博したカテゴリー。 ROADと同じく6061アルミニウムフレームだが、フォークもアルミニウム。コンポは各ブランドが求めやすい価格のモデルに採用するシマノクラリスを採用。他ブランドでなかなか実現できない10万円以下を実現した。写真はサンプルのためダボ穴はないが、製品版においてはフォーク横、バックステーに装備予定。

MTB 27.5”

CROSS 700c(オレンジ)
CROSS 700c(ブラック)
CROSS 700c(ホワイト)

価格 7万6780円(税込)
サイズ 380mm,430mm,480mm
カラー BLACK, WHITE

27.5インチによるハンドリング・スタートの良さを生かしたMTB。6061アルミニウムフレーム、24スピードに加え、油圧ブレーキをインストール。主に街中における悪路などもクッション性の高いMTBタイヤにサスペンションも相まって快適に走破することができる。街中での使用をメインに想定しているため、キックスタンドを標準装備している。

CROSS 700c

MTB 27.5”(ブラック)
MTB 27.5”(ホワイト)

価格 6万5780円(税込)
サイズ 380mm,420mm,460mm
カラー BLACK, WHITE,ORANGE

日本におけるクロスバイクの基本形というべきこのモデル。700×35cにディスクブレーキとトレンドをつかみながらも、ハンドリングや乗り心地はいたってフラットであり、通勤・通学や街乗りにピッタリな一台。クロスバイクでも統一のクランク長ではなく、各サイズでクランク長を設定。身長に適正なクランク長にすることにより、快適にライディングが楽しめる。街中での使用をメインに想定しているため、キックスタンドを標準装備している。

MTBの新世代女王は川口うらら…U23ロード含め全日本4冠

川口うらら(日本体育大)が11月21日に愛媛県の八幡浜市民スポーツパークで開催された第34回全日本自転車競技選手権大会マウンテンバイク(XCO)女子U23で2位に大差をつけ優勝した。20歳の川口は2021年、全日本自転車競技選手権大会でU23ロードレース、マウンテンバイク(XCE、XCC、XCO)の2競技・4種目で優勝して4冠を達成した。

川口うらら

自転車競技のひとつ、MTB(マウンテンバイク)には複数の種目がある。XCO(クロスカントリーオリンピック)は丘陵地に設定された周回コースを走って順位を競うもので五輪採用種目。XCE(クロスカントリーエリミネーター)は少人数で一斉スタートして勝ち上がっていく形式で、世界選手権とワールドカップで行われる。XCC(クロスカントリーショートサーキット)はクリテリウムと呼ばれる短い周回路でのレース。

第34回全日本自転車競技選手権大会マウンテンバイク(XCO)女子U23を走る川口うらら

川口は10月23日に開催された全日本選手大会ロードレースのU23で優勝。11月6〜7日に開催された全日本選手権大会マウンテンバイクXCE、XCCでも優勝していて、2競技4種目での全日本自転車競技大会で優勝を果たした。 

第34回全日本自転車競技選手権大会マウンテンバイク(XCO)女子U23を走る川口うらら

2021年8月にイタリアで行われたマウンテンバイク世界選手権にU23日本代表として選出され、34位という結果を残した。翌週のスイスでのワールドカップでは23位と健闘。10月から11月にかけて開催された全日本選手権では、女子U23ロードレース・XCE女子・XCC女子・XCO女子U23の4つへ出場し、それぞれで優勝を目標に挑んだ。

第34回全日本自転車競技選手権大会マウンテンバイク(XCO)女子U23で優勝した川口うらら(中央)

優勝候補と呼ばれプレッシャーがある中でも、海外でのレース経験を生かし、積極的にレースを展開し危なげない走りで優勝した。 

日本体育大の川口うらら

川口は2000年12月5日生まれの20歳。兵庫県たつの市出身。龍野高卒業、日本体育大在学。ホームコースのたつの市菖蒲谷森林公園のMTBトレイルで培ったテクニックを生かした走りが特徴。ジュニア(17~18歳)ではロードレース・マウンテンバイクの日本代表としてアジア選手権制覇・世界選手権にも出場。
現在はダイセル、ナガセケムテックス、帝国電機製作所の支援を受け、マウンテンバイク選手として活動中。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。