マウンテンバイク・ワールドカップはダウンヒルがルルドで開幕

2022メルセデスベンツUCIマウンテンバイク・ワールドカップが3月26〜27日、フランスのルルドでダウンヒルレース(DHI)が開幕戦として行われた。

ミリアム・ニコルは女子2位 ©Bartek Wolinski / Red Bull Content Pool

男子は地元フランスのアモリー・ピエロンが、女子はスイスのカミーユ・バランシュが優勝した。

同シリーズは、クロスカントリーオリンピック(XCO)、クロスカントリーショートトラック(XCC)を含めてレッドブルTVでライブ配信される。

男子優勝のアモリー・ピエロンがゴールを目指す ©Bartek Wolinski / Red Bull Content Pool

2022メルセデスベンツUCIマウンテンバイク・ワールドカップ日程
3月26-27日: (DHI) フランス・ルルド
4月8-10日: (XCO/XCC) ブラジル・ペトロポリス
5月6-8日: (XCO/XCC) ドイツ・アルブスタット
5月13-15日: (XCO/XCC) チェコ・ノべームニェストナモラビエ
5月21-22日: (DHI) 英国・フォートウイリアム
6月10-12日: (XCO/XCC/DHI) オーストリア・レオガング
7月8-10日: (XCO/XCC/DHI) スイス・レンツァーハイデ
7月15-17日: (XCO/XCC/DHI) アンドラ・バルノール
7月29-31日: (XCO/XCC/DHI) 米国・スノーシュー
8月5-7日: (XCO/XCC/DHI) カナダ・モンサンタン
8月24-28日: UCI MTB世界選手権 フランス・レジェ
9月2-4日: (/XCO/XCC/DHI) イタリア・バルディソーレ
9月2-4日: (DH/XCO/XCC) イタリア・バルディソーレ

●レッドブルTV・フランス・ルルド

MTBワールドカップは2022年もレッドブルTVでライブ中継

2022メルセデスベンツUCIマウンテンバイク・ワールドカップが3月26〜27日、フランスのルルドでダウンヒルレース(DHI)が開幕。クロスカントリーオリンピック(XCO)、クロスカントリーショートトラック(XCC)を含めてレッドブルTVでライブ配信される。

ダウンヒルに挑むバレンティナ・ホール ©Bartek Wolinski / Red Bull Content Pool

2022メルセデスベンツUCIマウンテンバイク・ワールドカップ日程
3月26-27日: (DHI) フランス・ルルド
4月8-10日: (XCO/XCC) ブラジル・ペトロポリス
5月6-8日: (XCO/XCC) ドイツ・アルブスタット
5月13-15日: (XCO/XCC) チェコ・ノべームニェストナモラビエ
5月21-22日: (DHI) 英国・フォートウイリアム
6月10-12日: (XCO/XCC/DHI) オーストリア・レオガング
7月8-10日: (XCO/XCC/DHI) スイス・レンツァーハイデ
7月15-17日: (XCO/XCC/DHI) アンドラ・バルノール
7月29-31日: (XCO/XCC/DHI) 米国・スノーシュー
8月5-7日: (XCO/XCC/DHI) カナダ・モンサンタン
8月24-28日: UCI MTB世界選手権 フランス・レジェ
9月2-4日: (/XCO/XCC/DHI) イタリア・バルディソーレ
9月2-4日: (DH/XCO/XCC) イタリア・バルディソーレ

マティアス・フルキガー ©Bartek Wolinski / Red Bull Content Pool

●レッドブルTV・フランス・ルルド

FUKAYA RACINGがUCI MTBチームとなり2022年を始動

自転車商社のフカヤがメインスポンサーとなるFUKAYA RACINGが2022年のチーム体制を発表した。欧州UCIシクロクロスチームに在籍する唯一の日本選手、鈴木来人がXCOライダーとして新規加入した。

鈴木来人

FUKAYA RACINGのチームコンセプトである「挑戦」を掲げ、2022年シーズンからアジア唯一のUCI MTBチームとなり、海外でのレース活動に力を入れていく。

鈴木来人
出身地:長野県上伊那郡
2000年生まれ(20歳)
「今季よりFUKAYA RACINGに加入する鈴木来人です。MTB競技という新しい挑戦をしていくにあたり、最高のチームと多くのスポンサー・サプライヤーに恵まれたことに感謝しています。今季はU23全日本チャンピオンとワールドカップでのフルラップ完走を目標に全力で戦っていきます」
※ロードレース&シクロクロスは別チームで活動

竹内遼

2022年は新たに監督兼メカニックの小林輝紀監督(長野県飯山市在住)、2021年シーズンから日本人で唯一欧州に拠点置きフランス籍のシクロクロスUCIチームに所属している鈴木来人(長野県上伊那郡在住)の2名を迎え、新たな体制で活動していく。

◆FUKAYA RACING チーム体制 
・小林 輝紀/コバヤシ テルキ (監督兼メカニック)
・竹内 遼/タケウチ リョウ  (エースライダー)
・鈴木 来人/スズキ ライト  (ライダー)
・松本 佑太/マツモト ユウタ (ライダー兼マネージャー)

監督兼メカニックを務める小林輝紀
ライダー兼マネージャーの松本佑太
フカヤレーシング

キャノンデールのTrail 7.1はどこを乗っても楽しめる

山を駆け抜ける楽しみから、街中のデイリーユースまでマルチに活躍するTrail 7.1(トレイル7.1)がキャノンデールから発売された。マウンテンバイク本来のワクワクと、通勤通学に使える万能なマウンテンバイク。どこを乗っても楽しめる。初めてのオフロードでも、ちょっとした冒険でも、あらゆる可能性と笑顔に出会える1台。

Trail 7.1(ブラック)

フロントギヤはシンプルなシングルギヤ、リヤは初心者でも扱いやすい8段変速。どんな体型のライダーにも最高のフィット感、スピード、楽しさを提供するため、XSとSサイズには27. 5インチ、M~XLサイズには29インチタイヤを採用した。

洗練されたフレームワークでマイクロサスペンションを実現した
シンプルで軽量なアルミフレームで設計

フレームカラーはブラックとグリーンの2色展開。どんなシーンにも溶け込むフレームデザインに仕上げられている。

Trail 7.1(グリーン)

Trail 7.1
フレーム:SmartForm C3 Alloy
フォーク:SR Suntour XCT DS,  100mm, coil
ブレーキ:Tektro hydraulic disc
リアコグ:microSHIFT, 12-42, 8-speed
タイヤ:WTB Ranger Comp, 29×2.25″ (27.5×2.25″ – XS, SM)
サイズ:XS, S, M, L, XL
価格:6万9300円(税込)

シングルギヤ。シンプルな設計でクールな走りを演出する

●キャノンデールの詳細ページ

町でも山でも使える7万円以下のMTBならトレック・マーリン5

トレック・ジャパンが街乗りとしても使えるお手頃なマウンテンバイク、Marlin 5(マーリン 5)を発売。幅広な2×8のギヤ比と、ラックとキックスタンド用マウントが装備されているため、本格マウンテンバイクとしても丈夫で、シティバイクとしても安定した快適な走りを発揮する。

マーリン5(リチウムグレー)

鮮やかなレッドと高級感のあるグレーの2つのカラー展開で、さまざまなスタイルに合わせることができる。XXSフレームサイズは26インチのホイールで、小柄なライダーにもぴったり。

変速&ブレーキケーブルがフレーム内蔵になった

本格派の丈夫さを備えた快適な移動手段バイクとして

トレイルでも舗装路でもしっかり走る、毎日の冒険に最適なデイリーライダーだ。サスペンションフォーク、2×8速ドライブトレイン、ラックとキックスタンド用マウントを装備。初めてのトレイルライダーや、本格マウンテンバイクの丈夫さを備える安定した走りの快適なコミューターバイクを探す方には理想的な選択となる。

マーリン5(ラディオアクティブレッド)
テクトロ社のディスクブレーキを搭載

<製品情報>
モデル名:Marlin 5
価格:6万9300円(税込)
カラー:Lithium Grey、Radioactive Red ※限定入荷モデル

●トレックの詳細ページ