MTBの新世代女王は川口うらら…U23ロード含め全日本4冠

川口うらら(日本体育大)が11月21日に愛媛県の八幡浜市民スポーツパークで開催された第34回全日本自転車競技選手権大会マウンテンバイク(XCO)女子U23で2位に大差をつけ優勝した。20歳の川口は2021年、全日本自転車競技選手権大会でU23ロードレース、マウンテンバイク(XCE、XCC、XCO)の2競技・4種目で優勝して4冠を達成した。

川口うらら

自転車競技のひとつ、MTB(マウンテンバイク)には複数の種目がある。XCO(クロスカントリーオリンピック)は丘陵地に設定された周回コースを走って順位を競うもので五輪採用種目。XCE(クロスカントリーエリミネーター)は少人数で一斉スタートして勝ち上がっていく形式で、世界選手権とワールドカップで行われる。XCC(クロスカントリーショートサーキット)はクリテリウムと呼ばれる短い周回路でのレース。

第34回全日本自転車競技選手権大会マウンテンバイク(XCO)女子U23を走る川口うらら

川口は10月23日に開催された全日本選手大会ロードレースのU23で優勝。11月6〜7日に開催された全日本選手権大会マウンテンバイクXCE、XCCでも優勝していて、2競技4種目での全日本自転車競技大会で優勝を果たした。 

第34回全日本自転車競技選手権大会マウンテンバイク(XCO)女子U23を走る川口うらら

2021年8月にイタリアで行われたマウンテンバイク世界選手権にU23日本代表として選出され、34位という結果を残した。翌週のスイスでのワールドカップでは23位と健闘。10月から11月にかけて開催された全日本選手権では、女子U23ロードレース・XCE女子・XCC女子・XCO女子U23の4つへ出場し、それぞれで優勝を目標に挑んだ。

第34回全日本自転車競技選手権大会マウンテンバイク(XCO)女子U23で優勝した川口うらら(中央)

優勝候補と呼ばれプレッシャーがある中でも、海外でのレース経験を生かし、積極的にレースを展開し危なげない走りで優勝した。 

日本体育大の川口うらら

川口は2000年12月5日生まれの20歳。兵庫県たつの市出身。龍野高卒業、日本体育大在学。ホームコースのたつの市菖蒲谷森林公園のMTBトレイルで培ったテクニックを生かした走りが特徴。ジュニア(17~18歳)ではロードレース・マウンテンバイクの日本代表としてアジア選手権制覇・世界選手権にも出場。
現在はダイセル、ナガセケムテックス、帝国電機製作所の支援を受け、マウンテンバイク選手として活動中。

大人顔負けの本格的なキッズ用マウンテンバイク新型RIPROCK登場

スペシャライズドから膨大なデータ駆使し、最新のジオメトリーを搭載した本格的なキッズ用マウンテンバイクとして新型RIPROCKが登場した。子どもたちの本格的なマウンテバイクライフのスタートに最適な一台。

子どもの体格を第一に考慮したデータに基づく設計が各部に見られる。細身のグリップを用いたのは、小さな手でもバイクを確実に操作できるようにするため。130mm幅のBridgeサドルと狭めのQファクターのクランクは、股関節、膝、足首を一直線に並べ、脚のゆがみによる怪我のリスクを減らした。同時に、効率的に力強くペダルを漕げるようにもなる。

大人顔負けの本格的なキッズ用マウンテンバイク

RIPROCKには子どもたちがマウンテンバイクを楽しみ、上達するために必要なすべてが搭載されている。

また最大42Tのカセットを備え、ギア比がとてもワイドなため、子どもの力でも坂を上り、より遠くまで遊びに行ける。

最新のジオメトリーを備えた新型RIPROCK
130mm幅のBridgeサドル
リヤのディスクブレーキ
制動力の高い油圧ブレーキを採用
細身のグリップと最新のMTBのジオメトリー
最大42Tのカセットを備え、ギア比がとてもワイド。Riprock 20は1×8速、Riprock 24は1×9速
グリップに優れたGround Controlタイヤ
内装式ケーブル

RIPROCK 20 INT
価格:6万500円(税込)
カラー:4色展開 GLOSS FLO RED / BLACK、 GLOSS OASIS / BLACK、 GLOSS SKY / WHITE、 GLOSS UV LILAC / BLACK
対象身長:107cm – 119cm
●詳細ホームページ

RIPROCK 24 INT
価格:6万6000円(税込)
カラー:4色展開 GLOSS BLAZE / BLACK、 GLOSS SAGE / WHITE、 GLOSS SKY / BLACK、 SATIN CAST BLACK / SMOKE
対象身長:119cm – 142cm
●詳細ホームページ

RIPROCK 24 INT、GLOSS BLAZE / BLACK
RIPROCK 24 INT、GLOSS SKY BLACK

トレックのTop Fuelがダウンカントリーバイクとして進化

トレック・ジャパンが、ダウンカントリーバイクとして進化した新型Top Fuelを発売。

デュランゴを走るTop Fuel

従来、Top Fuelはフルサスクロスカントリーバイクとして位置づけされ、XCワールドカップでも数々の輝かしい勝利を手にしてきた。しかし、昨今はトレイルライドの人気が高まり、Top Fuelはより荒れた路面で楽しむカテゴリーとして親しまれるようになり、さらにはSupercaliberという圧倒的なクロスカントリーバイクの登場により、Top Fuelは一層アグレッシブなジオメトリーで、軽快に速く走れるモデルへの変化を求められていた。

そしてついに120mmのフロントとリアのトラベル量、アグレッシブなフレームジオメトリー、ダウンチューブストレージを採用した“ダウンカントリーバイク”として進化したTop Fuelがフルモデルチェンジを果たして登場した。

その性能は…荒れた路面が楽しいトレイルバイクに

より荒れたトレイルライド向けにシフト
リアショックのトラベルが120mmへ増加
ジオメトリー:ヘッド角が67.5°から66°へ、シートチューブ角75°から76°へ、フレームリーチが約10mm長くなった
よりトラベル量の多いドロッパーに対応するためにシートチューブ径が34.9mmへ

アルミモデル含め、ダウンチューブストレージが採用

整備性に優れた内蔵ケーブルルーティング

ラインナップ
■Top Fuel 9.7
価格:55万9900円(税込)
フレーム:OCLVマウンテンカーボン
カラー:Matte Raw Carbon
サイズ:S,   M, M/L
■Top Fuel 8
価格:44万9900円(税込)
フレーム:Alphaプラチナアルミ
カラー:Muksanne Blue
サイズ:S,   M, M/L, L, XL

Top Fuel

●トレックの詳細ページ

2022年モデルのトレックMarlin 8は12万7600円

その機能性と購入しやすさで長年高い人気を誇るのがトレックのMarlin(マーリン)。2022年モデルとして新たに1×12速という幅広いギヤ比を搭載したMarlin 8が仲間入りした。走れる道をさらに広げてくれるこのMarlin 8は、通勤通学から週末のポタリング、トレイルライドまで幅広くサイクリングを楽しむことができる。

Marlin 8

手頃な価格ながらレースに出られるマウンテンバイク

滑らかに動く軽量なRockShoxフォーク、チューブレスレディーホイール、ワイドなギヤ比の1x ドライブトレインを搭載し、上級グレードのバイクにも負けない速いクロスカントリーハードテールがほしいライダーに最適。

特徴は、直感的なシングルスピードと広いギヤレンジで、あらゆる地形にも対応できる1×12速のSRAM SX Eagleドライブトレイン。フレームサイズに最適なホイールサイズを装備したスマートホイールサイジング(M以上は29インチ、XSとSは27.5インチ)。

Marlin 8

収納性を拡張できるリヤラックマウント。広い調整幅で軽快性とスムーズなパフォーマンスを発揮するRockShox Judy Silver Solo Airフォーク。リムストリップ、バルブ、シーラントで簡単にアップグレードできる標準装備のチューブレスレディのホイールとタイヤ。

■価格:12万7600円(税込)
■カラー:Gloss Alpine / Gloss Dnister Fade
■サイズ:XXS, XS, S, M, ML, L, XL
■スペック:
フレーム:Alpha Silver
アルミフォーク:RockShox Judy Silver, Solo Air spring, 100mm travel(XXS, XSは80mm travel)
ホイール:Bontrager Kovee Tubeless Ready
ギヤ比:1×12

●トレックの詳細ホームページ

話題のeMTBが体験できるパークでPowerfly 5が気軽に乗れる

トレック・ジャパンは2020年9月にオープンしたトレイルアドベンチャー・フジで電動アシスト付きマウンテンバイク“eMTB”のPowerfly 5の試乗車を期間限定で設置した。1号パークとなるトレイルアドベンチャー・よこはま以上に初心者が気軽に安心して楽しめるコースを展開。eMTB以外にもマウンテンバイク、グラベル、シクロクロスなどで三密を避けながらアウトドアを楽しむことができる。

世界トップクラスのトレックeMTB「Powerfly 5」とは

トレックのeMTB はまずマウンテンバイクとして優れている。40年以上にわたりマウンテンバイクを開発して生まれたトレック独自の技術やフレーム素材がマウンテンバイクの質を世界トップクラスまで高めている。また、最新の「eMTBモード」は適材適所でアシスト力が調整され、登りですら楽しさを与えてくれる一台になった。

Powerfly5

POWERFLY
電動アシストの力とハードテールがもたらす効率のいいペダリングが体力を奪うことなく、登りですら楽しみへと変えてしまう。通常のマウンテンバイクとは異なり、乗れるフィールドがさらに増え、思わず笑みがこぼれてしまうくらい楽しめる。

ドライブユニット:Bosch Performance Line CX

<Powerfly5 スペック>
・フレーム:Alpha Platinum アルミ
・フロントサスペンション:RockShox Recon 120mm
・ドライブユニット:Bosch Performance Line CX
・サイズ:M
・価格:48万5000円(税抜) ※2021 年モデル

Powerfly5の価格は48万5000円(税別)

初心者大歓迎!快適で気持ちいい。多目的フロートレイル「トレイルアドベンチャー」

トレイルアドベンチャーは、MTBツーリズムを推奨するスイスのアレグラ社と自然共生型アウトドアパーク、フォレストアドベンチャーのコラボレーションから生まれた。気持ちいい森を体験するツールであると同時に、森林を再生するきっかけを作る自然共生型アウトドアパーク第2弾となる。レッスンやレンタルも備え、トレイルランニングやマウンテンバイクの練習フィールドに最適な新しいタイプのトレイルを目指している。

trek Powerfly launch in Bad Ragaz, Switzerland, May 2018

トレイルアドベンチャー・フジ
所在地: 山梨県南都留郡鳴沢村字富士山 8545-1
●トレイルアドベンチャーのホームページ
料金:試乗は無料(別途施設利用料金が必要)
予約方法:事前予約制 【予約は電話にて 070-4170-7354】
期間:2020年11月末まで
※期間は予告なく変更となる可能性があります ※試乗については、当施設のルールに従いお楽しみください ※詳細は当施設 HP を確認