トレック・セガフレードがSARISに乗って3月29日にZwiftライド

米国発スマートトレーナー、サイクルキャリアパーツのメーカーSARIS(サリス)は、2020年も引き続き世界最高カテゴリーのレーシングチーム「TREK-Segafredo(トレック・セガフレード)」とのトレーナーサポート契約を更新した。

©kramon

現世界チャンピオンのマッズ・ピーダスンや、史上6人目の全グランツール総合優勝を達成したビンツェンツォ・ニーバリを擁する強力な布陣となっていて、レースでの活躍が期待される。


TREK-Segafredoのチームメンバーと一緒に走れるイベント「TREK-Segafredo×SARIS Ride」をZwiftで開催!

TREK-SegafredoのチームメンバーとZwift(ズイフト)上で一緒に走れる希少なイベント「TREK-Segafredo×SARIS Ride」が2020年3月29日(日)17時からと3月30日(月)0時からの2回、Zwiftライドが開催される。いずれも日本時間。

ジロ・デ・イタリアでのステージ優勝経験のあるジュリオ・チッコーネとクーン・デコルトをリーダーとして10選手以上のチームメンバーが参加予定。

開催日時(日本時間):2020年3月29日(日)17:00と3月30日(月)0:00の2回
イベント内容:レースではなくグループライド。90分を2.5W/kg未満で走行する予定
特典:参加者にはZwift上でSARISジャージがアンロックされる

日曜から月曜に日付が変わる深夜だが、この希少なバーチャルライドにぜひチャレンジしよう!

エントリーに関する詳細は以下のZwiftイベントページをチェック
3/29(日) 17:00
3/30(月) 0:00

世界チャンピオンのマッズ・ピーダスン

●トレック・セガフレードのホームページ

Zwiftでジロ・デ・イタリア第1ステージに挑戦できる

オンライントレーニングのZwift(ズイフト)がジロ・デ・イタリアと提携。5月11日の第102回大会開幕に合わせて、ボローニャで開催される第1ステージの8.2km個人タイムトライアルのコースに、自宅などにいながら挑戦できる。

ジロ・デ・イタリア出場選手とまったく同じコースを世界中のオンライン参加者がバーチャル走行できる。スタートから6km走ると、サンルーカ聖堂までの2.1kmのアップヒルに突入。平均勾配9.7%、最大16%の激坂がスマート固定ローラー台に負荷をかける。

オンラインチャレンジがスタートするのは5月11日。マッジョーレ広場をスタートするコースは1mの単位でゲーム上に再現されている。しかも実在する数チームはZwiftのゲーム上でコース試走するという。このようにグランツールとゲームが合体するのは初めての試み。実際の選手らの所要時間と、自らのバーチャルタイムを比較してみると面白い。

Zwiftに利用には月間利用料1500円、規定のパソコン接続環境、スマートサイクルトレーナーなどが必要。7日間無料トライアルあり。

●Zwiftのジロ・デ・イタリア挑戦サイト