キナンがスリランカ入り…ビッグレースに向けた布石づくりの3ステージに

UCI(国際自転車競技連合)コンチネンタルチーム、キナンサイクリングは5月4日から始まるスリランカTカップ(SRI LANKA T-CUP)に出場する。開幕の2日前にスリランカ入りし、開幕前日の3日には開幕地のバサイクーダに到着。南アジアに位置するスリランカでのレースはチームにとって初めてとなるが、準備を着々と進めている。

スリランカ Tカップの開幕地に入りしたキナンチーム ©︎KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

スリランカTカップは2017年に初開催され、2018年からUCI公認の国際レースに昇格。全3ステージ、総距離327.7kmで争われる。なかでも注目されるのが、この大会唯一の山岳ステージに設定された第2ステージ。海抜約90mから最も高度のあるポイントで889.3mまで上るルートとなっているものの、最高標高地点からフィニッシュ地点までは約37km。レース距離が85.3kmと短いこともあり、山岳ステージとはいえスピードに富んだ勝負になることが予想され、総合争いにも関係するクイーンステージと目されている。その他2ステージは平坦で、こちらも120km前後のレース距離となっている。

キナンはスピード域の高いレースに対応すべく、中西健児、雨乞竜己、トマ・ルバ、中島康晴、新城雄大の5選手をセレクト。スプリントは雨乞を軸に、リードアウトに中西と新城、発射台に中島。また、山岳ではルバで勝負ができるよう、登坂力のある中西や集団コントロールに長ける新城と中島がレースを作る役割を担う。

この先にチームにとってシーズン最大目標とするツアー・オブ・ジャパンやツール・ド・熊野が控えていて、スリランカでの3日間は、選手の調整状況の把握や本番に臨む選手の選考にも大きくかかわってくるものとなる。今大会は10カ国から14チーム、64選手が出走。日本からはキナンのほか、チームUKYOが参戦。4日の第1ステージは、現地時間午前9時10分(午後0時40分)にスタート。3日間の戦いの火蓋が切られる。

スリランカTカップ(UCIアジアツアー2.2)
5月4日 第1ステージ バサイクーダ(Passikudah)〜マヒヤンガーナヤ(Mahiyanganaya) 123.9km
5月5日 第2ステージ マヒヤンガーナヤ〜キャンディ(Kandy) 85.3km
5月6日 第3ステージ キャンディ〜ニゴンボ(Negombo) 118.5km

スリランカTカップのオフィシャルウェブサイト

●関連ニュース

スリランカTカップにキナンのルバ、雨乞竜己ら5選手が参戦

●最新ニュースへ

第101回ジロ・デ・イタリア出場176選手…1チームは1人減の8人編成に

このページに掲載されているのは2018年のものです。
2019年の第102回ジロ・デ・イタリア出場176選手リストはこちらをごらんくださいね。

🇮🇹2019ジロ・デ・イタリア特集

© Massimo Paolone – LaPresse

●サンウェブ(ドイツ)
1 トム・デュムラン(オランダ)
2 ロイ・クルフェルス(オランダ)
3 チャド・ハガ(米国)
4 クリストファー・ハミルトン(オーストラリア)
5 レナード・ホフステッド(オランダ)
6 サム・オーメン(オランダ)
7 ローレンス・テンダム(オランダ)
8 ルイス・ブルバーグ(ベルギー)

サンウェブのトム・デュムラン(オランダ) © Gian Mattia D’Alberto – LaPresse

●AG2Rラモンディアル(フランス)
11 アレクサンドル・ジェニエス(フランス)
12 フランソワ・ビダール(フランス)
13 ミカエル・シュレル(フランス)
14 ニコ・デンツ(ドイツ)
15 ユベール・デュポン(フランス)
16 カンタン・ジョレギ(フランス)
17 マッテーオ・モンタグーティ(イタリア)
18 クレマン・バントリーニ(フランス)

AG2Rラモンディアルのアレクサンドル・ジェニエス(フランス) © Massimo Paolone – LaPresse

●アンドローニジョカットリ・シデルメック(イタリア)
21 フランチェスコ・カバッツィ(イタリア)
22 ダビデ・バッレリーニ(イタリア)
23 マヌエル・ベレッティ(イタリア)
24 マティア・カッタネオ(イタリア)
25 マルコ・フラッポルティ(イタリア)
26 ファウスト・マスナダ(イタリア)
27 ロドルフォ・トレス(コロンビア)
28 アンドレア・ベンドラーメ(イタリア)

アンドローニジョカットリ・シデルメック(イタリア) © Fabio Ferrari – LaPresse

●アスタナ(カザフスタン)
21 ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア)
22 ペリョ・ビルバオ(スペイン)
23 ヤン・ヒルト(チェコ)
24 タネル・カンゲルト(エストニア)
25 アレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン)
26 ルイスレオン・サンチェス(スペイン)
27 ダビデ・ビレッラ(イタリア)
28 アンドレイ・ツェイツ (カザフスタン)

ミゲールアンヘル・ロペス © Luca Bettini/BettiniPhoto

●バーレーン・メリダ(バーレーン)
41 ドメニコ・ポッツォビーボ(イタリア)
42 マヌエーレ・ボアーロ(イタリア)
43 ニッコロ・ボニファツィオ(イタリア)
44 マテイ・モホリッチ(スロベニア)
45 アントニオ・ニーバリ(スペイン)
46 ドメン・ノバク(スロベニア)
47 カンスタンティン・シウツォウ(ベラルーシ)
48 ジョバンニ・ビスコンティ(イタリア)

バーレーン・メリダのドメニコ・ポッツォビーボ(イタリア) © Massimo Paolone – LaPresse

●バルディアーニCSF(イタリア)
51 ジュリオ・チッコーネ(イタリア)
52 シモーネ・アンドレッタ(イタリア)
53 エンリーコ・バルビン(イタリア)
54 アンドレア・グアルディーニ(イタリア)
55 ミルコ・マエストリ(イタリア)
56 マヌエル・センニ(イタリア)
57 パオロ・シミオン(イタリア)
58 アレッサンドロ・トネッリ(イタリア)

●BMC(米国)
61 ローハン・デニス(オーストラリア)
62 アレッサンドロ・デマルキ(イタリア)
63 ジャンピエール・ドリュケール(ルクセンブルク)
64 キリアン・フランキニー(スイス)
65 ニコラ・ロッシュ(アイルランド)
66 フルゲン・ルーランズ(ベルギー)
67 フランシスコ・ベントソ(スペイン)
68 ロイック・ブリーヘン(ベルギー)

BMC(米国) © Fabio Ferrari – LaPresse

●ボーラ・ハンスグローエ(ドイツ)
71 ダビデ・フォルモロ(イタリア)
72 チェーザレ・ベネデッティ(イタリア)
73 サム・ベネット(アイルランド)
74 フェリックス・グロスチャートナー(オーストリア)
75 パトリック・コンラッド(オーストリア)
76 クリストフ・フィングステン(ドイツ)
77 アンドレアス・シリンガー(ドイツ)
78 リュディガー・ゼーリッヒ(ドイツ)

ボーラ・ハンスグローエ(ドイツ) © Fabio Ferrari – LaPresse

●グルパマFDJ(フランス)
81 ティボー・ピノ(フランス)
82 ウイリアム・ボネ(フランス)
83 マチュー・ラダニュ(フランス)
84 スティーブ・モラビト(スイス)
85 ゲオルグ・プライドラー(オーストリア)
86 セバスティアン・ライヒェンバッハ(スイス)
87 アントニー・ルー(フランス)
88 ジェレミー・ロワ(フランス)

グルパマFDJのティボー・ピノ(フランス) © Massimo Paolone – LaPresse

●イスラエルサイクリングアカデミー(イスラエル)
91 ベン・ヘルマンス(ベルギー)
92 ギヨーム・ボワバン(カナダ)
93 ザッカリ・デンプスター(オーストラリア)
94 クリスツ・ニーランズ(ラトビア)
95 ガイ・ニブ(イスラエル)
96 ルーベン・プラサ(スペイン)
97 クリスティアン・ズバラーリ(イタリア)
98 ガイ・サジブ(イスラエル)

イスラエルサイクリングアカデミー © Fabio Ferrari – LaPresse

●ロット・フィックスオール(ベルギー)
101 ティム・ウェレンス(ベルギー)
102 サンデル・アルメ(ベルギー)
103 ラルス・バク(デンマーク)
104 ビクトール・カンペナールツ(ベルギー)
105 イェンス・デブシェール(ベルギー)
106 アダム・ハンセン(オーストラリア)
107 トッシュ・バンデルサンド(ベルギー)
108 フレデリック・フリソン(ベルギー)

●ミッチェルトン・スコット(オースラトリア)
111 エステバン・チャベス(コロンビア)
112 サム・ビューリー(ニュージーランド)
113 ジャック・ヘイグ(オースラトリア)
114 クリストファー・ユールイェンセン(デンマーク)
115 ロマン・クロイツィゲル(チェコ)
116 ミケル・ニエベ(スペイン)
117 スベイン・タフト(カナダ)
118 サイモン・イェーツ(英国)

ミッチェルトン・スコット(オースラトリア) © Marco Alpozzi – LaPresse

●モビスター(スペイン)
121 カルロス・ベタンクール(コロンビア)
122 リカルド・カラパス(エクアドル)
123 ビクトル・デラパルテ(スペイン)
124 ルーベン・フェルナンデス(スペイン)
125 アントニオ・ペドレロ(スペイン)
126 ダイエ・キンタナ(コロンビア)
127 エドアルド・セプルベダ(アルゼンチン)
128 ラファエル・バルス(スペイン)

モビスター(スペイン) © Fabio Ferrari – LaPresse

●クイックステップフロアーズ(ベルギー)
131 エリア・ビビアーニ(イタリア)
132 エロス・カペッキ(イタリア)
133 レミ・カバニャ(フランス)
134 ミケル・モルコフ(デンマーク)
135 ファビオ・サバティーニ(イタリア)
136 マキシミリアン・シャフマン(ドイツ)
137 フロリアン・セネシャル(フランス)
138 ゼネク・スティバル(チェコ)

クイックステップフロアーズのエリア・ビビアーニ(イタリア) © Gian Mattia D’Alberto – LaPress

●ディメンションデータ(南アフリカ)
141 ルイス・メンチェス(南アフリカ)
142 イゴール・アントン(スペイン)
143 ナトナエル・ベルハネ(エリトリア)
144 ライアン・ギボンズ(南アフリカ)
145 ベンジャミン・キング(米国)
146 ベン・オコーナー(オーストラリア)
147 ジャック・ヤンセファンレンズバーグ(南アフリカ)
148 ジェイコブス・フェンター(南アフリカ)

ディメンションデータ(南アフリカ) © Fabio Ferrari – LaPresse

●EFエデュケーションファースト・ドラパックP/Bキャノンデール(米国)
151 マイケル・ウッズ(カナダ)
152 トーマス・スクーリー(ニュージーランド)
153 ヒュー・カーシー(英国)
154 ミッチェル・ドッカー(オーストラリア)
155 ジョセフ・ドンブロウスキー(米国)
156 サーシャ・モドロ(イタリア)
157 トム・バンアスブロック(ベルギー)
158 ネイサン・ブラウン(米国)

EFエデュケーションファースト・ドラパックP/Bキャノンデール(米国) © Fabio Ferrari – LaPresse

●カチューシャ・アルペシン(スイス)
161 マキシム・ベルコフ(ロシア)
162 アレックス・ドーセット(英国)
163 ジョゼ・ゴンサルベス(ポルトガル)
164 ビアチェスラフ・クズネツォフ(ロシア)
165 マリウス・ラメルティンク(オランダ)
166 トニー・マルティン(ドイツ)
167 バティスト・プランカールト(ベルギー)
168 マッズウルト・シュミット(デンマーク)

●ロットNLユンボ(オランダ)
171 エンリーコ・バッタリン(イタリア)
172 ジョージ・ベネット(ニュージーランド)
173 クーン・ボウマン(オランダ)
174 ヨス・ファンエムデン(オランダ)
175 ロベルト・ヘーシンク(オランダ)
176 ハイス・バンフック(ベルギー)
177 ベルトヤン・リンデマン(オランダ)
178 ダニー・ファンポッペル(オランダ)

●スカイ(英国)
181 クリストファー・フルーム(英国)
182 ダビ・デラクルス(スペイン)
183 ケニー・エリッソンド(フランス)
184 セルジオルイス・エナオ(コロンビア)
185 バシル・キリエンカ(ベラルーシ)
186 クリスティアン・クネース(ドイツ)
187 ワウト・プールス(オランダ)
188 サルバトーレ・プッチョ(イタリア)

ジロ・デ・イタリア初優勝をねらうクリストファー・フルーム(英国) © Gian Mattia D’Alberto – LaPresse

●トレック・セガフレード(米国)
191 ジャンルーカ・ブランビッラ(イタリア)
192 ローラン・ディディエ(ルクセンブルク)
193 ニクラス・イーグ(デンマーク)
194 マイケル・イリサル(スペイン)
195 ライアン・ミューレン(アイルランド)
196 ヤルリンソン・パンタノ(コロンビア)
197 ボーイ・ファンポッペル(オランダ)
198 マッズ・ペデルセン(デンマーク)

ジャンルーカ・ブランビッラ(イタリア)を擁するトレック・セガフレード © Gian Mattia D’Alberto – LaPresse

●UAEエミレーツ(アラブ首長国連邦)
201 ファビオ・アルー(イタリア)
202 ダルウィン・アタプマ(コロンビア)
203 バレリオ・コンティ(イタリア)
204 ベガールステイク・ラエンゲン(ノルウェー)
205 マルコ・マルカート(イタリア)
206 マヌエーレ・モーリ(イタリア)
207 ヤン・ポランツェ(スロベニア)
208 ディエゴ・ウリッシ(イタリア)

チームプレゼンテーションに登場したファビオ・アルー © Gian Mattia D’Alberto – LaPresse

●ウィリエールトリエスティーナ・セッレイタリア(イタリア)
211 ヤクブ・マレツェコ(イタリア)
212 リアム・ベルタッツォ(イタリア)
213 マルコ・コレダン(イタリア)
214 ジュゼッペ・フォンツィ(イタリア)
215 ジャコポ・モスカ(イタリア)
216 アレックス・トゥリン(イタリア)
217 エドアルド・ザルディーニ(イタリア)
218 エウゲルト・ズパ(アルバニア)

エルサレムの第101回ジロ・デ・イタリア チームプレゼンテーション © Marco Alpozzi – LaPresse

●ジロ・デ・イタリア特集ページへ

エルサレム旧市街を普段着で走った…ジロ・デ・イタリア連覇をねらうデュムラン

第101回ジロ・デ・イタリアは開幕地となるイスラエルのエルサレムで5月2日、有力選手が記者会見に出席し、それぞれの抱負を語った。大会は4日に第1ステージが行われ、24日間の戦いが始まる。

サンウェブのトム・デュムラン(オランダ) © Gian Mattia D’Alberto – LaPresse

「エルサレムには前夜、かなり遅い時間に到着したが、歴史ある旧市街を見にいきたいという衝撃に駆られた。市民はボクがレースバイクに乗って街中を走っているのをちょっと奇妙な感じで見ていただろう。だって普段着だったからね」と、大会2連覇に挑むサンウェブのトム・デュムラン(オランダ)。
「第1ステージの個人タイムトライアルを試走していないが、ロードブックを見るととても起伏がある。トレがボクにとってはちょうどいい」

スカイのクリストファー・フルーム(英国) © Gian Mattia D’Alberto – LaPresse

「ジロ・デ・イタリアへの出場はシーズン前の冬にチームと話し合って決めた。プロ1年目のバルロワールド時代にこの大会はボクを迎えてくれたが、今回は優勝しに戻ってきた」とスカイのクリストファー・フルーム(英国)。
「グランツールを3連勝するというモチベーションはとても強い。直前のツール・ド・アルプスでの感触は悪くないが、3週間のレースでどんな結果が待っているのかは走ってみないと判断できない」

UAEエミレーツのファビオ・アルー(イタリア) © Gian Mattia D’Alberto – LaPresse

「前日にイスラエルにやって来たが、気温が高いので給水に気をつけたほうがいいと感じた。第2ステージと第3ステージは強い風にも注意すべきだと思う」とUAEエミレーツのファビオ・アルー(イタリア)。

グルパマFDJのティボー・ピノ(フランス) © Massimo Paolone – LaPresse

「昨年はデュムランから1分20秒遅れだったが、タイムトライアルでロスしたことと、大会2週間目に体調を崩したことが原因だった。この暑さはボクには不利だが、タイムをどこでも失わないようにして最終的な表彰台を目指したい」とグルパマFDJのティボー・ピノ(フランス)。

●関連ニュース

Giro d’Italia

●最新ニュースへ

ジーノ・バルタリがエルサレムで憲章…ナチスに迫害されたユダヤ人解放に尽力

イタリアの伝説的自転車選手ジーノ・バルタリが第101回ジロ・デ・イタリアの開幕地であるイスラエルのエルサレムで、「諸国民の中の正義の人」憲章を受賞した。ナチス・ドイツによるユダヤ人絶滅、ホロコーストから自らの生命の危険を冒してまでユダヤ人を守った非ユダヤ人の人々を表す称号。2003年10月に制定されたが、バルタリはその3年前に他界していた。

ヤド・ヴァシェム国立記念館のアブネル・シャレフ理事長とジーノ・バルタリの孫娘ジオイアさん

現地にはバルタリの孫娘ジオイアさんが訪れ、ヤド・ヴァシェム(ナチス・ドイツによるユダヤ人大虐殺の犠牲者達を追悼するためのイスラエルの国立記念館)のアブネル・シャレフ理事長から称号を受け取った。バルタリの名は記念館の中庭に置かれた記念碑に刻まれている。

●関連ニュース

ジロ・デ・イタリアがエルサレムで開幕するわけはユダヤ人を救ったバルタリの人道支援があったから

●最新ニュースへ

KINAN AACA CUP第5戦にU23アジアチャンピオンの山本大喜ら出場

KINAN AACA CUP 2018第5戦が5月5日に岐阜県海津市の国営木曽三川公園長良川サービスセンター特設コースで行われる。20周回・102kmで争われる1-1カテゴリーには、ホストチームのキナンサイクリングから山本元喜、椿大志、塚本一樹、2018年のアンダー23(23歳未満)ロードアジア王者の山本大喜が初参戦する。チームは同時期にスリランカ遠征をしていて、今節は日本国内で調整中の選手たちが出走する。KINAN AACA CUPは東海地区のレースレベル向上と選手のスキルアップを目的に行われているシリーズ戦。

KINAN AACA CUP 2018 第5戦に出場するキナンのメンバー ©︎KINAN Cycling Team

ホスト役をキナンが務めるだけでなく、プロ・アマはもとより、年齢・性別を問わず混走する点も大きな特徴として挙げられる。毎回、最上級カテゴリーの1-1から1-4、さらには個人タイムトライアルも実施。選手一人ひとりの参加目的やスキルに合わせてレース参戦できることで多くの参加者を集めている。

5月5日に開催される今シーズン第5戦は、シリーズの主会場でもある海津市・国営木曽三川公園内に設けられる特設コースで行われる。1周5.1kmのコース(1-3と1-4は3.1km)のコースはオールフラット。アップダウンがまったくない一方で、この地域特有ともいえる長良川に沿って吹く風が毎回レース展開に大きく影響する。北からの風であればバックストレートが追い風になる。優勝争いのみならず、レース途中に設けられる周回賞などの“お楽しみ”も、選手たちの意欲をかき立てる要素となる。

また、レースのほかにもキナン選手が講師を務める「レーススキルアップ講座」や、実際にレースコースを走行できる「キッズラン」などさまざまな催しも予定している。

KINAN AACA CUP 2018 第5戦
5月5日開催 国営木曽三川公園長良川サービスセンター特設コース
1-1カテゴリー 5.1km×20周 102km 正午スタート
レーススキルアップ講座は午前11時開始

KINAN AACA CUPオフィシャルウェブサイト

●関連ニュース

キナンAACAカップ第4戦はアイラン・フェルナンデスが優勝

●最新ニュースへ

ピナレロがジロ・デ・イタリア記念モデル、DOGMA F10を発売

クリスストファー・フルームが出場することで注目を集めているジロ・デ・イタリア5月4日に開幕する。チームスカイの活躍にも高い関心が寄せられている中、チームスカイにバイクを供給し、またジロ・デ・イタリアのオフィシャルスポンサーでもあるピナレロが2018年も記念カラーを発売する。カラーはもちろんマリアローザをイメージしたピンクで、101回目大会記念モデルを意味する”F101″ロゴが入る。

通常のキャリパーブレーキ仕様のほか、2018年はディスクブレーキ仕様のフレームも発売される。

DOGMA F10 カラー 215 Giro d’Italia 101
フレームセット価格76万円(税別)

DOGMA F10 DISK カラー 217 Giro d’Italia 101 Disk
フレームセット価格78万円(税別) スルーアクスルシャフト付属

●ピナレロジャパンのホームページ

●関連ニュース

Giro d’Italia

●最新ニュースへ

ツアー・オブ・ジャパン終了後にバーレーン・メリダとブリッツェンがパーティー…参加者募集

ツアー・オブ・ジャパン東京ステージ終了後に、UCIワールドチームのバーレーン・メリダと、コンチネンタルチームの宇都宮ブリッツェンを囲んでファン交流のアフターパーティーが開催されることになり、一般参加者を募集している。主催は両チームが使用するメルダの国内販売会社、ミヤタサイクル。立食形式・フリードリンク。

開催日:2018年5月27 日(日) 18:30~20:30(受付開始18:00~)
開催場所:Studio Tanta(東京都渋谷区富ヶ谷1-11-1 代々木公園交番前)
参加費:1万800円(税込)、小学生以下は無料。保護者同伴での参加が必須
定員:70人

●パーティーの詳細と申し込みサイト
第21回ツアー・オブ・ジャパンBahrain–Merida Pro Cycling Team&宇都宮ブリッツェンアフターファンパーティー

●関連ニュース

不注意によるドーピングを回避するためファン差し入れ辞退…宇都宮ブリッツェン

●最新ニュースへ

パールイズミが2018年春夏ジャージやパンツなどプリントモデルを発売

パールイズミは2018年春夏新商品として「プリントジャージ」、「プリントパンツ」、「プリントロングスリーブジャージ」をサイクルショップやスポーツ用品店で発売する。

「プリントジャージ」は蛍光カラーを採り入れたスポーティでシャープなデザインなど、見た目も選ぶ楽しさがある。再現性と発色に優れたインクを使用し、プリントから裁断、縫製まで一貫して国内生産、メイド・イン・ジャパンの確かな品質が走る楽しさを彩る。一部カラーに丈は通常サイズのまま、チェストを2サイズ分、ウエストを3.5サイズ(レディースは3サイズ)分アップしたワイドサイズも。1万800円、ワイドサイズは1万1800円(以下すべて税別)。

プリントジャージ(レッドスプリント)

プリントジャージ(ブルースプリント)背面

プリントジャージ(ブーツ)

プリントジャージ(ヘキサゴン)

プリントジャージ(ナイトバーズ)

レディースUVプリントジャージ(トリストライプ)

レディースUVプリントジャージ(ラディアント)

レディースUVプリントジャージ(モジュール)

レディースUVプリントジャージ(トロピカル)

「プリントパンツ」はトップスと上下で合わせてコーディネートできるデザイン。パッドはメンズモデルにはオールラウンドに活躍する「3D-ネオ」を装着し、レースからロングライドまで幅広く対応。レディースモデルにはビギナーからベテランまで誰でも使えるハイエンドタイプの「3D-ネオプラス」を装備。メンズモデルの一部カラーにはウエストを3.5サイズ分アップしたワイドサイズがある。メンズは1万円、ワイドサイズは1万1000円。レディースは1万1000円。

プリントパンツ(レッドスプリント)

レディースプリントパンツ(トロピカル)

「プリントロングスリーブジャージ」はプリントジャージ(621-B)の長ソデタイプ。紫外線もブロックして両脇にはメッシュ素材を使用しているので涼しく着用できる。1万1800円。

プリントロングスリーブジャージ(レッドスプリント)

プリントロングスリーブジャージ(ブーツ)

プリントロングスリーブジャージ(ヘキサゴン)背面

●関連ニュース

ベテランからビギナーまで走りに応えるベーシックジャージ…パールイズミ

●最新ニュースへ