ロックマン 翼をさずかる…レッドブルがシリーズ30周年を迎えたゲームとコラボ

レッドブル・ジャパンは、カプコンを代表するゲームコンテンツであるロックマンと、シリーズ30周年の節目の年にコラボレーション企画を行う。エネルギー缶によって窮地を幾度となく助けられてきたロックマンと、世界で63億本以上のエナジードリンク缶を販売してきたレッドブルが手を組み、日本初開催の「Red Bull Crashed Ice Yokohama 2018」などを盛り上げるコラボレーション企画を展開する。

レッドブルがシリーズ30周年を迎えた『ロックマン』とコラボ

■エクストリームな試練を超えていく、新アイテム「R缶」?
ロックマンシリーズの中で、数多くの窮地を救ってきたエネルギー回復アイテム「E缶」。今回のコラボレーション企画では、同じ缶でも、E缶ではなく、新アイテムの「R缶」(レッドブル・エナジードリンク)が登場する。「R缶」を手に入れたロックマンは、どうなるのか? そして、エクストリームな試練を突破できるのか?

■スペシャルWEBコンテンツ「ROCKMAN レッドブル・クラッシュドアイスの戦い!!」
エクストリームな難易度の「レッドブル・クラッシュドアイス」をゲームで体験!

アジア初開催の「レッドブル・クラッシュドアイス」を盛り上げるべく、当日使用するコースを再現したレースゲームが公開された。レースの主人公はもちろんロックマン。障害物を乗り越えながら、いかに早くゴールまでたどり着けるかを競うレースゲーム。
シリーズ最新作『ロックマン11 運命の歯車!!』のボスキャラクター「ツンドラマン」の挑戦を受けたロックマンが、新アイテム「R缶」を駆使して勝利を目指す。
結果画面をTwitterシェアした人の中から抽選で69名に『レッドブル・クラッシュドアイス横浜2018ペアチケット』や最新作『ロックマン11 運命の歯車!!』を含む豪華オリジナル賞品が当たるキャンペーンも実施。

■東京中野にある「Red Bull Gaming Sphere Tokyo」で『ロックマン11 運命の歯車!!』のゲーム大会を開催
「Red Bull Gaming Sphere Tokyo」は東京・中野に新設された、レッドブルが手がけるアジア初の常設型ゲーミングイベントスペース。毎週月曜日に行われているさまざまなゲームタイトルの大会「Red Bull Monday Night Streaks」に、最新作 『ロックマン11 運命の歯車!!』が登場。誰でも参加、観覧できる『ロックマン11 運命の歯車!!』のゲーム大会を開催。

■『ロックマン11 運命の歯車!!』参考情報
誕生から30周年を迎えた人気シリーズの最新作『ロックマン11 運命の歯車!!』が好評発売中。ジャンプ&ショットを基本とした2Dアクションをベースにしながら、プレイするステージを自由に選べる、倒したボスの能力が手に入るというユニークなシステム、そして歯ごたえのある絶妙なゲームバランスはシリーズ第1作から受け継いだ特徴を持ち、今もなお世界中のファンから愛され続けている。
新たに「ダブルギアシステム」と呼ばれる、ロックマンのスピードとパワーをいつでも一定時間強化可能な基本能力を搭載。プレイスタイルの幅が大きく広がり、ファンはもちろん、初めてシリーズに触れるプレイヤーや、昔遊んだことがあったというブランクのある人にも存分に楽める作品。

レッドブル・クラッシュドアイス横浜に挑む4人を追いかけたドキュメンタリー第1弾

12月7日(金)、8日(土)に高低差22メートの巨大な氷のコースが街中に出現! 横浜市で日本初開催されるレッドブル・クラッシュドアイス。この大会に出場するインラインスケートの世界チャンピオン安床ブラザーズと、日本人女性として長年一人でレッドブル・クラッシュドアイスを戦ってきた山本純子。そんな山本の背中を追いかけ大会出場を目指す佐藤つば冴。異なるバックグラウンドを持つ日本人アスリート4人の、母国大会までのそれぞれの道のりを追ったドキュメンタリーシリーズ(全3回)の第1弾が公開された。

レッドブル・クラッシュドアイス ロード・トゥ・ヨコハマ エピソード1

安床エイトと武士の安床ブラザーズは氷上での経験が浅く、練習に四苦八苦。そこで彼らはカナダへ飛び、現地で調整を行うことに。佐藤はレッドブル・クラッシュドアイスのエドモントン大会に参加する山本を訪ねて人生で初めて海外へ飛んだ…。

⚫関連ニュース

日本にも楽しさを伝えたい! レッドブル・クラッシュドアイスに挑む山本純子


安床ブラザーズ。インラインスケートの王者がクラッシュドアイスに挑む


世界一アツい氷上バトル、レッドブル・クラッシュドアイスに山本純子、安床ブラザーズ、佐藤つば冴参戦

⚫最新ニュースへ

レッドブル・クラッシュドアイスをゲームで楽しむ…VIPエリア招待券もゲットできる

レッドブル・クラッシュドアイス横浜2018のオンラインゲームが公開された。プレイ回数を重ねることでpontaポイントやチケットのディスカウント、VIPエリアのICE CLUB招待などの特典が⼿に⼊る。

VR でスリリングなコースを体験する武井壮 ©Jason Halayko / Red Bull Japan

パソコンやスマホでオンラインゲームを楽しみながら、ルールや⼤会の⾖知識を学ぶことができるのが特徴。さらにはプレーを重ねていく打ちにポイントが加算され、それによってさまざまな特典が⼿に⼊る。

レッドブル・クラッシュドアイス横浜ゲームコンテンツ

レッドブル・クラッシュドアイス横浜2018は、アイスホッケー、ダウンヒルスキー、そしてスノーボードクロスの要素を取り⼊れたアイスクロスダウンヒル競技。ワールドチャンピオンシップの2018-19シーズン開幕戦にあたり、アイスホッケーのプロテクターを付けた選⼿が、街中に設置された⾼低差がある最⻑約600mの氷の特設コースを最⾼時速80kmに達するなか、⼀⻫に滑り降りるレース。レースは1ヒート4名で⾏われ、コース途中に設置されたヘアピンカーブやバンクコーナー、連続バンプや段差などの障害物をかわしながら選⼿達が猛スピードで駆け抜ける様⼦は圧巻だ。2001年に初開催、2010年より世界選⼿権となり、これまで49⼤会を開催している。その記念すべき50回⽬の⼤会が、神奈川県横浜市で⽇本で初めて開催される。

レッドブル・クラッシュドアイスの関連ニュースまとめ

レゲエパンクバンドSiMの新曲「DiAMOND」がレッドブル・クラッシュドアイス曲に

湘南で結成されたレゲエパンクバンド、SiMの新曲「DiAMOND」が、世界⼀アツい氷上バトルとして2018年、初めて⽇本に上陸して12⽉7⽇(⾦)、8⽇(⼟) に横浜市の臨港パークで開催される「レッドブル・クラッシュドアイス横浜2018」のテーマソングに決定した。

湘南で結成されたレゲエパンクバンド、SiM

レッドブル・クラッシュドアイス横浜2018は、アイスホッケー、ダウンヒルスキー、そしてスノーボードクロスの要素を取り⼊れたアイスクロスダウンヒル競技。ワールドチャンピオンシップの2018-19シーズン開幕戦にあたり、アイスホッケーのプロテクターを付けた選⼿が、街中に設置された⾼低差がある最⻑約600mの氷の特設コースを最⾼時速80kmに達するなか、⼀⻫に滑り降りるレース。レースは1ヒート4名で⾏われ、コース途中に設置されたヘアピンカーブやバンクコーナー、連続バンプや段差などの障害物をかわしながら選⼿達が猛スピードで駆け抜ける様⼦は圧巻だ。2001年に初開催、2010年より世界選⼿権となり、これまで49⼤会を開催している。その記念すべき50回⽬の⼤会が、神奈川県横浜市で⽇本で初めて開催される。

SiMの新曲「DiAMOND」

「DiAMOND」は、この規格外のエクストリームスポーツのテーマとして書き下ろされたヘヴィチューンで、同時に公開されるTV CM30秒バージョンでその⼀部をいち早く聴くことができる。

また、11月1日(⽊)AM0:00より、iTunes、レコチョク、Apple Music、LINE MUSICほか主要配信サイトでの配信も決定している。

【SiM公演情報】
SiM 15th ANNIVERSARY CLASSiCKS TOUR
2019年
1/12(⼟) ZEPP SAPPORO OPEN 17:00/START 18:00
1/27(⽇) ZEPP FUKUOKA OPEN 18:00/START 19:00
1/29(⽕) ZEPP OSAKA BAYSIDE OPEN 18:00/START 19:00
2/1(⾦) ZEPP DIVERCITY OPEN 18:00/START 19:00
2/2(⼟) ZEPP DIVERCITY OPEN 18:00/START 19:00
2/10(⽇) ZEPP NAGOYA OPEN 18:00/START 19:00
チケット=4300円(税込み) 1ドリンク別、⼊場整理番号付
オフィシャルApp先⾏(抽選) 10/5(⾦)20︓00 〜10/14(⽇) 23:59
⼀般発売⽇︓12/15(⼟)10:00
注意事項︓未就学児童⼊場不可。

【PROFILE】
NAME : SiM (Silence iz Mine)
MEMBER : SIN (シン, Ba) / MAH (マー, Vo) / GODRi (ゴリ, Dr) / SHOW-HATE (ショウヘイト, Gt)
FORMED : Shonan, Kanagawa, Japan in 11/03/2004
STYLE : REGGAE PUNK (HARD CORE PUNK / NU-METAL meets SKA / REGGAE)
LABEL : EMI RECORDS (UNIVERSAL MUSIC JAPAN)
MANAGEMENT : gil soundworks
「極悪な轟⾳かつ難解でキャッチー」という究極の⽭盾を成⽴させる湘南出⾝の4⼈組レゲエパンクバンド。ハードコアパンク・ニューメタルとレゲエ、スカという対局に位置する⾳楽を独特のポップセンスで⾃在にミックスしたサウンド、攻撃的で反⾻⼼あふれつつも⾔葉遊びをたくみに組み込んだ歌詞とクセのあるフックラインが特徴。また独特の出で⽴ちと佇まい、抜群の求⼼⼒で瞬時にオーディエンスの⼼を掌握しタクトを振る姿でファンや他アーティストから「悪魔」と形容されるほどのカリスマ性を持つMAH、正確無⽐のテクニックを持つ上に楽器を振り回し、ステージを所狭しと駆け巡るSHOW-HATE、SINの弦楽器隊、⾻太かつタイトなグルーヴとコーラスワークで屋台⾻を⽀えるGODRiのドラムプレイが組み合わさる爆発的ライブパフォーマンスはもはや圧巻である。

レッドブル・クラッシュドアイスの関連ニュースまとめ

レッドブル・クラッシュドアイス横浜大会の観戦チケット販売

アイスホッケー、ダウンヒルスキー、そしてスノーボードクロスの要素を取り⼊れたアイスクロスダウンヒル競技「レッドブル・クラッシュドアイス・ワールドチャンピオンシップ」。その2018‒19シーズン開幕戦が12⽉7⽇(⾦)・8⽇(⼟)に横浜市にある臨港パークで開催される。⽇本初となる注目イベントで、その観戦チケットが各種プレイガイドで販売された。

横浜⼤会のコースは全⻑約350m、スタート〜ゴールの⾼低差は約22m ©Red Bull Japan

横浜大会の出場が予定される左から山本純子、安床エイト、安床武士、佐藤つば冴。左は大会アンバサダーの武井荘 ©Jason Halayko / Red Bull Japan

Red Bull Crashed Ice Yokohama 2018
レッドブル・クラッシュドアイス横浜2018

会場:臨港パーク特設会場(神奈川県横浜市⻄区みなとみらい1丁⽬1-1)
⽇時:
DAY1 予選⽇ 2018年12⽉7⽇(⾦)OPEN 15:00 START 17:15
DAY2 決勝⽇ 2018年12⽉8⽇(⼟)OPEN 15:00 START 18:00
※⾬天決⾏・荒天中⽌。予告なく変更になる場合があります
内容:アイスクロス・ダウンヒルの世界選⼿権、ATSX Red Bull Crashed Ice World Championship(ATSX レッドブル・クラッシュドアイス・ワールドチャンピオンシップ)2018-19シーズンの開幕戦。レースのフォーマットやルールはこちら

レッドブル・クラッシュドアイス エドモントン大会 ©Joerg Mitter / Red Bull Content Pool

主催:レッドブル・クラッシュドアイス実⾏委員会
後援:横浜市
協賛:BFGoodrich FWD富⼠⽣命保険、ジャガー・ランドローバー・ジャパン

チケット窓⼝ 各種プレイガイド
料⾦
ICE CLUB (VIP)2⽇通し 6万円
⼀般 DAY1 8000円
⼀般 DAY2 8000円
⼀般 2⽇通し 1万4000円
※料⾦は税込み。未就学児は⼊場無料。⼀般は⽴ち⾒席。2⽇通しチケットに関しては2⽇間とも同⼀のお客様での観戦
チケット問い合わせ先:キョードー東京 TEL: 0570-550-799(平⽇11:00~18:00/⼟⽇10:00~18:00)

2017年にマルセイユで初開催されたクラッシュドアイス ©Joerg Mitter/Red Bull Content Pool
大会ディレクターのクリスチャン・パピヨン(カナダ)が横浜会場の特設コースを発表 ©Jason Halayko / Red Bull Japan

レッドブル・クラッシュドアイスの関連ニュースまとめ

世界一アツい氷上バトル、レッドブル・クラッシュドアイスに山本純子、安床ブラザーズ、佐藤つば冴参戦

日本初開催となるアイスクロスダウンヒルの世界大会「レッドブル・クラッシュドアイス横浜2018」が12月7日(金)、8日(土)に神奈川県横浜市の臨港パーク特設会場で、開催される。10月18日に大会アンバサダーの武井壮、スポーツディレクターのクリスチャン・パピヨン、大会出場予定選手らが登場してその意気込みなどを語った。

レッドブル・クラッシュドアイス横浜大会への意気込みを見せた(左から)大会ディレクターのクリスチャン・パピヨン、安床エイト、山本純子、佐藤つば冴、安床武士、大会アンバサダーの武井荘

レッドブル・クラッシュドアイスは2001年に初開催、2010年より世界選⼿権として毎年開催されている。夏季国際競技⼤会で正式種⽬になったスケートボードやサーフィンに続くべく、冬季五輪⼤会で正式種⽬化を目指しているアイスクロスダウンヒル競技最⼤規模の⼤会だ。

10年のキャリアを持つアイスホッケー出身の山本純子がレッドブル・クラッシュドアイスの第一人者。北海道の苫小牧ケーブルテレビに勤務しながら世界各地を転戦する。2010年に国内で開催されたクラッシュドアイス日本代表選考会で優勝し、本大会に派遣されたのがきっかけだった。

日本の第一人者、山本純子が初開催となる日本大会への意気込みを語った

「クラッシュドアイスって滑るっていうよりも飛んでいくって感覚なんです」という山本。
「今までで一番いい練習ができているので頑張りたい。日本が開幕戦となって海外選手も力を入れてきます。日本のみなさんも会場に足を運んでいただき、トップ選手の走りを見てほしいです」

女子アイスホッケーチーム「軽井沢フェアリーズ」のキャプテン、佐藤つば冴(つばさ)も横浜大会でデビューする予定だ。
「こんなスポーツがあるんだと多くの人に知ってもらえる機会でもあるので、私も挑戦したいです」

佐藤つば冴。「うーん、クラッシュドアイスより恋愛のほうが複雑で難しいですね」

冬季五輪の正式採用の可能性もあるこのスポーツに、「オリンピックはチャレンジできればしたいなと思います」と決意を新たにした。

記者会見では大会概要や特設コースが発表されたほか、世界70カ国。300カ所以上でスケートリンクを展開しているスイス製の人工アイス「Glice(グライス)」の協力のもと、会場となった室内パーク内に簡易コースを設置してデモ走行が行われた。

レッドブル・クラッシュドアイス横浜大会の記者発表で仮設リンクに登場した選手たち。左から山本純子、佐藤つば冴、安床武士、安床エイト
デモリンクでメイクを決める安床武士 ©Jason Halayko / Red Bull Japan
横浜大会の出場が予定される左から山本純子、安床エイト、安床武士、佐藤つば冴。左は大会アンバサダーの武井荘  ©Jason Halayko / Red Bull Japan

レッドブル・クラッシュドアイスが⽔溜りボンドとローソン限定キャンペーン

アイスホッケー、ダウンヒルスキー、スノーボードクロスの要素を取り⼊れたアイスクロス・ダウンヒル競技、レッドブル・クラッシュドアイス・ワールドチャンピオンシップの2018‒19シーズン開幕戦が、12⽉7⽇(⾦)・8⽇(⼟)に横浜市にある臨港パークで⽇本初開催される。これを記念して、動画クリエイターの「⽔溜りボンド」とやってみた系企画に挑戦したり、レッドブル・クラッシュドアイス横浜2018の観戦チケット、限定コラボグッズなどが当たるローソン限定のクローズドキャンペーンが9⽉18⽇(⽕)に始まる。

⽇本初上陸!世界⼀アツい氷上バトルがローソン限定のクローズドキャンペーン

⽔溜りボンドはカンタとトミーによる⼆⼈組動画クリエイターで、2015年1⽉1⽇の活動開始以来、「やってみた」のキーワードのもと、ドッキリ、実験、検証、都市伝説、料理などさまざまな切り⼝で1⽇も⽋かさず毎⽇動画を投稿し、現在チャンネル登録者数が300万⼈を超える⼈気YouTuberになった。⽔溜りボンドを起⽤したキャンペーンは⽇本初となる。

⽔溜りボンドと⼀緒にRed Bull Crashed Ice に挑戦しようキャンペーン
内容:クローズドキャンペーン
応募期間:9⽉18⽇(⽕)〜10⽉3⽇(⽔)23:59まで
※レシート有効期間:9⽉18⽇(⽕)〜10⽉2⽇(⽕)23:59 まで
対象店舗:全国のローソン
※ナチュラルローソン・ローソンストア100・⼀部店舗は対象外
対象商品:全国のローソンで販売の
レッドブル・エナジードリンク185ml/250ml/355ml
レッドブル・シュガーフリー185ml/250m
レッドブル・エナジードリンク・アルミボトル330ml

⽔溜りボンドはカンタ(左)とトミー(右)による⼆⼈組YouTuber

応募⽅法
①LINEでレッドブルのオフィシャルアカウントを友達追加
②対象店舗で対象商品を1本以上購⼊し、それを含む購⼊レシートを撮影
③レシート画像をキャンペーン期間中にLINEのプライベートトークに送信
※9⽉18⽇(⽕)〜10⽉2⽇(⽕)23:59に発⾏のレシートが対象です
※トーク画⾯からアクセスできるマイページにポイントが貯まります
※容量・価格に関わらず、対象商品1本購⼊につき1ポイント貯まります
④希望する賞品の応募に必要なポイントが貯まったらマイページから応募
⑤応募翌⽇18時頃までに当選結果をLINEのプライベートトークで連絡
※当選された⽅は、賞品発送⽤の個⼈情報フォームに⼊⼒して頂きます
※当選連絡後3⽇以内にフォームにご⼊⼒いただけない場合、当選資格を放棄されたものとみなし、当選が無効となります

賞品と必要ポイント
A賞:【やってみた】(4組8名) …6ポイント
⽔溜りボンドと⼀緒に、レッドブル・クラッシュドアイス横浜2018の会場で、⽇本最⼤級の氷の滑り台を滑ろう!

B賞:【⾏ってみた】(200組400名) …4ポイント
⽔溜りボンドもやってくる!レッドブル・クラッシュドアイス横浜2018応援グッズ付き特別席に招待

C賞:【もらってみた】(各200名、計800名) …2ポイント
レッドブル・クラッシュドアイス横浜2018と⽔溜りボンドの限定コラボグッズ(ホッケージャージ、ビーニー、⼿袋、キーホルダーの中から1種選択 各200名ずつ)

その場でもらえる!(先着・数量限定)
対象商品を2本購⼊でオリジナル⽸バッジを⼀つプレゼント(全5種各店舗30個限定)

⽔溜りボンド
ドッキリ、実験、検証、都市伝説、料理など視聴者に楽しんでもらえるように、2015年1⽉1⽇の活動開始以来、1⽇も⽋かさず毎⽇動画投稿。チャンネル登録者数が300万⼈超。視聴者とのコミュニケーションを⼤事にし、ジャンルにこだわらず限界を定めず、⾃然体でつくりあげていくスタイルの⼆⼈から、さまざまな“波形”が⽇々⽣まれている。

日本初開催のレッドブル・クラッシュドアイス横浜、9月15日からチケット予約開始

アイスホッケー、ダウンヒルスキー、スノーボードクロスの要素を取り⼊れたアイスクロス・ダウンヒル競技の世界選⼿権ATSX Red Bull Crashed Ice World Championship(ATSX レッドブル・クラッシュドアイス・ワールドチャンピオンシップ)の2018‒19シーズン開幕戦が、12⽉7⽇(⾦)・8⽇(⼟)に横浜市にある臨港パークで⽇本初開催される。この観戦チケットを9⽉15⽇(⼟)12:00よりイープラスにて先⾏予約、9⽉29⽇(⼟)11:00より各種プレイガイドにて⼀般販売する。

アイスホッケーがベースなのでボディコンタクトは迫⼒満点 © Andreas Langreiter / Red Bull Content Pool

レッドブル・クラッシュドアイスは、アイスホッケーのプロテクターを付けた選⼿が最⾼時速80kmのスピードで、街中に設置された最⻑600mの⾼低差がある氷の特設コースを⼀⻫に滑り降りるレース。レースは1ヒート4選手で⾏われ、コース途中に設置されたヘアピンカーブやバンクコーナー、連続バンプや段差などの障害物をかわしながら選⼿たちが猛スピードで駆け抜ける様⼦は圧巻。

2001年に初開催、2010年より世界選⼿権となり、これまで49⼤会を開催している。そして記念すべき50回⽬の⼤会を横浜市で⽇本初開催することになった。

ATSXレッドブル・クラッシュドアイス・ワールドチャンピオンシップの開幕戦が横浜で開催

■チケット
先⾏予約期間 9⽉15⽇(⼟)12:00〜9⽉28⽇(⾦)23:59
窓⼝ イープラス
料⾦ ICE CLUB (VIP) ⼆⽇通し 6万円
⼀般 DAY1 7000円
⼀般 DAY2 7000円
⼀般 ⼆⽇通し 1万4000円

⼀般発売期間 9⽉29⽇(⼟)11:00〜
窓⼝ 各種プレイガイド
料⾦ ICE CLUB (VIP) ⼆⽇通し 6万円
⼀般 DAY1 8000円
⼀般 DAY2 8000円
⼀般 ⼆⽇通し 1万4000円
※料⾦は税込み。未就学児は⼊場無料。⼀般は⽴ち⾒席。⼆⽇通しチケットに関しては⼆⽇間とも同⼀のお客様での観戦となる
チケット問い合わせ先:キョードー東京 TEL: 0570-550-799(平⽇11:00~18:00/⼟⽇10:00~18:00)

Red Bull Crashed Ice Yokohama 2018 の会場図、下が海側
どの会場も⼤勢の観客で埋め尽くされる © Yorick Carroux/Red Bull Content Pool

⚫関連ニュース

日本にも楽しさを伝えたい! レッドブル・クラッシュドアイスに挑む山本純子

安床ブラザーズ。インラインスケートの王者がクラッシュドアイスに挑む

4選手が⼀⻫に滑る4クロス形式。⼥⼦レースもある © Sebastian Marko/Red Bull Content Pool

レッドブルは究極の三次元モータースポーツ「レッドブル・エアレース」をはじめ、これまで数々の世界的なスポーツイベントを⽇本で開催し、好評を得てきた。今回⽇本で初開催するレッドブル・クラッシュドアイスは、これまでケベック・シティ(カナダ)、ストックホルム(スウェーデン)、プラハ(チェコ)、ヘルシンキ(フィンランド)、ミュンヘン(ドイツ)、モスクワ(ロシア)など、世界有数の都市で開催。それぞれ街中にコースを設置し、街と⼀体となって開催することで⼤勢の人が楽しめる。2016-17シーズンの最終戦、オタワ⼤会では地元カナダのジャスティン・トルード⾸相もこのレースに魅了され、観戦に訪れている。氷上レースという特性上、これまで⼤会は寒冷地で開催してきたが、技術⾰新とコース設置技術の向上により、2017年1⽉に温暖な気候のマルセイユで初の⼤会を成功させている。
●レースのフォーマットとルール

温暖なマルセイユでも開催された © Jorge Mitter / Red Bull Content Pool
⽇本からは⼭本純⼦(写真左)が⻑年にわたって参戦している © Mihai Stetcu / Red Bull Content Pool

⚫最新ニュースへ