カラパスが独走で2勝目。総合でも首位に【ジロ・デ・イタリア第14S】

第102回ジロ・デ・イタリアは5月25日、サンバンサン〜クールマイユール間の131kmで第14ステージが行われ、モビスターのリカルド・カラパス(エクアドル)が独走し、第4ステージに続いて今大会2勝目、大会通算3勝目を挙げた。総合成績でもヤン・ポランツェ(スロベニア、UAEエミレーツ)を逆転して一気に首位へ。

ジロ・デ・イタリア第14ステージでカラパスがマリアローザ ©Gian Mattia D’Alberto – LaPresse

「チームはミケル・ランダとボクの2つのカードを持っていた。今日はランダの調子がよくなくて、ボクが首位をねらってアタックすることになった。自転車を始めた15歳の時からマリアローザは夢だった」とカラパス。

ジロ・デ・イタリア第14ステージ ©Marco Alpozzi – LaPresse

リカルド・カラパスがジロ・デ・イタリア第14ステージで独走 ©Marco Alpozzi – LaPresse

優勝候補のプリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ビスマ)も食らいつき、7秒遅れの総合2位と好位置につけた。

先行選手を追うニーバリとログリッチェ。その後方は抑え役のミケル・ランダ ©Marco Alpozzi – LaPresse
ニーバリら有力選手がゴールへ ©Massimo Paolone/LaPresse

悪天候による雪崩が予想される第16ステージは標高の高いガビア峠をカットする短縮コースで開催されることが急きょ発表された。

●4賞ジャージ
マリアローザ(個人総合成績) リカルド・カラパス(エクアドル、モビスター)
マリアチクラミーノ(ポイント賞)アルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)
マリアアッズーラ(山岳賞)ジュリオ・チッコーネ(イタリア、トレック・セガフレード)
□マリアビアンカ(新人賞)パベル・シバコフ(ロシア、イネオス)

🇮🇹ジロ・デ・イタリア特集ページへ
🇮🇹第102回ジロ・デ・イタリア出場176選手リスト
🇮🇹第102回ジロ・デ・イタリアの関連ニュース

雪崩予測でガビア峠をカット…ジロ・デ・イタリア第16ステージ

ジロ・デ・イタリアの大会主催者は、5月28日に行われる予定の第16ステージのコース一部を悪天候予報によって変更することを発表した。標高2618mで、今大会の最高峰「チマコッピ」に指定されていたガビア峠を迂回することになった。

ジロ・デ・イタリア第13ステージ ©Fabio Ferrari / LaPresse

地元の施工班によって昼夜にわたって道路の安全確保作業が行われていたが、天気予報が悪化してコース変更を余儀なくされた。5月25日に発表された。距離は226kmから194kmとなる。ガビア峠の迂回にともなってチマコッピは第20ステージのマンジェン峠になる。

第16ステージの新しいコース
第16ステージの新しい高低表