7月17日 第11ステージ アルビ〜トゥールーズ

ロット・スーダルの韓国系オーストラリア選手、カレブ・ユアンがゴール勝負を制して悲願の初優勝を飾った。首位のマイヨジョーヌを着るジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥークニンク・クイックステップ)はタイム差なしの同一集団の中でゴールしてその座を堅持。総合2位ゲラント・トーマス(英国)、同3位エガン・ベルナル(コロンビア)のイネオス勢も同タイム。翌日からピレネーの山岳ステージに突入する。

2019ツール・ド・フランス第11ステージ ©ASO Pauline BALLET

ユアンが25歳でグランツール全制覇

2日目のチームタイムトライアルを除く、これまでの10ステージで優勝者はこれで10人になった。日替わりで優勝者が誕生する今大会はそれだけ絶対的な存在が不在と言うことの現れだ。

序盤から逃げていた選手らを大集団が吸収し、ゴールスプリント勝負に備えて好調のユンボ・ビスマ勢が集団の先頭に立って主導権を握った。第7ステージで勝ったディラン・フルーネウェーヘン(オランダ)に勝たせようという作戦だった。

第11ステージはアルビをスタートした ©ASO Alex BROADWAY

これに対してユアンは、けん引役を担うはずだったジャスパー・デブイスト(ベルギー)を残り10kmの落車で失っていた。爆発力のあるフルーネウェーヘンの背後に着くしか勝つすべがなかった。そしてこの作戦が的中。ゴール手前でフルーネウェーヘンに並ぶと、わずかの差で先着した。

ユアンが2019ツール・ド・フランス第11ステージで初優勝 ©ASO Thomas MAHEUX

ユアンはジロ・デ・イタリア区間3勝、ブエルタ・ア・エスパーニャ1勝のスプリンター。身長165cmと小柄で、「ポケットロケット」というニックネームがある。11日に25歳となったばかりだが、この日初めてツール・ド・フランスで区間勝利したことでグランツール(三大ステージレース)全優勝。第4ステージで勝利したドゥークニンク・クイックステップのエリア・ビビアーニ(イタリア)が30歳でグランツール全優勝者となったのに対し、ユアンは25歳でそれに並んでしまった。

「これまで4回もあと一歩で優勝を逃してしまったけど、チームはボクを見捨てなかった。だからボクもチームを信じていた。デブイストが転んでしまい、集団の後方に埋もれていたボクを他のチームメートが前方に引き上げてくれた。ツール・ド・フランスは子どものころから最も勝ちたかったレースなんだ。オーストラリアは遠いのでテレビを見ていたのが懐かしい」と万感のユアン。

アラフィリップが第11ステージでマイヨジョーヌを守った ©ASO Alex BROADWAY
新人賞のエガン・ベルナル ©ASO Alex BROADWAY

●4賞ジャージ
マイヨジョーヌ(個人総合成績)ジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥークニンク・クイックステップ)
マイヨベール(ポイント賞)ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)
マイヨブラン・アポワルージュ(山岳賞)ティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・スーダル)
□マイヨブラン(新人賞)エガン・ベルナル(イネオス、コロンビア)

2019ツール・ド・フランス第11ステージのコースマップ(クリックすると拡大します)
アルビの町並み ©Ville d’Albi
アルビ ©Ville d’Albi
アルビ、教会の内部 ©Ville d’Albi
トゥールーズ、アエロスコピア航空博物館 © PE LANGENFELD REPLIC AIR
トゥールーズのサンセルナン大聖堂 ©PE Langenfeld Replic Air
トゥールーズ、街の屋根 ©Florian Calas

🇫🇷ツール・ド・フランス関連ニュース一覧
🇫🇷2019ツール・ド・フランス特集トップページにもどる

第10ステージにもどる≪≪   ≫≫第12ステージにすすむ