ディレクション・パリ。戦いは最終日前日で終幕する

ツール・ド・フランス取材者日記。アルプスこそバカンスリゾート。毎年わずか2日ほどの滞在ですが、その気持ちよさを前進で満喫してきました。今回はなんと3泊も滞在することができ、そして最後の一夜を。30年もこの素晴らしい楽園を楽しむことができて幸せです。

最後の山岳ステージを前にして首位エガン・ベルナルの自転車が入念に用意されていた

かつて、神戸の著名なパン屋さんで自転車マニアの方とツール・ド・フランスをご一緒したとき、やはり語学と味の知識が半端ないので、おいしいお店とメニューを外さないんです。これはかなわないなと思いましたが、ボクも昨晩はこれまでの経験を生かしてオーダー。おいしくいただきました。

標高1650mのスキーリゾートに宿泊。最後のアルプスでした

朝には日本の自転車イベントなどでチームを組んで仕事をしている2人が、わざわざホテルまで訪ねて来てくれました。初日はガリビエ峠で観戦。前日はゴール手前のティーニュで盛り上がる予定ですが、なんと打ち切りによってまさかの選手やって来ず。それでもツール・ド・フランスのスゴさを実体験したとのこと。

最後の、最後のアルプス。気持ちよさを全身に感じてスタート地点のアルベールビルに向かいました。本来ならホテルはコース序盤の途中にあって、午前10時30分には交通規制がかかる予定でした。コース途中というとスタートまでは逆走になるので、関係者ステッカーをフロントガラスに貼っていても認められません。

ホテル近くのお肉系レストラン、クルトパイユで

ところが予定されていたコース前半部分が悪天候予報により一部土砂崩落の危険があることでカット。距離を大きく短縮しての開催になりました。コースから外れたために逆走にはならず、あわてなくてもよかったんですが、とりあえず現場の混乱を確認するためにはやめにアルベールビルへ。

はアルベールビルに入っていて、情報を確認し、木陰で原稿を書いて時間をつぶしましたす。天候はくもり。レースそのものが中止になるのではという情報も錯綜しましたが、チームは普段のように準備に余念がなく、キャラバン隊も出陣していきました。

一番人気はサガン
前年の覇者ゲラント・トーマスもこの日はアシスト役だ

短縮コースではあるものの、予定通りにスタート。各チームの雰囲気は、この短距離レースで大逆転が起こるわけでもなく、すでにレースの大勢は確定している感があるといったおだやかな感じでした。 ただしボクにとっては最終日のパリまでに総括原稿を数メディアに分けて仕上げる必要があり、勝負の日です。すべての戦いが終わって、高速道路の標識で「PARIS」を目指します。この日はパリまであと280kmの地点で力尽きました。今日はこのへんで勘弁してやる!って感じで、高速インターを降りてすぐのところに予約したホテル入り。近くのチェーン系レストランで選手らの健闘に乾杯しました。

最後の山岳ステージをフィニッシュしてベルナル(左)はトーマスから祝福される ©ASO Alex BROADWAY

🇫🇷第20ステージのレースレポート
🇫🇷ツール・ド・フランス関連ニュース一覧
🇫🇷2019ツール・ド・フランス特集トップページにもどる

第19ステージにもどる≪≪   ≫≫第21ステージにすすむ