世界初の3Dプリンターで作るカーボンバイクは価格も1/5

デジタル化とオートメーション化により複合材製造に革新的なソリューションを有するシリコンバレーのベンチャー企業AREVOは、3Dプリンティング技術の認知拡大を目指し、自社の3Dプリンターを活用した世界初のオーダーメイドユニボディカーボンファイバー製スポーツバイク『Superstrata(スーパーストラータ)』の予約キャンペーンを2020年7月14日よりクラウドファンディングサイトで始めた。

クラウドファンディングサイトのIndiegogo
Superstrata特設サイト

この製品はAREVO独自の3Dプリンティング技術により、従来は加工が難しかった連続カーボン複合材を使用した継ぎ目のないユニフレーム構造を可能にし、カーボンバイクならではの軽さはそのままに耐衝撃性を高めている。また、3Dプリンターを使用することにより、体格やライディングポジションに合わせフルカスタムを実現しながら、低価格での提供を可能にした。

Superstrataシリーズの特徴は

ユニフレーム構造により、カーボン製自転車の特徴である「軽さ」を損なわずに「強度」UPを実現! 
従来のカーボンファイバー製自転車のフレームは何十個のパーツを接着・溶接、ボルトなどでの固定により製作されていたが、3Dプリントすることにより継ぎ目や連結がないユニフレーム構造を実現。また、次世代の熱可塑性材料を使用しているため、軽量でありながらも高い耐衝撃性を備えている。なお、シートポストにも同カーボンファイバーを採用していて、フレーム形状による振動吸収性に加えて、シートポストの素材による振動吸収性を発揮する。 

50万通り以上の組み合わせから自身に合った自転車にカスタマイズ可能

50万通りのパターンからオーダーメイド! 自分の体格やライディングに合わせた自転車に
Indigogoの『Superstrata』キャンペーン終了後に専用サイトから身長、体重、腕や脚の長さなどの体型情報、ライディングポジション、好みのオプションを入力することで約50万通り以上の組み合わせから自身に合った自転車にカスタマイズ可能。

3Dプリントすることにより継ぎ目や連結がないユニフレーム構造を実現

軽量スポーツバイクと、フレームにバッテリーを内蔵したeバイクの2モデル
Superstrata Terra(スーパーストラータ テラ)はユニボディのフレームに11段の変速機を搭載した、シートチューブのない軽量で頑丈なスポーツバイク。ハンドルや色を選ぶことによりさらに個性的なバイクに仕上げることが可能。
Superstrata Ion(スーパーストラータ イオン)はTerraより若干太いフレームの中にバッテリーを搭載したeバイクで2時間の充電で55マイル(約90km)の走行を可能にしている。 

Superstrata Terraは2799ドル(約30万円)

カーボン製バイクの一般市場価格の約1/5という低価格を実現! 
AREVO社製3DプリンターAQUA(アクア)の活用により、従来のカーボン加工でコストがかかる要因となっていた問題点をソフトウェアで解決。オーダーメイドカーボン製バイクの市場価格の約1/5にあたる約30万円(2799USD)から提供することができる。

eバイクのSuperstrata Ionは3999ドル(約40万円)

Arevo Incについて 
複合材科学・ロボット工学・設計ソフトウェアのイノベーションにより、大型で複雑な連続CFRP複合材製品の設計と製造を自動化する3Dプリンターを開発・販売しているシリコンバレーのベンチャー企業。自動車、重工業、建設、航空宇宙などさまざまな分野の顧客に対して最先端のソリューションを提供。 
・Arevo.inc: https://arevo.com/