高岡亮寛が日本縦断ギネス記録更新へ…8月5日午前4時出発

ツール・ド・おきなわの市民レースで通算6勝を誇る高岡亮寛(Roppongi Express)が日本縦断ギネスレコードの更新に挑む。予定どおり8月5日午前4時、日本列島の最南端である鹿児島県・佐多岬をスタートした。北海道の宗谷岬に12日午後23時37秒までにゴールすれば新記録となる。

スタート地点の佐多岬入りした高岡亮寛 ©辻啓、RX BIKE

佐多岬〜宗谷岬間は最短ルートとなる日本海側を走って約2600km。これまでの基本記録としてギネスブックに掲載されている所要日数・時間は7日19時間37分だ。

チャレンジ前日となる8月4日、鹿児島県はやや湿度が高いものの、晴天に恵まれた。5日も同様に暑い1日となりそうだが、高岡のモチベーションは高く、週明けから回復に努めフィットネスレベルも高く維持できているという。むしろ飛ばしすぎないように気をつけるとのこと。

現地は災害の爪痕を各所に感じさせるが、「鹿児島のシチュエーションは非常に素晴らしく、気持ちよく走れると思います」という。また、7月に豪雨災害に見舞われた九州地方を序盤に通過することから、災害支援寄付もチャレンジの一環として呼びかけている。

●高岡亮寛の日本縦断ギネスレコードチャレンジ最新情報サイト
ハッシュタグ #rxjgrc

サポートカーもチャレンジに同行する ©辻啓、RX BIKE

さとふる 令和2年7月豪雨 災害緊急支援寄付

豪雨災害に見舞われた地域の皆様の早期復興を願ってチャリティに賛同します。
こちらから寄付先自治体を選ぶことができます。
高岡亮寛のチャレンジを応援してくださる皆様におきましては募金活動へのご協力をお願いいたします。
●さとふる 令和2年7月豪雨 災害緊急支援

©辻啓、RX BIKE