CCCの2選手が新型コロナウイルス感染でティレーノ除外

CCCチームはイタリアで開催中のステージレース、ティレーノ〜アドリアティコからルーカス・ビシニオウスキーとシュモン・サイノク(ともにポーランド)を撤退させた。9月14日にチームが発表した。

ティレーノ〜アドリアティコ第7ステージ ©LaPresse – Fabio Ferrari

ビシニオウスキーは、大会期間中に軽度の症状を発症。13日の第7ステージをリタイアし、その日の夕方に受けたPCR検査で陽性となった。ビシニオウスキーは再確認のためにもう一度PCR検査を受ける。

CCCチームのCovid-19ポリシーに従って、ビシニオウスキーのルームメイト、サイノクは自動的にレースから撤退し、PCR検査を受ける予定。

チームはティレーノ〜アドリアティコの医療チームと協議して、レースに同行しているすべての選手とスタッフを、13日夕方と14日朝の2回にわたってPCR検査を実施。全員が非感染だったため、大会主催者のRCSが規定する特別ルールに則してレースを続行することになった。

●CCCのホームページ