ワンティゴベールがCCCをテイクオーバーしてワールドチームに

ワントユーサイクリングが9月29日、CCCチームを運営してきたコンティニュームスポーツを引き継ぎ、2021年からワールドツアーチームとしてシルキュス・ワンティゴベール・トルマンスを運営することを発表した。

2018ツール・ド・フランス第4ステージを走るコフィディスとワンティ勢 ©ASO/Alex BROADWAY

ジム・オショビッツとギャビン・チルコットが所有するコンティニュームスポーツは、2007年にBMCレーシングチームを米国登録コンチネンタルチームとしてスタート。現在はCCCチームとしてライセンスを保有している。

ワントユーサイクリングは、UCIプロチームのシルキュス・ワンティゴベールとトルマンスUCIシクロクロスチームを管理するジャンフランソワ・ブルラールが率いるベルギーの運営会社。2001年にVCアチクラブとして発足し、段階的に上位カテゴリーに。2008年にコンチネンタルランクに加わり、2011年以降はプロフェッショナルコンチネンタルレベルに進んだ。

この第2カテゴリーで10シーズンを過ごした後、12月のUCIライセンス委員会の公式承認を条件に、CCCに替わってワールドツアーチームとなる予定。

「2020年は期待していたシーズンとはならなかったが、我々は高い水準でCCCチームとしてシーズンを終えるつもりだ。2021年はコンティニュームスポーツとしての新しい方向性を追求し、シルキュス・ワンティゴベールがベルギーチームとして新たな道を切り開いていく。ワールドツアーに昇格することをうれしく思う」とオショビッツ。

●シルキュス・ワンティゴベール・トルマンスのホームページ

CCCの2選手が新型コロナウイルス感染でティレーノ除外

CCCチームはイタリアで開催中のステージレース、ティレーノ〜アドリアティコからルーカス・ビシニオウスキーとシュモン・サイノク(ともにポーランド)を撤退させた。9月14日にチームが発表した。

ティレーノ〜アドリアティコ第7ステージ ©LaPresse – Fabio Ferrari

ビシニオウスキーは、大会期間中に軽度の症状を発症。13日の第7ステージをリタイアし、その日の夕方に受けたPCR検査で陽性となった。ビシニオウスキーは再確認のためにもう一度PCR検査を受ける。

CCCチームのCovid-19ポリシーに従って、ビシニオウスキーのルームメイト、サイノクは自動的にレースから撤退し、PCR検査を受ける予定。

チームはティレーノ〜アドリアティコの医療チームと協議して、レースに同行しているすべての選手とスタッフを、13日夕方と14日朝の2回にわたってPCR検査を実施。全員が非感染だったため、大会主催者のRCSが規定する特別ルールに則してレースを続行することになった。

●CCCのホームページ

ジャイアントからCCCチームジャージが5月下旬に発売

ジャイアントは5月下旬より、2020 CCC COLLECTIONとしてチームジャージを新発売する。トップモデルのTIER 1は勝利にこだわるCCCチームライダーのために設計されたETXEONDO(エチェオンド)製ハイエンドジャージ&ビブショーツ。CCCチームがレースで使用しているものと同品。

TIER 1 SS JERSEY

TIER 1 SS JERSEY

TIER 1 SS JERSEY(背面)

標準価格 : 2万6000円(税別)
サイズ : S、M、L、XL、XXL、XXXL
●フィット感、優れた通気性を併せ持つ、肌触りのいいEtxeondo MicroSystem Enduranceファブリックを採用
●腕周りは空気抵抗を減らすEtxeondo NeoAirを採用
●フルレングスオートロックジッパー
●腕周りはフィット感と快適な着心地を実現する軽量ストレッチ素材を採用
●ジャージ背面下部のシリコングリッパーがずり上がりを防止
●3バックポケット付き
●UPF50+のUVカット機能
●レースフィット


TIER 1 BIBSHORTS

標準価格 : 3万4000円(税別)
サイズ : S、M、L、XL、XXL、XXXL
●レーザーカットされた一枚布のシームレスビブストラップ
●強度、軽量性、快適性に優れるEtxeondo Powersystem Enduranceファブリックを採用
●ETXEONDO社とE.I.T社の共同開発により誕生した最高峰のレーシングパッド「E.I.Tウラッキ」を使用
●伸縮性に優れたグリッパーが大腿部のずり上がりを防止
●ペダリング時のキーエリアへの影響を考慮したシームレス構造
●UPF50+のUVカット機能
●レースフィット


REPLICA SS JERSEY

標準価格 : 8000円(税別)
サイズ : S、M、L、XL、XXL
●TransTextura吸汗速乾素材
●フルオープン/セミロックファスナー
●ラグランスリーブ
●3バックポケット付き
●UPF45+のUVカット機能
●クラブフィット


REPLICA BIBSHORTS

REPLICA BIBSHORTS(背面)

標準価格 : 1万2000円(税別)
サイズ : S、M、L、XL、XXL


REPLICA SHORTS

REPLICA SHORTS(背面)

標準価格 : 1万円(税別)
サイズ : S、M、L、XL、XXL

●ジャイアントの詳細ページ

CCCは選手の給与削減とスタッフ契約停止で難局を乗り越える計画

ポーランドのプロロードチーム、CCCは新型コロナウイルスによるパンデミックの影響を受け、チームスタッフ契約の大半を停止せざるを得なくなり、全選手の給与をシーズンの残りの期間大幅に削減すると発表した。

©Tim de Waele/Getty Images

レースができない期間中にチームが最小レベルでも活動維持できるようにするために、わずかなサポートスタッフだけが役割を維持する。

CCCチームのジム・オショビッチ会長は、「チームは今年レースが再開されることを期待して、これらの措置を取らざるを得なくなった」と語った。

「広範囲にわたる削減の決定は、痛みを伴うプロセスであり、数週間前にさえ予見していなかったものだ。パンデミックの経済的な影響は、タイトルスポンサーCCCのビジネスに大きな影響を与え、他のプロチームと同様に、スポンサーシップの予期せぬ減少によりキャッシュフローの不足に直面している」とオショビッチ会長。

「私たちのビジネスのこの側面は、私たちの手に負えない。早くても6月までレースは行われないだろうが、状況は絶えず進化していて、今は短期的にしか行動できない。シーズンが再び始まったときにレース出場の予算を保持するためには、一握りのスタッフを除くすべてのスタッフを一時的に停止し、選手の給料を大幅に減らさなければならなかった。レースが再開できるとすぐに、我々はできるだけ多くのサポートスタッフを復活させ、予算を再評価する立場になることを望んでいる」

「今は誰にとっても困難な時期であり、スポンサーとファンを最大限に尊重し続ける一方で、素晴らしいレースシーンが戻ってくることを待ち続けたい。困難な時期でもチームを維持するために全力を尽くし、新型コロナウイルスの状況が改善したら跳ね返したいと考えている」

●CCCのホームページ

旧BMCレーシングがCCCとして2019シーズンを始動

ポーランドのCCCが2019シーズンを始動した。リオ五輪金メダリストのグレッグ・バンアベルマート(ベルギー)を擁するチームは2018年までBMCとして活動。スポンサー変更にともなって、台湾を拠点とする世界最大級の自転車メーカー、ジャイアントに乗り換えている。

リオ五輪金メダリストのグレッグ・バンアベルマートらがCCCチームとして走る © Chris Auld Photography

CCCチーム © Chris Auld Photography

ジャイアントTCRアドバンスドSL © Chris Auld Photography

⚫関連ニュース

BMC改めCCCチーム…エチェオンド製ウエアがサンウェブと見分けがつかない

⚫最新ニュースへ