ワンティゴベールがCCCをテイクオーバーしてワールドチームに

ワントユーサイクリングが9月29日、CCCチームを運営してきたコンティニュームスポーツを引き継ぎ、2021年からワールドツアーチームとしてシルキュス・ワンティゴベール・トルマンスを運営することを発表した。

2018ツール・ド・フランス第4ステージを走るコフィディスとワンティ勢 ©ASO/Alex BROADWAY

ジム・オショビッツとギャビン・チルコットが所有するコンティニュームスポーツは、2007年にBMCレーシングチームを米国登録コンチネンタルチームとしてスタート。現在はCCCチームとしてライセンスを保有している。

ワントユーサイクリングは、UCIプロチームのシルキュス・ワンティゴベールとトルマンスUCIシクロクロスチームを管理するジャンフランソワ・ブルラールが率いるベルギーの運営会社。2001年にVCアチクラブとして発足し、段階的に上位カテゴリーに。2008年にコンチネンタルランクに加わり、2011年以降はプロフェッショナルコンチネンタルレベルに進んだ。

この第2カテゴリーで10シーズンを過ごした後、12月のUCIライセンス委員会の公式承認を条件に、CCCに替わってワールドツアーチームとなる予定。

「2020年は期待していたシーズンとはならなかったが、我々は高い水準でCCCチームとしてシーズンを終えるつもりだ。2021年はコンティニュームスポーツとしての新しい方向性を追求し、シルキュス・ワンティゴベールがベルギーチームとして新たな道を切り開いていく。ワールドツアーに昇格することをうれしく思う」とオショビッツ。

●シルキュス・ワンティゴベール・トルマンスのホームページ

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。