デマール区間優勝、負傷のトーマスはジロ・デ・イタリア棄権

第103回ジロ・デ・イタリアは10月6日、カターニア〜ビラフランカティッレーナ間の140kmで第4ステージが行われ、グルパマFDJのアルノー・デマール(フランス)がゴール勝負でボーラ・ハンスグローエのペテル・サガン(スロバキア)を写真判定の末に撃破。2019年に続く大会2勝目を挙げた。

デマール(右端)がサガン(右から3人目)をわずかに制した ©Gian Mattia D’Alberto/LaPresse

総合成績では、前日に首位に立ったドゥークニンク・クイックステップのホアン・アルメイダ(ポルトガル)が中間スプリントポイントでボーナスタイムを2秒加算し、ゴールも大集団の中でフィニッシュしてその座を守った。

ジロ・デ・イタリア第4ステージは写真判定にもつれ込んだ ©Massimo Paolone/LaPresse
101のデマールがタイヤ1本分の差で51のサガンより先着。82はダビデ・バッレリーニ

イネオス・グレナディアスのゲラント・トーマス(英国)は前日、路面に転がっていたボトルを踏んで転倒して負傷。第4ステージを出走せず、大会を離れた。

バーレーン・マクラーレンの新城幸也はトップと同タイムの71位。総合成績では25分51秒遅れの108位。

フランスチャンピオンのデマールが大会通算2勝目 ©Gian Mattia D’Alberto/LaPresse
マリアローザのアルメイダ ©Gian Mattia D’Alberto/LaPresse

●4賞ジャージ
マリアローザ(個人総合成績)ホアン・アルメイダ(ポルトガル、ドゥークニンク・クイックステップ)
マリアチクラミーノ(ポイント賞)ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)
マリアアッズーラ(山岳賞)ヨナタン・カイセド(エクアドル、EF)
□マリアビアンカ(新人賞) ホアン・アルメイダ(ポルトガル、ドゥークニンク・クイックステップ)

アルメイダがマリアローザをキープ ©Massimo Paolone/LaPresse

第3ステージにもどる≪≪   ≫≫第5ステージにすすむ

2020ジロ・デ・イタリア出場176選手リスト
🇮🇹ジロ・デ・イタリア特集サイト
🇮🇹2020ジロ・デ・イタリア関連ニュース(まとめページ)
●ジロ・デ・イタリアのホームページ

“デマール区間優勝、負傷のトーマスはジロ・デ・イタリア棄権” への1件の返信