選手と観客の距離は1.5mでマスク必着…それが確保できなければ閉鎖

バスク政府とブエルタ・ア・エスパーニャ組織委員会は、アラーテ峠とオルドゥニャ峠を完全閉鎖すると10月6日に発表した。新型コロナウイルス感染拡大を防ぐためのソーシャルディスタンス確保が困難だと判断したことが理由。

2020ブエルタ・ア・エスパーニャは当初、75回記念大会として例年より1日増の全24日間、8月14日(金)にオランダのユトレヒトで開幕し、フランスやポルトガルを訪問する壮大なコースを予定していた。

しかしコロナ禍によって大会は延期。さらにオランダ政府とポルトガル政府が相次いで大規模イベント開催不可の通達を発表。10月20日(火)に開幕日をスライドし、スペイン北部のバスク地方でスタートし、ポルトガルを通らないコースに修正して11月8日(日)までの20日間による開催となった。

グランツールのジロ・デ・イタリア(10月3〜25日)と開催日が6日間も重複するというのも前代未聞だが、欧州は感染者が激増している現状からバスク政府が異例の追加措置を断行することになった。

バスク政府と大会組織委員会は、10月20日の第1ステージのゴールとなるアラーテ峠、27日の第7ステージに通過するオルドゥニャ峠を完全閉鎖。観客を近づけないことにした。

バスク政府は、「現在の疫学状況は、国民の健康を守るための適切な条件を満たしていない」と結論。2つの山岳ルートは地形的な特性によって、人と人との最小安全距離を制御することは不可能だと判断した。

バスク政府は2020年8月19日、地域保健省からスポーツイベント開催時のルールを命じられている。ロードサイクリングの場合、1スペースあたりの最大人数は1000人で、観客と選手間の物理的な距離は1.5mであり、マスクの着用が必須であると規定されているという。

🇪🇸ブエルタ・ア・エスパーニャの特集サイト
●ブエルタ・ア・エスパーニャのホームページ