マイクロカレントで損傷部を早く直す「イトーIM-2000」発売

物理療法機器のパイオニア、伊藤超短波が、治療点検索測定機能を搭載した低周波治療器「イトーIM-2000」を2021年1月20日に発売する。医療関係者のみが使用できる医療機器。79万8000円(税別)。

管理医療機器(特定保守管理医療機器)〈クラスⅡ〉
医療機器認証番号 302AABZX00089000
低周波治療器・治療点検索測定器組合せ理学療法機器(JMDN コード:70621000)

さまざまな症状に対応できる5つのプログラムを搭載

IMモード(インピーダンスメジャーメント)
皮膚インピーダンスを測定しながら治療

中周波帯の微弱電流(マイクロカレント)を通電し、損傷部位の皮膚インピーダンスを測定しながら治療が行える。治療グラフ表示と治療音による視覚的・聴覚的な情報によって、患者に治療効果を分かりやすくフィードバックすることができる。

治療時の皮膚インビーダンスレベルをリアルタイム表示

MCRモード(マイクロカレント)
微弱電流で損傷の治癒を促進

組織修復に重要な役割を果たしている損傷電流と同じレベルの微弱電流を流すことで、傷ついた組織の修復を早め、損傷部の治癒を促進する。最大電流が1mAを超えない極めて弱い電流のため、ほとんど刺激がなく、神経や筋を興奮させない。
・短時間で治療効果が期待できるマルチスウィープモードを搭載
・複数の治療部位へのアプローチが可能な2CH独立出力
・超音波治療器とのコンビネーション治療が可能
・さまざまな症状に対応できる5つのプログラムを搭載

●伊藤超短波のホームページ