東京パラで金メダルが期待される杉浦佳子がVC福岡所属に

東京パラリンピックで金メダルを目指す障がい者自転車選手の杉浦佳子が、 国内レースではVC福岡の所属選手として参戦することになった。

杉浦佳子が2019パラ世界選手権個人タイムトライアルで銀メダル ©日本パラサイクリング連盟

「2019年夏の世界選手権以降、全くレースがない状況下、 パラリンピックに向けてレース感を養うため、実業団レースに参戦したいと考えておりました」と杉浦。
「VC福岡の佐藤信哉代表にコーチをしていただいて2回もアルカンシエルを獲得することができ、また同チームの八幡選手にもパーソナルコーチをお願いしている関係で、このチームに加入させていただくこととなりました」

女子パラサイクリングW杯で優勝した杉浦佳子 ©2019 JCF

●杉浦佳子の戦績
2017年 パラサイクリングロード世界選手権タイムトライアル 金メダル
2018年 パラサイクリング世界選手権ロードレース 金メダル
2018年 UCI Para-Cycling Award受賞(日本人初)
2019年 パラサイクリングトラック世界選手権500mTT 銀メダル
2019年 パラサイクリングロード世界選手権タイムトライアル 銀メダル
     同 ロードレース 銀メダル
2020年 パラサイクリングトラック世界選手権500mTT 銅メダル


「杉浦佳子選手の加入を大変うれしく思います」と佐藤代表。
「アスリートとして競技に向かう姿勢など、尊敬する選手の一人です。VC福岡はトップチームから育成に位置付けられるサテライトチーム、上は60代の社会人マスターズクラブ、ユースチームの小学生にいたるまで、幅広くロードレースに向き合うメンバーが在籍しており、そのメンバーに勇気を与えてくれる存在になることを確信しております。また、これを通してパラサイクリングという障がい者スポーツにも興味を持って下さる方が増えることを願います」

●VC福岡のホームページ

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。