ピナレロが一部モデルを値上げ…世界情勢変化が主因

ピナレロジャパンは、2021年7月1日からピナレロ完成車、フレームの一部モデルの価格を改定することを6月17日に発表した。

同社では、新型コロナやカーボンニュートラルなど昨今の急激な世界情勢の変化に伴う、原材料や輸送、人件費を含む製造コストの高騰を吸収するべく企業努力を重ねていたが、企業努力では吸収しきれなく、大変厳しい状況となっているという。

その結果、品質の維持・向上に努めながら、一部商品の価格を改定した。「今後も企業努力を行ないながら、安全な商品を継続してお届けし、お客様にご満足いただける商品の提供に努めてまいります」と同社。

価格改定が実施される製品(すべて税込み)

・ PRINCE DISK アルテグラ完成車 537,900円 → 7/1からの新価格:583,000円
・ PRINCE DISK 105完成車 482,900円 → 7/1からの新価格:528,000円

・ PARIS DISK 105MIX完成車 372,900円 → 7/1からの新価格:396,000円

●ピナレロジャパンのホームページ

“ピナレロが一部モデルを値上げ…世界情勢変化が主因” への1件の返信

コメントを残す