U23版ツール・ド・フランスに6選手からなる日本チーム出場

23歳以下の選手が出場するツール・ド・ラヴニールが8月13日から22日までフランス東部で開催され、日本からはEQADSに所属する6選手が日本ナショナルチームとして出場する。出場するのは留目夕陽蠣崎優仁山田拓海平井光介小出樹川崎三織

ツール・ド・ラヴニールは、世界29カ国の精鋭ばかりU23選手が一堂に集い、9ステージの激闘を繰り広げる。ツール・ド・フランスを主催するASOが後援し、U23版ツール・ド・フランスとも呼ばれる。

世界中の選手代理人がレース視察に訪れ、ここでステージ優勝をすれば翌年のプロ契約への可能性が高まることから、選手の必死さ、攻めの激しさでは世界一のレースといえる。

過去の優勝者にはフェリーチェ・ジモンディ(イタリア)、ヨープ・ズートメルク(オランダ)を筆頭に、ミゲール・インデュライン(スペイン)、ローラン・フィニョン(フランス)、近年ではエガン・ベルナル(コロンビア)、タデイ・ポガチャル(スロベニア)などのビッグネームが名を連ねる。

●ツール・ド・ラブニールのホームページ

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。