サイクルボールSeasonⅢ-グランボール制覇の旅が4月29日開幕

サイクリングアプリ「ツール・ド」を使って日本各地の1周コースを走る、期間分散型サイクリングイベント「サイクルボール SeasonⅢ -グランボール制覇の旅-」が、2022年4月29日(金) から2022年12月27日(火)まで開催される。

「サイクルボール」は、従来型の1DAYイベントと異なり、一度に大勢の人数が集まることがなく、また挑戦者の都合に合わせていつでも参加が可能な「期間分散型サイクリングイベント」。 初年度(2020年8月~2021年3月)は全国7つの地域で開催、2年目となる2021年度(2021年6月~2022年1月)は、ステージ数を増やし全国11カ所で開催した。コロナ禍においても展開可能な、新しい生活様式にも即した取り組みとして、開催地側・サイクリスト側双方から好評だった。

2022年度は、「淡路島1周」「佐渡島1周」「筑波山1周」「霞ヶ浦1周」「福島市・二本松市1周」「狩野川1周」「伊豆半島1周」の計7ステージから開始。ステージ数は順次増加予定。

参加費は無料で、各ステージの1周を達成するごとに1つの「サイクルボール」を贈呈。期間終了までに指定数やテーマに沿ったサイクルボールを集めると、達成者は「願い」を叶えることができる。全ステージ制覇だけでなく、開催期やテーマごとのコンプリート賞など幅広い「願い」が用意される予定。全ての1周コースを制覇したい強者から、一部のコースのみを走りたい人まで、幅広い層のサイクリストに1年を通してニッポン全国のサイクリングを楽しんでもらう機会を提供していく。

なお、「願い」の詳細や追加ステージ、またその他さまざまな「新たな仕掛け」は随時発表される。

また、開催初日となる2022年4月29日(金)には、オープニングイベントとして各ステージの拠点でスタート記念式典を実施するとともに、GW期間中(4月29日から5月8日まで)に完走 した参加者には、限定の「超サイクルボール」のプレゼントするほか、豪華賞品が当たるなど 「オープニング期間特典」が用意される。

舞台となるのは日本の名だたる「〇〇イチ」と呼ばれる1周コース

【淡路島1周(アワイチ)ステージ】
兵庫県に位置する「淡路島」を1周するコース
瀬戸内海最大の島「淡路島」。関西のサイクリストにはお馴染みの「アワイチ」を1周する。1周約150kmで、海あり激坂ありの走っていて飽きないコース。立ち寄りスポットは淡路島を代表する観光スポットを数多く設定している。

【佐渡島1周(サドイチ)ステージ】
新潟県の西方沖に位置する「佐渡島」を1周するコース
日本海最大の離島「佐渡島」。佐渡ロングライドでも有名なサドイチ210kmは、島の外周をぐるっと1周するコース。離島ならではの変化に富んだ海岸線と、内陸部の里山の風景を一度に楽しめる。 サドイチ名物「Z坂」からの眺望は必見。

【霞ヶ浦1周(かすいち)ステージ】
茨城県南東部に位置する日本第2の大湖「霞ヶ浦」を1周するコース
2020年の霞ヶ浦西浦を一周する約125kmの「かすいち」が復活。西浦の整備されたサイクリングロードとど平坦のコースレイアウトの中で約120kmに挑戦。ナショナルサイクルルートにも選ばれたその環境を体感する。

【筑波山1周(つくいち)ステージ】
かすみがうら市を発着とした筑波山系をぐるっと1周するコース
茨城のヒルクライムスポット「筑波山」をぐるっと1周するコース。この地ならではのグルメやスイーツ、文化遺産や絶景など、見どころ満載なスポットを巡りながらサイクリングを満喫できる。コ ース終盤は、筑波山を登ってゴールする走りごたえも満点の約100km。

【福島市・二本松市1周(ふくいち)ステージ】
磐梯吾妻スカイラインと福島市・二本松市を1周するコース
山岳観光道路「磐梯吾妻スカイライン」を1周し、吾妻・安達太良連峰の大自然の中を走り抜ける、こだわりのヒルクライムルート。序盤は急こう配が続くが、標高約1600mの浄土平付近 まで登りきると荒々しい山肌が広がり、ヨーロッパの山岳ルートに匹敵する絶景を堪能できる。温泉やフルーツなどの魅力に触れながらゴールを目指す、地元サイクリストおすすめのコース。

【狩野川1周(かのいち)ステージ】
沼津港や修善寺そして富士山が望めるなど狩野川を中心としたコース
伊豆半島を流れる狩野川周辺のスポットを巡る自転車旅。2021年からコースも一新されたので2021年に走った人も新しい気持ちで挑めるかのいち。距離約70kmで後半に上り区間があるコースは、海鮮を満喫できる沼津港やNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」でも注目されている北条氏邸跡、修善寺の竹林の小路など、周辺の注目スポットや狩野川の歴史も体感することができる。

【伊豆半島1周(伊豆いち)ステージ】
伊豆半島を1周するサイクルボール最難関コース
首都圏から近く、オリンピックの舞台にもなった伊豆半島。アップダウンが激しくサイクルボールでは最長距離となる200km超え。一方で景勝地やグルメも目白押しであり、完走できれば喜びと感動はひとしお。そんなサイクリングリゾート伊豆が待っている。余裕を持った1泊2日 の行程がおすすめ!

各ステージの拠点でオープニングイベント開催

サイクルボールSeasonⅢのスタートを記念し、オープニングイベントを実施。開催初日に各拠点でスタート記念式典を実施し、開催初日から5月8日(日)までを開催記念期間として、「超 サイクルボール」のプレゼント企画や、豪華賞品が当たるSNSキャンペーン」企画を実施。

<スタート記念式典>
日時:2022年4月29日(金)10:00~
場所:各ステージ拠点 ※一部のステージは立ち寄りスポットで実施
内容:サイクルボール SeasonⅢのスタートを記念し、「鏡開き」ならぬ「コース開き」を実施。

<開催記念期間の参加者特典>
【「超サイクルボール」をプレゼント!】
期間中に各ステージを走破すると、ゴール地点で「超サイクルボール」をプレゼント。超貴重なオリジナルグッズをぜひゲットしよう。 ※メインコース・ショートコース不問/先着数量限定

【豪華賞品が当たるSNSキャンペーン】
期間中、サイクルボールのコースを走行し、TwitterまたはInstagramで「日付入りの完走証明で きる画像(例:ツール・ド、GARMIN、STRAVAなどなんでも可)」と「#サイクルボール」を添えて投稿した人の中から豪華賞品をプレゼント!


〇対象期間 走行期間:4月29日(金)~5月8日(日)※応募締め切りは5月9日(月)まで
〇賞品例
・Bontrager Aeolus Pro 3 TLR Road Wheel 前後セット1名。耐久性、軽さ、空力性能を最高のバランスで発揮する、フルカーボンの TLR ロードホイール。 ※リムブレーキ用。
・PRIZMレンズ搭載のアイウェア1名。サイクリストに贈るオークリーの人気モデルのアイウェア。

●サイクルボールのホームページ

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。