鎌倉ハイキングコース天園〜瑞泉寺不通区間に侵入者も

2019年の台風被災で全面通行止めとなった鎌倉ハイキングコースは、葛原岡・大仏コースや浄智寺〜葛原岡神社などが復旧工事により通行できるようになったが、被害の大きい祇園山や天園〜瑞泉寺区間は依然通行止め。ただし自転車乗り入れを含めた侵入者もいるようで、鎌倉市観光協会が規制を順守するように呼びかけている。

天園の十字路から瑞泉寺方面のハイキングコースは通行止め(2021年1月14日撮影)

2019年9月8日から9日にかけて首都圏を襲った台風15号の影響で、神奈川県鎌倉市にあるハイキングコースは壊滅的な被害を受けた。さらに同年の台風19号で被害は拡大。鎌倉市のすべてのハイキングコースは通行止めとなった。

鎌倉市は令和元年度一般会計補正予算で、土砂崩落対応に約2億1000万円、倒木処理対応に約900万円、災害備蓄品の補充とハイキングコース復旧などに約7000万円を充てて工事を進めている。おかげでメインルートとして人気のある葛原岡・大仏コースが真っ先に通行止め解除。葛原岡神社から北鎌倉駅に向かう浄智寺コースも復旧。さらに天園ハイキングコースの一部、今泉台〜天園区間も通行できるようになった。

鎌倉市最高標高地点の天園はハイキングコースの十字路となっているが、現在は北に向かう横浜市境、南の獅子舞の谷、西の今泉台へはアクセス可能。唯一東に向かう瑞泉寺区間が通行止めとなっている(2021年1月15日現在)。

天園から瑞泉寺に向かう通行止め区間に設置された看板(2021年1月14日撮影)

ただし通行止めにもかかわらず侵入者も存在する。市内のハイキングコースを案内する鎌倉市観光協会のホームページには、「市としましては、正式に復旧工事を行った後、安全確認を行ってから各コースの開通を行っており、上記コースは引き続き通行止めとさせていただいておりますので、ご理解くださいますようお願いいたします」と注意喚起している。

「また、昨年(2020年)の秋にも周知しておりますが、通行止めにも関わらず、オフロードバイクや自転車等の乗り入れについての通報も引き続き何件かいただいております」とのこと。通行止め区間の侵入は自らに危険が生じるだけでなく、復旧作業に支障をきたすことになる。

天園〜瑞泉寺区間は2021年4月以降に通行止め解除を目指す。ハイカーはそれまでの辛抱、オフロードバイクや自転車利用者はそれ以降も通行不可。オフロード系サイクリストは富士山麓トレイルコース「Fujiyama Power-line Trail」などのフィールドで走ろう。

要所に通行止め区間を知らせる看板がある(2021年1月14日撮影)

復旧を完了した区間と通行止め区間

【祇園山】 
×大規模ながけ崩れや倒木により復旧の目途が立たず

【葛原岡・大仏】 
葛原岡~大仏…2020年4月に復旧
葛原岡~浄智寺…2020年6月に復旧

【天園】
今泉台4丁目~天園、今泉台6丁目公園~覚園寺…2020年6月に復旧
×天園~瑞泉寺…2020年度以降に復旧予定
天園から横浜市へは通行可能(詳しくは横浜市栄土木事務所ホームページで

2021年1月7日には強風が吹き荒れ、コース頭上に引っかかり枝が多数あるので注意が必要

●鎌倉市観光協会のホームページ

●これまでの関連ニュース
鎌倉の人気ハイキングコースが通行不可…復旧のめど立たず(2019年9月23日)
鎌倉のハイキングコースが台風19号でさらなる被災(2019年10月14日)
台風被災の鎌倉ハイキングコースは通行止め状態で越年(2019年12月28日)
鎌倉のハイキングコース復旧工事に市の補正予算3億円(2020年1月31日)
鎌倉ハイキングコース一部通行目処も侵入者で復旧に支障(2020年3月28日)
鎌倉ハイキングコースの葛原岡・大仏間が7カ月ぶりに通行再開(2020年4月10日)

山小屋にフェイスシールド提供…モンベルのアウトドア義援隊

日本のアウトドアブランド、モンベルが新型コロナウイルス感染の抑制のため、医療機関に提供していたフェイスシールドについて、登山シーズン本番に向けて、山小屋への無償提供を行なっていく。登山を楽しむ人と山小屋運営者の安全のため。

モンベルが医療機関に提供した防護服やフェイスシールド ©東京医科歯科大

「アウトドア義援隊」という支援活動を行っているモンベルは、新型コロナウイルス感染拡大を受け、医療活動を行っている機関や感染抑制のため活動されている各自治体保健所・役所などへの支援を行なっている。医療機関にタイベック素材の防護服やフェイスシールド、レインウエアを提供してきた。

アウトドア義援隊は医療機関への義援金を広く募集。義援金は銀行振り込みの他、モンベル店舗での購入時に付帯するメンバーズポイントでの支払い(一口100ポイントから)、さらに準備ができ次第、モンベルストア店頭に募金箱を設置し、援助金の受け付けを継続している。

●アウトドア義援隊の活動内容

自転車をはじめとした最新ニュースを定期購読しよう

スポーツニュースサイトのPRESSPORTS(プレスポーツ)では毎日、国内外の多くの最新情報をどこよりも早くニュース掲載しています。ニュース更新を登録メールにお知らせする機能を活用して、最新情報をチェックしてみてください。

最新ニュースの購読申し込みは簡単・無料・停止も自在

ニュース更新を登録メールにお知らせする機能です。登録メールアドレスはPRESSPORTS側に表示されないので、不要なお知らせなどが送られてくることはありません。更新頻度が多く、メール受信がわずらわしい場合は配信停止などの設定もすぐに行えます。深夜にメール受信したくない場合は、受信時間の設定も行えます。

●パソコン・タブレット端末からのニュース購読申し込み

●閲覧しているページのフッター(最下部)にある「ブログをメールで購読」にメールアドレスを入力して、登録をクリックしてください。
●PRESSPORTSから「購読を確認する」というメールが送信されるので、「フォローを確認」をクリック。
●フッターは各ページの最下部にあります。


●スマホからのニュース購読申し込み

●閲覧しているページのフッター(最下部)にある「ブログをメールで購読」にメールアドレスを入力して、登録をクリックしてください。
●スマホの場合はスクロールが大変ですが、頑張ってください!
●PRESSPORTSから「購読を確認する」というメールが送信されるので、「フォローを確認」をクリック。
●フッターは各ページの最下部にあります。

登録メールに送信される「ニュース更新のお知らせ」

PRESSPORTS からの更新を今後受信しない場合は購読を解除してください。
メール設定は購読管理画面で変更してください。
毎日または毎週のメール配信を選択した際、配信希望時間帯を指定してください。

●トップページへ(フッターに購読申し込み欄)

モンベルが医療機関に防護服やフェイスシールド、レインウエア提供

日本のアウトドアブランド、モンベルが新型コロナウイルス感染症拡大を受け、医療活動を行っている機関や感染抑制のため活動されている各自治体保健所・役所などへの支援を行なっている。医療機関にタイベック素材の防護服やフェイスシールド、レインウエアを提供し、最前線の医療現場で活用されている。

医療機関へタイベック素材の防護服やフェイスシールドを提供

また、アウトドア義援隊として医療機関への義援金を広く募集。義援金は銀行振り込みの他、モンベル店舗での購入時に付帯するメンバーズポイントでの支払い(一口100ポイントから)、さらに準備ができ次第、モンベルストア店頭に募金箱を設置し、援助金の受け付けを開始する。

写真下は防護服の試作品をつくる辰野勇モンベル代表

●モンベルの詳細ホームページ

湘南の海が南国のビーチのようにきれいな本当の理由

相模湾に面した湘南海岸のうち、鎌倉から逗子や葉山にかけてエメラルドグリーン色の海が広がっていて、地元では話題になっている。新型コロナウイルス感染拡大により観光地の店舗が営業を取りやめていて、人通りが少なくなったのが原因か?

葉山町の真名瀬海岸から江ノ島を臨む(2020年5月17日撮影)

神奈川県鎌倉市の海では2017年5月にもニュースで報じられるほど、海の色が変わって話題になったことがある。

鎌倉市の海岸で2017年5月上旬、水温上昇でプランクトンが異常増殖して海面の色が変わる、赤潮とみられる現象が確認されていた。さらに夜光虫が波の刺激で発光し、青白い光が波間にゆらめく幻想的な光景が一面に広がった。夜光虫はプランクトンの一種だという。

このときはかなり衝撃的な赤い海だったが、今回は南国を思わせるようなエメラルドグリーン色だ。ただし遠目に見れば南国パラダイスのようだが、海面に接近してみると透明度に乏しく、抹茶ラテを大量に流し込んだかのように濁っている。

秋谷の立石公園(2020年5月17日撮影)

実は今回も植物プランクトンの大増殖によって、白潮という現象が起きたのではないかと、横浜国立大学臨海海洋センターがfacebookに書き込んでいる。

「これは赤潮ならぬ白潮と呼ばれる現象です。白潮も植物プランクトンの大増殖の結果であり、円石藻という藻類が原因です」(横浜国立大学臨海海洋センターのfacebookより)

「南国の海のようですが、透明度はどの測点でも4mほどしか無く、どちらかというと抹茶ミルクでしょうか」

秋谷の立石公園。駐車場は緊急事態宣言のため閉鎖中(2020年5月17日撮影)

新型コロナウイルス感染拡大により、経済活動が停止し、化石燃料を使った交通手段や工場などの稼動がストップしている。こころなしかこれまでより青空が広がったような気もするが、湘南海岸の海は自然の浄化によってもたらされたとは言えないようだ。

5月14日には緊急事態宣言が一部で解除された。神奈川県は依然として宣言が継続しているが、5月17日の日曜日には湘南海岸で渋滞が発生。観光地として多くの飲食店が軒を連ねる鎌倉の小町通りも営業再開する店舗が増え、人通りが増えてきた印象がある。
【関連ニュース】「鎌倉には来ないで」感染率が高い観光地鎌倉が悲痛な訴え

見た目は美しいが、湘南海岸では極めて珍しい白潮現象は海産物にも打撃を与えることになり、地元の漁業関係者は警戒心を強めているという。

同センターでは採集した試料を使って、さまざまな解析をしていく予定だという。

●横浜国立大学臨海海洋センターのfacebook

葉山町の真名瀬海岸から江ノ島を臨む(2020年5月17日撮影)

「鎌倉には来ないで」感染率が高い観光地鎌倉が悲痛な訴え

鎌倉市は人口あたりの新型コロナウイルス罹患率が神奈川県で一番高く、大阪府を上回っている。鎌倉市など神奈川県内沿岸部11市町の首長は4月22日、緊急事態宣言の発令中にもかかわらず観光客の混雑が激しさを増している状況を憂慮。新型コロナウイルスの感染拡大を防止することを目的として、「いまは観光に来ないでほしい」と宣言した。

北鎌倉駅からすぐに行ける円覚寺は拝観できなくなった(4月24日撮影)

ゴールデンウィークの混雑に生命をおびやかされるほどの危機感

大型連休を前にして鎌倉市は逗子市・葉山町とともに4月25日(土)、26日(日)の対応について協議し、海岸でのバーベキューなどの自粛要請をする。

4月25、26日の週末は引き続き多くの観光客が来訪することを想定できることから、海岸の利用の自粛(例:バーベキュー、テントやサンシェードの利用、その他集団で行うスポーツなど)のご協力をお願いする。そのために、各市町の海岸の巡視、注意活動を行う。

円覚寺(えんがくじ)は閉門されている
円覚寺の座禅会も当面中止
鎌倉五山の第一位建長寺。時間限定で伽藍には入場できる

また、日本サーフィン連盟湘南鎌倉支部と鎌倉市は、国の「緊急事態宣言」の発令を受け、海と海岸利用の自粛を求める。

「市民の感染リスクや精神的不安を少しでも軽減できるよう、ローカル、ビジターともに心ある行動とご理解ご協力をお願いいたします。今の私たちの行動が自分自身を、また自分の大切な人たち、そして社会を守ることにつながります。日本のサーフカルチャーを牽引してきた鎌倉、これからも新たな時代を築いてまいります。そのためにも今は#STAY HOME、そして、また鎌倉の海で会いましょう」

鶴岡八幡宮(4月24日撮影)
鶴岡八幡宮は門がないのでだれでも入場できるが人の姿はない(4月24日撮影)

「今は鎌倉への観光を控えるようお願いいたします。みなさまのご協力により、少しでも早く通常の生活が戻り、いつものような鎌倉観光ができるようになればと願っております」と、鎌倉市の松尾崇市長が鎌倉商工会議所の久保田陽彦会頭、鎌倉市観光協会の大森道明会長と連名で発信した。

若宮大路の三の鳥居から段葛を望む(4月24日撮影)

普段なら観光客でにぎわう小町通りもお店はほとんど閉まっている。また公共駐車場はすべて封鎖された。鎌倉観光は新型コロナウイルスが収束してから、のんびりいくのがオススメ。

普段は行楽客でごった返す小町通りだが、ほとんどの店舗が休業中(4月24日撮影)

●鎌倉市のホームページ

モンベルがアウトドア義援隊協力お願い…医療現場を支援

日本のアウトドアブランド、モンベルが新型コロナウイルス感染症対策を支援するため、アウトドア義援隊による援助金受け付けを開始した。

辰野勇代表自らがミシンを使って医療用防護服を試作する

東日本大震災、熊本地震、2019年の令和元年台風第19号災害の折にも、モンベルは一般に呼びかけて義援金を集めて被災者を支援した。今回の新型コロナウイルス感染症拡大を受け、医療活動を行っている機関や感染抑制のため活動している各自治体保健所や役所などへの支援を実施する。

「できることから着手させていただきたく、ご協力をお願いいたします。今回の災害は国民のすべて、世界人類すべてが被災者です。しかし、被災者も互いにできることで助け合うしかありません」と同社。

モンベルはすでにスリーピングバッグカバーの素材、デュポン社製「タイベック」を使った防護服を製造し、大阪市にある住友病院へ届けた。また、災害時用に備蓄したレインウエアも医療現場に届ける予定だという。

●モンベルの詳細ホームページ

ESSが米国・欧州の医療従事者に1万4000アイウエアを提供

軍隊・警察・消防などの現場で愛用されている米国のアイウエアメーカー、ESSが新型コロナウイルスと立ち向かっている米国・欧州の医療従事者や初動対応者に1万4000セットの保護用アイウエアを提供した。

20年以上にわたり、ESSは戦場の最前線で男性と女性を守ることに専念してきたメーカーだ。現在、地球全体を揺さぶる新型コロナウイルスで前例のない敵に直面している。ESSは緊急の必要性を認識し、医療従事者、初動対応者、米国とヨーロッパでのこの新しい戦いの最前線にいる人々を支援するために、1万4000セットを超える保護眼鏡を寄付した。

「ESSは、生命の保護に貢献しているすべてのヒーローに私たちのサポートを約束します。一緒にこれを倒すことができます!」とコメントしている。

ESSは世界中の軍隊、警察、消防などで愛用されている防護用アイウエアだ

●ESSのホームページ