コルブレッリがドバイツアー第4ステージV…ビビアーニが首位死守

ソニー・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・メリダ)が2月9日に行われたドバイツアー第4ステージを制した。ダム湖がある山岳にゴールするステージは大会で最も難易度が高いものだったが、コルブレッリが少人数のゴール勝負をトップフィニッシュした。

ドバイツアー第4ステージを制したソニー・コルブレッリ

「残り20kmでメカニックトラブルが発生したけれど、ボクはそのままの状態でゴールを目指すことを選択した。だから最後の上りは53Tというとても重いギヤしか使えなかったので、厳しかった」とコルブレッリ。
「この大会の開幕時からチームはボクを援護してくれている。とりわけビンチェンツォ・ニーバリには助けられている。このシーズンに彼がターゲットとするレースのときはボクがアシストできればいいと思っている」

第4ステージは5日間の日程で開催されるドバイツアーで最難関のコースだった

総合成績では前日に首位に立ったエリア・ビビアーニ(イタリア、クイックステップフロアーズ)がタイム差なしの区間6位でゴール。上位3選手がボーナスタイムを獲得していたが、前日の貯金を利してその座を守った。大会は10日まで。

ドバイツアー第4ステージで首位を守ったエリア・ビビアーニ

●関連ニュース

カベンディッシュがゴール勝負を制す…ドバイツアー第3ステージ

ブリヂストンサイクルの五輪出場社員や現役が埼玉サイクルエキスポでトークショー

ブリヂストンサイクルは2月17〜18日にさいたまスーパーアリーナで開催される、自転車の魅力を伝えるイベント「埼玉サイクルエキスポ」に出展する。2020年に向けて自転車競技を盛り上げていく取り組みの一環として、今回は自転車の展示・試乗のほか、オリンピアンによるスペシャルトークショーを特設ステージで開催。オリンピック出場経験がある同社社員や自転車チーム「チームブリヂストンサイクル」の現役選手も登場し、自転車競技に関しての知識などをクイズを交えて解説する。

ブースでは、サイクルシミュレーターを活用してオリンピアン同士の自転車対決も実施。一般の人にもオリンピアンの走りを体感してもらえるように、選手たちが記録したタイムに挑戦できるコーナーも設置する。

■イベント名:埼玉サイクルエキスポ2018
■開催日:2018年2月17日(土)9:00~17:00(自転車試乗は16:30で受付終了)
18日(日)9:00~16:00(自転車試乗は15:30で受付終了)
※雨天決行(雨天の場合、試乗は状況を見て実施を判断)
■開催場所:埼玉県 さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ・けやきひろば
■入場料:無料
■実施概要:
●特設ステージにて実施する内容
「ブリヂストンサイクルプレゼンツ オリンピアンが教えるスポーツ自転車のヒミツ~クイズでブリヂストンオリジナルグッズをgetしよう~」
出演者 鈴木光広(ソウル1988オリンピック出場)、藤田晃三(バルセロナ1992オリンピック出場)
飯島誠(チームブリヂストンサイクル総監督/シドニー2000、アテネ2004、北京2008オリンピック出場) 
窪木一茂(チームブリヂストンサイクル所属/リオ2016オリンピック出場)
原田裕成(チームブリヂストンサイクル所属/日本代表強化指定選手)

●ブースで実施する内容
・サイクルシミュレーター体験
・自転車展示(電動アシスト自転車・BRIDGESTONE ANCHOR、エアフリーコンセプトタイヤ装着車など)
・子ども乗せ電動アシスト自転車相談会
・補助輪外しセミナー(17日のみ開催)※当日予約が必要

●屋外試乗コースで実施する内容
・自転車試乗(シティサイクル試乗コース、スポーツサイクル試乗コース、キッズサイクル試乗コース)

●埼玉サイクルエキスポのホームページ

●関連ニュース

女性誌ヴェリィとコラボした子ども乗せ電動アシスト自転車が限定発売

ジョン・デゲンコルプをモチーフにしたChasin’ Acesペイントが登場

トレック・セガフレードのクラシックレーサー、ジョン・デゲンコルプ(ドイツ)をモチーフにした限定ペイント”Chasin’Aces”がトレックのカラーオーダーシステム、プロジェクトワンに登場した。

テーマはマットブラックを基調とし、ジョンが愛するカフェレーサー・モーターサイクルにひらめきを得たストライプがフレームをふちどっている。色はフロントフォークとチェーンステーの内側では赤へと変わり、デザインを一層輝かせている。このペイントは7月ごろまでの限定された期間のみの販売となる予定。またマドンでのみ選択可能。

2月28日までは「2万円キャッシュバックキャンペーン」を実施しているトレック・ジャパンだが、このペイントも対象となる。

●ジョン・デゲンコルプの特設ページ

トレックの2万円キャッシュバック!プロジェクトワンキャンペーン

●関連ニュース

2万円キャッシュバック…プロジェクトワンキャンペーンが1月27日スタート

アジア選手権個人タイムトライアルの女子エリートで唐見実世子が3位

ミャンマーのネピドーで開催されている第38回アジア自転車競技選手権、第25回アジア・ジュニア自転車競技選手権は大会2日目となる2月9日、個人タイムトライアルの各カテゴリーが行われ、女子エリート個人タイムトライアル(22km)で唐見実世子(弱虫ペダルサイクリング)が32分18秒127で3位になった。

女子エリート個人タイムトライアルで3位になった唐見実世子(右) ©Kenji NAKAMURA/JCF

女子エリート個人タイムトライアルで3位の唐見実世子 ©Kenji NAKAMURA/JCF

男子U23個人タイムトライアル(34km)では松田祥位(岐阜・岐阜第一高)が42分13秒865で3位。

男子U23個人タイムトライアルで3位になった松田祥位 ©Kenji NAKAMURA/JCF

男子U23個人タイムトライアルで3位になった松田祥位(右) ©Kenji NAKAMURA/JCF

女子U23個人タイムトライアル(22km)で中井彩子(鹿屋体育大)が33分46秒387で5位になった。

女子U23個人タイムトライアル5位の中井彩子 ©Kenji NAKAMURA/JCF

●関連ニュース

石上夢乃がアジア選手権ジュニアTTで2位…山本哲央は5位

●アジア選手権の関連ニュース

女性誌ヴェリィとコラボした子ども乗せ電動アシスト自転車が限定発売

ブリヂストンサイクルは、女性誌『VERY(ヴェリィ)』とコラボした「HYDEE.Ⅱ(ハイディツー)2018年限定モデル」を数量限定2000台で2月上旬より全国の販売店を通して新発売する。価格は14万9800円(税別)。

この子ども乗せ電動アシスト自転車は2011年6月より発売を開始。安全性を損なうことなくおしゃれさを追求するため、車体からチャイルドシートまでゼロからの開発をヴェリィ編集部と共同で行った。コンセプトは「パパもママも乗れるハンサムバイク」。ママが扱うことを前提とした安全設計に、パパも好むスポーティなクルーザースタイルを取り入れた。

2014年2月には市場要望に応えて3人乗り(幼児2人同乗)対応「HYDEE.Ⅱ」へとモデルチェンジ。編集部と新たに専用フロントチャイルドシートを共同開発するとともに、車体設計も見直すことでデザイン性を損なうことなく安全性を確保した。

今回発売する限定モデルの色はマットな質感の「グレー」を展開。デザインは限定モデルだけの特別な新しいロゴをあしらい、リヤチャイルドシートには限定仕様のグレー系の迷彩柄を標準装備。さらにホワイトサイドタイヤを使用してコーディネートすることで、標準モデルにはないクラシカルな仕様となっている。

<限定モデル特別仕様>
①最大62km走行できる大容量「リチウムイオンバッテリー」搭載
②限定モデルだけの特別デザインロゴ
③ホワイトサイドのセミスリックタイヤ採用
④クッションが2パターン標準装備(グレー迷彩・ブラック)
⑤高級感のある鋲なしの「黒レザーサドル」採用

●HYDEE.Ⅱ(ハイディツー)の詳細サイト

●関連ニュース

ブリヂストンの90年代クロモリ製ロードレーサーが50台限定販売へ

日本のエーゲ海をサイクリストが独占…5月20日に和歌山県由良町でイベント開催

「オーシャンビューサイクルフェスタ~白崎エンデューロin由良」が5月20日に和歌山県由良町で開催され、現在その参加者を募集している。申し込み締め切りは5月6日。同大会は「ツール・ド・ニッポン」のひとつとして開催され、シリーズ第4戦となる。

美しきエメラルドグリーンの海面はまさにエーゲ海

この大会は「日本のエーゲ海」とも称される白崎海岸を舞台にして、公道を封鎖して行われる自転車耐久レースイベント。会場となるのは和歌山県の自然公園にも指定されている「白崎海洋公園」で、コースは県道24号線を使用した太平洋にのびる群青の海を眺めながら走る全長2.5kmの絶景ルートだ。

普段はクルマや歩行者に気をつかいながら走る公道も大会開催中はサイクリストのために完全封鎖

アスリートクラス、ファンライドクラスとカテゴリーを設定

2018年は「アスリートクラス」「ファンライドクラス」とクラスごとにカテゴリーを設定。「ファンライドクラス」は自転車初心者でも気軽に参加できる。また、2人1組でタイムを競う「ペア・タイムトライアル」も実施される。

走った後は由良町食材を堪能。みかんやオレンジなどの柑橘類も豊富
オーシャンビューサイクルフェスタ~白崎エンデューロ in 由良
上位入賞者やジャンケン大会勝者には由良町の特産品を贈呈

■名称:オーシャンビューサイクルフェスタ 白崎エンデューロin由良
■開催日:2018年5月20日(日)
■会場:白崎海洋公園(和歌山県由良町)
■種目:サイクルエンデューロ、ペア・タイムトライアル
■主催:由良町サイクリング&ウォーキング実行委員会
■共催:一般社団法人ルーツ・スポーツ・ジャパン
■対象:中学生以上
■事務局:ツール・ド・ニッポン事務局(ルーツ・スポーツ・ジャパン内)
オーシャンビューサイクルフェスタ 白崎エンデューロin由良のホームページ

カベンディッシュがゴール勝負を制す…ドバイツアー第3ステージ

マーク・カベンディッシュ(英国、ディメンションデータ)が2月8日に行われたドバイツアー第3ステージをゴール勝負で制した。総合成績では前日に2位につけていたエリア・ビビアーニ(イタリア、クイックステップフロアーズ)が首位に立った。

ドバイツアー第3ステージを制したマーク・カベンディッシュ

「今日はとてもいい感触だった。トラックレースではビビアーニのスピードにかなわないので、最後の最後まで背後に追従して、絶好の位置からスパートをした」とカベンディッシュ。
「シーズン序盤に勝利をものにするのはいいことだ。この1勝でボクは昨年の勝利数と同じ数に並ぶことができた。昨年7月のツール・ド・フランスでの落車の影響は身体のいくつかにまだ残っている。多分残りの人生もそれを感じない日はないと思う。いつもの7月にはほど遠いが、今のコンディションには満足している」

首位のリーダージャージを着ていたディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ロットNLユンボ)はレース途中で機材故障の自転車を交換。先行していた集団に復帰する際にチームカーを風よけにして走行した時間が容認できないほど長かったため、20秒のペナルティを受けて首位を陥落した。

ドバイツアー第3ステージでメカトラブルに陥ったディラン・フルーネウェーヘン

●ドバイツアーの公式SNS
www.dubaitour.com
Facebook page
Instagram account
Twitter page
YouTube Channel

ドバイツアー第3ステージ ©LaPresse – Fabio Ferrari

●関連ニュース

ビビアーニが29歳の誕生日を勝利で飾る…ドバイツアー第2ステージ

石上夢乃がアジア選手権ジュニアTTで2位…山本哲央は5位

ミャンマー・ネピドーで開催されている第38回アジア自転車競技選手権、第25回アジア・ジュニア自転車競技選手権は大会初日の2月8日に女子ジュニア個人タイムトライアル(11km)が行われ、石上夢乃(神奈川・横浜創学館高)が16分14秒125で2位になった。

女子ジュニア個人タイムトライアルの石上夢乃 ©Kenji NAKAMURA/JCF

女子ジュニア個人タイムトライアルで2位になった石上夢乃(左) ©Kenji NAKAMURA/JCF

男子ジュニア個人タイムトライアル(22km)の山本哲央(山梨・韮崎高)は31分01秒254で5位。

男子ジュニア個人タイムトライアル5位の山本哲央 ©Kenji NAKAMURA/JCF

●関連ニュース

アジア選手権初日の男子チームタイムトライアルで日本が優勝