小学生からプロへと続く地域一貫指導…シエルブルー鹿屋が資金募集

小▶︎中▶︎高▶︎大▶︎プロと続く地域一貫指導プロジェクトを行うシエルブルー鹿屋GM兼総監督の黒川剛さんが、その資金調達のためのクラウドファンディングへの協力を呼びかけている。
①シエルブルー鹿屋に育成選手登録された4名を含む鹿屋体大生の支援
②小中学生自転車教室の支援

「人材育成」で大隅・鹿屋から目指す自転車メジャー化 !

鹿児島県大隅半島は温暖な気候に恵まれた、自然豊かな地域です。

私はここ大隅・鹿屋を発信源とした「日本においての自転車メジャー化」を目指しています。

「あの日、世界最強の選手を多数輩出するベルギーで見た、大人も子どももみんなが自転車を楽しんでいる光景を日本にもつくりたい。」私が目指す形のモデルは明確です。

30年ほど前まで鹿児島県は全くの自転車後進県でしたが、今ではここ大隅半島にシエルブルー鹿屋、鹿屋体育大学、南大隅高校といった各世代(カテゴリー)で全国トップを争えるチームが存在するまでになりました。

私自身が指導者として、絶好の走行環境や鹿屋体育大学での科学トレーニングをふんだんに活用し、63名の全国チャンピオン、50名超の日本代表(内5名がオリンピアン)を輩出するなど一定の実績を残せましたので、日本の隅っこにある大隅半島が自転車選手の育成に向いていることは証明できたと自負しています。

シエルブルー鹿屋GM兼総監督の黒川剛さん

しかしながら、本当に世界に通用する選手が数多く輩出できたかと言われたら、答えは「NO」です。

そして自転車が“まち”に溶け込み、市民の誰もが楽しめる文化になったかと言われたら、答えは「NO」です。

そこで『人育て』により、ここ大隅・鹿屋で発掘・育成された子どもたちが、将来『世界で戦えるエリート選手』として羽ばたいて行い、さらには応援する市民も自転車を楽しめるような『常に自転車が身近にある社会』を創る夢を叶えたいという思いで、今回の新たなアタックを決意しました。  

先ずは長期的な目標として、人材(選手やスタッフ)を育てるために、大隅・鹿屋という一つのエリア内に於いて、幼児からプロ選手までを一貫して教育ができる日本初の仕組みを創ります。

その中核を担うのが、子ども達が自転車を楽しみながら地域と繋がれる「シエルブルー・エスポワール計画」です。

シエルブルー鹿屋

同計画には2つの大きなミッションがあり、①自転車好きな子どもたちを増やし才能を伸ばす活動と、②そこから生み出されたトップ選手の育成。どちらも欠かすことのできない、私たちの大切な取り組みだと考えています。

これらは日本国内で初めてとなる自転車選手の「地域一貫育成システム」の創設です。この計画が成功すれば、この活動は全国各地の人材育成のロールモデルになる重要な役割を担うはずです。

ここ大隅・鹿屋から、「エスポワール(希望の人材)」が育ち、自転車の魅力を全国に発信していくために、そして自転車を生かしてこの地域が元気になるために精一杯がんばりますので、皆さまの温かいご支援を、ぜひともよろしくお願いいたします!

●シエルブルー鹿屋クラウドファンディングページ

サイクリングで見たまんまを800万画素・4Kメガネで収録

見たままをハンズフリー撮影できる。800万画素で4K高解像度の新カメラ内蔵メガネが、国内応援購入サイトのMakuakeで2021年10月30日まで限定割引販売をする。価格は1万8000円だが、早割や超早割などの減額がある。

「新カメラ内蔵メガネ」は、急に撮影したいと思った際にスマホを取り出す手間もなく、ハンズフリーで見たシーンをそのまま撮影できるブルーライトカットメガネ(近視レンズ交換もOK)。

絞り:F=20、視角:FOV=83°、水平視角:66°、垂直視角:55°、焦点距離:4.5mm

容量230mAhのバッテリーを内蔵していて、フル充電で約60〜70分間の連続撮影が可能。重さはわずか32gの軽量設計。フレームにはTR90素材を採用し耐摩耗性、耐傷がある。

電源スイッチを3秒長押しするとブルーライトが5〜8秒間点灯し撮影を開始する

Makuakeの詳細サイト

VRであらゆる世界を駆け巡れるサイクリングデバイス

VRであらゆる世界を駆け巡れるサイクリングデバイス「Blync=ブリンク」がクラウドファンディングのGREEN FUNDINGで7月13日から開始。「Blync」は付属の方向センサーと速度センサーを愛用の自転車にセットすることで、ゲームや異世界でのサイクリングを楽しむことができるデバイス。 

自宅でレースやツーリングができる

全く新しいVRサイクリングシステムだ。「Blync」は、仕事や子育てに忙しくてお気に入りの自転車でなかなかサイクリングをすることができない開発者の妻のために、カナダ・オンタリオのKinbona Limited社で開発された。同製品は、2020年に行われた海外のクラウドファンディング、KickstarterやINDIEGOGOで計700人以上から約1000万円の支援金を集めた。

サイクリングの世界をもっと大きく広げよう。複数人でのレースやツーリングを楽しむことも可能。 そのほか、ゲーム作成アプリUnityを使うことでオリジナルのコースを作ることもできる。

「Blync」はMacやWindows、 iPhoneやOculusなど各種デバイスに対応。それぞれ専用アプリをダウンロードすれば、サイクリングゲームを楽しんだり、走行距離を確認したりすることができる。 

接続は簡単。自転車をセットしてそれぞれの電源を入れたら、アプリを起動すればすぐに接続することができる。

「Blync」は走行中の速度の表示はもちろん、センサーから割り出された消費カロリーもセッション終了後に確認できる。ダイエットの目標を立てて、楽しみながらコツコツ運動することもできる。 

●クラウドファンディングのホームページ

30以上の機能を凝縮したカードサイズのマルチツールDistinct

米国ニューヨークで企画されたChiseled Designの新商品「Distinct」が、クラウドファンディングのMakuake(マクアケ)で2021年3月9日(火)12時よりプロジェクトを開始した。取り扱いはライフクルーズ。

「Distinct」は30以上の機能を凝縮したカードサイズのマルチツールで、40分でクラウドファンディング目標金額を達成したという。最大35%OFFとなる超早割では1個5260円、2個1万200円。

サイズ は9.5 x 5.5 x 1cm。重量は160g。材質はマルテンサイト17-4PHステンレス鋼。中国製品。

キャンペーン期間は2021年3月9日(火)から 4月11日(日)まで。

●Makuakeの先行予約販売ページ

ZWIFT対応フィットネスバイクが3日で1000万円資金獲得

さまざまなバーチャルサイクリングアプリに対応した多機能センサー内蔵フィットネスバイクの第2世代、HITFIT Bike 2(ヒットフィットバイク2)がクラウドファンディングサービス「GREEN FUNDING(グリーンファンディング)」で、わずか3日で支援額1000万円を突破した。

HITFIT Bike 2は最新テクノロジーをスタイリッシュで高品質なプロダクトとして企画・販売するエッジニティが企画した商品。クラウドファンディングに表示される価格は税込み・国内送料込みで10万2200円。

自宅でバーチャル世界をサイクリングできるオンライントレーニングアプリは、天候に左右されず安全にゲーム感覚で楽しめることからコロナ禍においてさらに人気が高まっているという。しかし、実際に始めるには必要機材を多く、セッティングに手間もかかることからハードルが高く手が出しにくいという課題があった。

そこでエッジニティでは、有名バーチャルサイクリングアプリ対応の多機能センサー内蔵フィットネスマシン「HITFIT Bike」を2020年に発表。好評につき完売となり、ギヤシフト機能を搭載して進化させた第2世代「HITFIT Bike 2」の先行販売を開始した。 

■主な特長
・さまざまなバーチャルトレーニングアプリに対応した多機能センサー内蔵
・坂道など勾配をリアルに再現する自動負荷機能搭載
・本体ハンドル部にギヤシフト機能ボタンを搭載
・電磁負荷方式採用により30dB以下の非常に優れた静音性
・ハンドルの高さとサドルの高さおよび前後のポジション調節可能
・ラクラク移動のキャスター付き

●プロジェクトの詳細ホームページ