新進気鋭のイタリアンアパレルブランドDOTOUT(ドットアウト)日本市場へ

カワシマサイクルサプライは、イタリアのサイクリングアパレルブランド「DOTOUT(ドットアウト)社」と日本市場における販売代理店契約を締結し、2018年冬より日本市場への展開を開始する。

RIVAL JERSEY

OXYGEN JERSEY

■DOTOUTとは
DOTOUT(ドットアウト)は、2015年にイタリアで生まれたサイクリングアパレルブランド。ブランド名の由来は、終止符を意味する「DOT」と、屋外を表す「OUT」の組み合わせで、日々忙しく過ごす日常から離れ、サイクリングを楽しもう!という意味が込められている。イタリアでは日常がどんなに忙しくても時間を見つけサイクリングを楽しむ人が大勢いる。そんな彼らのライフスタイルを体現しているのがDOTOUT(ドットアウト)。

SQUARE JERSEY

■Concept(コンセプト)
DOTOUT(ドットアウト)のコンセプトは「BACK IN TWO HOURS(2時間で戻る)」。ちょっと走りに行ってくるね!と気軽にサイクリングを楽しみ、日常のストレスから解放される。そのひと時を楽しむというイタリアのサイクリストらしい意味が込められている。そういったストレスフリーで、豊かなサイクリングライフを過ごすために、素材は最高品質の物を使用しながらも、街並みに溶け込むカジュアルでシンプルなデザインを採用している。


■取り扱いはカワシマサイクルサプライ
カワシマサイクルサプライが日本市場で展開するDOTOUTサイクルヘルメットは、EN規格(欧州統一規格)に準拠していて、日本のアマチュア自転車競技にも対応するようJCF公認を取得。12月ごろより取り扱いをスタートする。
DOTOUTサイクルウエアは2019年の春夏物よりスタートし、来春2月ごろより販売をスタートする予定。最高品質の素材を使用しながらも、レースユースよりも全ての日常のライドに使用できる着心地のよさを追求した製品を中心に取り扱う。
ヘルメット、ウエア、アクセサリーは日本市場にマッチする製品をセレクトして輸入。

DOTS W JERSEY
HORIZION JERSEY

■CYCLE MODE international 2018出展
その品質や素材の風合い、全体のイメージなどを実物で確認できるのは、11月9日~11日に千葉県の幕張メッセで開催される「サイクルモードインターナショナル 2018」の同社ブース。一部の製品ではあるが製品展示を行う予定。

秋冬でも快適にサイクリングできるウエア選びをモンベルがホームページで紹介

アウトドアブランドのモンベルが、寒暖差が激しい季節におけるサイクリングウエアの着こなし術をホームページで特集している。

アウトドアウエアの基本はアウター、ミドル、アンダーの3層レイヤリングだ

夏の暑さが和らぎ、涼しい風が心地よい秋はサイクリングにぴったりな季節。街中を走っても心地よく、山あいに入れば紅葉を楽しむこともできる。さらに気温の下がる冬も防寒対策をしっかり施せば、散策や観光を自転車で楽しむのに適した季節といえる。とはいえ秋から冬にかけては、一日の寒暖差が激しい時季。走り方や気候にあった、サイクリングならではのレイヤリング方法を紹介する。

●モンベルのサイクリングウエア着こなし術

快適なツーリングの基本はレイヤリング
レイヤリングの基本はアウターウエア・ミドルレイヤー・アンダーウエアの組み合わせ。汗冷えを防ぐために速乾性に優れたアンダーウエアと適度な通気性と保温性を持たせたミドルレイヤー、そして下り坂や朝晩の冷え込みには防風性や保温性に優れたアウターウエアを組み合わせることで快適にツーリングができる。

走り方や気候で組み合わせを選ぶ
めまぐるしく天気の変わる季節は、走り込む強度や天候をよく見てウエアを選ぶ。トレーニングなどしっかり走り込む場合や、峠を登るアクティブなサイクリングでは想像以上に体温が上がり、発汗量も増える。こういった場合は速乾性と適度な通気性に長けたウエアを選んでみるといい。逆に、街中をのんびり散策する場合や、日差しの弱い日など、発汗量が少ないシチュエーションでは防風性や保温性に優れたウエアを選ぶことで快適にサイクリングが楽しめる。

脱ぎ着するウエアは携帯性にも着目
状況に応じて頻繁に脱ぎ着する場合は携帯性にも着目したい。ポケッタブル仕様のアウタージャケットはサイクルジャージの背中ポケットにも収納できて便利。ただし薄手のウエアの防寒性には限りがある。その場合、ミドルレイヤーとアンダーウエアで防寒できるように着合わせれば、快適に走ることができる。運動量が少なく汗をかきにくいサイクリングの場合は厚手のアウターウエアに速乾性に優れた薄手のサイクルジャージを組み合わせることで、脱ぎ着を少なくし快適に走ることができる。

身体にぴったりするレーシーなフィット感…パールイズミのイグナイトシリーズ

国内最大手の自転車ウエアメーカー、パールイズミは2018年秋冬新商品として「イグナイトウィンタージャージ」、「イグナイトウィンタービブタイツ」をサイクルショップやスポーツ用品店などで発売する。

イグナイトウィンタージャージとビブパンツ。カラーはスパーク

「イグナイトウィンタージャージ」はソフトな柔らかさと伸縮性に優れた素材「サーモドレスストレッチ」を採用した、動きやすく細身で身体にピッタリとフィットするレースフィットの15度対応のジャージ。適度な保温力と吸汗速乾性能で汗冷えを抑え、サラッとした着心地。質感とディテールにこだわったシンプルでシャープなデザインが魅力のジャージ。

「イグナイトビブパンツ」はイグナイトウィンタージャージ(3450-BL)とコーディネートできる10度対応のタイツ。パッドにはソフトな肌ざわりと最適なクッション性でお尻の痛みを和らげるハイエンドモデル「3D-ネオプラス」を装備。薄手の軽量ビブメッシュは着用感と腹部の締め付けも少なく楽な着心地。スソにはファスナーがなく、丈が伸びやすい仕様。

イグナイトウィンタージャージとビブパンツ。カラーはサンセット

イグナイトウィンタージャージは1万3800円(税別)、イグナイトウィンタービブタイツは1万8000円(税別)。

イグナイトウィンタージャージとビブパンツ。カラーはルミネセンス

英国のサイクルウエアブランドVélobiciが渋谷に期間限定出店

英国から2017年に日本上陸したサイクルウエアブランドVélobici(ヴェロビチ)。そのフルラインナップは大阪のショールームでしか見られなかったが、Vélobiciのポップアップストアが東京の渋谷駅から徒歩5分のところに、10月12日(金)から14日(日)までの3日間出店する。

vélobici

大阪市のフォーチュンが“Vélobici Japan”として、2017年3月に大阪市靭本町のショールームをオープンさせた。歴史と伝統の英国らしく、“クラシカル&ノスタルジック”をコンセプトにこの英国ブランドのサイクルアパレルの展開を通じて、これからの新しい自転車のスタイルを提案している。今回は、普段なかなかお目にかかれない関東圏のサイクリストがこのブランドを見られる絶好の機会。

vélobici

Vélobiciは全てのウエアがMade in England。デザインから生地や縫製まで全て、英国でハンドメイド生産している。また、「ディスカウント販売をしない」宣言をしたブランドとしても知られ、業界の注目を集めている。

近年、サイクリストは通勤や街乗りから、レース、ツーリングやキャンプなどそのスタイルも多様化し始めている。Vélobiciが提案するウエアは、サイクリストが都会の中に溶け込むようなスタイリッシュなデザイン、上質で本格的なサイクリングスタイルで、都会のカフェやレストランに違和感なく入れるような、幅広い層にVélobiciだからこそ楽しめるようなサイクリングスタイルを提案している。

ポップアップストアにはVélobiciアンバサダーも来場する。閉店後も会場内でイベントを企画中。東京でのVélobici Pop Up Storeは2018年1月以来の開催で、前回より注目度の高いイベントになりそうだ。

Vélobici Pop Up Shop in 渋谷
日程:10月12日(金)~10月14日(日)
時間:12日(金) 12時〜20時、13日(土)10時〜20時、14日(日)10時〜18時
場所:東京都渋谷区桜丘町9-17 TOC第3ビル 2F (渋谷駅徒歩5分)

●Vélobiciの日本語ホームページ
●Vélobiciのfacebook

vélobici

⚫関連ニュース

最新ウエアを着こなすために、この夏はシェイプアップに励みます

⚫最新ニュースへ

パールイズミが2018Fall/Winterサイクルウエアページを公開

自転車アパレルのパールイズミが2018年9月3日、最新の秋冬サイクリングウエアをフル紹介する2018Fall/Winterページを公開した。

製品ページでは製品画像のほかにモデルが製品を着用した写真も掲載。ブログ「PI PEOPLE」ではさまざまなジャンルのゲストを起用してインタビュー記事を掲載していく。

最新カタログは全国サイクルショップで配布を開始したが、同社ホームページのカタログ請求ページからも本体・送料無料で申し込める(9月10日公開予定)。

●2018 Fall / Winterのwebページ

●カタログ請求ページ(9月10日公開予定)

⚫最新ニュースへ