FIFA主催、eサッカーの国別対抗大会はコロナ禍で中止

FIFA(国際サッカー連盟)は、8月20日から22日までデンマークのコペンハーゲンで開催予定だったeサッカーの国別対抗戦「FIFAe Nations Cup2021」の中止を7月27日に発表した。世界中で依然収束しない新型コロナウイルス感染症と、その影響による各国の渡航制限の中で、大会の健全性、選手・大会関係者の安全と健康を最優先した。

eサッカー日本代表。左からWeb Nasri、Jay、Agu

サッカーe日本代表は、10カ国が出場して実施されたアジア・オセアニア予選「FIFAe Nations Online Qualifier」を通過し、アジア・ オセアニア1位として本大会に出場する予定だった。

■中止になった大会
大会名:FIFAe Nations Cup 2021
日程:2021年8月20日(金)~8月22日(日)
開催地:デンマーク・コペンハーゲン
参加チーム:24チーム

世界5地域で行われたオンライン予選を勝ち上がった23チームと開催国デンマーク
(デンマーク、日本、インドネシア、マレーシア、韓国、シンガポール、サウジアラビア、カタール、スウェーデン、ドイツ、ルーマニア、ポルトガル、オランダ、イングランド、イスラエル、フィンランド、フランス、ベルギー、イタリア、ブラジル、ウルグアイ、アルゼンチン、メキシコ、米国)

●日本サッカー協会のホームページ

サッカーe日本代表が大陸予選2位発進…本大会出場に王手

サッカーe日本代表が4月29日にオンラインで開幕した「FIFAe Nations Online Qualifier」に出場。3チームと6試合を行い、合計12ポイントでマレーシアに次ぎグループ内2位につけた。30日のフィリピン戦の結果によりグループステージ突破。8月にデンマークで行われる「FIFAe Nations Cup 2021」に出場できる。大会は5月1日まで。

eサッカー日本代表。左からWeb Nasri、Jay、Agu

eサッカー日本代表がアジア・オセアニア予選 「FIFAe Nations Online Qualifier」で激闘している。初日に行われた3チームとの6試合(1チームとの対戦はPS4とXboxで2戦)の結果、グループ2位に。30日15にキックオフされるフィリピン戦に照準を合わせる。

eスポーツ「FIFA」では、リアル時間で6分ハーフ(1試合はトータル20分)で行われるが、リアルサッカーと同様に手に汗握る展開が続き、SNS上では「めっちゃいい試合」「ボール回しがうまい」などのコメントも見られた。

好プレーにグータッチの日本代表チーム
練習も日本サッカーのオフィシャルウエアで

グループ3位までが本大会に。日本は初日2位

ポイント
・アジア・オセアニア予選に出場する10チーム中、上位5チームが「FIFAe Nations Cup 2021」への出場権を手にする。
・初日は、2つのグループに分かれてグループ内で総当たりとなるグループステージ。グループAのe日本代表はeオーストラリア代表、eニュージーランド代表、eマレーシア代表と対戦した。
・グループステージを突破するためには、PlayStation4、Xbox Oneそれぞれの対戦結果により与えられるポイント(勝ち3、引き分け1、負け0)の合計で5チーム中3位までに入る必要がある。

Web Nasri(鹿島アントラーズ)
記者会見に出席したJay

29日のe日本代表の結果
ラウンド1 eオーストラリア戦 │ PS4で勝利(4-3)/Xbox Oneで勝利(5-1) 6ポイント獲得
ラウンド2 eニュージーランド戦   │PS4で勝利(4-0) /Xbox Oneで勝利(3-1)6ポイント獲得ラウンド3 eマレーシア戦   │ PS4で敗北(4-2) /Xbox Oneで敗北(4-3)0ポイント●FIFA公式大会ページ

Jay(SCARZ)

30日は
15時からグループリーグ最終戦eフィリピン代表と対戦し、その結果によりセミファイナルへの出場が決まる。※セミファイナル以降はノックダウン方式。

リモート会見に応じるAgu(Blue United eFC)

日本サッカー協会がFIFAe大陸予選に日本代表を派遣

サッカーe日本代表が4月29日から5月1日までオンラインで行われる「FIFAe Nations Online Qualifier」に出場する。予選を突破すれば8月にデンマークで行われる予定の「FIFAe Nations Cup 2021」に出場できる。

国際サッカー連盟(FIFA)が主催する「FIFAe Nations Cup 2021」の出場を懸けた「FIFAe Nations Online Qualifier」は3月上旬にアジア予選として行われる予定だったが、オセアニア地域を含む10チームが参加することになった。「FIFAe Nations Cup 2021」予選はアジア・オセアニア以外にも4つの地域予選があり、60の国・地域を代表するチームが参加する。この予選を勝ち抜いた24チームが、8月予定の「FIFAe Nations Cup 2021」に出場する。

出場チームは、グループAがマレーシア、ニュージーランド、日本、オーストラリア、フィリピン。グループBが韓国、シンガポール、中国、香港、インドネシア。本大会出場枠は5チーム。

対戦形式はオンラインによる1 vs 1

・FUTモード(任意の選手でチームを構成)
大会構成: ・グループステージ(A・B)内で対戦し、各グループの上位3チーム(合計6チーム)がノックアウトステージに進出。ノックアウトステージで勝ち上がった5チームが本大会への出場権を獲得。

・各対戦は、PS4で1ゲーム、Xbox Oneで1ゲームの計2ゲームで構成 ▶グループステージ:試合結果により、0(負け)、1(引き分け)、3(勝ち)がポイントとして割り当てられ、2ゲー ムの総合ポイントで勝敗を決する。 ▶ノックアウトステージ: 各対戦は2戦先勝のベスト・オブ・スリー・シリーズ(BO3)で決する。

●日本サッカー協会のホームページ

香川真司…ギリシャの環境で自身をコントロールし毎試合ベストを

ギリシャのサッカースーパーリーグ、PAOKテッサロニキに所属する香川真司にインタビュー。40を超える国と地域にてスポーツを通じた社会貢献活動に取り組んでいるローレウスがギリシャでのデビューを果たした直後の2021年2月上旬に行った。同選手は2017年よりローレウス・アンバサダーを務めている。

香川真司

ローレウス・アンバサダーは200名を超える世界中の現役アスリートや近年引退したアスリートたちによって構成され、スポーツを通じた社会貢献活動に取り組むローレウス・スポーツ・フォー・グッド財団の活動を支援している。

今回、香川にスポーツの力やスポーツを通じた社会貢献活動について聞き、これまで所属したチームでの監督やチームメイトとの出会い、そして新天地ギリシャスーパーリーグや今後の目標について語ってもらった。

「スポーツの力」を感じた瞬間

「ワールドカップは日本全体が一つになれる瞬間を感じやすい。2011年なでしこジャパンのワールドカップ優勝、チャリティーマッチでのカズさん(三浦知良選手)のゴールは、スポーツを通じて国民に与えられるものがこんなにあるのだと感じられた瞬間だった」

香川真司

スポーツの力を使った社会貢献活動が日本で広がっていくことについて

「日本では芸能人やアーティストなどいろいろなジャンルの方々が活躍していて、彼らの影響力が強い。私はスポーツ選手もそういう立場になれる存在だと信じている」

ボルシア・ドルトムント時代の指揮官、ユルゲン・クロップ監督との出会い

「あの監督について行けば恐れることはなにもないと思わせてくれる存在。ヨーロッパというトップレベルの中で優勝を勝ち取れたのは運命的な出会い。クロップ監督やドルトムントと出会い、あのスタジアムでプレーできたことは本当に幸せなことだった」

マンチェスター・ユナイテッド時代の指揮官、アレックス・ファーガソン監督との出会い

「監督サー・アレックスがハーフタイムに怒鳴っているときに、ウェイン・ルーニーやライアン・ギグス、ポール・スコールズがなにも言い返せないのを見て、この人はとても偉大な人なのだなと感じた。彼が私たち若手よりも、経験ある選手に対して強い要求をしていた。ファーガソン監督だからこそやれること」

ギリシャスーパーリーグの印象

「サポーターが熱く、守備の堅い手強いチーム。新しいチームと新しい環境で自分自身をコントロールして、毎試合自分のベストを調整していく。オリンピアコスのソクラティス選手とは、近況を報告しあったりしていて、一緒にピッチに立てる日が楽しみ」

●ローレウスのホームページ

ツール・ド・フランス選手は東京五輪を走れない…日程変更できない事情

新型コロナウイルスの影響で2021年夏に延期された東京五輪の新たな競技日程が7月17日に同組織委員会から発表され、ツール・ド・フランスと自転車競技男子ロードの日程が重なることが改めて確認された。2020年の当初予定ではツール・ド・フランスが東京五輪を尊重して、大会日程を1週間前倒しして重複を避けたが、2021年は簡単にはそれができない理由がある。

コペンハーゲンで開幕する2021ツール・ド・フランスのコースプレゼンテーションをするクリスティアン・プリュドム ©ASO_G.Demouveaux

新型コロナウイルス感染拡大を受けて2020年の国際スポーツイベントがこれまでにないほどの影響を受けている。この年の三大スポーツイベントのうち、五輪とサッカー欧州選手権(ユーロ)は1年延期。ツール・ド・フランスは毎年開催されることもあって、2カ月遅れの日程になった。

混乱は2021年にも続く。すでにツール・ド・フランスは7月2日に大会史上初めてデンマークのコペンハーゲンで開幕すると2019年2月に早々と発表している。伝統的にツール・ド・フランスは7月最初の土曜日に開幕するので、このこと自体は例年通り。ただし遠隔地開幕となるので、移動日を加えて1日増の24日間での開催とした。そのため7月2日は異例の金曜日。パリにゴールするのは7月25日だ。

話が戻るが、2020年のツール・ド・フランスは東京五輪に配慮して開催日程を通常より1週間早めていて、最終日を7月19日(日)とした。当初の2020東京五輪での男子ロードは開会式翌日の25日(土)に計画されていたので、ツール・ド・フランスで完走を果たした選手も中5日の余裕があった。

2021年に開催される東京五輪の日程が発表された

自転車男子ロードは五輪で常に最初の決勝種目

五輪では開会式翌日の競技初日に最初の決勝種目として自転車競技男子ロードが開催される。その理由は、町々をつないで走るロードレースは開催都市の全容を世界中に知らせるのにうってつけの種目であるからだ。とりわけ男子ロードは選手数が多く、空撮や併走による映像でその都市の魅力をあますことなく配信するというねらいがある。

これは1年延びて開催される2021年実施の東京五輪にも適用された。つまり五輪がスライドしたことによって五輪男子ロードが開催される日にツール・ド・フランス出場選手は最終日前日を走っているのだ。

●新型コロナウイルス感染拡大以前の大会日程
2020年6月12日〜7月12日 サッカー欧州選手権
2020年6月27日〜7月19日 第107回ツール・ド・フランス
2020年7月25日 東京五輪男子ロード

2021年7月2日〜25日 第108回ツール・ド・フランス

●新型コロナウイルス感染拡大後の大会日程
2020年8月29日〜9月20日 第107回ツール・ド・フランス

2021年6月11日〜7月11日 サッカー欧州選手権
2021年7月2日〜25日 第108回ツール・ド・フランス
2021年7月24日 東京五輪男子ロード

東京五輪の新たな競技日程は、基本的に延期前の日程の曜日を合わせてそのまま引き継いだものだ。自転車競技にはロードレース以外にも、トラック・MTB・BMXとあるが、国際オリンピック委員会のトーマス・バッハ会長は「今回発表した各種目日程の変更することは不可能だ」と断言している。

大会プログラムを変更できるかと尋ねられたバッハ会長は「ノー」と述べた。「それはあまりにも複雑な意味を持つことになる。我々はすでにすべての利害関係者、つまりツール・ド・フランス主催者とデンマークの開幕ホストシティに伝えている」

2021ツール・ド・フランスは1週間前倒しできない

2021ツール・ド・フランスのグランデパール(開幕地)は、世界のサイクリングシティと言われるコペンハーゲン。デンマークの首都だ。7月2日(金)の開幕を目指して数年前から計画を立てている。新型コロナウイルス感染拡大という特殊事情を理由に、2020年のように1週間前倒しにできないか。これもノーだ。

こともあろうに、1年延期されたサッカー欧州選手権の試合がコペンハーゲンであるのである。

2019ツール・ド・フランス第4ステージはランス大聖堂をスタート ©ASO Pauline-BALLET

サッカー欧州選手権はいわゆる欧州におけるワールドカップで、4年に一度の開催。2021年に延期された第21回大会は欧州13カ国での分散開催となる。これは当初予定通り。じつはコペンハーゲンでは6月18日にグループBのデンマーク対ベルギー、22日にグループBのデンマーク対ロシア、そして29日には決勝リーグ「ラウンドオブ16」のグルーブD・2位対グルーブE・2位の試合が開催される。

東京五輪を避けてツール・ド・フランスを1週間前倒ししたら、今度はサッカーとぶつかってしまう。コペンハーゲンの警察当局は、2つのスポーツビッグイベントに多くの観客が殺到することを懸念。ツール・ド・フランスを1週間前倒しする案を受け入れることができないという。

「ツール・ド・フランスの経営陣から、2021年にデンマーク開幕予定日について討議する要請を受けたことは認める」と、グランデパール組織委員会のトップでもあるコペンハーゲンのフランク・ジェンセン市長が6月末に国営放送のDRでコメントしている。

以上、これは2021年の話。ツール・ド・フランス主催者はまず2020年大会をどうやって運営しようかに懸命。新型コロナウイルス余波はあまりにも大きい。

🇫🇷ツール・ド・フランス2020特集サイト
🇫🇷ツール・ド・フランス公式サイト