ツール・ド・フランス6日後の東京五輪は問題なし…ティボー・ピノ

グルパマFDJのティボー・ピノ(フランス)は 6月27日から7月19日まで開催されるツール・ド・フランスを2020シーズン最大の目標としながら、6日後の25日に日本で開催される東京五輪の個人ロードレースに出場する考えを示した。

ツール・ド・フランス第8ステージで総合優勝を期待されるピノがライバルに差をつけてゴール ©ASO Alex BROADWAY

富士山麓を走る東京五輪のコースが山岳に強い選手に適しているため、フランス勢はピノのほか、AG2Rラモンディアールのロマン・バルデ、ドゥークニンク・クイックステップのジュリアン・アラフィリップらをエースに起用する構想がある。このうちバルデはツール・ド・フランスを欠場し、5月のジロ・デ・イタリアと東京五輪に照準を合わせると発言している。

「ツール・ド・フランスばかりが人生ではない」という考えはピノの頭の片隅にあるというが、ツール・ド・フランス最終日にシャンゼリゼ通りを走ることは重要な意味があり、その後に空路を移動して東京入りする準備を考えているようだ。

「ボクは東京五輪に行くことを確信している」とピノは1月17日に発言。7月19日にツール・ド・フランスの激闘を終えてわずか6日後に富士山でレースするという日程の過酷さは問題ないとした。

ロマン・バルデは2020ツール・ド・フランスをパスする可能性がある ©A.S.O. Pauline BALLET

サンセバスティアンでも実績がある

ピノはツール・ド・フランスの1週間後に開催されたスペインのクラシカ・サンセバスティアンでいい走りをした経験がある。

「サンセバスティアンでの経験もある。ボクたち選手は15日後よりも6日後のほうが脚が回ることが多いんだ」とピノ。
「だから肉体的な疲れはあまり神経質になることはなく、いかに精神的なものをコントロールできるかがキーとなる。頭の中できちんと整理できていたら、ツール・ド・フランスの疲労は6日にはなくなっているはずだ」

2016年にピノは当初、リオ五輪のフランス代表に選ばれていたが、ウイルス感染により代表入りを見送られたという経緯がある。2020年はどうしても五輪を走りたい。バルデとアラフィリップとの役割分担は不明だが、ピノも日本で目撃できる可能性が高くなった。

ピノ(左から2人目)、アラフィリップ(同4人目)は五輪でどう走るのか? 2019ツール・ド・フランス第14ステージ ©ASO Pauline BALLET

●2020東京五輪のホームページ

ティボー・ピノがイル・ロンバルディアでニーバリを振り切って優勝

グルパマFDJのティボー・ピノ(フランス)が10月13日にイタリアのベルガモ〜コモ間の241kmで行われた第112回イル・ロンバルディアで優勝した。2位は32秒差でバーレーン・メリダのビンチェンツォ・ニーバリ(イタリア)。

ティボー・ピノがビンチェンツォ・ニーバリを突き放しにかかる © LaPresse – Fabio Ferrari

「モニュメントと呼ばれる有名レースの中で、このイル・ロンバルディアが一番ステキだ。ずっと優勝したいと思っていた。今は絶好調だけど、とりわけニーバリに勝ったのだから特別だ。ソルマーロでニーバリがアタックしてくれた。これに反応できたのが勝因だ」とピノ。

アルカンシエルのアレハンドロ・バルベルデがスタートラインに立つ © LaPresse -GM D’Alberto

サイクリストを祀ったマドンナデルギザロ教会の横を通過する © LaPresse – Fabio Ferrari

フランス勢の優勝は通算12回目で、ベルギーと並んだ。最多優勝国は地元イタリアで69勝。

ピノはミラノ〜トリノと合わせたダブルタイトルを1週間で獲得。2002年にイタリアのミケーレ・バルトリが達成して以来の快挙。

激しく攻め合うビンチェンツォ・ニーバリとティボー・ピノ © LaPresse – Fabio Ferrari

ティボー・ピノがイル・ロンバルディアで優勝 © Gian Mattia D’Alberto – LaPresse

ティボー・ピノが第99回ミラノ〜トリノ優勝…2位ロペス、3位バルベルデ

第99回ミラノ〜トリノが10月10日に同地で開催され、フランスのティボー・ピノ(グルパマFDJ)が残り1.2kmから独走して初優勝した。2位は2016年の優勝者であるコロンビアのミゲルアンヘル・ロペス(アスタナ)。3位は世界チャンピオンが着用する5色の虹色ジャージ、アルカンシエルを身にまとったアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)。

チームメートとロペスが交錯した瞬間、ピノが独走を決めた © LaPresse – Fabio Ferrari

ミラノ〜トリノは1872年に第1回大会が開催された伝統レースで、週末に開催される今季最後のメジャーレース、イルロンバルディアの前哨戦として最後の勝利を目指す有力選手が参加していた。

第99回ミラノ〜トリノ © LaPresse – Fabio Ferrari

ティボー・ピノが第99回ミラノ〜トリノで独走勝利 © LaPresse – Marco Alpozzi

レースは最後の上りでピノのチームメートであるダビド・ゴデュら3選手が先行。これに後続集団からピノ、ロペス、バルデルデが追いついた。アシスト役となったゴデュが先頭を引っ張り、役目を終えて力を抜いた瞬間にロペスがアタック。2人が接触して落車したのと同じタイミングでピノが独走を始めた。

ティボー・ピノが第99回ミラノ〜トリノで独走勝利 © LaPresse – Fabio Ferrari

「ついにイタリアのクラシックレースに勝利した。最後の落車がなくても、ロペスを置き去りにできたはずだ。彼は今日に限って世界チャンピオンのバルベルデより手ごわい存在だった。そして世界チャンピオンに勝利できた意義は大きい」とピノ。

「ゴデュには『できる限りのペースで最後の上りを引っ張ってくれ』と頼んだ。役目を終えたゴデュがボクに道を開けてくれたとき、ロペスは後ろを見ていたんだ。落車したので脚を止めたが、待っている状況ではなかった。ゴールを目指して全力で走った」

ティボー・ピノを中央に左が2位ロペス、右が3位バルベルデ © LaPresse – Fabio Ferrari

ピノ優勝、首位はイェーツが死守…ブエルタ・ア・エスパーニャ第19ステージ

第73回ブエルタ・ア・エスパーニャは9月14日(金)、レイダからアンドラのナトルランディアまでの154.4kmで第19ステージが行われ、首位のサイモン・イェーツ(英国、ミッチェルトン・スコット)とグルパマFDJのティボー・ピノ(フランス)がゴールまでの最後の上りで抜け出した。ゴール手前でピノがスパートして、第15ステージに続く優勝を飾った。

ブエルタ・ア・エスパーニャ第19ステージでゴールを目指すサイモン・イェーツ、ピノ © Luis Ángel Gómez

イェーツは5秒遅れの区間2位でゴールし、ボーナスタイムの6秒を獲得。
「ボクを助けてくれたピノにお礼を言いたい」とイェーツは皮肉。
「ピノは後ろについているだけでなにもしてくれなかったよ」

それでもイェーツは、総合2位アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)に1分07秒差をつけ、総合のタイム差を前日の25秒から1分38秒に広げて首位を堅持。最後の山岳区間となる第20ステージに初優勝をかける。

第19ステージを制したティボー・ピノ © Luis Ángel Gómez

第19ステージで首位を死守し、笑みを浮かべてゴールするサイモン・イェーツ  © Luis Ángel Gómez

●4賞ジャージ
マイヨロホ(個人総合成績)サイモン・イェーツ(英国、ミッチェルトン・スコット)
マイヨベルデ(ポイント賞)アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)
マイヨルナレス(山岳賞)トマス・デヘント(ベルギー、ロット・スーダル)
□マイヨブランコ(コンビネーション賞)アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)

🇪🇸ブエルタ・ア・エスパーニャの特集サイト
⚫最新ニュースへ

ティボー・ピノがブエルタ・ア・エスパーニャ初優勝…グランツールすべてで勝利

第73回ブエルタ・ア・エスパーニャは9月9日(日)、リベラデアリバ~ラゴスデコバドンガ間の178.2kmで第15ステージが行われ、グルパマFDJのティボー・ピノ(フランス)が独走で初勝利。ジロ・デ・イタリア、ツール・ド・フランスと合わせて、グランツールと呼ばれる三大大会すべてで区間勝利した。

ブエルタ・ア・エスパーニャ第15ステージで独走するティボー・ピノ © Luis Ángel Gómez

スペイン北部のラゴスデコバドンガ頂上にゴールする大会中盤の勝負どころ。
「すでに総合成績で遅れていたので、有力選手は追ってこないと確信していた」というピノが最後の上り坂、ゴールまで6kmの地点でアタックした。
「グランツールのすべてで勝つというモチベーションをもってゴールを目指した」とピノ。「追走選手に15秒の差をつければ今のコンディションなら逃げ切れると信じていた」

総合成績の上位選手の中からアスタナのミゲールアンヘル・ロペス(コロンビア)が抜け出すが、ピノは28秒の差で逃げ切って大会初優勝。ジロ・デ・イタリア、ツール・ド・フランスでも区間勝利しているピノはグランツールのすべてで勝利した選手の仲間入りを果たした。
「ついになし遂げたよ。これはボクのキャリアの中でも意味があるものだ。レースはまだまだ厳しいステージが残るが、明日は休息日なので楽しみたい」(ピノ)

ゴールを目指してペースアップする有力選手ら。第15ステージ © Luis Ángel Gómez

区間2位はロペス。首位のサイモン・イェーツ(英国、ミッチェルトン・スコット)は2秒後にゴール。総合2位アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)はさらに2秒遅れた。総合成績では区間3位のボーナスタイム4秒を稼いだサイモン・イェーツがバルベルデとの差を20秒から26秒に広げた。

「明日の休息日はその次に控えたタイムトライアルのことを考えたい。今年の総合優勝争いのキーとなるステージだと思う」とサイモン・イェーツ。

ティボー・ピノがブエルタ・ア・エスパーニャ第15ステージで優勝 © Luis Ángel Gómez

●4賞ジャージ
マイヨロホ(個人総合成績)サイモン・イェーツ(英国、ミッチェルトン・スコット)
マイヨベルデ(ポイント賞)アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)
マイヨルナレス(山岳賞)ルイスアンヘル・マテ(スペイン、コフィディス)
□マイヨブランコ(コンビネーション賞)アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)

🇪🇸ブエルタ・ア・エスパーニャの特集サイト
⚫最新ニュースへ