バーチャルツール・ド・フランス全6ステージをJ SPORTSがLIVE配信

国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局、J SPORTSは、7月4日から3週連続で週末に開催される世界最大級のバーチャルサイクルロードレース『バーチャルツール・ド・フランス』の生中継を決定した。PC、スマホ、タブレットで見られる「J SPORTSオンデマンド」でも放送同様にLIVE配信する。1週目の7月4日、5日は放送、配信ともに無料。

世界最大のサイクルロードレース、ツール・ド・フランスは当初6月27日~7月19日に開催される予定だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響を受けて、8月29日~9月20日に延期された。

これを受け、毎年レースが開催されている7月にインドアトレーナーZwiftを用いたバーチャルレースが大会史上初めて開催されることになった。

バーチャルレースは選手たちの体重や出力を計算し仮想空間で大会を行うもの。今大会使用するZwiftはドラフティングによる空気抵抗の軽減が反映されるためリアリティのあるレース展開に期待できる。さらにツール・ド・フランスお馴染みの4賞ジャージも設定されているので今大会ならではの駆け引きにも注目。

ベルナル、アラフィリップ、フルームが参戦

大会にはUCIワールドチーム17チームを含む23の男子プロチームと17の女子プロチームがエントリー。2019年ツール・ド・フランスを総合優勝したエガン・ベルナルや、2019年に14日間マイヨジョーヌを着用し大活躍したジュリアン・アラフィリップ、過去4大会での総合優勝を誇るクリストファー・フルームといったツール・ド・フランスでもお馴染みの世界のトップ選手たちが出場を予定している。

スプリンターの活躍が期待される平坦ステージ、丘陵ステージ、クライマー同士の激しいバトルが見どころの山岳ステージを含む6つのステージが用意され、最初に女子レース、続いて男子レースが開催される。

ツール・ド・フランスを全ステージ生中継するJ SPORTSは、注目の今大会も全6ステージを男子レース、女子レースともに生中継/LIVE配信で届ける。毎年7月にはツール・ド・フランスが欠かせないというツールファンは、8月29日の開幕を待つ間、このツール・ド・フランス史上初の試みをぜひJ SPORTSとJ SPORTSオンデマンドで楽しもう。

バーチャルツール・ド・フランス配信


また7月2日から7月31日にかけては記念すべき第100回大会、2013年のツール・ド・フランス全21ステージの再放送、再配信も予定している。波乱の幕開けから新王者が誕生するまでの3週間のドラマも合わせて視聴したい。

第100回ツール・ド・フランスの再放送

●J SPORTSのホームページ

MTB、ロード、BMX、競輪…サイクルスポーツオールスターZWIFT戦

新たなサイクルスポーツスタイルをさらに発展させようと、選手や一般サイクリスト、運営団体がZWIFTを通じてひとつとなり、それぞれの競技の特色を活かしたオンラインステージレース「Rising Sun  “ULTIMATE” Stage Race」を6月12日(金)~14日(日)の3日間実施する。

一般の参加者はMTB、ロード、BMX、競輪のトップクラス選手と一緒に楽しんで走ることができるだけではなく、上位入賞を果たしたサイクリストへのプレゼント企画も用意。さまざまなスタイルでレースに参加し、楽しめるレースとなっている。

このレースはYouTubeによるLIVE配信も行い、レース観戦を楽しみたいというニーズにも応え、eスポーツとしての新たな可能性を日本から発信する機会ともなる。 

開催にあわせて、新型コロナウイルス感染症対策の支援に役立てる募金活動を行う。自転車競技のトップ選手たちも、この状況が一日も早く収束することを願いながら今大会に臨む。 

Rising Sun  “ULTIMATE” Stage Race

主催=日本サイクルスポーツ振興会
協力=日本自転車競技連盟 / ZWIFT JAPAN
■レース実施日時
2020年6月12日(金)~14日(日)
各日1時間~1時間30分のレースを実施
12日(金)19:30~
13日(土)10:00~
14日(日)10:00~

■実施場所
ZWIFT内コース
1日目 Sprint day LAGUARDIA LOOP 2周 7.4km トラック競技の特色が活きるレース
2日目 ROAD day Three Sisters 1周 48.0km ロード競技の特色が活きるレース
3日目 MTB day JUNGLE CIRCUIT 3周 29.3km MTB競技の特色が活きるレース

■レーススタイル/エントリー方法
参加者は各日締め切り時間までにZWIFT内イベントページにてフリーエントリー。 
プレゼント企画付き3日間のステージレースに参加を希望する者は、 
別途応募フォームからのエントリーも必要となります。 
※レースエントリーURLはFacebookページで掲載

出場予定ゲスト選手
各日、 クローズアップする競技のトップ選手がゲスト参加し、 
一般選手と共にレースイベントを楽しみます!! ガチレースも見られるかも?!

競輪 (全員初日のみ参加 &出演予定) 
佐藤慎太郎 (S級S班 KEIRIN GP2019優勝ほか競輪界を代表するトップレーサー)
三谷将太 (S級1班 近畿地区を代表する追い込み型の選手、 SNS等でのPR活動も積極的に行っている)
渡辺正光 (S級2班 ロードレース選手の顔も持つ、 自転車競技にも精通したS級レーサー)

BMX (初日のみ参加 &出演 予定) 
長迫吉拓 (日本写真判定所属/海外でも活躍するトップ選手。 トラック競技においてもUCIトラックW杯チームスプリントで優勝する等、 次代を担うハイブリッドレーサー)

ロード レース (中継は2日目のみ出演) 
ヴィクトワール広島 
 慶浩  中川  (2日目から)  西田 優大  平林 楓輝  冨尾大地(ZWIFT地域クラブ対抗マッチレース優勝) / 原田裕成

那須ブラーゼン 
西尾 勇人  西尾憲人

MTB (中継は3日目のみ出演) 
Dream Seeker MTB Racing Team 
山本 幸平 (写真左:MTBクロスカントリー日本代表/一財)日本サイクルスポーツ振興会評議員)
北林  (写真右)

FUKAYA RACING 
松本 佑太 (写真左:(一財)日本サイクルスポーツ振興会)
竹内  (写真右)

■レース配信
YouTube『JCSPA サイクルスポーツ チャンネル』でLIVE配信
日時
6月12日(金)19:15~
6月13日(土)9:45~
6月14日(日)9:45~

<実況・解説>
・松本 佑太(FUKAYA RACING/日本サイクルスポーツ振興会)
 財団スタッフでもある松本選手がレースに参加しながら実況解説に挑戦
・鈴木 雷太(MTB日本代表監督) ※リモートでの解説参加

■情報発信
https://www.facebook.com/MTB-Japan-community-in-Zwift-100134125014524/
前回実施のイベントコミュニティFacebookページを継続して運用
レース詳細など更新情報はこのFacebookをメインに選手の個人SNSともリンクし発信を行う。レース結果データもこのFacebookページで発信

ジュリオ・チッコーネがクライマー王者ガチバトルで優勝

トレック・セガフレードのジュリオ・チッコーネ(イタリア)が5月24日に開催されたバーチャルレース「チャレンジ・オブ・スターズ」のクライマー部門で優勝した。ジロ・デ・イタリア主催者のRCSスポルトがインドアサイクリングのBKOOLとコラボして、時計のティソとイタリア電力公社のエネルを公式パートナーとして主催。その模様はSNSで配信された。

チッコーネは決勝でベルギー人ライダーのトーマス・デヘント(ロット・スーダル)とステルビオ峠に設定された距離2.9km、平均勾配8.69%、最大値12.75%の上り坂で一騎打ち。チッコーネは7分44秒で最初にフィニッシュラインを越え、デヘントの8分03秒を上回った。

クライマーのチャレンジマッチは準々決勝から始まり、チッコーネがヤコブ・フルサン(アスタナ)を、シモン・ゲシュケ(CCC)がビンチェンツォ・ニーバリ(トレック・セガフレード)を、デヘントがラファウ・マイカ(ボーラ・ハンスグローエ)を、ワレン・バルギル(アルケア・サムシック)がクリストファー・フルーム(イネオス)を破った。

準決勝となる2レースではチッコーネがゲシュケを破り、デヘントがバルギルを破った。決勝ではチッコーネがデヘントとの対決で勝利した。

「多くのトップライダーとのいい競争だった。トーマスは非常に速くスタートした。彼はスゴいパワーを生み出すことができるライダーだ。私はこの登りをどれだけの力でプッシュすることができるか計算していたので一生懸命登ったが、じつは彼がちょっと減速することを願っていた」と優勝のチッコーネ。

「幸いにもすべてが最終的にうまくいった。チャレンジ・オブ・スターズはユニークなフォーマットだし、本当の挑戦だった。とても楽しかった。今はちょっとリラクゼーションを楽しむ時間がほしい」

「優勝にあと一歩だった。途中でジュリオに7秒リードしていたので、私は勝ったと思ったが、決勝ではそれまでと同じワットを押し込むことができなかった」とデヘント・

「ジュリオが終盤で追いついてきて、最終的に追い越していくのを見たとき、夢が終わったと思った。私はジュリオの強さを知っているので、前半戦で突っ込む必要があると考えていた。最初から一生懸命プッシュし、リードをキープしようと考えた。私は500ワット以上で押していたが、最後までそれを維持できなかった。強いヒルクライマーにはかなわない。彼は今日の私より優れていた新進気鋭のライダーだ」

●チャレンジ・オブ・スターズのTwitter
●チャレンジ・オブ・スターズのfacebook
●チャレンジ・オブ・スターズのInstagram
🇮🇹ジロ・デ・イタリアの特集サイト

ヤコブセンがスプリンターのVRガチバトルで勝ち抜き優勝

ファビオ・ヤコブセン(ドゥークニンク・クイックステップ)が5月23日に開催されたバーチャルレース「チャレンジ・オブ・スターズ」で優勝した。ジロ・デ・イタリア主催者のRCSスポルトがインドアサイクリングのBKOOLとコラボして、時計のティソとイタリア電力公社のエネルを公式パートナーとしてレースを主催。その模様はSNSで配信された。

オランダのロードチャンピオンであるヤコブセンが、8人の強豪スプリンターが選抜されたコンペティションで初優勝した。決勝ではイタリアの個人タイムトライアルチャンピオンであるフィリッポ・ガンナ(イネオス)をトスカーナ地方の田園地帯に設定された1.2kmコースで破った。平均勾配は0.97%、最大勾配2.53%というスプリンター向けのコースだった。

イベントは準々決勝から始まり、まずはパスカル・アッカーマン(ボーラ・ハンスグローエ)がナセル・ブアニ(アルケア・サムシック)を破った。ヤコブセンは世界チャンピオンのマッズ・ピーダスン(トレック・セガフレード)を破った。ジャスパー・デブイスト(ロット・スーダル)はティム・メルリエ(アルペシン・フェニックス)を、ガンナがマッテオ・トレンティン(CCC)を退けた。

準決勝は2レース。ヤコブセンがを破り、ガンナがベルギーのデブイストを打ち負かした。決勝ではヤコブセンがガンナとの一騎打ちで勝利した。

「今回の成功はホントに幸せだ。1200mという競技距離は通常の集団ゴールスプリントよりも長かったので、いまは脚が痛い!」とヤコブセン。

「私は画面をチェックし、対戦相手をピッタリとマークし、最後の500mで私が持っているすべてをスプリントに注入した。私は最近、特に悪天候の場合、間違いなく数時間は屋内でトレーニングをしているんだ。このような新しいレース形式に参加するのは楽しいよ。リアルのジロ・デ・イタリア出場を逃したけど、今回のチャレンジはちょっと緊張していたことを白状するよ」

「メカニカルトラブルがあったのでフィニッシュでは不運な結果となったけど、いい1日だった。ヤコブセンはうまくプレーしたよ」と準優勝のガンナ。

「調子はよかったし、短い爆発的なスプリントは得意だった。1200mの距離だったけど、脚は消耗したよ。外でレースをするのとは明らかに違った。通常のレースでは集団内の動きがよくわかる。今回は画面をチェックする必要があった。それでも決定的に似ているのは、レースが終わった後の脚の痛みだ」

フルームやニーバリがクライマー部門に登場

5月24日にはクライマー部門が行われ、8選手が出場。ステルビオ峠の2.9kmヒルクライムがコース。平均勾配は8.69%、最大は12.75%。

自宅でトレーニングするクリストファー・フルーム

5月24日の出場選手(クライマー)
ヤコブ・フルサン(アスタナ)vsジュリアノ・チッコーネ(トレック・セガフレード)
ビンチェンツォ・ニーバリ(トレック・セガフレード)vsシモン・ゲシュケ(CCC)
ラファウ・マイカ(ボーラ・ハンスグローエ)vsトーマス・デヘント(ロット・スーダル)
クリストファー・フルーム(イネオス)vsワレン・バルギル(アルケア・サムシック)

●チャレンジ・オブ・スターズのTwitter
●チャレンジ・オブ・スターズのfacebook
●チャレンジ・オブ・スターズのInstagram
🇮🇹ジロ・デ・イタリアの特集サイト

ニーバリかフルームか? バーチャルレースでマジバトル

自転車ロード界の最強16選手が5月23、24日にバーチャルレース「チャレンジ・オブ・スターズ」に挑戦する。ジロ・デ・イタリア主催者のRCSスポルトがインドアサイクリングのBKOOLとコラボして、時計のティソとイタリア電力公社のエネルを公式パートナーとしてレースをバーチャル開催。その模様はSNSで配信される。

クライマー部門に挑むビンチェンツォ・ニーバリ

バーチャルレースは8人のスプリンターと8人のクライマーが勝ち抜き形式のノックアウトトーナメントに出場して優勝を目指す。日本では視聴できないが国際的なテレビ配信が行われるという本格的なイベントだ。日本のファンは公式SNSでレース展開をチェックできる。

「1対1のノックアウトマッチに挑戦することは、これまであった仮想レースの中で革新的で予測不可能なものだね」とビンチェンツォ・ニーバリ。
「ボクたち選手が公道で開催されるリアルレースを待っている間、このフォーマットはファンにショーとしての話題を与えるし、偉大なチャンピオンと対決するという素晴らしい企画だと思う」

バーチャルレースは5月23日16.30(欧州中央時間=日本時間は23:30)に1回戦が始まる。mずは世界最強スプリンターが登場し、準々決勝、準決勝、決勝と行われる。

スプリンター部門は、イタリアのトスカーナ地方の田園地帯で1.2kmのコースを走る。平均勾配は0.97%、勾配値は最大2.53%。

5月23日の出場選手(スプリンター/ルーラー
パスカル・アッカーマン(ボーラ・ハンスグローエ)vsナセル・ブアニ(アルケア・サムシック)
ファビオ・ヤコブセン(ドゥークニンク・クイックステップ)vsマッズ・ピーダスン(トレック・セガフレード)
カレブ・ユアン(ロット・スーダル)vsティム・メルリエ(アルペシン・フェニックス)
マッテオ・トレンティン(CCC)vsフィリッポ・ガンナ(イネオス)

世界チャンピオンのアルカンシエルを着るマッズ・ピーダスン

翌日の5月24日には、ステルビオ峠の2.9kmヒルクライム。平均勾配は8.69%、最大は12.75%。

5月24日の出場選手(クライマー)
ヤコブ・フルサン(アスタナ)vsジュリアノ・チッコーネ(トレック・セガフレード)
ビンチェンツォ・ニーバリ(トレック・セガフレード)vsシモン・ゲシュケ(CCC)
ラファウ・マイカ(ボーラ・ハンスグローエ)vsトーマス・デヘント(ロット・スーダル)
クリストファー・フルーム(イネオス)vsワレン・バルギル(アルケア・サムシック)

自宅でトレーニングするクリストファー・フルーム

「ボクたちがリアルレースに参加できないこの時期に、テクノロジーを使ってトップ選手がバトルするイベントに参加し、サイクリングファンにエンターテイメントをもたらすことは素晴らしいことだ」とクリストファー・フルーム。
「この新しいタイプのチャレンジを、このスポーツのトップライダーと対決することを楽しみにしています」

●チャレンジ・オブ・スターズのTwitter
●チャレンジ・オブ・スターズのfacebook
●チャレンジ・オブ・スターズのInstagram
🇮🇹ジロ・デ・イタリアの特集サイト

フルームが勝ち抜きバトル参戦…1回戦はバルギルと対決

自転車ロード界の最強16選手が5月23、24日にバーチャルレース「チャレンジ・オブ・スターズ」に挑戦する。ジロ・デ・イタリア主催者のRCSスポルトがインドアサイクリングのBKOOLとコラボして、時計のティソとイタリア電力公社のエネルを公式パートナーとしてレースをバーチャル開催。その模様はSNSで配信される。

自宅でトレーニングするクリストファー・フルーム

バーチャルレースはトスカーナ地方の仮想コースを走るスプリンター部門と、ステルビオ峠を上るスプリンター部門に分かれ、それぞれ8人のトップ選手が勝ち抜き形式で優勝を目指す。

「新型コロナウイルス感染拡大によって私たちがレースに参加できない時に、テクノロジーを使ったチャレンジ・オブ・スターズイベントに参加し、サイクリングファンにエンターテイメントをもたらすことは素晴らしい」とイネオスのクリストファー・フルーム(英国)。

「この新しいタイプのチャレンジを、このスポーツのトップライダーを相手にチャレンジすることを楽しみにしている」

チャレンジ・オブ・スターズのクライマー部門組み合わせ

出場選手
●クライマー

ヤコブ・フルサン(アスタナ)
ジュリアノ・チッコーネ(トレック・セガフレード)
ビンチェンツォ・ニーバリ(トレック・セガフレード)
シモン・ゲシュケ(CCC)
ラファウ・マイカ(ボーラ・ハンスグローエ)
トーマス・デヘント(ロット・スーダル)
クリストファー・フルーム(イネオス)
ワレン・バルギル(アルケア・サムシック)

4月18日から5月10日まで7ステージで争われたジロ・デ・イタリアバーチャルで総合優勝したアスタナの一員、ヤコブ・フルサン(デンマーク)は、「確かに現在の状況を考えると、多くのレースがキャンセルされたり延期された状況で、屋内サイクリングは実際の道路の上でレースができるのを待っている間、トレーニングとして優れた代替手段だ」と語り、今回もエントリー。

「私たちは、新しい国際カレンダーに設定されたレースに出場することができるのを楽しみにしている。チャレンジ・オブ・スターズのように、ライバル選手と真剣バトルを味わうことができるのは素晴らしいことだ」

チャレンジ・オブ・スターズのスプリンター部門組み合わせ

出場選手
●スプリンター/ルーラー

パスカル・アッカーマン(ボーラ・ハンスグローエ)
ナセル・ブアニ(アルケア・サムシック)
ファビオ・ヤコブセン(ドゥークニンク・クイックステップ)
マッズ・ピーダスン(トレック・セガフレード)
カレブ・ユアン(ロット・スーダル)
ティム・メルリエ(アルペシン・フェニックス)
マッテオ・トレンティン(CCC)
フィリッポ・ガンナ(イネオス)

レースの模様はベルギーのテレビ局「スポルザ」で独占中継されるが、日本では視聴できない。世界中のファンはTwitter、facebook、Instagramでチェックできる。

●チャレンジ・オブ・スターズのTwitter
●チャレンジ・オブ・スターズのfacebook
●チャレンジ・オブ・スターズのInstagram
🇮🇹ジロ・デ・イタリアの特集サイト

ジロ公式バーチャルレースにトップ16選手がエントリー

自転車ロード界の最強16選手が5月23、24日にバーチャルレース「チャレンジ・オブ・スターズ」に挑戦する。ジロ・デ・イタリア主催者のRCSスポルトがインドアサイクリングのBKOOLとコラボして、時計のティソとイタリア電力公社のエネルを公式パートナーとしてレースをバーチャル開催。国際的に放送される。

RCSスポルトがBKOOLと提携してスター選手に挑戦の舞台を提示した。バーチャルトーナメントとして、8人のクライマーと8人のスプリンターがノックアウト対決し、それぞれのカテゴリーで最強の選手を争う。

BKOOLのテクノロジーにより、ヒルクライムはステルビオ峠、スプリンターはトスカーナのコースをそれぞれの室内で再現。没入型の経験を楽しむことを可能にした。

レースの模様は、イベントの公式ソーシャルメディアチャンネル(Facebook、Instagram、Twitter)によって報じられ、世界中のファンがその展開を目撃することができる。

出場選手
●スプリンター/ルーラー
パスカル・アッカーマン(ボーラ・ハンスグローエ)
マッズ・ピーダスン(トレック・セガフレード)
ナセル・ブアニ(アルケア・サムシック)
マチュー・ファンデルプール(アルペシン・フェニックス)
ファビオ・ヤコブセン(ドゥークニンク・クイックステップ)
カレブ・ユアン(ロット・スーダル)
マッテオ・トレンティン(CCC)

●クライマー
ラファウ・マイカ(ボーラ・ハンスグローエ)
ビンチェンツォ・ニーバリ(トレック・セガフレード)
ジュリアノ・チッコーネ(トレック・セガフレード)
ワレン・バルギル(アルケア・サムシック)
ヤコブ・フルサン(アスタナ)
トーマス・デヘント(ロット・スーダル)
シモン・ゲシュケ(CCC)
その他の出場選手は随時更新中

●イベントの公式Twitter

ログリッチがジロ・デ・イタリアバーチャル最終区に出場

ジロ・デ・イタリアバーチャルの最終区間となる第7ステージが5月9日から始まる。リアルのジロ・デ・イタリアではミラノで開催される第21ステージの個人タイムトライアルにあたり、距離15.7kmを選手それぞれの自宅で行う。アスタナが6ステージを終わって首位を守り、女子ではトレック・セガフレードが首位。

ジロ・デ・イタリアバーチャルに挑むプリモシュ・ログリッチ

レースは6区間を終えてアスタナがユンボ・ビズマに48分26秒差をつけている。ユンボ・ビズマは最終区間の個人タイムトライアルに2019ブエルタ・ア・エスパーニャ総合優勝、2019ジロ・デ・イタリア総合3位のプリモシュ・ログリッチ(スロベニア)を起用した。

第7ステージ出場選手
●ジロ・デ・イタリアバーチャル

アスタナ=マヌエーレ・ボアーロ、ダビデ・マルティネッリ
バーレーン・マクラーレン=ドメン・ノバク、グレガ・ボーレ
ユンボ・ビズマ=プリモシュ・ログリッチ、トビアス・フォス
アンドローニジョカトリ・シデルメク=マッティア・ビエル、マッテオ・スプレアフィコ
バルディアーニCSFファイザネ=ビンチェンツォ・アルバネーゼ、マルコ・ベンファット
ビーニザブKTM=マッティア・ベビラクア、ベリコ・ストイニッツ
イタリアナショナルチーム=フィリッポ・ガンナ、ジョナタン・ミラン

アスタナのカティア・ラグーサ
Stage 21 – from Saturday 9 to Sunday 10 May CERNUSCO SUL NAVIGLIO > MILAN ITT TISSOT – (full stage, 15.7km – 30m vertical elevation)
ジロ・デ・イタリアバーチャルの開催日程

●Garminバーチャルライドのホームページ

🇮🇹ジロ・デ・イタリアバーチャル / 延期された2020ジロ・デ・イタリア特集サイト