山本大喜がアジア選手権ロードの男子アンダー23で優勝

ミャンマーのネピドーで開催されている第38回アジア自転車競技選手権、第25回アジア・ジュニア自転車競技選手権は大会4日目となる2月11日、男子アンダー23(156km)が行われ、山本大喜(鹿屋体育大)が3時間34分05秒で優勝した。

アジア選手権男子U23ロードで優勝した山本大喜 ©Kenji NAKAMURA/JCF

日本勢は石上優大(エカーズ)が4位、草場啓吾(日本大)が10位、渡邉歩(エカーズ)が14位。

アジア選手権男子U23ロードを走る草場啓吾(右) ©Kenji NAKAMURA/JCF

アジア選手権男子U23ロードの渡邉歩(左) ©Kenji NAKAMURA/JCF

アジア選手権男子U23ロードを制した山本大喜(左) ©Kenji NAKAMURA/JCF

アジア選手権男子U23ロードの山本大喜(右)と石上優大 ©Kenji NAKAMURA/JCF

アジア選手権男子U23ロードで優勝した山本大喜(中央) ©Kenji NAKAMURA/JCF

●関連ニュース

日野泰静が男子ジュニアで優勝、女子の岩元杏奈は2位…アジア選手権

●最新ニュースへ

ビビアーニが最終ステージも制してドバイツアーで総合優勝

エリア・ビビアーニ(イタリア、クイックステップフロアーズ)が2月6日から10までUAEで行われたドバイツアーで総合優勝した。同選手は29回目の誕生日に行われた第2ステージをゴール勝負で制すると、翌第3ステージで首位に浮上。最終日の第5ステージでも優勝し、総合成績でもその座を守り抜いた。

エリア・ビビアーニ ©LaPresse – Fabio Ferrari

「このチームに移籍したことで大きなステップアップになった。シーズン序盤でタイトルを獲得できたのはチームの総合力のおかげだと思う。これまでと変わらない準備でシーズンインしたけど、チーム力と戦略が大きく左右している」とビビアーニ。
「第2ステージで世界屈指のスプリンターを相手に勝利できたのが誇らしい。最終ステージはトラックレースでの経験を生かして2勝目をものにすることができた。今後は春のクラシックやグランツールに照準を合わせていくつもりだ」

ドバイツアー第5ステージ

ドバイツアー第5ステージを制したビビアーニ ©LaPresse – Fabio Ferrari

ドバイツアーで総合優勝したビビアーニ ©LaPresse – Massimo Paolone

●関連ニュース

ビビアーニが29歳の誕生日を勝利で飾る…ドバイツアー第2ステージ

日野泰静が男子ジュニアで優勝、女子の岩元杏奈は2位…アジア選手権

ミャンマーのネピドーで開催されている第38回アジア自転車競技選手権、第25回アジア・ジュニア自転車競技選手権は大会3日目となる2月10日、男子ジュニアロードレース(106km)が行われ、日野泰静(愛媛・松山城南高)が2時間32分38秒で、2位に11秒差をつけて優勝した。

アジア選手権男子ジュニアロードで優勝した日野泰静

アジア選手権男子ジュニアロード

鳥倉必勝(ウォークライド)は10位、山本哲央(山梨・韮崎高)は15位、香山飛龍(神奈川・横浜高)は22位。

アジア選手権男子ジュニアロード

アジア選手権男子ジュニアロードで優勝した日野泰静(中央)

女子ジュニアロードレース(70km)は集団スプリント勝負となり、ホンコンチャイナのビビアン・チウが優勝。岩元杏奈(宮崎・都城工業高)が同タイムの2位になった。石上夢乃(神奈川・横浜創学館高)は7位、川口うらら(兵庫・龍野高)は12位、太郎田水桜(東京・東京成徳大学高校)は15位。

アジア選手権女子ジュニアロードのゴール勝負

アジア選手権女子ジュニアロードで2位になった岩元杏奈(左)

●関連ニュース

アジア選手権エリート男子TTで別府史之4位…優勝は張敬楽

アジア選手権エリート男子TTで別府史之4位…優勝は張敬楽

ミャンマーのネピドーで開催されている第38回アジア自転車競技選手権、第25回アジア・ジュニア自転車競技選手権は大会3日目となる2月10日、男子エリート個人タイムトライアル(42km)が行われ、日本代表の別府史之(トレック・セガフレード)は51分19秒358で4位になった。

アジア選手権エリート男子タイムトライアルで4位の別府史之

優勝はホンコンチャイナの張敬楽で、タイムは49分53秒649。

アジア選手権エリート男子タイムトライアルで4位の別府史之

●関連ニュース

アジア選手権初日の男子チームタイムトライアルで日本が優勝

勝てなかったの残念だがいいコンディション…ツール・ドラプロバンスのグロス

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニのエドアルド・グロスがツール・ドラプロバンスの第1ステージで2位になり、「勝てなかったことは残念だけど、冬季のトレーニングが成果をあげ、いいコンディションに仕上がっていることを実感できた」とコメントした。

エドアルド・グロス

「チームメートたちに感謝している。彼らの献身的な走りがあり、ベストな状態でスプリントに挑むことができた」とグロス。
「最後のコーナーではコフィディスの選手たちがとても上手なレース運びをした。このままトレーニングを続け、さらにいい成績をねらっていきたい。まずは日曜日の第3ステージが再び勝利をねらうチャンスになると思う」

初山翔

初山翔のコメント
大きな逃げに注意しつつも、グロスのスプリントを手伝うようにとのオーダー。その結果グロスが2位に入ってくれた。これからもトライしてスプリントへの連携を高めていきたい。明日は厳しい山岳ステージ。自分のコンディションを確かめつつ、役目を果たしたい。

小林海(まりの)

小林海のコメント
多少の起伏があった第1ステージ。チームはグロスのスプリントで勝ちをねらう作戦で、なるべくグロスに脚を使わせないように後半まで固まって走った。ボクはとにかくタイムを失わないように、テクニカルなゴール前でトラブルなく安全にゴールした。
明日の山頂ゴールではいい走りをしたい。

西村大輝

西村大輝のコメント
チームの作戦はグロスのスプリントでのステージ優勝。ボクへの指示は大人数の逃げがあれば乗ることだった。少人数の逃げが決まってからは、チームでまとまって走りグロスの脚を使わせないように走った。結果はグロスが2位に入り、いい雰囲気で第1ステージを終えた。明日の第2ステージは厳しい山岳ステージとなるので、より一層気を引き締めて与えられた役割を果たせるようにしたい。

●関連ニュース

NIPPOのグロスがツール・ド・プロバンス第1ステージで2位

NIPPOの初山翔、小林海、西村大輝がツール・ドラプロバンス参戦

NIPPOのグロスがツール・ドラプロバンス第1ステージで2位

2月8日に開幕したツール・ドラプロバンスは、165.9kmで競われた2日目の第1ステージでNIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニのエドアルド・グロスがスプリントで2位になった。

第1ステージでエドアルド・グロスがスプリントで2位。優勝はコフィディスのクリストフ・ラポルト

プロローグ(5.8kmの個人タイムトライアル)を終えた翌日の9日、ロードレース初日となった第1ステージはオバーニュからイストルまで。途中に4級山岳が2カ所に設定されているなど、起伏もあったが平坦基調のステージだ。

スタート後にコンチネンタルチームの3選手の逃げが決まった。集団はフランスのトップチームがコントロールし、レースは落ち着いて進んでいった。危険視されていた横風もこの日は弱く、フィニッシュラインに向けてタイム差が詰まっていく王道の展開になった。

NIPPOチームはスプリンターのグロスを中心にした作戦を組んでいて、終盤になってひとつにまとまった集団のなかで、アラン・マランゴーニらがグロスのために牽引を開始。絶好なポジションにつけていたが、残り500mからコーナーが連続するコースレイアウトになっていたため最後から2つめのコーナーでグロスが走路をふさがれる形となり失速。その瞬間に勝者となるクリストフ・ラポルト(コフィディス)がアタックを仕掛けて先行。グロスも必死に前を追った、勝者には届かず2位という結果になる。

脚があっただけに悔しさを爆発させたグロスだが、すべての選手が今季初戦。そのなかでチームワークがよく機能していたこと、またグロスのコンディションがとてもいいことに手応えを感じるステージとなった。大会最終日の第3ステージも集団ゴールスプリントになることが予想されていて、次のチャンスをねらっていく。

ゴール後にチームメートに感謝しながらも、勝てなかった大きな悔しさがにじんだグロス

第2ステージは2級山岳の山頂フィニッシュで、本大会唯一の山岳ステージ。クライマーたちの出番となり、総合成績もここで大きく動いてくる。

●関連ニュース

NIPPOの初山翔、小林海、西村大輝がツール・ドラプロバンス参戦

●最新ニュースへ

コルブレッリがドバイツアー第4ステージV…ビビアーニが首位死守

ソニー・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・メリダ)が2月9日に行われたドバイツアー第4ステージを制した。ダム湖がある山岳にゴールするステージは大会で最も難易度が高いものだったが、コルブレッリが少人数のゴール勝負をトップフィニッシュした。

ドバイツアー第4ステージを制したソニー・コルブレッリ

「残り20kmでメカニックトラブルが発生したけれど、ボクはそのままの状態でゴールを目指すことを選択した。だから最後の上りは53Tというとても重いギヤしか使えなかったので、厳しかった」とコルブレッリ。
「この大会の開幕時からチームはボクを援護してくれている。とりわけビンチェンツォ・ニーバリには助けられている。このシーズンに彼がターゲットとするレースのときはボクがアシストできればいいと思っている」

第4ステージは5日間の日程で開催されるドバイツアーで最難関のコースだった

総合成績では前日に首位に立ったエリア・ビビアーニ(イタリア、クイックステップフロアーズ)がタイム差なしの区間6位でゴール。上位3選手がボーナスタイムを獲得していたが、前日の貯金を利してその座を守った。大会は10日まで。

ドバイツアー第4ステージで首位を守ったエリア・ビビアーニ

●関連ニュース

カベンディッシュがゴール勝負を制す…ドバイツアー第3ステージ

ブリヂストンサイクルの五輪出場社員や現役が埼玉サイクルエキスポでトークショー

ブリヂストンサイクルは2月17〜18日にさいたまスーパーアリーナで開催される、自転車の魅力を伝えるイベント「埼玉サイクルエキスポ」に出展する。2020年に向けて自転車競技を盛り上げていく取り組みの一環として、今回は自転車の展示・試乗のほか、オリンピアンによるスペシャルトークショーを特設ステージで開催。オリンピック出場経験がある同社社員や自転車チーム「チームブリヂストンサイクル」の現役選手も登場し、自転車競技に関しての知識などをクイズを交えて解説する。

ブースでは、サイクルシミュレーターを活用してオリンピアン同士の自転車対決も実施。一般の人にもオリンピアンの走りを体感してもらえるように、選手たちが記録したタイムに挑戦できるコーナーも設置する。

■イベント名:埼玉サイクルエキスポ2018
■開催日:2018年2月17日(土)9:00~17:00(自転車試乗は16:30で受付終了)
18日(日)9:00~16:00(自転車試乗は15:30で受付終了)
※雨天決行(雨天の場合、試乗は状況を見て実施を判断)
■開催場所:埼玉県 さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ・けやきひろば
■入場料:無料
■実施概要:
●特設ステージにて実施する内容
「ブリヂストンサイクルプレゼンツ オリンピアンが教えるスポーツ自転車のヒミツ~クイズでブリヂストンオリジナルグッズをgetしよう~」
出演者 鈴木光広(ソウル1988オリンピック出場)、藤田晃三(バルセロナ1992オリンピック出場)
飯島誠(チームブリヂストンサイクル総監督/シドニー2000、アテネ2004、北京2008オリンピック出場) 
窪木一茂(チームブリヂストンサイクル所属/リオ2016オリンピック出場)
原田裕成(チームブリヂストンサイクル所属/日本代表強化指定選手)

●ブースで実施する内容
・サイクルシミュレーター体験
・自転車展示(電動アシスト自転車・BRIDGESTONE ANCHOR、エアフリーコンセプトタイヤ装着車など)
・子ども乗せ電動アシスト自転車相談会
・補助輪外しセミナー(17日のみ開催)※当日予約が必要

●屋外試乗コースで実施する内容
・自転車試乗(シティサイクル試乗コース、スポーツサイクル試乗コース、キッズサイクル試乗コース)

●埼玉サイクルエキスポのホームページ

●関連ニュース

女性誌ヴェリィとコラボした子ども乗せ電動アシスト自転車が限定発売