カラパスが独走で2勝目。総合でも首位に【ジロ・デ・イタリア第14S】

第102回ジロ・デ・イタリアは5月25日、サンバンサン〜クールマイユール間の131kmで第14ステージが行われ、モビスターのリカルド・カラパス(エクアドル)が独走し、第4ステージに続いて今大会2勝目、大会通算3勝目を挙げた。総合成績でもヤン・ポランツェ(スロベニア、UAEエミレーツ)を逆転して一気に首位へ。

ジロ・デ・イタリア第14ステージでカラパスがマリアローザ ©Gian Mattia D’Alberto – LaPresse

「チームはミケル・ランダとボクの2つのカードを持っていた。今日はランダの調子がよくなくて、ボクが首位をねらってアタックすることになった。自転車を始めた15歳の時からマリアローザは夢だった」とカラパス。

ジロ・デ・イタリア第14ステージ ©Marco Alpozzi – LaPresse

リカルド・カラパスがジロ・デ・イタリア第14ステージで独走 ©Marco Alpozzi – LaPresse

優勝候補のプリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ビスマ)も食らいつき、7秒遅れの総合2位と好位置につけた。

先行選手を追うニーバリとログリッチェ。その後方は抑え役のミケル・ランダ ©Marco Alpozzi – LaPresse
ニーバリら有力選手がゴールへ ©Massimo Paolone/LaPresse

悪天候による雪崩が予想される第16ステージは標高の高いガビア峠をカットする短縮コースで開催されることが急きょ発表された。

●4賞ジャージ
マリアローザ(個人総合成績) リカルド・カラパス(エクアドル、モビスター)
マリアチクラミーノ(ポイント賞)アルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)
マリアアッズーラ(山岳賞)ジュリオ・チッコーネ(イタリア、トレック・セガフレード)
□マリアビアンカ(新人賞)パベル・シバコフ(ロシア、イネオス)

🇮🇹ジロ・デ・イタリア特集ページへ
🇮🇹第102回ジロ・デ・イタリア出場176選手リスト
🇮🇹第102回ジロ・デ・イタリアの関連ニュース

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。