ブエルタ・ア・エスパーニャはポルトガルに入国できず…コース変更へ

2020ブエルタ・ア・エスパーニャが、新型コロナウイルス感染懸念を示すポルトガルの領内に入ることができなくなり、コース変更を余儀なくされている。

当初の発表では2020年の第75回ブエルタ・ア・エスパーニャのコースはこんな感じだったが…

ブエルタ・ア・エスパーニャは当初予定されていた開幕からのオランダ3ステージをカット。8月14日〜9月6日の24日間の日程から、10月20日〜11月8日の18日間に変更することを発表していた。今回はさらにポルトガルを走る予定だった第15、16ステージのコース変更が必要となった。

新型コロナウイルスによって引き起こしている状況は、ポルトガルにおける円滑なレース運営は不可能であると、ポルト、マトシニョス、ビセウの自治体がブエルタ・ア・エスパーニャ主催者のユニパブリックに通告。レースはポルトガルを通過しないことを決定した。

ポルトとマトシニョス間で行われる第15ステージと、ビセウをスタートする第16ステージのルートがスペイン国内に変更される。ポルト、マトシニョス、ビセウに代わる都市はすでに決まっているが、コースの最終的なプロファイルが決定するのは数週間かかるという。

ブエルタ・ア・エスパーニャのハビエル・ギレン代表は、「我々が経験している事態と同じくらい異例の状況なのだから、柔軟でオープンな心を持ち、このような決定と変更を理解する必要がある」とコメントした。

「我々は2020年にポルトガルを訪問することができないことを残念に思うが、この炎が消えることを望んでいない。両国の関係を将来まで維持し、歴史に深く関わった隣国を再び訪れたい」と付け加えた。

●ブエルタ・ア・エスパーニャのホームページ
🇪🇸ブエルタ・ア・エスパーニャの特集サイト