汗だくで出社して嫌われない…自転車通勤役立ちアイテム

国土交通省が「自転車通勤推進企業」を認定するプロジェクトを開始するなど、自転車を通勤に使うことが推奨されている。ただし夏場に汗だくで出社したら間違いなく嫌われる。そこで快適な通勤ライドをサポートしてくれるクールな商品を紹介。パーツやアクセサリーなどを通販するワールドサイクルの岩田康裕さんが選んでくれた。

国土交通省も自転車通勤を全面的に推奨

企業活動における自転車通勤や業務利用を拡大するため、「自転車通勤推進企業」宣言プロジェクトを国土交通省が創設した。自転車通勤を積極的に推進する会社の取り組みを広く発信することが目的のひとつで、「密」にならない通勤手段としても注目されている。

このプロジェクトは自転車通勤を導入する企業・団体を自転車活用推進本部長(国土交通大臣)が認定し、自転車通勤のメリットを多くの人に知ってもらおうという取り組み。ひとつの会社だけでなく、事業所単位でも申請可能だ。内容は、認定要件を満たす企業・団体を「宣言企業」として発表し、その中でも特に優れた企業・団体を「優良企業」として認定する。

当初は5月に初回の「宣言企業」認定を行い、企業名を自転車活用推進官民連携協議会ホームページで紹介する計画だったが、新型コロナウイルス感染症の拡大により認定時期を延期。今年度末には初回の「優良企業」を認定し、本部長による表彰を行いたいという。宣言企業は随時募集、優良企業は毎年1回認定していく計画のようだ。

ポイントは汗対策とストレスフリーなアイテム

休日サイクリングとは異なり、仕事をしに行くために自転車をこぐのだから、会社到着後に汗だくになったり疲れてしまうのは意味がない。そのため吸汗速乾性のある下着、お尻の痛くならないパッド付きパンツなどが便利。氷を入れて冷やした水を飲むとリフレッシュするので、注意力が散漫にならず安全走行をサポートしてくれる。


バックパックパッド

R250のバックパックパッド。愛用しているリュックに装着すると背中のムレを軽減してくれる。1711円。以下価格はすべて税込み、ワールドサイクルで扱われている通販商品。

パッド付きインナーパンツ

カペルミュールのメッシュインナーパンツ・レギュラーパッド付き。通勤ズボンやスカートの中に着用。吸汗速乾のメッシュ素材を採用し、ムレを軽減。写真の女性用は6270円、男性用は5280円。

保冷ボトル

サーモスの真空断熱ケータイマグ(保冷・保温=3762円)と真空断熱ストローボトル(保冷のみ=2772円)。氷を入れた冷たい水を途中で飲むと気分が落ち着く。

フルフィンガーグローブ

レリックのアルカイド・フルフィンガーグローブ。指先だけが日焼けするのを防ぐUVカット素材。タッチパネル対応。5390円。

室内スタンド

ミノウラのウッドスタンド。車輪差し込みタイプのオシャレなスタンド。オフィスに自転車を持ち込んでも迷惑をかけない配慮として。5643円。

冷感インナー

フリーズテック。生地裏の特殊な冷感プリントが汗を吸収すると、その吸熱特性により繊維の温度が下がり涼しさを感じることができる。写真の長袖シャツ(8580円)のほか半袖(5720円)やアームカバー(4180円)も。

ペダル兼用ロック

エクスペドのペダル。ペダル自体がカギとなっているため、カギを忘れても安心。8228円。

マスク代わりのネックゲイター

阪神タイガースのネックゲイター(2530円)。コンビニに立ち寄るときはマスク代わりになる。人気キャラ「柴田さん」柄も同価格。

●ワールドサイクルのホームページ