イサギレ弟が初優勝…首位はカラパスへ…ブエルタ・ア・エスパーニャ第6S

第75回ブエルタ・ア・エスパーニャは10月25日、新型コロナウイルス感染拡大によりフランスに入国するルートを修正。ビエスカスをスタートし、スペイン国内のサレントデガレゴにゴールする146.4kmに変更して第6ステージが行われ、アスタナのヨン・イサギレ(スペイン)が残り3kmから抜け出して初優勝した。

ヨン・イサギレが第6ステージ優勝 ©PHOTOGOMEZSPORT2020

フランスのツールマレー峠にゴールする予定だったステージは、同国の新型コロナウイルス感染拡大により直前でコース変更。激しい雨にも見舞われた混戦は、ヨン・イサギレが制した。この日はチームメートで2歳年上の兄ゴルカが2度にわたって単独先行したが、ゴールまで逃げ切れず。追走集団の中で抑え役を務めていた弟が勝負を決めた。

「最後はとてもツラくてアタックすることにためらいがあったが、兄が勇気をくれた」と弟。

冷たい雨のためログリッチもレインウエアを着用した©PHOTOGOMEZSPORT2020

総合成績では首位プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ビスマ)が脱落。13秒遅れの総合3位につけていたイネオス・グレナディアスのリチャル・カラパス(エクアドル)が、この日ログリッチに43秒差をつけて首位に立った。

「大会はまだ長いが、チームはとても強いので最後までこの座を守っていきたい」とカラパス。

ヨン・イサギレがメイン集団からアタック ©PHOTOGOMEZSPORT2020
冷たい雨の中ゴールにたどり着いたカラパスをマルク・ソレルがその健闘をたたえた ©PHOTOGOMEZSPORT2020

大会連覇をねらうログリッチは第5ステージまで首位を走ったが、ピレネー山脈の山岳で遅れ、30秒遅れの総合4位と一歩後退している。
「勝つ時もあれば負ける時もある。調子を落としたわけじゃないのでまだファイトできる」とログリッチ。

メカニックトラブルで足を使ってしまい最後に遅れたログリッチ ©PHOTOGOMEZSPORT2020

●4賞ジャージ
マイヨロホ(個人総合成績)リチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアス)
マイヨベルデ(ポイント賞)プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ビスマ)
マイヨルナレス(山岳賞)ティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・スーダル)
□マイヨブランコ(新人賞)エンリク・マス(スペイン、モビスター)

リチャル・カラパスが総合1位に ©PHOTOGOMEZSPORT2020

第5ステージにもどる≪≪   ≫≫第7ステージにすすむ

2020ブエルタ・ア・エスパーニャ出場176選手

🇪🇸ブエルタ・ア・エスパーニャの特集サイト
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャの公式サイト
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのfacebook
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのtwitter
⚫ブエルタ・ア・エスパーニャのinstagram

“イサギレ弟が初優勝…首位はカラパスへ…ブエルタ・ア・エスパーニャ第6S” への1件の返信