シマノが欧州レースでニュートラルアシスタンスを開始

2021年3月、創業100周年を迎えた世界屈指の自転車部品メーカー、シマノがグランツールと呼ばれる三大ステージレースで技術サポートを担うことになった。ツール・ド・フランスでは地元メーカーが常にその業務をこなしてきたが、ついに日本企業がこれに変わった。欧州自転車界の景色が一変するほどの衝撃的ニュースだが、シマノに与えられたその任務とは?

2021パリ〜ニースのニュートラルアシスタンスはシマノ ©A.S.O. Fabien Boukla

ツール・ド・フランスの景色が変わるほどの衝撃ニュース

シマノに与えられた任務はニュートラルアシスタンスサービスと呼ばれるもの。チームの分け隔てなく公平に機材故障に対処する車両を走らせる。ツール・ド・フランスではこれまでフランスのマヴィック社がこれを務めていた。車両は黄色で、フランス語でそれを意味する「ボワチュールジョーヌ」と呼ばれて親しまれてきた。その黄色が今季からシマノの企業色である青色に変わるのだ。

ジロ・デ・イタリアが3月5日にシマノとのコラボを発表 ©LaPresse

1973年のパリ〜ニースでマヴィックは初めて黄色いニュートラルアシスタンスカーを走らせた。すぐにその存在は知れ渡り、沿道にいるファンは黄色い車を見ればマビックだとだれもが分かった。選手たちの後ろを伴走する車両隊列の中で、一番目立つのがボワチュールジョーヌだった。

マヴィック社はシマノのようにあらゆる自転車部品を開発・販売する規模ではなく、かつては変速機やクランク周辺部など、現在も車輪やアパレルなどに特化して製造する。企業規模としては小さいが、主催者とともに大会を育んできた実績と貢献度は計り知れない。ツール・ド・フランスにとってマヴィックは協賛企業ではなく、協力企業という特別の立ち位置でもあった。

旧車、旧ロゴのマヴィックカーのミニチュア

ニュートラルアシスタンスサービスに従事するスタッフの出番はラジオツールと呼ばれる車載無線で指示されて始まる。

「ボワチュールジョーヌ、先頭集団で○○チームの選手がパンク!」

指示が入るや、「あのチームの後輪はカンパニョーロの11段変速だ」などと判断し、現場に急行するや適合する車輪を選択して交換する。

ジロ・デ・イタリアやストラーデビアンケのニュートラルアシスタンスもシマノ ©LaPresse

ボワチュールジョーヌの屋根の上には交換用の自転車本体も積載されているが、車輪の交換はひんぱんにあるものの、ボワチュールジョーヌが自転車を交換することはほとんどない。使用するペダルの形状がチームによってバラバラで、これに選手の体格によってフレームサイズの違いが加わるからだ。1秒を惜しんで前を走る集団に追いつきたい選手を前にして、ペダルを交換しているヒマはない。こういった場合はチームカーの到着を待つのがほとんど。

助手席にはステージごとにスポンサーなどのVIPが乗る。世界各国の得意先やメディアなどの名前が予約リストに掲載されている。競技のうえでなくてはならない存在なのかもしれないが、同時進行で社交が展開されている。このあたりに、自転車レースは伝統に裏打ちされた文化であることがうかがえる。

1990年代にようやく欧州市場でその存在が認められた後発メーカーのシマノは、いきなり世界最高峰のツール・ド・フランスでマビックを追い落とそうとはしなかった。まずは国際統括団体のUCI(国際自転車競技連合)が主催する世界選手権でニュートラルアシスタンスを始めた。

ブエルタ・ア・エスパーニャでシマノは大会協賛も ©PHOTOGOMEZSPORT2020

レースの勝敗に影響を与えかねないほどの高性能な機材を次々と開発していくシマノにとっては、競技規則を定めるUCIと蜜月関係を築きたいという戦略もあった。次に三大大会のジロ・デ・イタリア、さらにブエルタ・ア・エスパーニャでサポート業務を受注した。そして100周年の2021年、いよいよツール・ド・フランスへ。出場選手の過半数がシマノ部品を使うのだから、それは自然の成り行きだった。

ジロ・デ・イタリアとツール・ド・フランスの姉妹レースもすべてシマノが業務を担う。3月7日、ツール・ド・フランス傘下のパリ〜ニースが開幕し、青色のニュートラルアシスタンスカーが初めてフランスを走った。

●シマノ100周年の特設サイト

アデュー、ボワチュールジョーヌ…マヴィックがシマノにエール

2021ツール・ド・フランスから、チームの分け隔てなく公平な立場でメカニックサポートをこなすニュートラルアシスタントが日本のシマノになる。これまでツール・ド・フランスの象徴的な役割を担ってきたフランスのマヴィック社は、さみしさをわずかににじませながらもシマノにエールを送った。

2019パリ〜ツール ©A.S.O. / Bruno BADE

1973年のパリ〜ニースで、自転車の車輪を主に製造していたマヴィック社は初めてその象徴的な黄色いニュートラルアシスタンスカー、ボワチュールジョーヌを走らせた。チームや所属選手の国籍、順位や成績に関係なく、集団を中立的にサポートしていく。その役割は世界中のサイクリングイベントの礎となった。

ツール・ド・フランスの沿道で黄色い車がやってくれば、それはマヴィックだとだれもが分かった。フランス国民のみならず、世界中の自転車ファンから愛され続けてきたボワチュールジョーヌ。2021年からツール・ド・フランスをはじめとするASO主催イベントでは大阪府堺市の自転車パーツメーカー、シマノに変わる。ニュートラルカーは黄色から青色に変わることになる。

ボワチュールジョーヌに同乗取材

ツール・ド・フランスで選手たちの後ろを伴走する車両隊列の中で、一番目立つのが黄色いボワチュールジョーヌだ。これまでも何度かステージのスタートからゴールまで同乗させてもらったことがあるが、直近では2014年の最終日、パリ・シャンゼリゼで乗車する機会を得て、彼らの仕事ぶりをチェックすることができた。

2019フレーシュワロンヌ女子レース ©A.S.O. / Thomas MAHEUX

2020年までのツール・ド・フランスでは、出場22チームは2台のサポートカーが選手団の近い位置で追従することが許されていて、パンクなどの機材故障に対応している。こうしたチーム所属のサポートカーとは別に、黄色いボディのサポートカーを帯同させるのは国際規定で定められている。これがチームの分け隔てなく公平に機材故障に対応するという任務を持ったニュートラルアシスタンスカーだ。

フランスのマヴィック社はシマノのようにあらゆるパーツを開発・販売する規模ではなく、かつては変速機やクランク周辺部など、現在も車輪やアパレルなどに特化して製造する。企業規模としては小さいが、ASOとともに大会を育んできた実績と貢献度は計り知れない。これまでツール・ド・フランスにとってマヴィックは協賛企業ではなく、協力企業という特別の立ち位置でもあった。

フランス語で「黄色いクルマ」という意味の「ボワチュールジョーヌ」はいつの間にか沿道の人気者に。オートバイ型の「モトジョーヌ」もマヴィックが走らせているもので、その役割と人気ぶりは同じだ。

2018ツール・ド・フランスで崖下に転落したフィリップ・ジルベールを救助 ©A.S.O. /Pauline Ballet

ボワチュールジョーヌは運転手のほかに後部座席に敏腕メカニックが乗車し、いつでもトラブルに対応できるように待ち構えている。クルマの屋根には交換用の車輪と自転車がズラリと搭載されているのだが、チームによって使用するパーツメーカーが異なるので、全チームの使用機材の互換性を頭の中にたたき込んで、瞬時に対応できるようにしている。いわばプロ中のプロである。

コンコルド広場に停車したボワチュールジョーヌ

その出番はいつも突然やってくる

彼らの出番はラジオツールと呼ばれる車載無線で指示される。

「ボワチュールジョーヌ、先頭集団で○○チームの選手がパンク!」

指示が入るや、「あのチームの後輪はカンパニョーロの11段変速だ」などと判断し、現場に急行するや適合する車輪を選択して交換する。

車輪の交換はひんぱんにあるが、ボワチュールジョーヌが自転車を交換することはほとんどない。使用するペダルの形状がチームによってバラバラで、これに選手の体格によってフレームサイズの違いが加わるからだ。1秒を惜しんで前を走る集団に追いつきたい選手を前にして、ペダルを交換しているなんてヒマはない。こういった場合はチームカーの到着を待つのがほとんど。

大観衆が沿道を埋め尽くしたシャンゼリゼ通りを先頭で走る

助手席にはステージごとにスポンサーなどのVIPが乗る。世界各国の営業面でのキーパーソンやメディアなどの名前が予約リストに掲載されている。競技のうえでなくてはならない存在なのかもしれないが、同時進行で社交が展開されている。このあたりが伝統に裏打ちされた文化であることがうかがえる。

ニュートラルカーとチームカーの役割

自転車レースでは選手がアタックして先頭集団とメイン集団に分かれた場合、一定のタイム差が開くと審判がサポートカーに無線で先頭集団の後ろに位置するように指示を送る。先頭集団が所属するチームのサポートカーが後ろに着くことを認められるのはタイム差が2〜3分になってから。2分以内は各チームのサポートカーではなくマヴィックのニュートラルアシスタンスカーがつなぎ役として先頭集団の後ろに着く。タイム差が1分を切ると、2つの集団が合流する可能性が高くなったと判断して、すべてのサポートカーが元の位置に戻される。

また選手後方で隊列を組む関係車両の中でも目印となっている。隊列はディレクターカー、医療車に続いて、出場22チームの第1サポートカーが前日の成績順に並び、ボワチュールジョーヌをはさんで第1サポートカーが同様に並ぶ。レース途中はメカトラブルや選手へのボトル渡し、アタックした選手への追従が認められるなどで混とんとした状態となるが、一段落し手元の位置に戻る場合はこのボワチュールジョーヌが目印になるのだ。

ボワチュールジョーヌの助手席より

ボワチュールジョーヌに乗ってシャンゼリゼの特設サーキットを体験した。世界で最も華やかだと言われるこの大通りだが、細身のタイヤをはいたロードバイクで走ることをまず想定していないと思った。鏡面のようなアスファルトではなく、石畳なのだ。しかもエトワール凱旋門に向かってゆるやかに上っている。選手たちはここを時速50kmで突っ走るのだから信じられない。

選手と同じ景色を体感

ゴールはフランス革命で断頭台が置かれたコンコルド広場からシャンゼリゼの直線路に突入する。このときのスピードは時速70kmにもなるはずだが、コーナーがかなりタイトで視覚的に針の穴に突入するような感じだ。最速の走行ラインは1本しかない。それを手に入れるためにアシスト陣を使って高速列車を走らせる。華やかさだけではない、大変なフィナーレだ。

選手たちがゴールしたら、真夏のフランスを駆け抜けた23日間の夏祭りも終わり。黄色うウエアに身を包んだマヴィックのメカニックたちがコンコルド広場の片隅で仕事を終えた充実感に満ちた面持ちでたたずんでいたのが心に残った。

ボワチュールジョーヌのフロントガラス越しに。シャンゼリゼに凱旋した選手のタイミングをはかってフランス空軍が戦隊飛行でフィナーレを演出

最後のコメントは「ボンシャンス、シマノ」

マヴィックが48年にもおよぶツール・ド・フランスでのメカニックサポートを終えた。ASOとの契約は途絶えたものの、スポーツとサービスへの情熱、そして勝利を求めて考えは変わらないという。マヴィックはすべてのサイクリストのためにこれからもこの世界の真ん中で存在していくとコメント。

そして最後に「ボンシャンス=幸運を! シマノ」と結んでいる。

●マヴィックのホームページ

シマノがツール・ド・フランスのニュートラルアシスタンスに

2021年3月に創業100周年を迎える大阪府堺市の自転車パーツメーカー、シマノツール・ド・フランスのニュートラルメカニックを担当することになった。これまでフランスのマビック社がこれを務めていたが、2021年からニュートラルカーは黄色から水色に変わる。

シマノはすでにブエルタ・ア・エスパーニャでのニュートラルアシスタンスを務めているが、今回のシマノとASOの合意によりツール・ド・フランスはもとより、パリ〜ルーベ、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ、フレッシュワロンヌ、パリ〜ツールなどの有名なクラシック、さらには一般参加イベントのエタップ・デュ・ツールなどASOが運営するすべての自転車レースやイベントをシマノがサポートすることになった。    

シマノは1921年、堺の町工場として自転車のギヤ製造を始めた。1970年代から欧州ロードに打って出て、日本人メカニックをロードレースの本場に派遣。カンパニョーロ社などの伝統メーカーに苦戦しながらも、得意とする機能路線で世界最強の自転車メーカーに成長していく。

今回のパートナーシップでシマノは、20年にわたるニュートラルサポート経験とノウハウを活用して、出場選手が使用するパーツブランドに関係なく、ASOが運営するレースのすべての選手を公平にサポートし、バイクのトラブルに対応していく。

シマノの象徴的なイメージカラーは水色(ブルー)で、すべてのASOワールドツアー、コンチネンタル大会、ウィメンズレースでニュートラルサポートカーのボディを飾り、クラッシュやメカニカルトラブルが発生した場合に、選手ができるだけ早くレース復帰できるように支援するのが任務となった。 

●ツール・ド・フランスのホームページ

シマノ創業100周年に向けた記念フォトコンテスト開催中

世界有数の自転車パーツメーカー、シマノが創業100周年に向けた記念フォトコンテストを開催している。100周年となる2021年9月30日まで6つの期間にわけて、それぞれテーマを決めて写真を募集する。

現在は第1回の応募期間で、テーマは「出会い」。あなたと自転車・釣り・ロウイング(ボート)の出会いに関する写真を募集している。

応募期間は6月30日まで。

グランプリ
受賞者数:5名(入賞者の中から5名が選ばれる)
賞品:シマノ創業100周年 記念フォトブック

入賞
受賞者数:30名(「募集テーマ・期間」記載の各テーマにつき5名、合計30名が選ばれる)
賞品:100周年オリジナルノベルティグッズ

特典
上記の賞の受賞にかかわらず、応募作品の一部は当サイトのフォトギャラリーまたはサイトで使用予定の特別ムービーで公開される。
(公開期間は2020年4月1日~2022年3月22日)

●フォトコンテストの応募サイト

シマノは2021年3月創業100周年…記念サイトに毎月コンテンツ

世界有数の自転車パーツメーカー、シマノが2021年3月に創業100周年を迎える。部品製造を手がける町工場が多い大阪府堺市に創業した同社が自転車パーツと釣具製造において革新的な商品を次々と開発。3月にオープンした100周年へ向けたティザーサイトでは、シマノの自転車部品・釣具製品の歴史と技術革新に関するコンテンツを毎月紹介している。

自転車の原型と言われる乗り物が19世紀はじめに誕生してから約200年。シマノはその歴史の半分に当たる月日を自転車部品の製造に費やしてきた。

時代とともに変化する自転車の役割や楽しみ方を使い手とともに切り開いてきた。フィッシングギアの製造にシマノが着手したのは、創業から50年後のことだった。最新のサイト更新では、シマノ初の内装変速機「3スピードハブ」とシマノベイトリールのパイオニア「BMシリーズ(1977年)」の歴史を映像で見ることができる。

●シマノの100周年特設サイト

【Column】eバイクで箱根の山登り区間賞記録を更新…ただし上りでは敗北

日本生まれの電動アシスト自転車だが、欧州ではe(イー)バイクと呼ばれて大流行している。世界屈指の自転車部品メーカー「シマノ」も独自開発のモーターをリリース。それを国内で初搭載したeバイクがミヤタサイクルから2月1日になるというので、試乗車を実走。箱根駅伝の第5区で記録計測したら、アシストパワーで区間賞記録をちょっとだけ上回った!

箱根駅伝5区をeバイクで走って今年の区間賞を更新!

ヤマハ発動機が世界初の電動アシスト自転車「PAS」を1993年に発売して以来、日本では坂道のある町に住む人が買い物時に使ったり、子どもを乗せて保育所などの送迎に使ったりするイメージだ。ところが欧州ではもっとアクティブに走れるスポーツアイテムとしてとらえられている。体力以上に走行距離を伸ばしたり、急坂や悪路をクリアするレジャーアイテムとして活用されている。

その市場ニーズに応えてシマノが電動ユニットを欧州向けに開発したのが2014年。さらに改良を重ね、日本向けに新開発されたものがいよいよ発売されるというわけだ。発売元のミヤタサイクルが試乗車貸し出しを開始したのが1月10日。その日のうちに保管場所まで取りに行き、箱根駅伝の往路第5区で実走チェックした。つまりこれは日本初のインプレッションとなった。

箱根駅伝5区のスタートは20年前も鈴廣。リベンジだ!

じつはヤマハPASが量産化された20年前。新製品情報誌「モノマガジン」の特集で、箱根の第5区を電動アシスト自転車で上ったことがある。小田原の鈴廣かまぼこ店前をスタートし、いい感じに電動パワーで上りをこなしていたのだが、宮ノ下の富士屋ホテルを通過して激坂に突入したところでバッテリー切れ。あとは重量30㌔の鉄の塊と化し、ゴールできなかった記憶がある。

今回はそのリベンジだ。最先端のeバイクを入手したこの日、あのときと同じように鈴廣前をスタート。電動出力レベルを最強の「ハイモード」にしてグイグイと箱根の山を登る。一定のペースでペダルを回していくとアシストの恩恵にあずかっていることを体感できないのだが、激坂になってペダルを踏み込む力が衰えてしまうと、「グイッ!」という推進力で前に進んでくれるのが分かる。呼吸もこれまでのどんな上り坂よりもラクだ。これはいい!

復路の6区をゴール。下りはほどんど電池を消耗しなかった

芦ノ湖のゴールに飛び込んでGPSウォッチのボタンを止めると1時間09分29秒。区間賞の青木涼真選手(法政大)の記録を更新した。バッテリー消耗は帰路となる第6区も起動してちょうど50%だった。20年前は宮ノ下で充電が切れたのに。機材の飛躍的進化を実感! さらに記録したGPSデータを解析してみると、スタート地点と最高地点までがタイムトライアルのコースとして設定されていて、これまで挑戦した1325人中の17位にランクされていたことが判明。

白状します。電動アシスト機能使いました。しかし冷静に考えてみると、最高点から芦ノ湖まで時速60kmでダウンヒルしてタイムを稼いでいるので、結局上り区間は箱根駅伝のランナーよりも遅い。いやはや、eバイクも楽チンだが彼らがスゴいってことも分かった。

eバイクはこうしてサイクリングの実走距離が伸ばせるので、これまで以上にフィールドが広がるアイテムだ。充電器もコンパクトに持ち運べるので、2日以上のツーリングもできる。体力の劣る人が駆使することで上級者と一緒に走れるなんてケースも。これから流行るかも。

サイクルコンピューターにパワー状況が表示される

シマノ製電動アシストコンポ「STEPS」を日本で初搭載したミヤタサイクルの電動アシストクロスバイク「クルーズ」。アルミフレームにモーターとバッテリーを搭載。ハンドル部分に液晶サイクルコンピューターがあって、電動パワーの強弱や電池残量を操作・把握できる。フル充電あたりエコモードで115km、ノーマル106km、ハイモード78kmのアシスト走行が可能。9段変速。油圧式ディスクブレーキなので箱根からの下りも軽いブレーキレバー操作で速度制御が容易だった。税込み29万520円。

ミヤタサイクルのクルーズ

【これまでのColumn】

ボクのツール・ド・フランスはマルセイユから始まった


洋菓子のパリ〜ブレストは自転車の車輪に似ているから命名された


海外ホテルのネット予約で失敗しないためのテクニック


フランスには外国人が免税で新車を購入できるシステムがある


GPSデバイスはあえてセカンドグレードを選んだ、これだけの理由


ボクのツール・ド・フランスはルーアンから始まった


死ぬまでに泊まってみたいホテル…天文台で満天の星空を見る

ホテル予約ならHotels.com

シマノ製電動アシストを搭載した日本初のMTB、リッジランナー登場

ミヤタサイクルがシマノ製電動アシストコンポーネント「STEPS(Shimano Total Electric Power System)」を搭載した電動アシストMTB「RIDGE-RUNNER(リッジランナー)」を、2018年4月10日に全国のミヤタE-BIKE販売店を通じて発売開始する。

リッジランナー

「リッジランナー」はシマノが2014年欧州向けに開発し、R&Dを重ね日本国内向けに新開発した電動アシストコンポーネント「STEPS E8080」を日本で初めて搭載した本格的な電動アシストMTB。

27.5×2.8インチサイズのワイドタイヤと電動アシスト、独自設計のアルミフレームと130mmトラベルのサスペンションフォークによって登り下りどちらにも高いパフォーマンスを発揮。アシストモードは、HIGH/NORMAL/ECOの3モードでハンドル部の人間工学に基づいて設計されたアシストスイッチで簡単操作できる。走行距離や走行速度に加え、アシスト力やバッテリー残量などを表示する液晶サイクルコンピューターを搭載し、走行状態をひと目で確認できる。

36V/14Ahの大容量リチウムイオンバッテリーにより走行距離も最長140kmを実現。またブレーキとドライブトレインにはシマノ「DEORE」を採用し、オフロードにおいても安定したライディングを可能にしロングトレイルライドにも使用できる性能を持った本格MTBに仕上げられている。

発売日は2018年4月10日。予定価格は36万9000円(税別)。