男子ロードはNHK見逃し配信で…BS1でもダイジェスト

東京五輪は競技初日の7月24日、最初の決勝種目として自転車競技男子ロードレースが行われ、エクアドルのリチャル・カラパスが優勝。この模様は民放テレビ局によるインターネットでのオリンピック公式競技動画配信サイト「gorin.jp」で配信されたが、NHKの東京2020オリンピック特設サイトで「見逃し配信」として視聴できる。

25日の午前4時から8島でのNHK BS1のダイジェスト枠で、ボクシングと水球とともに自転車競技男子ロードレースが放送される。解説は飯島誠。

●NHKの東京2020オリンピック特設サイト「自転車競技男子ロードレース」

自転車競技(ロード)女子ロードレースもLive配信

自転車競技女子ロードレースは7月25日12時50分から17時38分までgorin.jpでLive配信される。

自転車競技女子ロードレースのLive配信

2020東京五輪自転車競技男子ロードレース出場選手リスト

レース
番号
名前
1BELグレグ・ファンアバマート
2BELティーシュ・ベノー
3BELレムコ・エベネプール
4BELワウト・ファンアールト
5BELマユリ・ファンセベナント
6SLOタデイ・ポガチャル
7SLOヤン・ポランツ
8SLOプリモジュ・ログリッチ
9SLOヤン・トラトニク
10FRAレミ・カバニャ
11FRAブノワ・コスネフロワ
12FRAケニー・エリソンド
13FRAダビド・ゴド
14FRAギヨーム・マルタン
15ESPオマル・フライレ マタランス
16ESPヘスス・エラダ
17ESPゴルカ・イサヒレ インサウスティ
18ESPジョン・イサヒレ インサウスティ
19ESPアレハンドロ・バルベルデ
20GBRタオ・ゲーガン ハート
21GBRゲライント・トーマス
22GBRサイモン フィリップ・イェーツ
23GBRアダム・イェーツ
24ITAアルベルト・ベティオル
25ITAダミアノ・カルゾ
26ITAジュリオ・チコネ
27ITAジャンニ・モスコン
28ITAビンチェンツォ・ニバリ
29NEDトム・デュムラン
30NEDユーリ・ハビク
31NEDウィルコ・ケルデルマン
32NEDバウケ・モレマ
33NEDダイラン・ファン バールレ
34COLホアン エステバン・チャベス ルビオ
35COLセルヒオ アンドレス・イギタ ガルシア
37COLナイロ・キンタナ
38COLリゴベルト・ウラン
40AUSルーク・ダーブリッジ
41AUSルーカス・ハミルトン
42AUSリッチー・ポート
43DENカスパー・アスクレーン
44DENヤコブ・フグルサング
45DENミカエル バルグレン・フナル
46DENクリストファー・イエンセン
47GERニキアス・アルント
48GERエマヌエル・ブフマン
49GERジモン・ゲシュケ
50GERマキシミリアン・シャハマン
51SUIマルク・ヒルシ
52SUIシュテファン・クング
53SUIギノ・マデル
54SUIミヒャエル・シュアル
55PORジョアン・アルメイダ
56PORネルソン・オリベイラ
57IRLエドワード・ダンバー
58IRLダニエル・マーティン
59IRLニコラス・ロシュ
60ECUリチャード・カラパス
61ECUホナタン マヌエル・ナルバエス プラド
62ROCパベル・シバコフ
63ROCアレクサンドル・ブラソフ
64ROCイリヌル・ザカリン
65NORトビアス S.・フォス
66NORマルクス・ヘルゴール
67NORトビアス ハラン・ヨハンネセン
68NORアンドレアス・レクネスン
69POLマチェイ・ボドナル
70POLミハウ・クフィアトコフスキ
71POLラファウ・マイカ
72NZLジョージ・ベネット
73NZLパトリック・ベビン
74RSAステファン・ド ボド
75RSAニコラス・ドラミニ
76RSAライアン・ギボンズ
77CANギヨーム・ボワバン
78CANヒューゴ・ウル
79CANマイケル・ウッズ
80CZEミハエル・ククルレ
81CZEミカル・シュレゲル
82CZEゼネク・シュティバル
83AUTパトリック・コンラート
84AUTグレゴア・ルベルガー
85AUTヘルマン・ペルンスタイナー
86USAG ローソン・クラドック
87USAブランドン・マクナルティ
88SVKユライ・サガン
89SVKルカシュ・クビシュ
90KAZドミトリー・グルズジェフ
91KAZアレクセイ・ルツェンコ
92KAZワジム・プロンスキー
93UKRアナトリー・ブディアク
94ESTタネル・カンゲルト
95ESTペーテル・プルース
96ERIアマヌエル・ゲブレイグザブヒエル
97ERIメルハウィ・クドス
98LATクリスツ・ネイランツ
99LATトムス・シュクジンシュ
100LUXケビン・ゲニーツ
101LUXミシェル・リエス
102BLRアレクサンドル・リアブシェンコ
103ALGアゼディヌ・ラガブ
104ALGハムザ・マンスーリ
105ROUエドゥアルド ミカエル・グロズ
106LTUエバルダス・シシュケビチウシュ
107HUNアッティラ・バルテル
108GREポリクロニス・ゾルザキス
109PANチリストフェル・フラド ロペス
110MEXエデル・フライレ モクテスマ
111JPN新城幸也
112JPN増田成幸
113GUAマヌエル オセアス・ロダス オチョア
114RWAモイゼ・ムギシャ
115NAMトリスタン・ド ラング
116VENオルルイス アルベルト・アウラル サナブリア
117TURウヌル・バルカン
118TURアフメト・エルケン
119CROヨシプ・ルマツ
120BURポール・ダウモント
121CHN王瑞東
122IRIサイード・サファルザデヘ
123ARGエドゥアルド・セプルベダ
124UZBムラジャン・ハルムラトフ
125MARモホシネ・エル クーラジ
126CRCアンドレイ・アマドル
127AZEエリチン・アサドフ
128PERロイネル・ナバロ カジェ
129TPE馮俊凱
130HKG蔡暁鋒

●2020東京公式サイトのスタートリストページ

日本で行われる五輪。準備はできている…新城幸也インタビュー

3大会連続で五輪代表となった新城幸也が7月15日、日本オリンピック委員会が統括するオンライン取材に応じ、「コロナ禍で大変な中、できることは自転車に乗ること。東京五輪が開かれることは素直にうれしい。みなさんに楽しんでもらえることができれば」と語った。

新城幸也

2021年7月24日、東京五輪最初の決勝種目として自転車競技男子ロードレースが開催される。日本代表は新城と増田成幸のベテラン2人。強豪国は参加枠最大の5選手、あるいは4選手を起用するなどで組織的な動きが可能になる。これに対し日本勢2選手はどんな走りを見せるのかが注目される。

希望としては序盤から動くレースのほうがいい

獲得標高4865mという山岳コースに加えて、暑さ対策が求められる過酷な2020東京五輪レースだが、沖縄県出身の新城は「暑ければ暑いほどボクにとっては有利」と恐れはない。

「紙の上では(上りの厳しさなど)そうだけど、ロードレースはそれだけではなくて展開というものがある。紙の上で判断したらボクなんて上位と遠いところにいる。いまの実力では世界の中の順位は分かっているけど、あらゆる可能性をもって日本で行われる五輪レースに臨みたい。展開を判断してどう動くのか。レース全体を見ながらいろんなことができるように準備してきました」

どんな展開が望ましいかという質問には、「逆に、一番望んでいない展開は三国峠までスローペースで行くことです」と答えた。コース終盤に位置する三国峠は欧州でもそれほどないような激坂で、メダルを争う有力選手らがそこだけを待ってレースが動くのだけは避けたいという。

「コースはすぐに東京を出て、中盤から難易度はキツいけど、ボクにはそれがいいと思う。希望としては序盤から動くレースのほうがいいです」

気になる順位予想は、「数字で言えば簡単ですよ」という。「30位以内に入るのはかなり難しいです。でも日本で行われる五輪だし、いい準備ができている」

5月のジロ・デ・イタリアでグランツール14回目の完走を果たした。五輪直前のツール・ド・フランスもリザーブの筆頭となっていて、開幕ギリギリまで現地にとどまっていたという。

「仮にツール・ド・フランスを走ったとしても、五輪もしっかりと走れる準備はできていた。世界の中の実力では30位になるのがやっとだけど、自転車レースは展開次第で状況が変わる。大会会場にしっかり前に入ってトレーニングできたのはアドバンテージになる。いい結果をつかめるようにしっかりと練習してきたので、当日は楽しみしかないです」

こんなにレースを走らないで走る五輪はないので、不安でもあり楽しみでも

新型コロナウイルスにより大会は1年延期になり、開幕直前も大会を取り巻く世論は荒れている。

「そればかりはしょうがないです。それは人命に関わること。ヨーロッパのロードレースではその環境下でなんとかやってきた。中止になることなく、五輪が開かれることはうれしいです」

主戦場となる欧州からはオリンピックバブルという大会がプログラムした感染対策の中で帰国。ホテルでの自主隔離3日間は免除されるものの、毎日のPCR検査と居所申請をしなくてはならない。

「コンビニにも行けないし、ご飯を食べるのは宿泊先だけと決められています」

ナショナルチームのスタッフとサポートされて、コースは部分的に分けて、自転車通行不可の有料道路と富士スピードウェイを除いて何度も試走している。試走できていない部分もレース直前には走る予定だ。

「印象としてはデータで見たとおりの厳しい上りです。計り知れないのは天候ですね。過去2回の五輪でも男子ロードは競技初日。今回は地元開催なので日本選手としていいスタートになれるように。みなさんに喜んでもらえる走りができるように頑張ります。天気がいいことを願うばかりです」

プレッシャーは全くないという。そのときになったら感じるんじゃないですかねと笑顔もこぼれる。こんなにレースを走らないで走る五輪はないので、それは不安でもあり楽しみでもあるという。

「練習がどんなにできていても結果を出すのはレースなので。優勝候補は30人くらいいます。増田さん以外の全員が敵ですよ。他の強豪国は5人や4人なので、増田選手と2人でレースを動かせるというものではなく、レースを走りながら2人で協力して日本選手としてどちらかがいい成績を残せばいいです」

●自転車競技(ロード)男子ロードレース 決勝Live配信サイト

東京五輪ロード開催で静岡県内は大規模交通規制

東京2020オリンピック自転車競技ロードレースが7月24日(土)に男子、 25日(日)に女子が開催される。自転車競技ロードレースは公道で実施する競技で、大会当日は静岡県内で大規模な交通規制が行われる。 

富士山と富士スピードウェイ

7月24日(土)に行われる男子ロードレースは総距離244km。静岡県内は小山町、御殿場市、裾野市の公道でレースが行われる。東京・武蔵野の森公園をスタートし、東京都神奈川県、 山梨県を通過した後、籠坂峠から静岡県に入る。

小山町の須走を通過し、富士山麓周回コースと呼ばれる南富士エバーグリーンラインや富士山スカイラインを走り、富士スピードウェイ方面に進む。その後、明神峠・三国峠を超えて山梨県山中湖を走行し、再度籠坂峠から静岡県に入り富士スピードウェイを目指す。

東京オリンピック自転車競技ロードレース(男子)コース詳細

7月25日(日)に行われる女子ロードレースは、小山町、御殿場市の公道を走行。静岡県に入るまでは男子と同じコース。籠坂峠から静岡県に入った後は、小山町の須走を通過し富士スピードウェイを目指す147kmのコースとなる。

東京オリンピック自転車競技ロードレース(女子)コース詳細

公道でのレースのため、静岡県内では大規模な交通規制が行われる。静岡県内は長時間の規制となるので、あらかじめ規制箇所、規制時間、迂回路を確認して移動する必要がある。

富士山の登山をする人は、登山口の近くで交通規制が行われるので、周辺道路の混雑等の可能性もある。時間に余裕を持った行動が必要。詳細は、大会組織委員会のホームページで。 

●自転車競技ロードレース交通規制のホームページ

静岡県男子
(7月24日(土))
12時15分~18時25分
女子
(7月25日(日))
14時35分~18時05分
籠坂峠⇔須走12時15分~18時15分14時35分~17時20分
須走⇔(株)オカムラ御殿場事業所12時20分~18時20分14時40分~17時25分
(株)オカムラ御殿場事業所⇔
仁杉⇔玉穂支所入り口
12時25分~16時35分
(株)オカムラ御殿場事業所⇔
富士スピードウェイ東ゲート⇔
富士小山病院⇔霊園入口⇔富士霊園前
14時45分~18時05分
玉穂支所入口⇔原里小前⇔須山12時35分~15時25分
須山⇔水ヶ塚公園⇔玉穂支所入口12時50分~16時25分
上野⇔富士小山病院⇔霊園入口⇔
富士霊園前
14時00分~17時25分
(株)オカムラ御殿場事業所⇔
富士霊園前⇔富士スピードウェイ東ゲート
14時00分~18時25分
上野⇔明神峠14時45分~17時45分

東京五輪最初の決勝種目、自転車男子ロードはLive配信

2020東京五輪の競技初日となる7月24日に開催される自転車競技男子ロードレースの模様が、民放テレビ局によるインターネットでのオリンピック公式競技動画配信サイト「gorin.jp」で10時50分から18時18分まで放送される。スタート時間は11時。

五輪では開催都市の概要を世界中に届ける種目としてうってつけの自転車競技男子ロードが最初の決勝種目として開催される。競技時間が長いためメダル確定は他競技に譲るが、2020東京大会も富士山に向かう選手団の勇姿が全世界に発信される。

新型コロナウイルス禍により、ゴール地点の富士スピードウェイの観覧者以外は沿道での応援ができなくなり、インターネットのライブ配信に期待がかかる。

●gorin.jp自転車競技男子ロードレース配信サイト

2020東京五輪自転車競技男子ロードレース出場選手

ポガチャル、ログリッチ、カラパス、トーマス、ポート、ファンアールト…

日本で行われる五輪。準備はできている…新城幸也インタビュー

ポガチャル、ログリッチ、カラパス、ガンナ…東京五輪ロード選手リスト

ツール・ド・フランスから6日後の2021年7月24日に開催される東京五輪男子ロード、25日の女子ロード、28日の男女個人タイムトライアルにエントリーした選手リストが2020東京五輪の公式サイトに掲載された。

富士山と山中湖 ©Tokyo 2020

男子の強豪国はロード5選手が出場

2016リオ五輪で金メダルを獲得したグレッグ・バンアーベルマートを擁するベルギーは、レムコ・イベネプールとワウト・ファンアールトが個人タイムトライアル兼任でエントリー。ティシュ・ベノートとマウリ・バンセベナントがロードに出場する。

コロンビアはリゴベルト・ウラン、セルヒオ・イギータ、エステバン・チャベス、ダニエル・マルティネス(個人タイムトライアル兼任)、ナイロ・キンタナの5選手。

4枠の英国はゲラント・トーマスとテイオ・ゲイガンハート(ともに個人タイムトライアル兼任)、アダム・イェーツ、サイモン・イェーツとグランツールの総合優勝者が3人もいる布陣で臨む。

スロベニアは金メダル獲得を公言するプリモシュ・ログリッチが個人タイムトライアル兼任で出場し、タデイ・ポガチャル、ヤン・ポランツ、ヤン・トラトニクがエントリー。

イタリアはアルベルト・ベッティオル(個人タイムトライアル兼任)、ダミアーノ・カルーゾ、ジュリオ・チッコーネ、ジャンニ・モスコン、ビンチェンツォ・ニバリ。さらに個人タイムトライアル世界チャンピオンのフィリッポ・ガンナがこの種目のみにエントリーする。

オランダはトム・デュムラン(個人タイムトライアル兼任)ら。2枠しかないエクアドルはリチャル・カラパスがエントリー。

エントリー情報は最終エントリー発表までの情報共有を目的として掲載していて、変更になる可能性があるという。 選手交代などに関しては随時反映される。

スロバキアに記載されているペテル・サガンはヒザのケガと手術により参加を辞退した。

●2020東京五輪ロードレース出場選手リストのページ

レースはインターネットでライブ配信

一般道を使った自転車競技ロードレースだが、新型コロナウイルス感染拡大により沿道観戦は自粛するように告知されている。コースのスタート地点となる武蔵野の森公園は入場禁止となる。ゴールとなる富士スピードウェイでは観戦チケットを持つ人だけが入場できるが、所定の場所から予約を済ませたシャトルバスに乗ることが求められる。

競技の模様は当日インターネット配信のGorin.jpでライブ中継される。

東京五輪最初の決勝種目、自転車男子ロードはLive配信
日本で行われる五輪。準備はできている…新城幸也インタビュー

2020東京五輪のコースは

オークリーが東京五輪用に24Kレンズのケイトーを発売

2020東京大会の決勝で金メダルを争うチームオークリーのアスリート全員が、Prizm(プリズム)24Kレンズ採用のOakley Kato(オークリー ケイトー)を着用する。プリズム24Kレンズ採用のオークリー ケイトーは、 公式オンラインストアとオークリーの一部店舗で販売開始。

プリズム24Kレンズのオークリー ケイトー

ツール・ド・フランス最多勝に王手のカベンディッシュが開発

スポーツパフォーマンスの限界をさらに押し上げるという明確なビジョンのもとデザインされたケイトー。2020東京ではプリズム24Kレンズのケイトーを着用することで、秘められたポテンシャルを最大限引き出すという。

オークリー ケイトー

顔の輪郭に沿うレンズスタイルがアイマスクのように絶妙にフィットするケイト―は、フレームがなく、レンズの角度の上下3段階調整機能に加え、かつてないほど自然なフィット感を可能にする複数のノーズパッドが付属。さらに、色調やコントラストを強調することで、細部までくっきりとした視界を実現するプリズムレンズテクノロジーが採用されている。

オークリー ケイトーには、独自に開発した最新イノベーションPhysioMorphic Geometry(フィジオモルフィック ジオメトリー)が採用された。オークリーがこれまで生み出してきた数々のイノベーションを継承しつつ、この最新のイノベーションではアスリートの実体験や自然の法則から着想を得ることで自由な発想のデザイン、開発が可能になった。 

自転車ロード選手のマーク・カベンディッシュ(英国)もその開発に関わったという。

【主な特徴】
●デザイン:限界まで顔に近い距離でフィットするよう設計された革新的なレンズスタイル。視野範囲が広くなり、フレームもさらにずれにくく、耐衝撃性が強化された。 

●レンズ:テクノロジーの進化によって生み出された最新イノベーション「PhysioMorphic Geometry(フィジオモルフィック ジオメトリー)」により、フレームレスでも従来のフレームの同様の強度を持たせた、オークリー史上最も広い顔を覆うようなレンズが実現した。 

●調節可能なレンズ角度:上下3段階にレンズの角度が調整可能で、顔に合わせてレンズをさらにぴったりとフィットさせ、かけ心地を調整できる。 

●ノーズパッド:厚さと形状の異なる3つのノーズパッドが付属。レンズの滑り落ちを防止するだけでなく、フィット感を微調整できる。 

●プリズムレンズテクノロジー:色調やコントラストを強調することで、細部までくっきりとした視界を実現するプリズムレンズテクノロジーが採用されている。 

お客様問い合わせ先:ルックスオティカジャパン 0120-009-146
●オークリーのホームページ

五輪開催可否にぶれず集中したい…ボート冨田千愛

ボート女子軽量級ダブルスカルで東京五輪代表となった関西電力の冨田千愛(とみたちあき)が5月14日、リモート会見に応じ、コロナ禍での揺れ動く心境と五輪への思いを語った。軽量級ダブルスカルでは大石綾美(アイリスオーヤマ)とペアを組むが、2016年リオデジャネイロ五輪に続くペアとなる。

冨田千愛。2019年世界選手権では日本女子ボート界初の快挙である2位に

選考から外れたクルーを思って喜びは封印

鳥取県出身。明大大学院卒。現在は福井県に活動拠点を置いての選手活動。女子軽量級シングルスカルの第一人者でもあり、2019年世界選手権では日本女子ボート界初の快挙である2位に入った。ただし軽量級のこの種目は五輪になく、もう1人とペアを組んでダブルスカルにエントリーする必要がある。

今回の代表選手選考はかなり複雑だった。

5年前はアジア予選で勝てば代表になれたが、今回は勝つだけではなく、日本の4クルーの中で「上位進出が期待できる」というパーセンテージによって2クルーが選考されるという条件だった。

5月5日から7日まで海の森水上競技場で行われるアジア・オセアニア大陸予選で、大石と冨田は女子軽量級ダブルスカルで優勝し、最終日のレース終了後に開催された日本ボート協会選考委員会が行われ、男子シングルスカルとともに女子軽量級ダブルスカルが東京五輪に派遣されることになる。

「アンチドーピングの検査が長くなってしまい、会場に戻ったときに大石選手に決まったと耳打ちされました。でも4クルーのうち2クルーしか五輪代表となれなかったので、他の2クルーのことを考えてあまり喜ぶのは失礼だなと思ました」

選考から外れたのは男子軽量級ダブルスカルの西村光生(アイリスオーヤマ)と古田直輝(NTT東日本)、女子シングルスカルの米川志保(トヨタ自動車)だったが、世界最終予選が5月15日から17日までスイスのルツェルンで開催されここで2位以上に入ると東京五輪出場権が与えられる。

「コロナ禍で苦労してきた全員がチームという思いが私にはあって、みんなで五輪に出場したいという気持ちも強いです」と冨田。

女子軽量級シングルスカルの冨田千愛(写真は準決勝のもの)

五輪をやる・やらないは選手としてはどうすることもできない

初参加のリオ五輪はどんなものかわからなかったので、がむしゃらになるしかなかったという。そして今回の東京五輪は1年延期になり、依然としてコロナ感染拡大も収束の兆しが見えず、「うれしいというだけの気持ちではありません」という。

苦しい時代が続いた。「どうなるのかなと思っていました」という。

「いまはスポーツをやっている場合ではないのかもという気持ちもありました。(五輪へのアプローチとなる)予選会さえできるかわからない状況でした。五輪をやる・やらないは選手としてはどうすることもできないので、五輪に出るという気持ちを抑え、レースに勝つことに集中していました」

目標は五輪ではなく、とにかく目の前にあることに淡々と集中していたという。

17日からスイスのワールドカップへ。2019年の世界選手権が最後の国際大会だったので、じつに2年ぶりの海外有力勢との対決となる。

「出場選手は五輪のセミファイナルに進出できる実力者ばかりなので、そこでどれだけ戦えるか、次の課題が見えてくる。東京五輪では決勝進出が目標です」

リオ五輪が終わって調子を落としていたときに福井県に活動拠点を移した。嶺南と言われる県の西部に住み、三方五湖で練習を積んでいる。

「湖だけど海水も混ざっていて、かなり荒れたコンディションになる」

東京五輪のボート会場である海の森水上競技場もいわゆる海上コースで、潮に流されたりする。それを修正しながらのレースになることが想定され、同様のコンディションで対応する力をつけていきたいという。

「福井県の食べものと言えばへしこが有名です。あまり食べたことがなくて、おいしくないよといわれていたけど、私は口に合いました。もともと鳥取なので海のものは慣れていたんだけど、こちらもおいしいものばかりです」

住み始めたときは、方言が関西弁に似たところがあって怖かったという。

「自動車教習所で私が鈍くさいこともあったんですけど、結構怒られました。でも福井の人たちは本当は優しく、みな家族のように接してくれます」

●日本ボート協会のホームページ