KEENマスクは被災地、ホームレス、 児童養護施設や女性用シェルターへ

新型コロナウイルスが世界中で猛威をふるい始めた3月。KEENは、グローバルキャンペーン“Together we can help(あなたと一緒だから、できること)”を立ち上げた。キャンペーンでは、3月下旬に全世界で10万足のシューズを新型コロナウイルスに立ち向かう医療関係者に届けた。

さらにタイの自社工場の一画で、シューズの材料として調達していた生地をアップサイクルしたマスク製造をスタート。4月下旬より全世界で15万枚を、日本国内においては、NPO団体などを通じ、被災地、ホームレス状態の人、児童養護施設や女性用シェルターなどに届けた。

WEAR MASKS. LOVE OTHERS.マスクをつけて、みんなを守ろう

今回マスクをさまざまな人に届けたのは、新型コロナウイルス感染拡大防止になにかKEENも貢献できないか?とい思いからだという。「WEAR MASKS. LOVE OTHERS.マスクをつけて、みんなを守ろう」を合い言葉に、日本国内では災害支援活動を行うOPEN JAPANやDRTの職員やボランティアスタッフ、また彼らを通じて被災者の人へ。西表島では、スーパーマーケットや民宿で働く人、ガイドなど日々人と接する人や、竹富町役場など地域を支える皆さんに。みらいの森からは児童養護施設に暮らす子どもたちへ。

そして、ホームレス状態にある人の支援を行うビッグイシューと、ホームレス状態の人に向けた炊き出しなどを行って支援する6団体、そして、行き場を失った若い女性たちを支援する1団体を通じ、彼らの支援活動の際に当事者へマスクを届けた。

その時、ホームレス支援団体に聞いたことは『新型コロナウイルス感染防止対策として外出自粛=STAY HOMEが求められる中、STAYすべきHOMEがない人々が存在する』という事実だった。

「STAY HOME」といわれる中、肝心の「HOME」がない人々

厚生労働省の2019年度調査によると、全国の路上で生活するホームレスの数は4555人。そして、安定した住居がない状態でネットカフェなどを利用する、いわゆる「ネット難民」は、都内だけで一晩に4000人いると推計されている(2018年東京都調査)。

さらに、テレワークの普及により、家庭内でのさまざまな形の暴力が増加傾向にあり、家の外に居場所を求めている人々が増えているという報告もある。“STAY HOME”が求められる今も、多くの人が不安な日々を過ごしている。

社会的に『弱い立場』にある人が、一番影響を受けている

KEENが10年以上にわたり、靴の提供などを通じサポートを続けている『ビッグイシュージャパン』。ビッグイシューは、ホームレスに雑誌の独占販売を委託し、自立を支える活動を展開している。ビッグイシュー事務所の佐野未来は、「今回の新型コロナウイルスの感染拡大によって、社会的に『弱い立場』にある方が一番影響を受けている。」と言う。

KEENのマスクはビッグイシュージャパンの販売者にも提供した。そしてホームレスに向けた炊き出しなどを行って支援する5団体、そして、行き場を失った若い女性たちを支援する1団体を通じ、彼らの支援活動の際に当事者へマスクを届けてもらった。

KEENは、2003年の創業当時から「個人とその家族のつながりを尊重すること」、「地球に生きる市民として、他文化やアイデアを受け入れ、よりよい未来に向けて貢献していくこと」を理念に展開してきた。

新型コロナウイルスと向き合っていかなければならない今、この理念を基に、私たちにできることを考え、行動していきたいという。

●KEENのホームページ

KEENのキッズマスク再入荷…子どもシューズ購入でプレゼント

アウトドアフットウエアブランドのKEEN(キーン)が、キッズサイズのマスクを再入荷した。2020年5月14日から国内KEEN公式オンラインストアでキッズシューズを購入された人にマスクを無料でプレゼントする。

新型コロナウイルス感染拡大の影響により全世界で課題となっているマスク需要を受け、KEENはタイの自社工場でマスクの製造を開始した。製造したマスクの無償提供は好評につき終了することになったが、キッズサイズは追加で入荷することができた。

キッズサイズのマスク無償提供の対象はKidsシューズ(サンダル含む、1足)につきマスク2枚で1セット。配布予定枚数に達し次第終了する。

KEENは、Together we can help(あなたと一緒だから、できること)をテーマに新型コロナウイルス感染拡大の防止を目指し“WEAR MASKS. LOVE OTHERS.“キャンペーンを行っている。

現在、世界中で課題となっているマスク不足を受けタイの自社工場一区画をマスク製造ラインにし、マスクを製造。全世界で15万枚を無償提供した。日本国内においては、自然災害被災地、児童養護施設や女性用シェルター、ホームレス状況の人、KEEN関連企業やサプライチェーンのスタッフなどに提供した。

●キッズ商品ページ

女の子の足型にあわせたキッズサンダル…マスク2枚も無料で同送

アウトドアシューズのKEEN(キーン)が女の子専用のサンダルをリリースした。女の子専用の木型を使って作られているので繊細な足にも優しくフィット。着用シーンを選ばない、高い軽量性を誇るキッズ専用のスタイリッシュサンダルだ。

汚れや水濡れを気にせず履ける軽量タイプのサンダル

どれも、子供の足にソフトにフィットするEVA素材のアッパーと滑りにくいアウトソールを採用。汚れや水濡れを気にせず履ける軽量タイプ。

リトルキッズ ・リオ。4950円

マスクも無料でプレゼント…オンラインストアで

KEENはタイの自社工場一区画をマスク製造ラインにし、マスクの製造を開始。全世界で15万枚を無償提供しているが、4月28日から国内KEEN公式オンラインストアでシューズを購入した人に、KEENハーベストマスクを購入商品と一緒に2枚セットで同送している。配布予定枚数に達し次第終了。

●KEEN公式オンラインストア

●KEENのホームページ(キッズサンダル)

KEENがマスク製造…被災地や養護施設、シューズ購入者に配布

アウトドアフットウエアブランドのKEEN(キーン)が、新型コロナウイルス感染拡大の影響により全世界で課題となっているマスク需要を受け、タイの自社工場でマスクの製造を開始した。

フィット感も高くリバーシブル仕様。洗って繰り返し使用できるマスク

KEENは、“Together we can help(あなたと一緒だから、できること)”をテーマに、新型コロナウイルス感染拡大の影響に向き合い、活動を行っている。現在、世界中で課題となっているマスク需要を受け、タイの自社工場一区画をマスク製造ラインにしてマスクの製造を開始。全世界で15万枚を無償提供する。

マスクの素材にはシューズの材料として調達していた生地を活用。シューズ製造を行うKEENの得意分野である立体縫製を活かした立体マスクはフィット感も高く、リバーシブル仕様で、洗って繰り返し使用できる。医療用マスクではないが、感染予防の必須アイテムとして活用してほしいという思いがある。

日本国内では、被災地、児童養護施設や女性用シェルター、KEEN関連企業やサプライチェーンなどに提供。2020年4月28日(火)より国内KEEN公式オンラインストアでシューズを購入した人にマスクを提供する。
■KEEN 公式オンラインストア

タイの自社工場一区画をマスク製造ラインにし、マスクの製造を開始

KEENとは?

「サンダルは、つま先を守ることができるのだろうか?」
創業者で現CEOローリー・ファーストのこのシンプルな疑問をきっかけに、KEENの歴史は幕を開けた。米国オレゴン州・ポートランドに本拠を置き、多様なアウトドアシーンを楽しむ人々に向けた革新的で高機能なハイブリッドフットウエアを展開。
KEENはシューズ作りを通じて、地球環境をよりよく変える活動を続けている。「地球上のすべての場所を、よりよい場所にする」ことをモットーに、「Consciously Created:環境負荷の低減」「Taking Action:能動的な行動」「Giving Back:社会への還元」の 3 つのテーマを『KEEN EFFECT』と呼び、環境保護や社会貢献活動に積極的に取り組み、世界にポジティブな変化を作り出そうと努力を続けている。

KEENがビッグイシューの街頭販売員の足もとをサポート

アウトドアシューズメーカーのKEEN(キーン)は、カルチャー&エンターテインメント誌ビッグイシューを街頭で販売するホームレス状態にある人を支援するため、アウトドア用で防水されたフットウエアを提供している。

1991年英国で創刊された雑誌ビッグイシューの日本版が創刊されたのは2003年。月2回発行され、一般誌にはなかなか登場しないミュージシャンや俳優などVIPのインタビューを独占掲載するこの雑誌は、ホームレス状態にある人の独占販売とすることで一冊450円の売り上げのうちの230円が販売者に支払われ、彼らの生活再建を支えるひとつのツールとなっている。

ビッグイシューとKEENが最初の出会ったのは2008年。KEENは「ビッグイシューの販売者さんを足元から支えたい」という思いからフットウエアを提供。以来、毎年KEENはビッグイシューの販売者にフットウエアを提供することで、彼らの社会復帰への挑戦を支えている。

●KEENのホームページ

KEENがコロナと戦う医療関係者に10億円分のシューズ提供を完了

アウトドアシューズブランドのKEEN(キーン)が新型コロナウイルスの脅威と戦うために長時間の業務に携わっている人の足元にすこしでも快適さを提供しようと全世界で最大10万足のシューズ(約10億円相当)を提供した。 

前例のない無謀な企画との意見もあり、さたには悪意あるソフトウェアの攻撃を受けて申し込みシステムがダウン。不正な申し込みの削除と不正防止対策を講じて、ようやく再開させたという。

「ここまでたどり着けたのは、本企画への皆さまのご賛同、温かいお言葉や励ましがあったからこそと感謝しております。本プログラムを通じて、大変な時こそ互いを支えあうという趣旨を実行いただき、本当にありがとうございました!」と同社。

プログラムは、予定数に達して終了したが、KEENはこれからも「一緒だから、できること」を実現していきたいという。

●KEENの詳細ホームページ

ペットボトル再生繊維で編んだオープンエア…キーン新製品

2020春夏シーズンからペットボトル再生繊維を採用したUNEEKのデザインをアップデートした次世代のスニーカー、UNEEK SNK(ユニーク・スニーク)がキーンから3月19日に発売された。

人気モデルがさらなるサステナブルプロダクトにアップデートされた。リサイクル素材を使用することにより20SSシーズンの同社製品が50万個のペットボトル廃棄を削減した。

アッパーをコードで形成した革命的な一足

UNEEK SNKのアッパーは2本のコードで形成した革命的なオープンエア・スニーカーUNEEKのデザインをアップデートしたもの。さらに歩行時の衝撃を穏和するミッドソールをハイブリッド。最上級の履き心地を実現させたという。

メンズ・ユニーク・スニーク 全10色 1万4850円

いわゆるオープンエアスニーカー。UNEEKのアッパーデザインに、 最上級の履き心地を実現した肉厚なミッドソールをハイブリッド。リサイクルマテリアルを多用したエコロジカルプロダクトに語呂、語感ともにいいネーミングを冠した。

●KEENのホームページ

KEENがコロナウイルスに立ち向かう人に10万足のシューズ提供

アウトドアシューズブランドのKEEN(キーン)が新型コロナウイルスの脅威と戦うために長時間の業務に携わっている人の足元にすこしでも快適さを提供しようと全世界で最大10万足のシューズ(約10億円相当)を提供する。 

新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るい、多くの大都市では移動が制限され、それによって多くの人の健やかな生活が阻害され、経済にも大きな打撃を与えている中、「安全にアウトドアでリラックスしていただくためのシューズづくりを通して、KEENとして貢献できることがあると考えた」と今回のプロジェクトを発案した。

KEENは2003年の創業当時から二つの理念に従い、ビジネスを展開してきたという。
1) 個人とその家族のつながりを尊重すること
2) 地球に生きる市民として、多様性やアイデアを受け入れ、よりよい未来に向けて貢献していくこと

創業当初からの二つの理念に沿って、この状況下、休まずに現場で働く人と家族のために頑張っている人にプロジェクトを考えた。

難局に立ち向かっている知り合いや家族をご紹介してください。KEENのシューズを無料でお届けします。

今いちばん必要なのはシューズではないかもしれないが、シューズは人々が外に出て活動するには欠かせないもの。そしてシューズを作ることは、KEENの重要なミッションであり、最も得意とすることという。

「このような時だからこそ、私たち一人ひとりの強みを分かち合い、みんなでチカラを合わせればポジティブなインパクトを生み出せると信じています」

紹介にあたって、商品の購入は不要
紹介は1人1回まで。紹介者と受け取られる人は、18歳以上の日本在住の人。受け取る人には、後日受け取り方法が記載されたメールをKEENより送信。紹介者は、指定のページで希望のKEENシューズを選択。配布は予定配布数量に達した場合、または予告なく終了する場合がある。質問は、info.japan@keenfootwear.comまで。

●KEENの詳細ホームページ