日本初の自転車ナビアプリ、NAVITIMEが多言語に対応

自転車ナビタイム が多機能化。ナビタイムジャパンの提供する自転車専用ナビゲーションアプリが2021年2月4日から、ルートやスポット検索、地図などほぼすべての機能を英語、 中国語(繁体字・簡体字)でも利用可能になった。

メニュー画面、ルート検索、スポット検索、地図表示、ナビゲーション中画面を多言語で表示でき、ナビゲーション中の音声案内も英語での発話に対応する。言語はスマートフォンの設定に合わせて自動で切り替わるという。全国対応の自転車専用ナビゲーションアプリでの多言語対応は日本で初めて。

自転車NAVITIMEの多言語への対応は2020年12月より試験的に行っていたが、2月4日より自治体と連携して提供しているサイクリングコースにおいても提供を開始した。まずは、福島県いわき市と猪苗代湖周辺を周遊するコースを多言語で紹介する。

走行ログ、サイクルコンピューター、My地点や自宅の登録、地点の検索履歴など一部機能は日本語表示。

ナビタイムジャパンは、「在日外国人や将来的なインバウンド需要を見据え、言語を問わず誰もが安心・安全で、自転車での快適な移動をサポートできるよう、 機能拡充やさらなるサービスの向上に努めてまいります」という。

自転車ナビタイムとは

自転車に特化したナビゲーションアプリ。「大通り優先」「坂道優先」などの全7種類のルート検索や、走行ルート、距離、消費カロリーなどの記録、全国のサイクリングステーション検索、お気に入り地点の保存などの機能を利用できる
・アプリダウンロード
●iOS
●Android OS