ファンアールトが最後のTTを制す【ツール・ド・フランス20S】

第108回ツール・ド・フランスは最終日前日となる7月17日、総合成績をほぼ確定させる2回目の個人タイムトライアルが第20ステージとしてリブルヌ〜サンテミリオン間の距離30.8kmで行われ、ユンボ・ビスマのワウト・ファンアールト(ベルギー)が35分53秒のトップタイムで優勝。山岳区間の第11ステージに続く2勝目で、大会通算5勝目を飾った。

ワウト・ファンアールトがトップタイム ©A.S.O. Pauline Ballet

首位のタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEエミレーツ)は転倒などのリスクを回避する安全重視の走りで57秒遅れの8位に。総合2位ヨナス・ビンゲゴー(デンマーク、ユンボ・ビスマ)が3番目の好記録を出したが、ポガチャルは総合成績で5分20秒差をつけ、大会連覇を確実にした。

トタルエネルジーのジュリアン・シモンがスタート ©A.S.O. Charly Lopez
DSMのニルス・エーコフが個人タイムトライアルを走る ©A.S.O. Charly Lopez
2021ツール・ド・フランス第20ステージ ©A.S.O. Charly Lopez
赤ワインの世界的産地サンテミリオンが舞台 ©A.S.O. Charly Lopez
EFエデュケーションNIPPOのヨナス・ルッチ ©A.S.O. Charly Lopez
EFエデュケーションNIPPOのニールソン・ポーレス ©A.S.O. Charly Lopez
2021ツール・ド・フランス第20ステージ ©A.S.O. Charly Lopez
ユンボ・ビスマのマイク・テウニッセン ©A.S.O. Pauline Ballet
2021ツール・ド・フランス第20ステージを走るマイヨジョーヌのポガチャル ©A.S.O. Charly Lopez
連覇を確実にしたタデイ・ポガチャル ©A.S.O. Aurélien Vialatte
タデイ・ポガチャルが最終日前日の恒例の優勝者会見に臨む ©A.S.O. Aurélien Vialatte

●4賞ジャージ
マイヨジョーヌ(個人総合成績)タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEエミレーツ)
マイヨベール(ポイント賞)マーク・カベンディッシュ(英国、ドゥクーニンク・クイックステップ)
マイヨブラン・アポワルージュ(山岳賞)タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEエミレーツ)
□マイヨブラン(新人賞)タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEエミレーツ)

夏祭りもいよいよ終わりが近い ©A.S.O. Aurélien Vialatte

第19ステージにもどる≪≪   ≫≫第21ステージにすすむ

🇫🇷ツール・ド・フランス2021特集サイト
🇫🇷ツール・ド・フランス公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。